アヤックス、身長201cmのU-21伊代表FWを獲得! 買取OP付きのレンタル

2022.08.05 08:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスは4日、ピサSCからU-21イタリア代表FWロレンツォ・ルッカ(21)のレンタルを発表した。加入期間は2023年6月30日までの1シーズン。買取オプションも付帯している。

ロレンツォ・ルッカは身長201cmの超大型ストライカー。2020年1月に加わったセリエCのパレルモでプロキャリアが始まり、昨年7月にセリエBのピサSCに活躍の場を移した。

そのピサSCではリーグ戦開幕から7試合で6ゴールとスタートダッシュに成功。そこからゴールがピタリとなくなってしまったが、能力が見込まれ、他クラブの関心が噂されていた。

イタリア『スカイ』によると、レンタル料は100万ユーロ(約1億3000万円)。買取オプションの行使額は1000万ユーロ(約13憶6000万円)とされる。

関連ニュース
thumb

「嫉妬に支配されている」アヤックスFWのポルシェが放火被害か…兄の車も炎上したばかり

アヤックスのオランダ代表MFモハメド・イハッターレンの愛車が放火被害に遭ったようだ。オランダ『デ・テレグラーフ』が伝えている。 2021年夏にユベントスに完全移籍したイハッターレン。今シーズンはアヤックスへレンタルされているが、ここまで公式戦の出場はない。 イハッターレンは先週末に交際していたTikTokerのヤスミンさんと結婚していたが、その矢先に不幸に見舞われた。 『デ・テレグラーフ』によると、26日の深夜から27日にかけてイハッターレンの愛車であるグレーのポルシェ・パラメーラが炎上。オランダでは定価177,000ユーロ(約2400万円)を超えるという。 さらに、イハッターレンの周りでは物騒な状況が続いており、兄ヤシールの車も炎上。この件についても警察の捜査中だった。 また、イハッターレンが若い女性と関係を持ったことがきっかけで、地元の犯罪組織から脅迫を受けているとも『デ・テレグラーフ』は伝えている。 被害に遭ったイハッターレンは自身のインスタグラムのストーリーズを更新。今回の事件について「嫉妬が世界を支配している。幸い、素材は簡単に交換できる」と綴っている。 昨シーズンのレンタル先であるサンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、うつ病の影響によって現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていたイハッターレン。サッカーに集中できる日はいつになるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】炎上したイハッターレンのポルシェ・パラメーラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> - JUST IN: The Porsche Panamera from Mohammed Ihattaren has been destroyed by fire last night. The police is suspecting it’s been done on purpose. [<a href="https://twitter.com/telegraaf?ref_src=twsrc%5Etfw">@telegraaf</a>] <a href="https://t.co/tacbh00dbl">pic.twitter.com/tacbh00dbl</a></p>&mdash; (@TheEuropeanLad) <a href="https://twitter.com/TheEuropeanLad/status/1574669086864318464?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.29 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ベテランFW多いミラン、19歳ホイルンド&22歳クドゥスに関心?

ミランが来夏に若手ストライカーの補強を計画しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは今夏にFWディヴォク・オリジを獲得も、同選手は加入後、未だスタメンの機会がなく得点もなし。さらに現在はケガで離脱中と、期待に見合う選手かどうか疑念が生まれつつある。 不動のエースは昨季同様にFWオリヴィエ・ジルーで、今季も公式戦9試合5得点とさすがの働き。だが、ジルーは今月30日で36歳になり、FWズラタン・イブラヒモビッチも40歳。こういった背景があり、若手ストライカーを何人かリストアップしているという。 先日はザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心が報じられたが、イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンド(19)とアヤックスのガーナ代表FWモハメド・クドゥス(22)も有力な候補とのことだ。 ホイルンドは今夏にアタランタ入りしたばかりだが、セリエA第5節で初ゴールを記録し、最新のデンマーク代表メンバーに初選出と勢いに乗る。一方のクドゥスも今季の公式戦ですでに7ゴールを記録。いずれもカタール・ワールドカップ(W杯)出場が期待される新進気鋭のストライカーだ。 2022.09.22 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「良い時間を過ごしていない」ファン・デル・ファールトが移籍希望も実現しなかったツィエクにチェルシー退団を勧める

モロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)に関して、チェルシーから去るべきだと言う意見が出ている。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2020年7月にアヤックスからチェルシーへと完全移籍で加入したツィエク。引く手数多の中、頼れるアタッカーとして獲得された。 当時の指揮官であるフランク・ランパード監督(現エバートン)の強い希望もあったが、そのランパード監督は解任。後任のトーマス・トゥヘル監督の下では重宝されておらず、今夏の退団を希望した。 ツィエクの能力には疑いがなく、古巣であるアヤックス、そしてミランが獲得に興味を示しており、本人も移籍を強く希望していた。 しかし、移籍は実現せず。それでもトゥヘル監督が電撃解任されたことで状況が変わるかと思われたが、新任のグレアム・ポッター監督は[3-4-2-1]のシステムを採用。ツィエクが生きるポジションがなくなってしまった。 チェルシーでは公式戦84試合で14ゴール10アシストを記録しているツィエクだが、輝いた日はほとんどなく、チームの戦術も適していないため、来年1月の移籍を目論むこととなりそうだ。 そんな中、アヤックス出身で、チャンピオンズリーグ(CL)のザルツブルク戦を解説した元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト氏がオランダ『Ziggo Sport』でツィエクに言及。満足しているようには見えないとし、退団を進めた。 「もちろん、彼は決して笑顔ではないが、今、彼が良い時間を過ごしていないことは、全てから見て取れる。彼が本当の笑顔でいることはない」 「ツィエクは獲得したならば必ずプレーさせなければならない選手だ。チェルシーは多くの良い選手がいるが、彼のような選手はベンチに座ることを好まない」 ツィエクが現在置かれている状況は、同じくチェルシーで3人の監督の下でプレーしているアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(23)ととてもよく似ている。 プリシッチも今夏退団を希望し、多くのチームが関心を寄せていたが、チェルシーは放出に消極的。背番号10は今季の公式戦全8試合に出場しているが、先発出場はわずか1試合という状況だ。 契約がある以上、クラブが首を縦に振らなければ移籍はできないが、出場機会を得ることができるのか。ポッター新監督へのアピール次第ではチャンスがあるかもしれない。 2022.09.16 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

「同じスポーツだとは思わない」惨敗のナポリ戦と比較したクロップ監督、守備を称える「多くの問題を引き起こした」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、アヤックス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 13日、リバプールはチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節でアヤックスをホームに迎えた。 前節はアウェイでの試合となったが、ナポリに4-1と惨敗。酷評されるパフォーマンスで、最低なCLスタートとなった。 週末のプレミアリーグはエリザベス2世女王陛下が逝去したことで中止に。1週間ぶりの試合となった中、この日は高いパフォーマンスを披露。17分にモハメド・サラーが先制ゴールを奪う。 しかし27分に失点し再び同点に。その後は試合をコントロールしながらもゴールが遠く、勝利はお預けかと思われたが、89分に左CKからジョエル・マティプが値千金のヘディング弾。2-1で勝利を収めた。 試合後、クロップ監督は前節からの改善点について言及。全てが変わったとした。 「(改善点された部分は)多かった。ナポリと今夜の2試合を比べると、おそらく同じスポーツだとは思わないだろう。だから、スタートも途中も最後も全く違った。プレーしたフットボール、ディフェンスのやり方、全てが異なっていた」 「はるかに激しく、攻撃的で、より勇敢で、準備ができていた。私が言ったように、全てが良くなった」 「それは最初の一歩であり、それ以上でもそれ以外でもなく、全てが良かった」 試合を通して押し込んでいたリバプール。最後にゴールをこじ開けたが、チームとして良い守備を見せたとコメント。ただ、先制後のプレスが緩まっていたため、ハーフタイムに改善したと明かした。 「相手は強いチームであり、自信に満ち溢れ、自分たちのプレーに絶対的な自信があるチームだ」 「ただ、我々は相手に多くの問題を引き起こした。我々のハイプレスは良かった。中盤でのプレスも良かった。もっと良い場面もあったかもしれないが、全体的に良かった」 「そして、1-0とリードしていたのに、相手の最初のチャンスで同点弾を許してしまった。そう意味では典型的な、そして妥当な挫折を味わった」 「(選手たちの)リアクションはOKで、完璧ではなかったが良かった。でも、ハーフタイムにはゴール後のプレッシングがそれまでほど納得いくものではないと選手たちに伝えた」 「こういう時は、数ヤード、あるいは1回でも強くスプリントすることだけを考える。大きな違いではないが、大きな違いを生む」 「アヤックスにとって、今日の我々を守るのは本当に大変なことで、彼らは多くの仕事をしなければならなかった」 「ハーフタイムの直後から、アヤックスの攻撃性が増していた。小さなファウル、それも厳しいファウルではなく、中断する。これはいつだって、『時間が欲しい』というサインだ」 「ただ、我々はよくやった。速いセットプレー、チアゴの素早いリスタート。こういう場面で優位に立とうとした。時には待つ必要もあるが、今夜のセットプレーは本当に良かった。なぜもっと早く得点できなかったのかわからないぐらい、どのセットプレーも脅威だった」 2022.09.14 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

マティプが終盤弾、リバプールが苦しみながらもアヤックス撃破で初勝利《CL》

リバプールは13日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節でアヤックスをホームに迎え、2-1で競り勝った。 リバプールは初戦、ナポリに敵地で1-4と完敗し黒星スタートとなった。エリザベス女王の死去により週末のプレミアリーグが延期となって休養十分な中、3トップにはサラー、ルイス・ディアス、ジョタを起用した。 初戦のレンジャーズ戦を4-0と快勝したアヤックスに対し、立ち上がりからリバプールが攻勢に出ると17分に先制する。GKアリソンのロングボールを起点に、ルイス・ディアス、ジョタとつなぎ、最後はサラーがGKとの一対一を確実に制した。 そして22分には追加点のチャンス。FKの流れからルイス・ディアスが決定的なシュートを浴びせた。 しかし27分、アヤックスにワンチャンスで同点とされる。自陣右サイドをえぐられてマイナスにクロスを入れられると、最後はクドゥスにシュートを叩き込まれた。 追いつかれたリバプールだったが、気落ちすることなくゴールに迫り、アーノルドとファン・ダイクがハーフタイムにかけて2度ずつ好機を演出するもGKパスフェールの好守もあって勝ち越せず1-1で前半を終えた。 後半も押し込んだリバプールだったが、攻めあぐねると66分にヌニェスとフィルミノを投入。しかし75分にピンチ。右クロスからブリントのヘディングシュートがわずかに枠を外れた。 助かったリバプールは83分に絶好機。サラーのお膳立てからボックス内のヌニェスがシュートを放つも枠外だった。それでも89分、左CKからマティプのヘディングシュートが決まってリバプールが勝ち越し。 後半は苦しみながらもゴールをこじ開け、初勝利としている。 2022.09.14 06:24 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly