『ABEMA』が2022-23シーズンのプレミアリーグ114試合を生中継! アーセナル戦全試合やビッグマッチは毎節無料生中継

2022.07.21 05:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
『ABEMA(アベマ)』は21日、2022年8月6日(土)に開幕する「プレミアリーグ」の2022-23シーズンを放送することを発表した。

2021-22シーズンまでは『DAZN』が放送していたプレミアリーグだが、新シーズンの放送は『SPOTV NOW』で放送されることが決定していた。

『ABEMA』が放送するのは、リーグ開幕戦の第1節から最終節まで厳選された114試合(※一部試合の生中継は「ABEMAプレミアム」限定)。世界屈指の強豪クラブチーム同士のビッグマッチや日本代表の冨安健洋(アーセナル)、三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)らの注目試合も放送する。
無料生中継も行われ、開幕戦となる8月6日(土)のクリスタル・パレスvsアーセナルをはじめ、マンチェスター・シティ、リバプール、チェルシー、トッテナム、マンチェスター・ユナイテッドといった「ビッグ6」同士のビッグマッチや、三笘薫のプレミアリーグ初出場試合など。アーセナルの試合は全試合無料で放送される。

その他、世界屈指のスタープレーヤーが魅せるスーパーゴール特集や名場面をまとめたハイライト映像を無料で放送予定。プレミアリーグ開幕前は、昨シーズンのプレー特集や今シーズンに向けた番組コンテンツを順次公開していくという。今年はシーズン中に「FIFAワールドカップ カタール 2022」が2022年11月22日(火)~12月19日(月)に開催され、プレミアリーグは例年とは異なるスケジュールに。リーグ開幕戦の8月6日(土)から「FIFA ワールドカップ」開催直前の11月13日(日)まで試合が行われ、「FIFA ワールドカップ」終了後は、12月27日(火)から再開。『ABEMA』では、開幕戦からシーズン終盤まで、リーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ出場を懸けた熱き戦いが楽しめる。

『ABEMA』は、スマートフォン、PC、タブレット、Nintendo Switchなど、ライフスタイルに合わせて場所にとらわれず視聴いただけるだけでなく、テレビの大画面で臨場感のある試合を楽しめるなど、様々なデバイスにて高品質な映像を味わうことができる。

関連ニュース
thumb

「とにかく楽しかったです!」日向坂46の影山優佳さんが23試合をスタジオ応援したW杯を回顧、今後にも意欲「私にできる魅力の伝え方を模索」

日向坂46の影山優佳さんが、改めてカタール・ワールドカップ(W杯)を振り返った。 アイドル界ではNo.1のサッカー通として知られ、キャッチコピーも「あなたのハートにゲーゲンプレス」と、サッカー色丸出しの影山さん。ただサッカーが好きなだけでなく、試合を含めてよく観ており、その分析力や知識はプロをも驚かせるほどだ。 カタールW杯では「ABEMA」の中継にスタジオゲストとして登場。日本代表の試合では、解説を務めた本田圭佑に鋭い質問をして驚かすほど。また、試合の結果予想もドンピシャで的中させるなど、大きな話題となった。 そのW杯も18日の決勝が終わり全日程が終了。アイドルとして、そしてサッカー通としての多忙な1カ月を過ごした影山さんは、「改めまして…(長くなります)」とW杯を振り返り、今後への意気込みも綴った。 ーーーーー FIFA カタールワールドカップ 2022 の全てのお仕事を無事終えることができました!! 1ヶ月間、日本代表と私たちへのたくさんの応援をありがとうございました! また、右も左も分からない私をさまざまなところで助けていただいたスタッフと共演者のみなさま、本当にありがとうございました! 生まれた頃からサッカーが身近にある環境で、知識がゼロだった時も、今のようにめちゃくちゃ大好きな時も経験している私ですが、 今大会で初めて「ワールドカップを伝える立場」を務めさせていただきました。 試合の生放送ひとつに、たくさんの人が命をかけて取り組んでらっしゃる姿を拝見して、 ここまで人の心を鷲掴みにするサッカーってすごいなあっていうことと、 そんなたくさんの思いが届いて、サッカーがもっと盛り上がってくれたらいいなあということをずっと思いながらお仕事をしてまいりました。 なので今回、日本代表の勝利や活躍で日本のみならず世界中から注目され、 今までサッカーを見てこなかった方々からも朝自然とサッカーの話題になるような、 そんな素敵な環境に立ち会うことができて心の底から嬉しかったです! 私自身も23試合スタジオで応援し、MCや中継での掛け合いなどこれまでで一番の大役を担わせていただきました。 不安や恐怖心で家でコソコソ泣く日がありつつもとにかく楽しかったです! 魅力をお伝えするために必要なお話しのスキルをはじめ様々な力もつけさせていただき、本当に貴重な経験となりました。 これもすべて、代表の快進撃と応援してくださってサッカーの話題を盛り上げてくださったみなさんの声があったからこそです! この盛り上がりが2022年に留まるものにならぬよう、 私にできる魅力の伝え方を模索していきながら、 つい話を聴きたくなるような人間力のある人になるべく自分を高めていきながら、 今回出会ったみなさまとのご縁を大切に、2023年ももっともっと盛り上げていく所存です! 引き続き日向坂46 影山優佳を見守っていただけますと、幸いです 本当に長くなってしまいましたが… 改めて本当に本当にありがとうございました! これからもよろしくお願いします! ーーーーー W杯を振り返りながらも、自身の番組での振る舞い、そしてこの先のサッカー熱をどう高めていくかにも言及した影山さん。2023年も盛り上げていってくれることを期待せざるを得ない。 <span class="paragraph-title">【写真】W杯23試合でスタジオに登場した影山優佳さんが期間中の写真を披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CmY4z1BJoCh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CmY4z1BJoCh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CmY4z1BJoCh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">影山優佳 / Yuka Kageyama(@kageyamayuka_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.20 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「マジで尊敬する」「最高のエンタメをありがとう」本田圭佑と息ぴったりのテレ朝・寺川俊平アナ、ファンも驚きの知られざる努力の結晶を披露「情報量バケモン」

テレビ朝日の寺川俊平アナウンサーの努力が大きな反響を呼んでいる。 早稲田大学卒業後、2010年にテレビ朝日入社した寺川アナ。大学時代までサッカーをプレーし、早稲田大学ア式蹴球部ではGKとしてプレーしていた。 『報道ステーション』でスポーツキャスターを務め、「熱盛」のコーナーなどでも話題に。その寺川アナは、カタール・ワールドカップ(W杯)で現地取材を行い、「ABEMA」での中継では日本代表の4試合などで実況を担当した。 中継では、今大会解説として参加した本田圭佑とのやりとりが大きな話題に。本音の解説、そして自由なスタイルの本田に対し、冷静に試合を中継した他、しっかりと本田との息を合わせた実況は、視聴者の中で話題となった。 カタールW杯決勝のアルゼンチン代表vsフランス代表の試合も本田と共に担当。延長戦に入る際にはフランス代表FWキリアン・ムバッペに対するマッサージに対し「徹底的に太ももをマッサージしている」という発言に本田が食いつくなどした他、本田からの選手に関する質問にも的確に答え、日本代表以外にもしっかりと勉強したことが窺える中継となっていた。 その寺川アナは決勝を終えた後にツイッターを更新。投稿された写真は各試合の選手や監督などの細かい情報などをまとめた大量の資料だった。 寺川アナは「大学受験より頑張って勉強したけど大学受験の179倍毎日楽しかった。ありがとう、ワールドカップ!」と投稿。さらに「誰かが作ってくれる訳でなく、自分で作った資料です!!笑」と全て、自身でまとめたものだという。 本田とのやりとりがスムーズに行き、しっかりと選手の情報も伝える実況の裏側には「最高の実況でした」、「最高のエンタメをありがとう」、「情報量バケモンだなと思っていた理由が分かった」、「マジで尊敬する」と称賛の声。楽しませる実況の裏側に感心する声が多く上がっていた。 <span class="paragraph-title">【写真】本田圭佑と息ぴったり、寺川アナの見えざる努力の結晶</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">大学受験より頑張って勉強したけど<br>大学受験の179倍毎日楽しかった。<br>ありがとう、ワールドカップ! <a href="https://t.co/bR1df0roOF">pic.twitter.com/bR1df0roOF</a></p>&mdash; 寺川俊平(テレビ朝日アナウンサー) (@Terachannel1221) <a href="https://twitter.com/Terachannel1221/status/1604659902118387713?ref_src=twsrc%5Etfw">December 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.19 21:52 Mon
twitterfacebook
thumb

「ここまで興奮した大会は初めて」W杯を全試合放送したABEMAが名場面を凝縮したエンディングムービー公開、ファンが感謝「感動をありがとう」「さすが世界一の祭典」

カタール・ワールドカップ(W杯)の全日程が18日の決勝をもって終了。全64試合を放送した「ABEMA」が、大会を振り返るスペシャルエンディングムービーを公開した。 初の中東で初の冬開催となったカタールW杯。過密日程ということ、そしてヨーロッパのシーズン中での開催ということもあり、様々なアクシデントやイレギュラーなことが起こった大会でもあった。 そんな中、日本代表は新しい景色としてベスト8を目指した中で、ドイツ代表、スペイン代表とW杯王者をグループステージで逆転勝ち。国際サッカー連盟(FIFA)にも際立った4カ国のうちの1つにピックアップされるほどインパクトを残した。 また、モロッコ代表はアフリカ勢として初となるベスト4入り、一方で、ベルギー代表やウルグアイ代表など有力国がグループステージで敗退、優勝候補のブラジル代表やポルトガル代表、イングランド代表もベスト8で姿を消すなどしていた。 その中で決勝に駒を進めたのは36年ぶり3回目の優勝を目指すアルゼンチン代表と60年ぶり3カ国目の連覇を目指すフランス代表の一戦。現代サッカー界で輝き放ったリオネル・メッシと、新時代を担うであろうキリアン・ムバッペが余すところなくパフォーマンスを発揮。最後はPK戦でアルゼンチンに軍配が上がっていた。 記録も多く生まれ、メッシはW杯史上最多の26試合出場。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは史上初となる5大会連続ゴールを記録。ムバッペは2大会で12ゴールという驚異的な得点力を見せ、4年後にはW杯最多となる元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏が残した「16」を超える可能性を見せた。 全64試合が無事に終了したカタールW杯。「ABEMA」は大会の名シーンを振り返るスペシャルエンディングムービーを制作。LiSAさんが書き下ろした楽曲『一斉ノ喝采』にのせて選手の歓喜や涙、サポーターの表情、そして数々のゴールを盛り込んでおり、決勝の映像もしっかりと組み込まれており、試合外の映像も盛り込まれた感動の一本となっている。 ファンは「ここまで興奮した大会は初めて」、「本当に素晴らしい大会」、「ただただ、ありがとう!」、「壮大なストーリーを見てるよう」、「さすが世界一の祭典」、「こんな脚本だれにも描けない」と、大会への想いをそれぞれ綴っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】カタールW杯の感動名場面を凝縮してプレイバック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6Dmr1IrFFvo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.19 18:13 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がW杯決勝でラスト解説!テレ朝・寺川アナとのコンビでW杯締めくくり、アルゼンチンvsフランスの決勝は18日24時キックオフ

カタール・ワールドカップ(W杯)を全試合無料生中継する「ABEMA(アベマ)」は16日、決勝戦のアルゼンチン代表vsフランス代表の一戦を、本田圭佑が解説することを発表した。 「ABEMA FIFA ワールドカップ 2022 プロジェクト」のGMを務める本田は、日本代表の解説を担当すると、本音の解説、的確な指摘が大きな反響を呼び、視聴者を楽しませていた。 その本田は、W杯のラスト解説として決勝戦を担当。そして、これまでコンビを組んできたテレビ朝日アナウンサーの寺川俊平さんが実況を担当することが決定。2人の掛け合いがW杯のラストマッチを飾ることとなる。 また、スタジオには、これまでスタジオで予想を当てたり、鋭い質問を飛ばす日向坂46の影山優佳さん、ナインティナインの矢部浩之さんが登場。さらに、現地でピッチからリポートし、本田との掛け合いも話題となったDF槙野智章(ヴィッセル神戸)もスタジオに登場する。 最後のW杯となるFWリオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表か、60年ぶりの大会連覇を目指すフランス代表か。運命の決戦は、18日の24時にキックオフを迎える。 <span class="paragraph-title">【写真】ナイスコンビで中継を盛り上げる本田圭佑と寺川俊平アナの放送席ツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/eOcKQFMod2">pic.twitter.com/eOcKQFMod2</a></p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1602730692458074113?ref_src=twsrc%5Etfw">December 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.16 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の解説が話題の「ABEMA」で日本vsクロアチアが観られないことも? 入場制限の可能性を告知…地上波はフジテレビが放送

カタール・ワールドカップ(W杯)の全64試合を放送する「ABEMA」が、5日に迫った日本代表vsクロアチア代表について入場制限の可能性を発表した。 1日、日本はグループステージ最終節でスペイン代表と対戦。2-1と見事な逆転勝利を収め、グループ首位でラウンド16に進出した。 新しい景色としてベスト8以上の成績を目標としてきた中、その新しい景色を見られるかどうかが懸かった重要な一戦は、5日(月)の24時からスタートする。 遅い時間ではあるものの、比較的観戦が可能な時間のキックオフということもあり、これまで以上の人が応援することになるはず。そんな中、「ABEMA」が事前に通達を行った。 「連日多くのみなさまに「FIFA ワールドカップ カタール 2022」を楽しんでいただいており、日本史上初となるベスト8かけた一戦となる当日も、多くのアクセスが「ABEMA」に集中することが予想されます」 「そのため、快適な視聴環境を維持するために必要だと判断した際には、「ABEMA」への入場制限をさせていただく場合がございます」 サーバーへの負荷の影響も考えてのこと。ドイツ戦、スペイン戦も多くの視聴者がいた中、クロアチア戦は「ABEMA」で観られない人も出る可能性があるようだ。 また、ここまで3試合で解説を務めた本田圭佑も再び解説を務めることに。名物となりつつある本音の解説を聴きたい人も多いはずだ。 なお、地上波ではフジテレビが生中継。本田の解説は聴くことはできないが、ゲストに元日本代表監督の岡田武史氏、解説は清水秀彦氏、風間八宏氏、坪井慶介氏、小野伸二氏、田中マルクス闘莉王氏が務める予定となっている。 2022.12.04 13:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly