元ブラジル代表フレッジが38歳で現役引退…ラストマッチは約7万人に見送られる

2022.07.10 18:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてブラジル代表でも活躍したフルミネンセのFWフレッジ(38)が現役を引退した。アメリカ・ミネイロでキャリアをスタートさせたフレッジはクルゼイロで名をあげると、2005年8月にリヨンへと完全移籍。ヨーロッパでのキャリアをスタートする。

リヨンでは公式戦124試合に出場し42ゴール9アシストを記録。リーグ・アンでは87試合で34ゴール8アシスト。リーグ・アン3連覇に貢献した他、2007-08シーズンはクープ・ドゥ・フランスも優勝していた。

2009年3月にフルミネンセへと完全移籍。その後、アトレチコ・ミネイロ、クルゼイロへ移籍を経て、2020年6月に自身2度目のフルミネンセ入りを果たしていた。

フルミネンセではキャリアで最も長くプレーし、公式戦271試合に出場し130ゴール37アシストを記録。今シーズンは公式戦20試合で2ゴール2アシストを記録していた。

そのフレッジは、9日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のセアラー戦に終盤出場。これが、現役最後の試合となった。

なお、この試合でセリエA通算300試合出場を達成。134ゴール41アシストを記録していた。

この試合には6万3000人を超えるファンが集まったマラカナンで行われ、エモーショナルな雰囲気に包まれた様子。チームもしっかりと勝利を収め、試合後には大勢のファンに見送られてピッチを後にした。

試合後の会見では、2017年にアトレチコ・ミネイロでプレーしていた頃から内耳炎を患っており、今も続いている中でプレーを続けていたと明かした。

今後は、指導者のキャリアを歩むためにライセンスを取得すことになるとのこと。ただ、少し休みたい気持ちがあるようだ。

「これからは家族や子供、そして妻と楽しむ時間を持つことになる。父とも少し田舎で過ごしたいね。それは僕が果たさなければいけない夢だ」

「そして、僕はフルミネンセに呼ばれることを待っている。彼らが呼ぶつもりであるかを観ていたいよ」

「いつだって力になるけど、少し家族で楽しみたいと思う。僕は9歳で家を出た。今はまた子供に戻りたいね」

フレッジはリヨン時代にブラジル代表デビュー。2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)に出場した他、2014年のブラジルW杯にも出場。ブラジル大会では準決勝までの6試合全てで先発していた。代表通算39試合18ゴールだった。

1 2

関連ニュース
thumb

ブラジル屈指の好カードが大荒れ… 元セレソン同士のエキサイトに主審も呆れる?

ブラジル屈指の強豪チーム同士の対戦が、なんとも後味の悪い一戦となってしまった。ブラジル『グローボ』が伝えている。 18日、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)第27節のフラメンゴvsフルミネンセが行われた。3位と4位の上位対決として大きな注目を浴びた一戦は1-2でフルミネンセが勝利を収めたのだが、86~89分にかけて両チーム計4人の退場者を出す大荒れの展開となった。 フルミネンセの1点リードで迎えた86分、ボックス付近でのファウルを発端に事件は発生。フラメンゴFWマリーニョが倒れた相手選手を踏みつけたかと思えば、それに激昂したフルミネンセDFマノエウがマリーニョを体当たりで突き飛ばす。当然ながら両選手ともレッドカードが提示された。 さらに、両選手を制止する輪とは別のところでフラメンゴDFダビド・ルイスとフルミネンセMFフェリペ・メロの元ブラジル代表同士が激しくエキサイト。すかさず主審が割って入ったものの、お構いなしで口論を続け、主審も半ば諦めた様子で2人のそばを離れていった。 こちらはなんとか落ち着いたようだが、続く89分にもこの大乱闘が尾を引く形で両チームから1人ずつ退場者が。フルミネンセは開始早々の6分にも退場者を出しており、両チーム合わせて5枚ものレッドカードが提示されるという試合になってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】両軍にレッド... さらにD・ルイス&F・メロがエキサイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dcdlzhIfQco";var video_start = 1274;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.20 17:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラジルの逸材FWルイス・エンヒキをベティスが完全移籍で獲得、6年契約締結

レアル・ベティスは1日、フルミネンセのブラジル人FWルイス・エンヒキ(21)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2028年6月までの6年間となる。 フルミネンセの下部組織出身で2020シーズンにファーストチームデビューを飾ったルイス・エンヒキは、右ウイングを主戦場とする左利きのアタッカー。どこかサンバのリズムを感じさせるトリッキーなドリブルを最大の特長とし、左足のパワフルなシュートからゴールも陥れる伸びしろ豊かな大器は、U-20ブラジル代表にも招集されていた。 すでに公式戦116試合に出場し14ゴール13アシスト。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは72試合に出場し10ゴール7アシストの数字を残していた。 過去にはミランやレアル・マドリーも関心を示した182cmのレフティーだが、新天地はベティスに。今夏最初の補強となった。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻!ルイス・エンヒキのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr"> (@RealBetis) <a href="https://twitter.com/RealBetis/status/1542859063079276544?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.01 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスが逸材FWルイス・エンヒキ獲得へ! フルミネンセ会長が合意明かす

ベティスがフルミネンセに所属するブラジル人FWルイス・エンヒキ(21)を完全移籍で獲得することが決定的となった。ブラジル『UOL』など複数メディアが伝えている。 フルミネンセの下部組織出身で2020シーズンにトップチームデビューを飾ったルイス・エンヒキは、右ウイングを主戦場とする左利きのアタッカー。昨シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは33試合に出場し、6ゴール2アシストの数字を残していた。 どこかサンバのリズムを感じさせるトリッキーなドリブルを最大の特長とし、左足のパワフルなシュートからゴールも陥れる伸びしろ豊かな大器は、U-20ブラジル代表にも招集されていた。 過去にはミランやレアル・マドリーも関心を示した182cmのレフティーだが、新天地はベティスになるという。 フルミネンセのマリオ・ビッテンコート会長は先日、「ルイス・エンヒキの85%の保有権を1300万ユーロ(約16億8000万円)で販売する事前契約にサインした。クラブの経済状況により、レアル・ベティスのオファーを受け入れる必要があった」と、同選手のベティス行き合意を認めた。 ベティスで左利きのブラジル人アタッカーと言えば、2000年代初期に活躍した元ブラジル代表FWデニウソンが印象的だが、ルイス・エンヒキは来シーズンからその偉大なる先達のような輝きを放てるか。 2022.03.15 23:16 Tue
twitterfacebook
thumb

フルミネンセが新指揮官にブラガ氏を招へい! 通算4度目の指揮に

フルミネンセは16日、アベウ・ブラガ氏(69)の新監督就任を発表した。 今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで15勝9分け14敗の7位で終えたフルミネンセは、同日に8月から指揮官を務めたマルカオ監督がテクニカルコーチに戻ることを発表。 そして、後任には今年9月にスイスのFCルガーノを解任されて以降、フリーの状態が続いていたブラガ氏を招へい。2006年のFIFAクラブ・ワールドカップでインテルナシオナウを優勝に導いた名将として知られるブラガ氏は、これまでブラジル国内の強豪クラブやマルセイユ、アル・ジャジーラなどの指揮官を歴任。 フルミネンセに関してはこれまで通算3度指揮しており、今回は2018年6月以来4年半ぶりの指揮となる。 2021.12.16 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

38歳の元ブラジル代表メロがフルミネンセ入り!  2023年末までの契約

フルミネンセは13日、元ブラジル代表MFフェリペ・メロ(38)の獲得を発表した。契約期間は2023年末までとなる。 ブラジル屈指の潰し屋として名を轟かせるメロはフラメンゴ、クルゼイロ、グレミオを経て、2005年のマジョルカ入りを機に欧州挑戦。その後、フィレンティーナやユベントス、ガラタサライ、インテルといった名門クラブを渡り歩き、2017年1月のパウメイラス加入で母国復帰を果たした。 そのパウメイラスでも激しさが持ち味が故に警告や退場も少なくなかったが、公式戦168試合の出場で9得点6アシストをマーク。キャプテンも託され、今季もコパ・リベルタドーレスを制して連覇に貢献したが、今季限りで契約切れとなり、フルミネンセに活躍の場を移すことになった。 メロはクラブを通じて「フルミネンセのファンに言えるのは決してコミットメントと願望を欠くなどないということ。今日からフルミネンセが僕の家だ。フルミネンセが僕の2つ目の肌となるようにしてきたい」と決意を語っている。 2021.12.15 14:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly