原口元気がさらなる“強さ”を求める?合宿でダンベル両手に苦悶の表情

2022.07.14 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンに所属する日本代表MF原口元気がさらなる強さを追い求めている。

原口は昨夏にハノーファーからウニオンに加入。3季ぶりにブンデスリーガの舞台へと舞い戻ると、リーグ戦30試合に出場して2ゴール6アシストをマーク。チームの5位フィニッシュとクラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に大きく貢献した。

そのウニオンは、新シーズンに向けてオーストリアで合宿を実施。原口やMF遠藤渓太も参加しているが、クラブは13日に公式SNSを更新。合宿の様子を公開している。
原口はウエイトトレーニングを行っているのか。大きなダンベルを両手に持って苦悶の表情を浮かべている。クラブはそんな原口を「より強く、より強く」とたきつけている。

さらなるパワーアップに余念がない原口。ELとリーグ戦に加えてカップ戦を並行して戦うことになる今シーズンもケガなく過ごしてもらいたい。



1 2

関連ニュース
thumb

「元気が元気でよかった」槙野智章がムードメーカーっぷりを発揮! W杯落選の原口の“元気”な姿にファン歓喜「槙野さん、ありがとう」

ヴィッセル神戸のDF槙野智章が、意外な仲間との3ショットを披露した。 先日は2022年の「KIMONOIST(キモノイスト)」に選出されたことを報告した槙野。カタール・ワールドカップ(W杯)では、現地から開設を行うことも明かし、現役の選手ながら、活躍の幅を広げている。 その槙野はシーズンオフに入っているが、自身のインスタグラムで意外な3ショットを披露した。 槙野は「今宵は良い仲間と良い時間」と投稿。一緒に写っていたのは、手術を受けてリハビリ中のMF香川真司(シント=トロイデン)と、ブンデスリーガのウニオン・ベルリンでプレーするMF原口元気だった。 原口は、カタールW杯のメンバー入りも期待されていた中、まさかの落選。これまで日本代表を支え、森保一監督の下でも出場機会を多く得ていた。 また、今シーズンはレギュラーではないものの、ウニオン・ベルリンは好調を維持。首位を長らく走っていた中、5位に転落するも、調子が良いチームでも出場機会を得ていたため、サプライズの落選とも言われた。 本来であれば、今頃カタールにいたかもしれない原口も含め、3人は4年前のロシアW杯をともに戦った中。楽しそうなショットも投稿されていた。 これには「元気くんの笑顔ちょっとほっとした」、「原口選手の笑顔が見れただけで大満足」、「元気が元気でよかった」、「元気の笑顔見れた」、「槙野さん、ありがとう」と、メンバー落選後の原口の様子が見られたことに槙野に感謝する声が集まった。 4年間、W杯の悔しさをW杯で晴らそうと努力してきた原口にとっては、簡単に整理をつけることは難しいはずだが、仲間とともに時間を過ごすことで少しは癒されただろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ロシアW杯トリオが集合!W杯落選の原口の元気な姿も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClBdbNILbwE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClBdbNILbwE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClBdbNILbwE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.17 07:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】板倉がW杯前最終戦で戦列復帰!堂安vs原口の上位対決はフライブルクに軍配

ブンデスリーガ第15節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第15節では伊藤、鎌田、堂安、原口、吉田が先発出場、板倉が途中出場した。 板倉滉の所属するボルシアMGは、ホームでドルトムントと対戦。試合は開始早々の4分にホフマンにゴールでボルシアMGが先制。19分にブラントのゴールで追いつかれたが、26分にホフマンのFKをベンセバイニがヘッドで叩き込み勝ち越すと、30分にもN・シュロッターベックがネットを揺らし、2点をリードする。 その後、前半終盤にセットプレーのこぼれ球をN・シュロッターベックに押し込まれ、再び1点差とされたボルシアMGだったが、後半開始早々の46分にコネがミドルシュートを沈め、リードは再び2点差に。 その後も危なげなく試合を進めたボルシアMGは、88分にコネに代えて板倉が大きな歓声に迎えられ、およそ2カ月ぶりのピッチへ。結局、試合はそのまま4-2でボルシアMGが快勝した。 また、堂安の所属するフライブルクと原口の所属するウニオン・ベルリンによる日本人対決は、前半で4点を奪ったフライブルクが、前半で10人となったウニオンの反撃を1点に抑え、4-1で勝利している。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽11/11 ボルシアMG 4-2 ドルトムント ◆88分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430468">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430562">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆76分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆60分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430565">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽11/12 シャルケ 0-2 バイエルン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430509">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430504">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽11/12 アウグスブルク 0-1 ボーフム ◆ケガのため欠場 2022.11.14 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安vs原口の日本人対決はグリフォのハットなどでフライブルクが4発快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第15節のフライブルクvsウニオン・ベルリンが13日に行われ、4-1でフライブルクが勝利した。フライブルクの堂安律は76分までプレー、ウニオンの原口元気は60分までプレーしている。 直近のライプツィヒ戦で完敗した4位フライブルクは、その試合から先発を2人変更。M・エッゲシュタインとチョン・ウヨンに代えてグリフォとカイテルを先発で起用。堂安もリーグ戦4試合連続の先発となった。 一方、直近のアウグスブルク戦を2-2の引き分けに終わったウニオンは、その試合から先発を2人変更。R・ケディラとジーセルマンに代えて原口とトリメルを先発で起用した。 日本人対決となった一戦は、フライブルクが開始早々の35秒にボックス左に抜け出したギュンターの折り返しから堂安がダイビングヘッドでゴールに迫る。このシュートは相手GKにキャッチされたが、ギュンターのクロスがトリメルの右手に当たっており、VARの末にフライブルクにPKが与えられた。これをグリフォがゴール右に決めた。 幸先良く先制したフライブルクは、6分にもハベラーのバックパスを中盤でカットしたグリフォがカウンターを仕掛けると、グレゴリッチュとのパス交換でゴール前まで侵入し冷静にゴールネットを揺らした。 早い時間に2点を追う展開となったウニオンは、9分に最初の決定機を迎える。相手ボックス内の浮き球に反応したベッカーがライン際でホフラーに後ろから蹴られる形で倒されると主審はPKを宣言。しかし、クノッヘのPKは左ポストに嫌われた。 ピンチを凌いだフライブルクは19分、右サイドを抜け出した堂安がボックス右でジオゴ・レイチに倒されるとPKを獲得さらに、主審は決定機阻止との判定でジオゴ・レイチにレッドカードを掲示した。そして、このPKをキッカーのグリフォがが冷静にゴール左に突き刺し、20分でハットトリックを達成した。 その後も数的有利のフライブルクが主導権を握ると、前半終了間際の46分にバイタルエリアでボールを受けた堂安が相手DFを引きつけてラストパスを供給。これをボックス左で受けたグレゴリッチュが飛び出したGKの上を越すチップキックでゴールネットに沈めた。 迎えた後半もフライブルクがゲームをコントロールする中、ウニオンは60分に原口とベーレンスを下げてトールスビーとミヒャエルを投入。すると71分、 攻勢を続けるもののチャンスに結びつかないフライブルクは、76分に堂安とグリフォを下げてホーラーとチョン・ウヨンをピッチに送り出す。しかし、再びチャンスを迎えたのはアウェイチームだった。 ウニオンは84分、ボックス内で落としを受けたトールスビーのシュートのこぼれ球に反応したドゥーヒがカイテルに抱え倒され、ウニオンがPKを獲得。これをミヒャエルがゴール右に決めた。 しかし、ウニオンの反撃はこの1点にとどまり4-1でタイムアップ。グリフォのハットトリックなどで前半に試合を決めたフライブルクが、ミッドウィークの敗戦からのバウンスバックに成功した。 2022.11.14 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】鎌田1Aのフランクフルトがホッフェンハイムとの打ち合いを制す! 堂安のフライブルクはライプツィヒに完敗…

ブンデスリーガ第14節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第14節では遠藤、伊藤、鎌田、堂安、吉田が先発出場、原口が途中出場した。 鎌田が先発したフランクフルトは、ホームでホッフェンハイムと対戦。試合は開始早々の3分にスコアが動く。敵陣でハイプレスをかけたリンドストロームがボール奪取からヒールパスを送ると、ボックス左から侵入した鎌田が倒されながらもボールを繋ぐ。最後はこれを拾ったソウがゴール前まで切り込み、冷静にゴールネットを揺らした。 幸先良く先制したフランクフルトは8分にも、リンドストロームがボックス左手前から強烈なミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたこぼれ球をコロ・ムアニがハーフボレーで叩き込んだ。さらに29分には、ボックス左から侵入したコロ・ムアニの絶妙な折り返しを大外に走りこんだディナ・エビンベが流し込んだ。 前半半ばまでに3点を先行したフランクフルトだが、38分にバウムガルトナーのゴールで1点を返されると、後半開始早々の46分にもオザン・カバクにネットを揺らされ、たちまち1点差に。 後半開始早々の失点で嫌な流れになりかけたと思われたが、56分にロングカウンターを仕掛けると、ボックス右まで持ち上がったコロ・ムアニの折り返しをリンドストロームが流し込んだ。直後の58分には、ゲッツェのパスでボックス右まで駆け上がったディナ・エビンベの折り返しから鎌田が決定機を迎えたが、右足で合わせたボールはクロスバーに弾かれた。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず4-2で試合終了。打ち合いを制したフランクフルトが4位に浮上している。 また、堂安が先発した2位フライブルクは、リーグ戦6試合無敗の6位ライプツィヒと対戦。試合はゴールレスで迎えた後半にスコアが動く。ライプツィヒは55分、右CKをエンクンクが頭で合わせると、クロスバーの跳ね返りをシマカンが押し込んだ。さらにその2分後には、エンクンクがネットを揺らし、2点をリードした。 立て続けに失点したフライブルクは、59分に堂安を下げてグリフォを投入。すると66分、ロングスローのこぼれ球をボックス内のキュブラーが右足ボレーでゴールに突き刺し、1点を返す。 同点弾を狙うフライブルクだったが、78分にホフラーがボックス内でエンクンクを倒してしまいPKを献上すると、フォルスベリにこれを決められ万事休す。結局、試合はそのまま3-1でライプツィヒが勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽11/8 ボーフム 2-1 ボルシアMG ◆ケガのため欠場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽11/9 フランクフルト 4-2 ホッフェンハイム ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽11/9 フランクフルト 4-2 ホッフェンハイム ◆ケガのため欠場 ★堂安律[フライブルク] ▽11/9 ライプツィヒ 3-1 フライブルク ◆59分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽11/9 シャルケ 1-0 マインツ ◆フル出場 ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/9 ウニオン・ベルリン 2-2 アウグスブルク ◆70分からプレー ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽11/8 シュツットガルト 2-1 ヘルタ・ベルリン ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽11/8 シュツットガルト 2-1 ヘルタ・ベルリン ◆83分に負傷交代 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽11/8 ボーフム 2-1 ボルシアMG ◆ケガのため欠場 2022.11.10 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサvsユナイテッドのビッグカードがPOで実現! 守田英正、南野拓実、原口元気の対戦相手は?《EL》

7日、ヨーロッパリーグ(EL)のノックアウトステージ・プレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのEL。グループ首位がラウンド16に、2位はチャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 バルセロナやユベントス、アヤックスなど強豪クラブがCL敗退となった中、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングCPもプレーオフに参加した。一方で、ELからは日本代表MF南野拓実が所属するモナコ、日本代表MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンが参加している。 なお、DF冨安健洋のアーセナル、MF堂安律のフライブルク、MF久保建英のレアル・ソシエダ、DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは1位で突破し、既にラウンド16進出を決めていた。 そんな中、2年連続でCLをグループステージで敗退となったバルセロナは、マンチェスター・ユナイテッドと対戦することに。プレーオフの最大のカードとなった。 また、守田のスポルティングCPはミッティラン、南野のモナコはレバークーゼン、原口のウニオン・ベルリンはアヤックスとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ELプレーオフ組み合わせ バルセロナ(CLグループC・3位) vs マンチェスター・ユナイテッド(ELグループE・2位) ユベントス(CLグループH・3位) vs ナント(ELグループG・2位) スポルティングCP(CLグループD・3位) vs ミッティラン(ELグループF・2位) シャフタール・ドネツク(CLグループF・3位) vs スタッド・レンヌ(ELグループB・2位) アヤックス(CLグループA・3位) vs ウニオン・ベルリン(ELグループD・2位) レバークーゼン(CLグループB・3位) vs モナコ(ELグループH・2位) セビージャ(CLグループG・3位) vs PSV(ELグループA・2位) ザルツブルク(CLグループE・3位) vs ローマ(ELグループC・2位) 3 個のファイル 2022.11.07 21:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly