レッチェがSPALからディ・フランチェスコ獲得を発表! 父はセリエAファンお馴染みのあの人

2022.07.31 21:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAのレッチェは31日、SPALから元U-21イタリア代表FWフェデリコ・ディ・フランチェスコ(28)を獲得したと発表。契約期間は2025年までの3年間とのことだ。

ディ・フランチェスコは身長171cmの小柄なアタッカー。上背こそないものの、小刻みなボールタッチや一瞬のスピード、ゴール前での嗅覚など、多くの魅力を併せ持つ好プレーヤーだ。

また、ディ・フランチェスコの父はセリエAファンにとってお馴染みの人物。サッスオーロやローマ、サンプドリアなどを率いた元イタリア代表のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(52)だ。
昨季はセリエBのSPALからエンポリに1年レンタルで加入し、セリエA26試合で5得点2アシストを記録。エンポリのセリエA残留に貢献した。

エンポリへの完全移籍こそ実現しなかったが、晴れて昇格組のレッチェ行きがまとまった。

関連ニュース
thumb

アタランタ、格下レッチェに敗戦で2連敗《セリエA》

アタランタは9日、セリエA第14節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。 前節ナポリとの頂上決戦では逆転負けとなった4位アタランタ(勝ち点27)は負傷明け後、4試合目にしてサパタがスタメンとなり、マリノフスキー、エデルソンと共に前線を形成した。 16位レッチェ(勝ち点9)に対し、立ち上がりからボールを握ったアタランタは5分、マリノフスキーのスルーパスを受けたサパタがボックス内に侵入。シュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。 しかし16分、コロンボに際どいシュートを打たれると、28分に失点。CKからバシロットにヘディングシュートを決められた。 さらに1分後、オコリが自陣でボールを失ってショートカウンターを受けると、ディ・フランチェスコにボックス内へ侵入されそのままシュートを決められた。 立て続けに失点を食らったアタランタだったが、40分に1点を返す。マリノフスキーのスルーパスを受けたサパタがボックス中央に侵入してシュートを決めきった。 アタランタがコープマイネルスら2選手を交代して迎えた後半も押し込む展開とすると、57分に同点のチャンス。CKからオコリのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKファルコーネのセーブに阻まれた。 その後は攻めあぐねたアタランタは69分にルックマンを投入。79分にはボックス左に抜け出したコープマイネルスにビッグチャンスが訪れたが、チップキックシュートは枠の上に外れてしまった。 終盤にかけてはチャンスを作れなかったアタランタが1-2で敗戦。痛い2連敗となった。 2022.11.10 04:24 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ再招へい報道飛び出すも…ネドヴェド副会長はアッレグリを改めて支持 「我々の立場は変わらない」

ユベントスのパベル・ネドヴェド副会長がマッシミリアーノ・アッレグリ監督への信頼を語った。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 今シーズンもここまですっきりしない戦いが続くユベントス。セリエAでは第12節終了時点で優勝争いから離れた6位で、チャンピオンズリーグ(CL)に至っては最終節を残してすでにグループステージ敗退が決まっている。 無冠に終わった昨季から引き続き、不振から脱却させられずにいるアッレグリ監督の解任論は加熱。過去にユベントスで黄金期を築き、現在はトッテナムで指揮を執るアントニオ・コンテ監督の再招へいに、クラブがすでに動いているという報道も飛び出した。 しかし、29日に行なわれたセリエA第12節のレッチェ戦前に『DAZN』のインタビューに応じたネドヴェド副会長はアッレグリ監督への信頼を改めて強調。後任報道に理解を示しつつも、指揮官に対する立場を変えることはないと語った。 「我々の立場は変わらない。アッレグリはクラブと選手たちから完全に信頼されている」 「結果が振るわないとき、多くの指揮官の名前が飛び出し、他にも様々な噂が出てくるのは当然のことだと思う。しかし、我々の立場は変わらない。これは繰り返し言っておく」 レッチェ戦ではアウェイで1-0の勝利を掴み、ネドヴェド副会長の信頼に応えたアッレグリ監督。周囲の声はいまだ厳しいが、この難局を切り抜け、体制を継続できるだろうか。 2022.10.31 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベがCL敗退を払拭するリーグ戦3連勝、指揮官「重要なのは勝利」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がレッチェ戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ユベントスは29日、セリエA第12節でレッチェとのアウェイゲームに臨んだ。0-0で迎えた73分、後半頭から投入されていたMFニコロ・ファジョーリが自身セリエA初ゴールとなる決勝点をマーク。この1点を守り抜き、リーグ戦3連勝を飾っている。 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ敗退が決まった直後の一戦だったこともあって、リアクションが求められたなか、勝利したアッレグリ監督。試合後、格下相手に僅差での勝利ながらも3ポイントを積み上げられたことに充実感をうかがわせている。 「運が良かった部分もあったが、選手たちは相対的に良いゲーム運びをした。パスの精度を上げるべきだったが、重要なのは勝利だ。我々はリスボンで大きなダメージを受けていたからね」 決勝点のファジョーリにも言及。下部組織出身の21歳はこれがファーストチームでの嬉しい初ゴールとなったが、指揮官いわくまだまだ成長過程にあるとのことだ。 「ファジョーリ?優れたクオリティの持ち主だね。彼は最終ラインの前でタクトを振るうのが役割だが、まだまだ学ぶべきこともある。サミュエルもよくやっていたが、今夜はとにかく全員が良いプレーをした。困難な時期だが、順位を上げられたよ」 「フットボールも人生と同じく転んだり起き上がったりだ。嵐に立ち向かうには精神的にタフでなくてはならない。3月以降は3連勝がなく、当然ながらこれはユーベでは当たり前のことではなかった。私は選手たちに感謝するべきだ。明日は良い日曜日になりそうだよ」 2022.10.30 18:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ファジョーリのトップチーム初ゴールでウノゼロ勝利のユベントスが3連勝《セリエA》

ユベントスは29日、セリエA第12節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節エンポリに4-0と快勝して今季初のリーグ戦連勝とした8位ユベントス(勝ち点19)だったが、4日前に行われたチャンピオンズリーグではベンフィカに完敗してグループステージ敗退が決定した。そのユベントスは負傷のヴラホビッチやロカテッリらが欠場となった中、19歳のスーレが初スタメンを飾り、[4-5-1]の右MFでスタートした。 17位レッチェ(勝ち点8)に対し、ミリクを最前線に起用し、トップ下にミレッティを据えたユベントスが押し込む入りとする。 しかし自陣に引くレッチェを崩しきるような攻撃の形を繰り出すには至らない。 目立った決定機がないまま時間が経過した中、32分にようやくラビオのミドルシュートでオンターゲットを記録。 そして43分にはCKからラビオのヘディングシュートがゴールに向かったが、GKファルコネーにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も攻めあぐねるユベントスは62分にミレッティに代えてケアンを投入。68分にようやくケアンのヘディングシュートでゴールに迫ると、73分に均衡を破る。 後半から投入されていたファジョーリがボックス左からコントロールシュート。完璧なシュートがゴール右上に吸い込まれた。 ユベントス下部組織出身であるファジョーリのトップチーム初ゴールで試合を動かしたユベントスは終盤にかけては重心を下げてレッチェの攻撃を受けると、89分にはポスト直撃のシュートでひやりとしたが、ウノゼロ勝利。リーグ戦3連勝とした。 2022.10.30 02:55 Sun
twitterfacebook
thumb

レッチェ戦で負傷のディバラ、右大腿四頭筋損傷で4~8週の離脱か…

ローマのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが左足のハムストリングを痛めて4~8週間の離脱になるようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ローマは9日のセリエA第9節でレッチェをホームに迎え撃ち、2-1で勝利。先発したディバラはイングランド代表FWタミー・エイブラハムが獲得した48分のPKから決勝点をマークした。 だが、そのキックし終わった直後に顔をしかめながら、左足のハムストリングを気にする仕草。その2分後に元セルビア代表MFネマニャ・マティッチとの交代でピッチを後にしていた。 同メディアによれば、ディバラは10日に行われた超音波検査で右大腿四頭筋に損傷が確認されたとのこと。なお、詳細な離脱期間については明日以降に行われるMRI検査の結果次第と伝えているが、現時点で4~8週間の離脱になると見込まれている。 同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は試合後のインタビューで「年内の復帰は難しいだろう」と語っており、11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)に間に合うかは微妙なところだ。 2022.10.11 06:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly