27歳のベルギー代表DFデナイヤー、新天地はトルコに? 数多のクラブが獲得を検討か

2022.07.14 17:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元リヨンのベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)に、トルコ行きの可能性が浮上しているようだ。

デナイヤーはマンチェスター・シティの下部組織で育ったセンターバック。シティのファーストチームには定着できず、2014-15シーズンからはセルティックやガラタサライなど、様々なクラブに貸し出され、2018年夏にリヨンへと完全移籍をしていた。

リヨンではこれまでDFラインの主力として活躍。しかし、2021-22シーズンは長期離脱を経験し、公式戦20試合の出場にとどまった。シーズン終了後には契約満了を迎え、現在は無所属となっている。
フランス『Foot Mercato』によると、現役のベルギー代表DFは各方面から高い人気がある模様。セビージャ、ビジャレアル、バレンシア、セルタなどスペイン勢からの関心がとりわけ高いが、かつてレンタルで在籍したガラタサライや、ベジクタシュ、トラブゾンスポルといったトルコの強豪クラブも獲得を検討しているようだ。

中でも獲得に熱心なのがトルコ王者トラブゾンスポルとみられ、新天地として名前が挙がるクラブの中では、セビージャと共に新シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を有するクラブの1つだ。

現時点でトラブゾンスポルがデナイヤー獲得に漕ぎ着けられるかどうかは不明瞭とのことだが、27歳と脂が乗った実力派センターバックをフリーで獲得できるチャンスとあって、各クラブが熱視線を送っているようだ。

関連ニュース
thumb

ハムシクは38歳まで現役続行? 代理人が明言「トラブゾンスポルから3年契約を受けている」

トラブゾンスポルが、元スロバキア代表MFマレク・ハムシク(35)に契約更新を提案しているようだ。イタリア『メディアセット』が伝えている。 2007年に加入したナポリでレジェンド選手となり、2019年2月の退団以降、中国やデンマーク、そして現在のトルコと、一線から退きながらも活躍中。昨夏に加入したトラブゾンスポルではリーグ優勝に貢献した。 そんなトラブゾンスポルとの契約が今季限りで切れるにあたり、ハムシクには古巣ナポリへの復帰や、今年5月に引退を宣言したスロバキア代表との関連が噂されている。だが、代理人のマルティン・ペトラス氏によれば、現在はトラブゾンスポルが新たな契約をオファーしている状況なのだという。 「ハムシクが監督としてナポリに戻るという話をよく聞く。ただ、トラブゾンスポルから3年契約が提示されており、クラブは彼を引き留める意向を示している」 「冷静に将来を考えており、ナポリに戻ることは彼にとって前向きに検討すべきテーマだろう。また、スロバキアの(フランチェスコ・)カルツォーナ監督は、彼に代表チームで役割を与えたいと考えているようだ」 現在35歳のハムシクの前に様々な選択肢が用意されている模様。仮にトラブゾンスポルからのオファーを受ければ38歳まで現役を続けることになるが、ペトラス氏は「今後数週間のうちに、さらに多くのことがわかるだろう」と話している。 2022.11.09 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

14カ国のクラブが出場するプレーオフ、ラツィオはクルージュ、フィオレンティーナはブラガと対戦《ECL》

7日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のノックアウトラウンドのプレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのECL。グループ首位がラウンド16に、2位はヨーロッパリーグ(EL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 ELからはラツィオやトラブゾンスポルなどがプレーオフに回ってきた。一方で、フィオレンティーナ、アンデルレヒトなどがECLからプレーオフに回っている。 なお、ウェストハムやビジャレアル、DF菅原由勢のAZなどは首位でラウンド16に進出している。 ELから回ってきたラツィオは、ルーマニアのクルージュと対戦。一方ECLで勝ち上がったフィオレンティーナは、ポルトガルのブラガとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ECLプレーオフ組み合わせ カラバフ(ELグループG・3位) vs ヘント(ECLグループF・3位) トラブゾンスポル(ELグループH・3位) vs バーゼル(ECLグループH・3位) ラツィオ(ELグループF・3位) vs クルージュ(ECLグループG・3位) ボデ/グリムト(ELグループA・3位) vs レフ・ポズナン(ECLグループC・3位) ブラガ(ELグループD・3位) vs フィオレンティーナ(ECLグループA・3位) AEKラルナカ(ELグループB・3位) vs ドニプロ-1(ECLグループE・3位) シェリフ・ティラスポリ(ELグループE・3位) vs パルチザン・ベオグラード(ECLグループD・3位) ルドゴレツ(ELグループC・3位) vs アンデルレヒト(ECLグループB・3位) 2022.11.07 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「チームでプレーすることをやめてしまった」アウェイで4失点大敗のモナコ、指揮官が厳しい言葉「学ばなければいけない」

モナコのフィリップ・クレメント監督が、トラブゾンスポル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 モナコは13日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第4節でトラブゾンスポルトアウェイで対戦した。 日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなったこの試合。主導権を握りながらもゴールが奪えないでいると、44分に衝撃的なオウンゴールでモナコは失点する。 1点ビハインドで後半に入ったが、48分に失点すると、その後も2点を奪われ、4-0で大敗。3-0となった60分から南野は出場したが、ゴールは奪えなかった。 クレメント監督は、前半は失点するまで良かったとコメント。一方で、2失点目を受けてチームが崩れたと語った。 「我々はこの試合をうまく始めた。最初の43分間は我々が支配し、守備と攻撃の両面で良いプレーを見せた。多くのシチュエーションがあったが、効果的ではなかった」 「先制点を許し、良いスタートを切ったにも関わらず2点目も注意力が足りなかった。それから我々はチームでプレーすることをやめてしまった」 「この数週間、数カ月、グループであることは我々の強みだったが、今日のハーフタイム後はそうではなかった。ここから学ばなければいけない」 「これは優位に立つには、常にチームとしてプレーする必要があることを示している。我々はチームであり、共に勝ち、共に負ける」 「しかし、まだ2試合残っており、我々の運命は決まっていない。我々の仕事にかかっている」 <span class="paragraph-title">【動画】モナコの衝撃的なオウンゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Malang Sarr scores a very… unexplainable own goal <a href="https://t.co/SnVfqusWZ2">pic.twitter.com/SnVfqusWZ2</a></p>&mdash; Bortey (@joelbortey) <a href="https://twitter.com/joelbortey/status/1580648252373798912?ref_src=twsrc%5Etfw">October 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.14 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

トルコ代表MFユスフ・ヤズジュが3年ぶりにトラブゾンスポルへ復帰

トラブゾンスポルは5日、リールのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 トラブゾンスポルでプロデビューしたヤズジュは、2019年夏にリールへ移籍。加入初年度にヒザの前十字靭帯を断裂してシーズン後半を棒に振ったものの、2020-21シーズンは主力としてリーグ・アン32試合の出場し7ゴールを記録。 しかし2021-22シーズンは、昨夏に就任したジョスリン・グーヴェネック監督の下で序列が低下。出場機会が激減すると今冬に買い取りオプション付きレンタルでCSKAモスクワに加入。 CSKAモスクワでは加入初戦のスパルタク・モスクワで初ゴールを記録すると、その後リーグ戦6試合連続ゴールをマーク。公式戦12試合で8ゴール2アシストの活躍を見せると、クラブは買い取りオプションの行使を望んだが所属元のリールとの交渉がまとまらず、破談に終わっていた。 2022.09.06 07:03 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアFWマキシ・ゴメス、トラブゾンスポルに加入

トラブゾンスポルは1日、バレンシアのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(26)の加入を発表した。契約期間や移籍金などは明かされていない。 マキシ・ゴメスは2019年夏にセルタからバレンシアに加入。バレンシアではエースFWとしての活躍を期待されるも、セルタ時代ほどは結果を残せず、公式戦109試合に出場して22ゴール12アシストを記録するにとどまっていた。 2022.09.01 23:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly