アヤックスがクラブ史上初のイタリア人獲得へ、201cmの超大型FWルッカ

2022.07.29 22:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスが、ピサのU-21イタリア代表FWロレンツォ・ルッカ(21)獲得に近づいているようだ。実現すれば、クラブ史上初のイタリア人選手となる。

ルッカは身長201cmを誇る超大型ストライカー。2020-21シーズンにセリエCのパレルモで頭角を表すと、昨夏にピサへと加入し、セリエBで30試合6得点4アシストを記録した。

イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ボローニャ行きが既定路線だったルッカだが、ここ数日でアヤックスが逆転。ボーナス込み1200万ユーロ(約16億3000万円)の買い取りオプションが付帯した1年レンタルで合意に至ったと見られている。

過去にエールディビジ(オランダ1部)でプレーしたイタリア人選手は12人しかおらず、著名な選手では、フェイエノールトで脅威的なペースで得点を量産した元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレや、先日ウェストハムに移籍したイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカなどが挙げられる。

だが、イタリア人がアヤックスでプレーした前例はないとのことで、ルッカの去就は歴史的な意味でも注目されている。





関連ニュース
thumb

「センス良すぎ!」ナポリ戦控えるアヤックスの“粋な投稿”が大反響!「2人は永遠に」

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が4日と5日に開催される。 4日に行われるグループAではアヤックスとナポリが対峙するが、大事な一戦を前にアヤックスの公式SNSが粋な投稿をしている。 この2チームを代表する選手と言えば、アヤックスでは元オランダ代表FWヨハン・クライフ氏だろう。選手時代にはCLの前身であるUEFAチャンピオンズカップを3連覇し、バロンドールを3度受賞。監督としても1986-87シーズンにカップウィナーズカップで優勝。14シーズンぶりの国際タイトルを獲得していた。 一方のナポリは元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が所属した。史上初のスクデットを含むセリエA優勝2度、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)などのタイトルを獲得し、ファンに愛されていた。 どちらも言わずもがなのレジェンドであるが、アヤックスは、それぞれのユニフォームを着た2人が一緒に試合をテレビで観戦するイラストを投稿。「伝説の試合」と試合を宣伝している。 この投稿はファンにも反響。「2人は永遠に」、「素敵なイラスト」、「センス良すぎ!」、「リスペクト」、「映画のポスターみたいだ」と多くのコメントが集まっている。 ちなみに、両者の対戦はこれまで1969-70シーズンに2度戦ったのみ。親善試合でも対戦はなく、多くのファンが楽しみにしている一戦を2人も見守っているかもしれない。 <span class="paragraph-title">【画像】クライフとマラドーナがテレビの前で一緒に観戦!アヤックスの粋な投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjR70YxMNIi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjR70YxMNIi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjR70YxMNIi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">AFC Ajax(@afcajax)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.04 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、指揮官がCLアヤックス戦に向けて意気込む 「我々のレベルを測るチャンス」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が4日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のアヤックス戦に向け、意気込みを語った。クラブの公式サイトが伝えている。 ナポリは直近のセリエA第8節でトリノを3-1で下し、首位をキープ。その勢いをもって、オランダの強豪アヤックスとのアウェイ戦に臨む。 CLでもグループステージ開幕から2連勝で首位に立ち、突破に向けて視界良好。スパレッティ監督は1勝1敗で2位につけるアヤックスとの試合に先立った会見で相手に敬意を示しつつ、重要性を強調している。 「大きな歴史を持つチームとのエキサイティングな試合になる。偉大なチームになるには偉大な相手と戦わなければならない。明日は我々のレベルを測るチャンスだ。自分たちの力を証明できれば、手応えになるはず」 「アヤックスのプレーぶりは我々と似ていて、ボールを保持することを好む。だが、縦へのソリューションもある」 「アムステルダム・アレナでプレーできるのは美しいことで、雰囲気も素晴らしい。高い志を育むには優れたパフォーマンスを発揮する必要がある。昨季はこういう試合を落としたが、この挑戦を楽しみ、成熟したメンタリティも見せなければならない」 「自分たちの力を発揮しないといけないが、無謀なことをやる必要なんてない。強さも頭も必要だ。自分たちを内面から見つめ、ベストな表現法を理解しないといけない」 また、アヤックスのスタイルにも改めて踏み込み、第一目標であるグループ突破に気を引き締め直した。 「最近のアヤックスを観察してきた。彼らのプレーは以前に比べていくつか異なる点があるが、クラブの哲学や伝統にならって現代的なフットボールをするという点では変化していない」 「このゲームは我々を前進させる重要なステップとなる。我々が並外れたチームならグループステージ突破は容易だろうが、実際にはその道のりは果てしない」 2022.10.04 14:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「嫉妬に支配されている」アヤックスFWのポルシェが放火被害か…兄の車も炎上したばかり

アヤックスのオランダ代表MFモハメド・イハッターレンの愛車が放火被害に遭ったようだ。オランダ『デ・テレグラーフ』が伝えている。 2021年夏にユベントスに完全移籍したイハッターレン。今シーズンはアヤックスへレンタルされているが、ここまで公式戦の出場はない。 イハッターレンは先週末に交際していたTikTokerのヤスミンさんと結婚していたが、その矢先に不幸に見舞われた。 『デ・テレグラーフ』によると、26日の深夜から27日にかけてイハッターレンの愛車であるグレーのポルシェ・パラメーラが炎上。オランダでは定価177,000ユーロ(約2400万円)を超えるという。 さらに、イハッターレンの周りでは物騒な状況が続いており、兄ヤシールの車も炎上。この件についても警察の捜査中だった。 また、イハッターレンが若い女性と関係を持ったことがきっかけで、地元の犯罪組織から脅迫を受けているとも『デ・テレグラーフ』は伝えている。 被害に遭ったイハッターレンは自身のインスタグラムのストーリーズを更新。今回の事件について「嫉妬が世界を支配している。幸い、素材は簡単に交換できる」と綴っている。 昨シーズンのレンタル先であるサンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、うつ病の影響によって現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていたイハッターレン。サッカーに集中できる日はいつになるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】炎上したイハッターレンのポルシェ・パラメーラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> - JUST IN: The Porsche Panamera from Mohammed Ihattaren has been destroyed by fire last night. The police is suspecting it’s been done on purpose. [<a href="https://twitter.com/telegraaf?ref_src=twsrc%5Etfw">@telegraaf</a>] <a href="https://t.co/tacbh00dbl">pic.twitter.com/tacbh00dbl</a></p>&mdash; (@TheEuropeanLad) <a href="https://twitter.com/TheEuropeanLad/status/1574669086864318464?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.29 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ベテランFW多いミラン、19歳ホイルンド&22歳クドゥスに関心?

ミランが来夏に若手ストライカーの補強を計画しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは今夏にFWディヴォク・オリジを獲得も、同選手は加入後、未だスタメンの機会がなく得点もなし。さらに現在はケガで離脱中と、期待に見合う選手かどうか疑念が生まれつつある。 不動のエースは昨季同様にFWオリヴィエ・ジルーで、今季も公式戦9試合5得点とさすがの働き。だが、ジルーは今月30日で36歳になり、FWズラタン・イブラヒモビッチも40歳。こういった背景があり、若手ストライカーを何人かリストアップしているという。 先日はザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心が報じられたが、イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンド(19)とアヤックスのガーナ代表FWモハメド・クドゥス(22)も有力な候補とのことだ。 ホイルンドは今夏にアタランタ入りしたばかりだが、セリエA第5節で初ゴールを記録し、最新のデンマーク代表メンバーに初選出と勢いに乗る。一方のクドゥスも今季の公式戦ですでに7ゴールを記録。いずれもカタール・ワールドカップ(W杯)出場が期待される新進気鋭のストライカーだ。 2022.09.22 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「良い時間を過ごしていない」ファン・デル・ファールトが移籍希望も実現しなかったツィエクにチェルシー退団を勧める

モロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)に関して、チェルシーから去るべきだと言う意見が出ている。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2020年7月にアヤックスからチェルシーへと完全移籍で加入したツィエク。引く手数多の中、頼れるアタッカーとして獲得された。 当時の指揮官であるフランク・ランパード監督(現エバートン)の強い希望もあったが、そのランパード監督は解任。後任のトーマス・トゥヘル監督の下では重宝されておらず、今夏の退団を希望した。 ツィエクの能力には疑いがなく、古巣であるアヤックス、そしてミランが獲得に興味を示しており、本人も移籍を強く希望していた。 しかし、移籍は実現せず。それでもトゥヘル監督が電撃解任されたことで状況が変わるかと思われたが、新任のグレアム・ポッター監督は[3-4-2-1]のシステムを採用。ツィエクが生きるポジションがなくなってしまった。 チェルシーでは公式戦84試合で14ゴール10アシストを記録しているツィエクだが、輝いた日はほとんどなく、チームの戦術も適していないため、来年1月の移籍を目論むこととなりそうだ。 そんな中、アヤックス出身で、チャンピオンズリーグ(CL)のザルツブルク戦を解説した元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト氏がオランダ『Ziggo Sport』でツィエクに言及。満足しているようには見えないとし、退団を進めた。 「もちろん、彼は決して笑顔ではないが、今、彼が良い時間を過ごしていないことは、全てから見て取れる。彼が本当の笑顔でいることはない」 「ツィエクは獲得したならば必ずプレーさせなければならない選手だ。チェルシーは多くの良い選手がいるが、彼のような選手はベンチに座ることを好まない」 ツィエクが現在置かれている状況は、同じくチェルシーで3人の監督の下でプレーしているアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(23)ととてもよく似ている。 プリシッチも今夏退団を希望し、多くのチームが関心を寄せていたが、チェルシーは放出に消極的。背番号10は今季の公式戦全8試合に出場しているが、先発出場はわずか1試合という状況だ。 契約がある以上、クラブが首を縦に振らなければ移籍はできないが、出場機会を得ることができるのか。ポッター新監督へのアピール次第ではチャンスがあるかもしれない。 2022.09.16 13:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly