マインツ、仏リーグ屈指の攻撃的MFフルジーニを獲得!

2022.07.13 14:57 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは12日、アンジェからフランス人MFアンジェロ・フルジーニ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。

ヴァランシエンヌの下部組織からトップチームに昇格したフルジーニは、フランスの世代別代表チームに選出されてきた攻撃的MF。2017年にアンジェに完全移籍すると、リーグ・アン通算149試合20ゴール15アシストの数字を残してきた。

トップ下やセカンドトップ、センターフォワードと中央のエリアを主戦場とする183cmのアタッカーは、個人での打開力や正確な右足のキックを生かしたチャンスメークを特長とする。さらに、国内ではプレースキックの名手としても知られている。
ここ最近ではボルシアMGやレンジャーズからの関心も伝えられたが、ヴァランシエンヌ時代からの親友で、今夏までマインツに在籍していたフランス人DFムサ・ニアカテ(現ノッティンガム・フォレスト)のアドバイスもあり、マインツ行きを決断した。


関連ニュース
thumb

鎌田フル出場のフランクフルト、マインツにドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第15節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠は欠場している。 前節ホッフェンハイムに4発勝利として4位に浮上したフランクフルト(勝ち点26)は、鎌田が[3-4-2-1]のボランチで先発となった。 11位マインツ(勝ち点18)に対し、フランクフルトは9分にピンチ。コールのミドルシュートでゴールを脅かされた。 ボールこそ持つものの崩せずにいたフランクフルトは31分、相手GKのキックミスをカットした流れからコロ・ムアニがネットを揺らすシーンを作ったが、オフサイドに阻まれる。 すると40分に失点。CKからブルクハルトのヘディングシュートはGKトラップが好守で凌ぐも、二次攻撃を受けた流れからブルクハルトに決められた。 フランクフルトが1点ビハインドで迎えた後半、徐々に圧力を強めていった中、59分の選手交代で鎌田が2シャドーの一角へポジションを変更。 すると67分、そのフランクフルトが追いついた。ゲッツェのダイレクトスルーパスに抜け出したコロ・ムアニがシュートを決めきった。 さらに74分にはGKが飛び出していた隙を見てゲッツェがロングループシュート。枠を捉えたが、懸命に戻ったゼントナーに阻まれた。 終盤にかけてはフランクフルトが攻勢を強めたが逆転弾を奪うには至らず。ドロー決着で中断に入ることになった。 2022.11.14 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

チュポ=モティングが公式戦5戦連発、6発バイエルンが暫定首位浮上でウニオンにプレッシャー《ブンデスリーガ》

バイエルンは29日、ブンデスリーガ第12節でマインツをホームに迎え、6-2で圧勝した。 前節ホッフェンハイム戦では好調のチュポ=モティング弾で勝利し首位ウニオンに1ポイント差に迫った2位バイエルン(勝ち点22)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグではバルセロナに勝利。CL5連勝とした中、最前線にチュポ=モティング、2列目に右からニャブリ、ミュージアラ、マネと並べた。 6位マインツ(勝ち点18)に対し、バイエルンは開始5分に先制する。中央でチュポ=モティングが起点となって分厚い攻めを見せると、ニャブリのパスを受けたボックス左のマネが折り返し。リターンパスをニャブリが合わせてネットを揺らした。 その後も攻め立てたバイエルンは28分、チュポ=モティングのポストプレーを受けたミュージアラがペナルティアーク右からシュートを蹴り込んでリードを広げた。 32分のピンチではバーとポストに救われたバイエルンは40分にPKを獲得。マネがドリブルでボックス左に侵入したところでハックに倒された。このPKをマネがGKに止められるも、ルーズボールを蹴り込んで3-0とした。 前半追加タイムに失点し3-1として迎えた後半も攻め手を緩めないバイエルンは58分にマネの左クロスからゴレツカがヘッドで合わせて4点目。 終盤にはテル、チュポ=モティングが公式戦5試合連続ゴールを決めて大量6ゴールを挙げたバイエルンが圧勝。暫定首位に浮上し、ウニオンにプレッシャーをかけている。 2022.10.30 00:34 Sun
twitterfacebook
thumb

「状況は本当に違う」7年周期で退任の負のサイクル…リバプール7年目のクロップ監督が言及「ここから先に進もう」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、自身の去就について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 2015年10月にリバプールの指揮官に就任したクロップ監督。今シーズンで7年目を迎える。 これまでチャンピオンズリーグ(CL)制覇や、初のプレミアリーグ制覇とタイトルを獲得。リバプールを成功に導き、大きな功績を残している。 しかし、今シーズンは開幕から低迷。プレミアリーグでは開幕3試合勝利がないと、ここまでわずか2勝で暫定ながら10位に位置している。 選手の入れ替えが行われた中、パフォーマンスがなかなか上がらないリバプール。9日には首位のアーセナルとの大一番を控えている。 そのクロップ監督だが、監督キャリアでは「7」という数字がついて回っている。その手腕が評価されたマインツ、その後ブンデスリーガ連覇を達成するなどしたドルトムントの両クラブは、7年の指揮でチームを去ることに。7年目のチームのパフォーマンスが大きく低下するということが2度続いている。 そして、今季はリバプールで7年目。負のジンクスとも言える、7年目の低迷に、さまざまな憶測が飛び交い、場合によっては退任する可能性も示唆されている。 クロップ監督はアーセナル戦に向けた会見で、7年間もいる計画はそもそもなかったとコメントした。 「こう言ってはなんだが、7年間ここにいる計画はなかった。『今これをやって、7年後にはその報酬を得られるだろう』と思っていたわけではない。そんなことは考えもしなかった」 「ただ、お披露目の記者会見で4年後については話したと思う。もし私が4年後にここにいれば、恐らく何かを勝ち取ることができているだろうと言っただろうか。それが100%上手くいったかはわからない」 「あの日、私は英語力があまりなかったので、記者会見を乗り切ったことが嬉しかった。色々なことを言ったが、覚えていてくれる人もいれば、ありがたいことに忘れてしまう人もいる。記者会見とはそういうもので、今も同じだ」 そして2クラブ続けて7年で退任し、リバプールでも7年目でチームの成績が著しく出ていない状況について言及。それぞれの状況は全て異なるとし、リバプールではこの先盛り返していけると主張した。 「クラブの状況は本当に違っていた。説明すると、7年間で低迷することは計画的でないとか、体力がなくなったとか、そういうことだ」 「マインツで監督をしていて、3年後にブンデスリーガに昇格。その3年後にブンデスリーガ2部に降格してしまった。もう1年やってみたが、選手がブンデスリーガに移籍してしまい、クラブは変化を必要としていた」 「マインツは再出発することが必要だった。間違いない.。私はエネルギーに満ち溢れていて、そのままドルトムントへ行ったが、全てが上手くいった」 「マインツには残れたし、彼らも私を必要としてくれた。誰も『もうダメだ』とは思っていなかった。ただ、その年は2部で4位に位置していて、ブンデスリーガに昇格することはできなかった」 「ドルトムントには7年間在籍したが、他のクラブに移籍したり、何らかの理由で退団したり、選手が引き抜かれる状況だった。それは本当に大変なことで、チームを成長させるどころか、2歩下がってしまうようなことを常にしていた。『なぜ去年より良くないのか』と良く聞かれていた」 「ちなみに我々は前年と同じくらいの良い成績を残せれば幸せだが、様々なポジションで重要な選手を失ってしまった」 「それは本当に激しく、本当に疲れた。だからこそ『ここで止めなければ』と言った。実はエネルギーには全く問題はなかった。ただ、あの時は今から1年間休養を取ろうと言っただけだ」 「ペップ(・グアルディオラ)もトーマス・トゥヘルもそうしていたし、私も『1年休みと取らない手はない』と思った。試してみようと思った。でも、4カ月後にはここにいた」 「エネルギーに関しては全く問題ないし、状況も全く違う。私が7年で辞め、今ここにいるのは難しい状況であることは理解できるし、みんながそう受け取る。よく考えれば、状況が全く違うことに気づくはずだ」 「7年間ここにいたことは、間違いなく強烈なことだ。私もみんなも歳をとったが、それが時間というもの。でも、それは良いことだ」 「シーズン前に第7節を終えて9位になると思っていたか?いや、そういうことは考えない。でも、今はそれが我々の置かれている状況で、ここから先が勝負だ」 「もし一緒に乗り越えられるチャンスがあるクラブがあるとすれば、それは我々だ。他と同様に、いつも同じようにやる必要はない」 「チェルシーがトーマス・トゥヘルをクビにしたところまであと1ポイントだ。ドイツでは『トゥヘルは勝ち点10でクビ、クロップは勝ち点9で残留』と言われていたが、なぜなのかは聞くまでもないだろう。まだ、ここから何か特別なものを作り出せるチャンスはある」 「今のところ、シーズンの終わりにチャンピオンになれそうな気配はあるか?残念ながらそうではないが、他の全ての大会では、我々はまだ敗退していないし、リーグ戦でどのような結果になるかは誰にもわからない」 「だから挑戦してみよう。それだけだ。難しいか? そうだ。不可能か? そうではない。もう十分だ。ここから先に進もう」 2022.10.09 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトン新指揮官候補にマインツ指揮官が浮上!

新指揮官を探すブライトンが、マインツ指揮官を新たにリストアップしたようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズン、開幕から4勝1分け1敗の4位と躍進を見せるブライトンだが、2019年夏からチームを率い、昨季にはクラブ史上最上位となる9位フィニッシュに導いたグレアム・ポッター監督が、トーマス・トゥヘル監督の後任としてチェルシーに引き抜かれることになった。 これにより、後任探しに着手するクラブは、ボデ/グリムトを率いるヒェティル・クヌートセン監督、サッスオーロやシャフタール・ドネツクを率いたロベルト・デ・ゼルビ氏の2名を有力な候補としてリストアップしている。 現時点ではクヌートセン監督が最有力候補に挙がる一方、ボデ/グリムトが引き抜き阻止の動きを見せており、交渉が難航している模様だ。 そういった中、クラブは新たな候補としてマインツを率いるボー・スヴェンソン監督(43)をリストアップしているようだ。 現役時代にデンマーク代表MFとしてコペンハーゲンやボルシアMG、マインツで活躍したスヴェンソン監督は、古巣マインツのユース年代での指導を経て、2019年はレッドブル・ザルツブルクのリザーブチームにあたるFCリーフェリングで監督キャリアをスタートした。 その後、2021年1月からマインツの指揮官に就任。昨シーズンのブンデスリーガでチームを8位に躍進させると、今季ここまでも3勝1分け2敗の6位と好調な滑り出しを見せている。 リーフェリング、マインツを通じて若手育成の手腕が高く評価されるデンマーク人指揮官は、[3-4-2-1]をメインシステムとして採用しており、ブライトンの現スカッドとの相性は悪くないはずだ。 2022.09.15 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

初退場の板倉滉はしてやられた? 相手FWが当該シーンを振り返る「ありがたく受け取った」

ブンデスリーガ5試合目にして、ヨーロッパでのキャリア初となるレッドカードをもらったボルシアMGの日本代表DF板倉滉だが、相手が一枚上手だったようだ。 ボルシアMGは4日にマインツと対戦。開幕から4試合を2勝2分けで終えていた中、マインツには0-1で敗れ、今季初黒星を喫した。 板倉は5試合連続での先発出場となった中、0-0で迎えた後半早々に一発退場となる。 53分、競り合いのボールが流れると、抜け出そうとしたカリム・オニシウォを掴んで倒したとして板倉が一発レッド。ボルシアMGは数的不利になってしまう。 これで得たFKをアーロン・マルティンがゴール左隅に直接決めてマインツが先制し、そのまま勝利した。 オニシウォは試合後、板倉が退場になったシーンについて言及。抜け出そうと思ったが、掴まれたことでファウルにしようと考えたと正直に語った。 「彼が最後の1人であることはわかっていたし、感謝して受け止めようと思った」 「でも、彼が僕を抱き抱えてくれたんだ。だから、ありがたく受け取った。そうすることで、長い間、彼らは劣勢を強いられたんだ」 結果としてこのプレーが決勝点につながり、ボルシアMGは初黒星。このシーンではVARが介入したが、それはオニシウォがオフサイドになるかどうかを見極めるためだったとデニズ・アイテキン主審が明かしている。 「ボールが誰から渡ったのか、最後に誰が触ったのかをもう一度確認する必要があった」 「これはボルシアMGのマーヴィン・フリードリヒにあたったものであり、カリム・オニシウォはオフサイドでペナルティになることはなかった」 「そうであれば、明らかなファウルであることは間違いなく、板倉は最後の1人だったため、レッドカードを提示しなければいけなかった」 オフサイドであればノーファウルだったが、わずかな差で大きく結果が異なることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】板倉滉がヨーロッパで初の一発退場となったシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t6l0LCD2b_I";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></scrip 2022.09.06 19:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly