イングランド2部のチリ代表FWベン・ブレレトンにセビージャが再挑戦か

2022.07.17 17:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャが再びブラックバーンのチリ代表FWベン・ブレレトン(23)を獲得しようと試みているようだ。ベン・ブレレトンは2018年夏からブラックバーンでプレーするイングランド生まれのストライカーで、身長185cmの体躯に優れたフィジカルとシュート技術も高く、生粋の点取り屋だ。

2021-22シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で37試合に出場し、22得点3アシストを記録。これまでプレミアリーグの経験こそないものの、キャリアハイの活躍により、国内外から沸々と人気度を高めている。
イギリス『サン』によると、現時点でエバートンやリーズ・ユナイテッド、ボーンマスといったプレミア勢のほか、セビージャ、レアル・ベティス、バレンシアらのラ・リーガ勢も関心。さらに、フランクフルトやリヨンも動向を注視しているとみられ、争奪戦に発展している模様だ。

中でも、セビージャは獲得に熱心で、今年1月にもブラックバーンにオファー。その当時はブラックバーンが2000万ポンド(約32億8000万円)を求めるのに対して、その金額の半分程度しか提示せず、うまくいかなかったようだが、今夏も再挑戦するという。

なお、ベン・ブレレトンとブラックバーンの契約は2021-22シーズン限りだったものの、クラブ側が今年5月に1年の延長オプションを行使したことで2023年6月までに。しかし、今夏が売り時となることから、要件を満たすオファーが届けば移籍を許可するものとみられる。

1 2

関連ニュース
thumb

引く手あまたのイスコ、ウニオン・ベルリンがオファーか

ウニオン・ベルリンが、元スペイン代表MFイスコ(30)にオファーを出したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 昨年夏にセビージャに加入しながらも、恩師のフレン・ロペテギ監督の解任を受けて今冬に自身も退団を決断したイスコ。いち早くオファーを出したというマルセイユやサウジアラビアを拒否したという報道もある中、多くのクラブが目を光らせている模様だ。 そんな中、新たにウニオンがオファーを出したと『スカイ』が報道。同クラブは先日、チュニジア代表MFアイサ・ライドゥニ(26)を獲得したばかりだが、日本代表MF原口元気に他クラブから触手が伸びるなど、中盤の入れ替えがさらに進む可能性がある。 ただ、元スペイン代表MFには引く手あまたで、ロペテギ監督率いるウォルバーハンプトンをはじめ、ユベントスやMLSのクラブとの関連も伝えられている。 2023.01.28 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、インテルでくすぶるホアキン・コレアの復帰を検討か

セビージャが、かつて所属していたインテルのアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(28)の獲得を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 思わぬ不振に喘いでいる今季のセビージャ。昨年10月についにフレン・ロペテギ監督を解任し、ホルヘ・サンパオリ監督の再招へいに舵を切った。だが、なかなか好転とはならず、直近でもコパ・デル・レイ準々決勝でオサスナに敗れている。 冬の移籍市場でなんとかテコ入れを図りたいところだが、今のところは22歳の若手センターバックであるロイク・バデのレンタル加入と、アヤックスにレンタルしていたルーカス・オカンポスの復帰のみ。リヨンの攻撃的MFジェフ・レーヌ=アデレードの獲得に近づいていたが、メディカルチェックを通過できず、破談となった。 特に手を加えたい前線に関しては、セビージャの下部組織出身であるトッテナムのブライアン・ヒルも候補に挙がっているが、同じく元セビージャの肩書を持つコレアも候補の一人となっているようだ。 2016年夏から2年間セビージャでプレーしたコレアは、当時は公式戦通算73試合15ゴール10アシストを記録。その後はラツィオ移籍を経て、2021年夏にインテルに加入した。しかし、インテルではロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスの影に隠れ、なかなか結果が出せず。今期もここまで公式戦23試合の出場で3ゴールにとどまっている。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、すでにオペレーションは始まっているとのことで、セビージャは前線強化に向けて最後の踏ん張りを見せている。 2023.01.28 14:05 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、生え抜きのブライアン・ヒル復帰を画策か バレンシアやローマも関心

セビージャが、トッテナムのスペイン代表FWブライアン・ヒル(21)の獲得を検討しているようだ。スペイン『Canal Sur Ra​​dio』が伝えている。 思わぬ不振に喘いでいる今季のセビージャ。昨年10月についにフレン・ロペテギ監督を解任し、ホルヘ・サンパオリ監督の再招へいに舵を切った。だが、なかなか好転とはならず、直近でもコパ・デル・レイ準々決勝でオサスナに敗れている。 冬の移籍市場でなんとかテコ入れを図りたいところだが、今のところは22歳の若手センターバックであるロイク・バデのレンタル加入と、アヤックスにレンタルしていたルーカス・オカンポスの復帰のみ。リヨンの攻撃的MFジェフ・レーヌ=アデレードの獲得に近づいていたが、メディカルチェックを通過できず、破談となった。 さらなる補強が必要な中、注目されているのがセビージャの生え抜きであるブライアン・ヒルだ。ウインガーとして活躍し、若くしてスペイン代表デビューも果たしたのち、2021年夏にトッテナムに引き抜かれた。大きなステップアップとなったが、当たりの強いプレミアリーグではなかなか本領を発揮できず、半年でバレンシアにレンタル移籍。今季はトッテナムに戻ったものの、ここまで公式戦出場は10試合で、そのうち先発は2回のみ。時間で言うとわずか305分間のみの出場となっている。 21歳にとってもセビージャ復帰は魅力的な選択肢だろうが、伝えられるところではバレンシアやローマも獲得に興味を示しているようだ。 2023.01.26 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャで今一つのパプ・ゴメス、ブラジルのヴァスコ・ダ・ガマへ移籍か

アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)のセビージャ退団が近づいているようだ。 2021年1月にセビージャに加入したパプ・ゴメス。前所属のアタランタでは主力として活躍していたが、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督との衝突の末、退団に至った。 セビージャでもすぐにレギュラーとなり、昨季は公式戦40試合に出場。だが、今季はここまでラ・リーガとチャンピオンズリーグで17試合に出場しているものの、それぞれ1アシストのみと乏しい成績に。昨年10月に復任したホルヘ・サンパオリ監督からの信頼は徐々に損なわれつつある。 そんな中、アルゼンチン『TyC Sports』のジャーナリストであるセサール・ルイス・メルロ氏によると、パプ・ゴメスは現在、ヴァスコ・ダ・ガマ移籍の可能性が高まっているという。セビージャの同意さえあれば、34歳はブラジルに行く意思があるとのことだ。 なお、パプ・ゴメスは現在、足首の捻挫で昨年末から離脱中。25日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝のオサスナ戦もメンバーには入っていなかった。 2023.01.26 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

復調の兆しを見せるセビージャ、リヨンから元アーセナルの攻撃的MF加入へ

セビージャが、リヨンのフランス人MFジェフ・レーヌ=アデレード(25)の獲得に近づいているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのアルバロ・ボレゴ氏が伝えている。 ユース時代にアーセナルの下部組織で育ち、同クラブのファーストチームでの出場歴もあるレーヌ=アデレード。だが、イングランドでは中々芽が出ず、2018年夏にアンジェへ完全移籍し、母国に戻ることになった。 すると、1年後にリヨンへ2500万ユーロの移籍金でステップアップ。しかし、主力として結果を残していた中で、ヒザの前十字靭帯断裂という大ケガに見舞われた。さらに、再起を誓って翌シーズンにレンタル加入した古巣のアンジェでも同様のケガがレーヌ=アデレードを襲い、およそ1年の間、実践から離れることになってしまった。 昨季終盤からリヨンで少しずつ試合感覚を取り戻しながら、今季はここまでリーグ・アンで14試合に出場。ただ、主力に返り咲くことはできず、この度スペインへ新天地を求めることになるようだ。 ボレゴ氏によると、セビージャとレーヌ=アデレードは個人間合意しており、クラブ間では1200万ユーロの買い取りオプションがついたレンタル移籍で合意に迫っているとのこと。リーグ戦ここ3試合で2勝を挙げ、復調の兆しを見せるセビージャでは、退団濃厚のアドナン・ヤヌザイに代わるセントラルMFを補強が必要となっていた。 各アンダー世代のフランス代表を経験してきたレーヌ=アデレードは、セントラルMFと攻撃的MFに加え右ウイングでもプレー可能。高い身体能力と攻撃センスを武器に、ドリブルでの局面打開と精度の高いパスでアタッキングサード攻略を担う万能型MFだ。 2023.01.23 21:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly