岡崎慎司が古巣クラブを訪問、スタジアムで恩師と記念撮影「今後も一緒に何かを」

2022.07.05 20:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司がドイツの古巣クラブを往訪。今後の活動に期待を抱かせた。2011年1月に清水エスパルスからシュツットガルトへ加わり、マインツやレスター・シティなどを経て現在はスペインでの4季目を迎える岡崎。帰国中には地元・兵庫県にて、なでしこジャパンのMF中島依美らとトレーニングも行っていた。

日本を発った岡崎はドイツのラインラント=プファルツ州にも足を運んだ様子。マインツ時代の恩師、当時スポーツ・ダイレクター(SD)を務めていたクリスティアン・ハイデル氏と再会し、スタジアムにて記念撮影を行った岡崎は自身のツイッターで次のようなメッセージを残した。

「画像はシュツットガルトで苦戦してる時に自分を移籍金を払って獲得してくれたハイデルと。マインツの街やクラブ、ファンには感謝もあるし、今後も一緒に何かしたいと話しました。育成や地域密着のクラブとしてドイツでもトップのマインツと繋がる事でヨーロッパと日本の距離を縮めたい」

マインツの街と岡崎の関りは深く、滝川第二高校の先輩が代表を務めるFCバサラ・マインツ(現:ドイツ6部)の創設にも携わり、スーパーアドバイザーも務めるなどしている。

また、岡崎の獲得に尽力したハイデル氏は2016-17シーズンからシャルケのSDに就任していたが、2020年12月に再び古巣へ戻り、手腕を発揮。マインツの公式も「また会えて嬉しいよ、シンジ・オカザキ!!」と4日に同じ写真を投稿した。ファンからも再来を喜ぶ声や復帰を望むコメントが上がっている。

1 2

関連ニュース
thumb

原口先発ウニオン、マインツと膠着のゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは14日、ブンデスリーガ第2節でマインツとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ウニオンのMF原口元気は70分までプレーしている。 開幕節でヘルタ・ベルリンとのダービーを制したウニオンは、原口が引き続き[3-5-2]の右インサイドMFの位置でスタメンとなった。 開幕節でボーフムを下して白星スタートとしたマインツに対し、ウニオンは慎重な入りを見せる。持ち味のカウンターを狙うべく重心を低くして構え、マインツの出方を窺った。 結局、互いに目立ったチャンスのなかった膠着した前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半開始6分、原口のドリブルを起点にジーセルマンが際どいミドルシュートを放ったウニオンは、続く53分にはライアーソンが右サイドからのカットインシュートで立て続けにゴールに迫った。 しかし70分に原口がピッチを後にした中、終盤にかけてはやはり膠着状態に陥って互いにゴールを割ることができず。勝ち点1を分け合っている。 2022.08.15 00:26 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、マインツ退団のFWボエティウスをフリーで獲得!

ヘルタ・ベルリンは8日、マインツを退団した元オランダ代表FWジャン=ポール・ボエティウス(28)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年6月までで、背番号は10を着用する。 ヘルタへの加入が決定したボエティウスは、公式サイトで以下のように意気込みを語っている。 「ヘルタとブンデスリーガの新シーズンに対する思いは大きい。このチームにはポテンシャルがあるので、一緒にピッチでいいサッカーをして、ファンの皆さんに喜びを与えられるような役割を果たしたい」 フェイエノールトの下部組織出身のボエティウスは、バーゼルやヘンクでのプレーを経て、2017年の夏に古巣フェイエノールトへ復帰すると、エールディビジで28試合に出場し6ゴール7アシスト記録。 この活躍が認められ、2018年の夏にマインツへ完全移籍すると、前線の複数ポジションをこなすユーティリティ性を武器に在籍4年間で公式戦127試合に出場し12ゴール21アシストをマーク。昨季も中盤の主力としてリーグ戦33試合に出場し2ゴール4アシストを記録したが、シーズン終了後に退団。現在までフリーの状態が続いていた。 2022.08.09 02:10 Tue
twitterfacebook
thumb

浅野先発ボーフムがマインツに敗れて黒星スタート…《ブンデスリーガ》

浅野拓磨が所属するボーフムは6日、ブンデスリーガ第1節でマインツと対戦し1-2で敗戦した。浅野はフル出場している。 昨季13位のボーフムが昨季8位のマインツをホームに迎えた一戦。1日に行われたDFBポカール1回戦の1889ベルリン(ドイツ4部)戦で公式戦初ゴールを飾った浅野はトップ下で先発出場している。 ボーフムは13分、GKリエマンのパントキックからロングカウンターを仕掛けると、S・ツォラーのクロスをホルトマンが左足ボレーで合わせたが、これは相手GKのセーブ防がれた。 先制のチャンスを逃したボーフムは、26分に失点する。右サイドのE・フェルナンデスが早いタイミングでクロスを供給すると、ゴール前でフリーのオニシウォにヘディングシュートを流し込まれた。 先制を許したボーフムは39分に反撃。左サイドをドリブルで持ち上がったシュテーガーが相手GKの位置を確認し意表を突いたシュートを狙うと、これがゴール右サイドネットに吸い込まれた。 1-1で迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはボーフム。52分、スタフィリディスの左クロスをボックス内で受けた浅野がワントラップからシュートを放ったが、相手DFに当たったボールはクロスバーの上に外れた。 その後は膠着状態が続いたが、ボーフムは77分にバルフゾルフの左CKをファーサイドに走りこんだオニシウォに押し込まれ、再びリードを許す。 すぐに反撃に出るボーフムは、81分に敵陣でのボール奪取からガンボアがミドルシュートでゴールに迫ったが、これはわずかに枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。オニシウォの2ゴールに沈んだボーフムは開幕黒星スタートとなった。 2022.08.07 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェ、マルセイユからDFルアン・ペレス獲得を発表!

フェネルバフチェは28日、マルセイユに所属するブラジル人DFルアン・ペレス(28)の獲得で合意に達したことを発表した。 フェネルバフチェは公式ツイッターで、「当クラブはマルセイユでプレーするルアン・ペレスの移籍について、マルセイユと基本合意に達した。同選手は28日の夜にイスタンブールに到着し、メディカルチェックを受け、移籍手続きを進める予定だ」との声明を発表している。 190cmの恵まれた体躯を持つルアン・ペレスだが、フィジカル自慢の“古風なザゲイロ”ではなく左サイドバックでもプレー可能なスピードと足元のテクニックを備えたモダンなタイプで、積極的な持ち出しや高精度の左足のキックで後方からゲームを作れる最後尾の司令塔だ。 母国ブラジルのポルトゥゲーザでキャリアをスタートした同選手は、サンタ・クルスやレッドブル・ブラガンチーノ、ポンチプレッタ、クラブ・ブルージュといったクラブを渡り歩き、2021年の夏にマルセイユへ加入。 マルセイユでは開幕戦から定位置を掴むと、リーグ戦33試合を含む公式戦49試合に出場するなど、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献していた。 2022.07.29 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

マインツ、仏リーグ屈指の攻撃的MFフルジーニを獲得!

マインツは12日、アンジェからフランス人MFアンジェロ・フルジーニ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ヴァランシエンヌの下部組織からトップチームに昇格したフルジーニは、フランスの世代別代表チームに選出されてきた攻撃的MF。2017年にアンジェに完全移籍すると、リーグ・アン通算149試合20ゴール15アシストの数字を残してきた。 トップ下やセカンドトップ、センターフォワードと中央のエリアを主戦場とする183cmのアタッカーは、個人での打開力や正確な右足のキックを生かしたチャンスメークを特長とする。さらに、国内ではプレースキックの名手としても知られている。 ここ最近ではボルシアMGやレンジャーズからの関心も伝えられたが、ヴァランシエンヌ時代からの親友で、今夏までマインツに在籍していたフランス人DFムサ・ニアカテ(現ノッティンガム・フォレスト)のアドバイスもあり、マインツ行きを決断した。 2022.07.13 14:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly