ローマが新星FWアフェナ=ギャンとの契約を2026年まで延長

2022.07.07 01:56 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは6日、ガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャン(19)との契約延長を発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。

新契約にサインしたアフェナ=ギャンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このクラブに来たときから、僕の目標はトップチームに入ることだった。そして、トップチームに入ることができたとき、僕の人生は大きく変わったんだ。新しいシーズンを最高の形でスタートさせるために、モチベーションを高めているよ」

2021年1月にローマの下部組織へレンタル移籍で加入したアフェナ=ギャンは、7月に完全移籍を果たすと、昨季からクラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の目にとまり、10月にトップチームへ昇格。

10月27日に行われたセリエA第10節のカリアリ戦でトップチームデビューを飾ると、第13節のジェノア戦では2ゴールを挙げ、チームに3試合ぶりの白星をもたらし、大きな話題となった。


関連ニュース
thumb

セルタがローマFWカルレス・ペレスを買取OP付レンタル移籍で獲得…かつてバルサでプレー

セルタは9日、ローマのスペイン人FWカルレス・ペレス(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 1年間のレンタル移籍で買い取りオプションもついているという。 バルセロナの下部組織出身のカルレス・ペレスは、2019年7月にファーストチームに昇格。2020年1月にローマへとレンタル移籍し、2020年9月に完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦13試合で2ゴール3アシストを記録。ローマでは公式戦75試合で8ゴール7アシストを記録していた。 2021-22シーズンもセリエAで19試合に出場し1ゴール1アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも6試合に出場し2ゴールを決め、チームの優勝に貢献していた。 また、世代別のスペイン代表を経験しており、かつては大きく期待された選手。バルセロナの選手として2019年の夏には来日しており、ヴィッセル神戸相手に2ゴールを決める活躍を見せていた。 2022.08.10 09:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のワイナルドゥム、決め手はサラーの助言

パリ・サンジェルマンからローマに買い取りオプション付きのレンタルで移籍したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが加入の決め手について語った。 その中でリバプール時代のチームメートであり、2015年から2017年にかけてローマに在籍したエジプト代表FWモハメド・サラーの助言が大きかったことを明かした。 「もちろん、ローマが僕と契約しようと努力してくれたことが一番だよ。あとはモー(サラー)とケビン(ストロートマン)からクラブとローマの街の雰囲気を聞いた。彼らからは良い話しかなかった。ハキミも同様のことを言っていたね。だから移籍するにあたって躊躇はなかった」 2022.08.09 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマのカルレス・ペレスがセルタへレンタル移籍、2年半ぶりの母国復帰

セルタは8日、スペイン人MFカルレス・ペレス(24)のレンタル移籍に関してローマと基本合意に達したことを報告した。メディカルチェックが済み次第、1年間の契約にサインすることになる。 バルセロナのカンテラーノとして知られるカルレス・ペレス。2018-19シーズンのラ・リーガ最終節でトップチームデビューを果たし、翌シーズンから本格的にトップチームに昇格したものの、なかなか出場機会に恵まれず、2020年1月にローマへレンタル移籍した。 ローマでは途中出場がメインとなったが、半シーズンでセリエA14試合に出場。半年後に買い取り義務により1100万ユーロで完全移籍した。だが、翌シーズン以降もサブから地位を向上できず、ここ2シーズンで公式戦58試合に出場も、その多くがベンチスタートだった。 今夏は放出候補に挙げられ、以前からセルタ行きが報じられていたカルレス・ペレス。この度、レンタルでの移籍が決まり、2年半ぶりに母国に戻ることになった。 なお、ローマでは同日、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)がサンプドリアにレンタル移籍したことも発表されている。 2022.08.09 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「史上最悪のCK?」名手ディバラが一瞬でチャンスを潰してしまう“衝撃ミス”「めちゃくちゃダフってる」

「弘法にも筆の誤り」のことわざがあるように、名手でも時にミスを犯すようだ。 今回注目を集めているのは、ローマに加入したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのプレーだ。 昨シーズン限りで7年を過ごしたユベントスを契約満了により退団となったディバラはローマへ3年契約で加入。7日に行われたシャフタール・ドネツクとの親善試合にも先発し、本拠地スタディオ・オリンピコでのデビュー戦となった。 しかし、気合入り過ぎたのか開始早々の4分に獲得した左CKの場面では思わぬミスを犯してしまう。 キッカーを務めたディバラは、いつものように左足でボールを供給しようとしたが、ボール手前の地面を蹴ってしまう。ダフった格好となり、意図しない形で捉えたボテボテのキックはそのままゴールラインを割ってしまった。 予想外のミスキックには、ファンも「前線まで上がったDFの気持ちを考えると…」、「史上最悪のCK?」、「プレシーズンで良かった」、「ディバラも緊張してた?」「めちゃくちゃダフってる」と様々な声を寄せられている。 ただ、ディバラはその後は気を取り直して81分までプレー。5-0の大勝に貢献している。 <span class="paragraph-title">【動画】CKのチャンスが一瞬でゴールキックに…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Simply stunning from Dybala. It is a different game for them. <a href="https://t.co/YL6SPbRf2m">pic.twitter.com/YL6SPbRf2m</a></p>&mdash; Max Rushden (@maxrushden) <a href="https://twitter.com/maxrushden/status/1556574471988953089?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.09 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、フェイエノールトのCBセネシ争奪戦を制す! 4年契約を締結

ボーンマスは8日、フェイエノールトに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までで、背番号は25を着用する。 セネシは2019年9月に母国のサン・ロレンソからフェイエノールトへと加入した左利きのセンターバック。 相手アタッカーに対する鋭いチェックやハードなタックルに加え、質の高い左足フィードを持ち味とし、ボールを奪ってカウンターの起点となることもしばしば。3年間在籍したフェイエノールトでは、公式戦116試合に出場し9ゴール7アシストを記録していた。 今年6月にアルゼンチン代表デビューを飾ったセネシには、ローマやセビージャ、フィオレンティーナらが関心を示していたが、ボーンマスが争奪戦を制した。 2022.08.09 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly