渡辺剛の相棒、オーストラリア代表DFセインズベリーがカタールに移籍

2022.08.04 11:43 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ワクラSCは3日、コルトレイクからオーストラリア代表DFトレント・セインズベリー(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2023年6月までの1年間となる。

セインズベリーは2014年1月にセントラルコースト・マリナーズからズヴォレへと完全移籍。海外でのキャリアをスタートさせる。

ズヴォレの他、江蘇蘇寧、インテル、グラスホッパー、PSV、マッカビ・ハイファ、コルトレイクでプレー。6カ国のリーグで経験を積んだ。

コルトレイクでは2シーズンで公式戦50試合に出場し6ゴールを記録。DF渡辺剛とセンターバックでコンビを組んでいた。

オーストラリア代表としても56試合に出場し4ゴール。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選にも出場し、日本代表戦も2試合フル出場。本大会でも主軸として考えられている中、一足先にカタールの地に舞い降りることとなった。

関連ニュース
thumb

ニューカッスルがオーストラリア代表の逸材、18歳FWガラン・クオルを完全移籍で獲得…来年1月に加入

ニューカッスルは30日、オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズに所属するオーストラリア代表FWガラン・クオル(18)が完全移籍で加入することで合意したことを発表した。 加入は2023年1月になるとのこと。メディカルチェックを完了し、合意に至ったという。 クオルはエジプト出身で、難民として家族とともにオーストラリアへ移住。2021年1月にセントラルコースト・マリナーズのユースに加入した。 すぐに頭角を現すと、2021年12月にファーストチームでデビュー。ここまで公式戦10試合で4ゴール1アシストを記録していた。 才能溢れるストライカーで、オーストラリアの期待の星でもあるクオルは、9月にオーストラリア代表初招集。ニュージーランド代表との親善試合でデビューを果たしている。 多くのクラブが興味を示す中で、ニューカッスルが獲得に成功。加入が決まったクオルは、プレミアリーグでプレーできることが信じられないとコメントしている。 「非現実的だ。オーストラリアの少年にとって、プレミアリーグは誰もが見ているものだけど、実際に自分がそこに到達するとは思っていなかった」 「その中の1人で、今のポジションにいることはとても素晴らしい」 「ニューカッスルと契約したからには、一生懸命トレーニングをして、一生懸命にプレーして、できればワールドカップに出場して、戻ってきたい」 兄のFWアル・クオル(21)はシュツットガルトに所属。その兄をも超える存在として注目を集めている。 2022.09.30 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ミニョレがクラブ・ブルージュと契約延長! 加入後リーグ3連覇中

クラブ・ブルージュは29日、ベルギー代表GKシモン・ミニョレ(34)と2026年まで契約を延長したことを発表した。 前所属のリバプールでは正GKも務めながら在籍6年間で204試合に出場したミニョレ。2019年夏にブルージュに加入し、9年ぶりに母国復帰を果たすと、リーグ戦全試合に出場するなどすぐに守護神の地位を築いた。 今季もここまで12試合に出場し、在籍3年強で通算152試合に出場中。60試合でクリーンシートを記録している。 なお、ミニョレ加入後のブルージュはリーグ3連覇。現在は3位に位置している。 2022.09.30 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

フリーのベルギー代表デナイヤーもUAEを舞台に! ピャニッチらに続く

ベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)のUAE行きが決まった。アラビアン・ガルフ・リーグを戦うシャバブ・アル・アハリ・ドバイは28日に獲得を発表している。 マンチェスター・シティでプロ入り後、セルティックやガラタサライ、サンダーランドを経て、2018年8月にリヨン入りしたデナイヤー。リヨンでは通算139試合の出場数を誇ったが、昨季で契約が切れ、フリーだった。 これまでの報道でトルコやイタリアなどが新天地として噂された現役のベルギー代表戦士だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏の見立てなどでUAE挑戦が濃厚な状況だった。 なお、欧州を舞台に活躍してきた選手の有名どころでは今夏において、MFミラレム・ピャニッチ、DFコスタス・マノラス、FWパコ・アルカセル、MFアデル・ターラブト、MFアランに続くUAE行きとなる。 2022.09.29 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャウメ離脱のバレンシアが元ビルバオのGKイアゴ・エレリンを緊急補強!

バレンシアは28日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、2010年夏にアトレティコ・マドリーのセカンドチームへ移籍するも、2012年夏にビルバオに復帰。その後、レンタル移籍で加入したヌマンシアやレガネスでは守護神を務めたが、ビルバオでは第2GKの座に甘んじ、在籍8シーズンで公式戦119試合の出場に留まった。 2021年夏にビルバオを退団したイアゴ・エレリンはサウジアラビアのアル・ライードへ完全移籍。しかし、リーグ戦13試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団していた。 ここまでラ・リーガ6試合消化で3勝3敗の9位に位置するバレンシアでは、控えGKを務めていたスペイン人GKジャウメ・ドメネクが右ヒザの前十字靭帯を断裂の重傷を負ったため、代わりとなる選手の獲得を模索していた。 なお、イアゴ・エレリンは2週間のチームトレーニングを経てから、正式にチームに加入するとのことだ。 2022.09.29 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ退団のリャイッチ、新天地はピルロ監督率いるファティ・カラギュムリュクに決定!

トルコ1部のファティ・カラギュムリュクは28日、今夏にベシクタシュを退団した元セルビア代表MFアデム・リャイッチ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 リャイッチは、トップ下やウイングを主戦場とする攻撃的な選手。パルチザン・ベオグラードでキャリアをスタートさせると、フィオレンティーナやローマ、インテル、トリノとイタリアで長らくプレー。2018年8月にベシクタシュへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 ベシクタシュでは、在籍4年間で公式戦85試合に出場し26アシストを記録。昨シーズンは、昨夏にクラブ間合意していたスパルタク・モスクワへの移籍を拒否したため、クラブから登録外の制裁を受け、1年間プレー機会がない状況だった。 リャイッチの加入したファティ・カラギュムリュクは、アンドレア・ピルロ氏が監督を務めており、元イタリア代表FWファビオ・ボリーニや元イタリア代表GKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ、ロシア代表MFマゴメド・オズドエフ(29)らが在籍している。 なお、リャイッチの加入は冬の移籍市場が開幕する来年1月以降となる。 2022.09.29 06:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly