リバプールとの契約残り1年のフィルミノ…オファー次第で今夏にも退団か

2022.07.05 17:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(30)に退団の可能性があるようだ。

フィルミノはこれまでFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネと“フロントスリー”を形成してチームを牽引。卓越した技術と高い献身性で、ユルゲン・クロップ監督のチームを支え続けてきた。

しかし、昨シーズンは度重なるケガやFWジオゴ・ジョタの台頭、FWルイス・ディアス加入に伴うマネのトップへのコンバートもあり、プレミアリーグでの先発はわずか10試合に。チーム内での立場は揺らぎつつあり、新シーズンにはベンフィカから総額1億ユーロ(約142億円)で獲得したFWダルウィン・ヌニェスが攻撃陣に加わることから、さらなる序列低下も懸念される。

リバプールは今夏にマネ、FWディヴォク・オリジ、FW南野拓実が退団した一方で、サラーとは契約延長を発表するなど攻撃陣に大きな変化が見られた。しかし、来夏で契約満了を迎えるフィルミノへの対応は鈍く、現時点でクラブはDFジョー・ゴメスやMFナビ・ケイタとの契約延長を優先している。

イギリス『ミラー』によると、クラブは来夏のフィルミノ退団を見据えつつ、仮に納得のいくオファーがあった場合は今夏にも売却に応じる可能性があるようだ。ユベントスが関心を示していると報じられるが、現時点で具体的なオファーはなし。ただし、新シーズン開幕後の起用次第では選手が移籍を強く希望する可能性も残されており、移籍市場終盤まで動向が注目されている。

関連ニュース
thumb

マネの代役にサネを狙う? 監督は補強に否定的も興味と現地報道…移籍金は75.6億円

ユルゲン・クロップ監督が補強に関して否定的な意見を口にする一方で、中盤の補強の噂は絶えないようだ。 スペイン『エル・ナシオナル』によると、リバプールはバイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネ(26)の獲得を望んでいるようだ。 今夏のリバプールはベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得。開幕戦でも早速1ゴールを記録していた。 一方で、セネガル代表FWサディオ・マネがバイエルンへと移籍。さらに、ベルギー代表FWディヴォク・オリジがミランへ、日本代表MF南野拓実がモナコへと去り、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノもユベントス移籍が取り沙汰されている。 パニックバイはしたくないリバプール。クロップ監督はケガ人が多い状況を認めながらも、補強で穴埋めをする気がないことを主張している。 ただ、マネが抜けた穴は埋められているとは言えない状況。ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタも負傷で出遅れているということもあり、エジプト代表FWモハメド・サラーが孤軍奮闘する可能性もある。 そのサラーも契約が残り1年となっており、来夏にはチームを去る可能性が十二分にある。その中でターゲットとしているのがサネということだ。 サネにはレアル・マドリーも関心を示しているとされたが、フロレンティーノ・ペレス会長は必要性を感じていないとのこと。マドリー移籍は無くなったと考えられる。 『エル・ナシオナル』によればクロップ監督はサネの補強は、チームに特別なもたらせると考え、なるべく早い獲得を望んていると報じており、監督の発言とは異なる状況。サネの移籍金はおよそ5500万ユーロ(約75億6000万円)と見られている。 マンチェスター・シティでもプレーしたサネはプレミアリーグのことも理解しており、確かに大きな補強に。バイエルンでの自身の立ち位置が不透明になっていることもあり、もしかしたらリバプールにやってくる可能性があるかもしれない。 2022.08.07 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「パニックになってはいけない」開幕戦でチアゴ負傷…不測の事態もクロップ監督は補強否定「何人かが負傷しているだけ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの負傷に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 6日に新シーズンの開幕を迎えたリバプール。アウェイでのフルアム戦となった試合は、2-2のドローに終わった。 2度相手に先行されながらも追いついて引き分けたリバプールだったが、負傷者が多い中で、試合中に再び負傷者が出てしまった。 51分、負傷したチアゴはハーヴェイ・エリオットと交代。復帰したばかりの中で、再び負傷と、チームとしては非常に痛い結果となった。 試合後、クロップ監督はチアゴについて「これから何が出てくるかはわかる。明確だ。我々は十分な選手がいるから、MFは必要ないと言っていたし、実際に十分な選手がいる」とコメント。「ただ、今の問題は、こういうことが起こり得るから、本当に自分たちの責任ではないことで罰を受ける」と語り、不足の事態が起きてしまうものだと語った。 開幕前の会見で補強について尋ねられたクロップ監督は、その計画はないと強気の発言。しかし、開幕戦でその言葉を打ち消さなければいけない試練が待っていた。 「カーティス(・ジョーンズ)がこういった事態になることは、誰も想像できなかった。でも、彼は若く、一種のストレスの反応だろう。体とはそういうものだ」 「ナビ(・ケイタ)はただの病気だ。来週には間違いなく復帰する」 「オックスレイド(=チェンバレン)はまだ早く、チアゴはもちろん良くない。これから見守る必要がある」 「移籍は、今、長期的な意味をなさない。我々には中盤の選手がいるし、まだ十分な人数がいる。中盤の選手が不足しているわけではなく、何人かが負傷しているだけだ」 「これは良い状況ではなく、全く好ましくはない。どう対応するかを見なければいけない。ただ、パニックになってはいけない」 あくまでも選手は充足しているというクロップ監督。復帰すれば、さらに余剰人員が出てしまうだけに、補強でカバーすることはなさそうだ。 2022.08.07 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

躍動フルアムに苦戦のリバプール、ヌニェスの1G1Aで2度のビハインド追いつきドロー《プレミアリーグ》

リバプールは6日、プレミアリーグ開幕節でフルアムとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 昨季はマンチェスター・シティとの熾烈な優勝争いの末、惜しくも2位に終わったリバプールは、1週間前に行われたシティとのコミュニティ・シールドでは3-1と勝利。その試合のスタメンからGKアドリアンに代えて守護神アリソンのみを変更した。 1年でプレミアリーグに復帰したフルアムに対し開始直後、ミトロビッチに決定機を許したリバプールは守勢の入りとなる。 ホームチームのアグレッシブな姿勢の前になかなか主導権を握れないリバプールは、32分に押し切られる。右サイドを上がったテテにクロスを入れられると、ファーサイドのミトロビッチにアーノルドの上からヘディングシュートを叩き込まれた。 意外にも追う展開となったリバプールは39分に個人技からこの試合最初のチャンス。ボックス左のルイス・ディアスが縦に仕掛けてシュート。際どかったが、右ポストに直撃した。 フルアムの良さばかりが目立った前半はリバプール1点ビハインドで終了した。 迎えた後半開始6分、チアゴの負傷によりエリオットが、フィルミノに代わってヌニェスが投入された中、前半同様にプレー強度が落ちないフルアムにリバプールは主導権を握られる。57分にはボックス右からケバノに左ポスト直撃のシュートを打たれた。 ひやりとしたリバプールは62分に同点のチャンス。サラーの右クロスからヌニェスがヒールで合わせたシュートが枠に向かったが、GKロダークのセーブに阻まれる。それでも64分に追いついた。先ほどと同じような形からサラーの右クロスをヌニェスが合わせた。 さらに67分にもラフなロングボールをボックス内で収めたヌニェスがゴールに迫ったリバプールだったが、70分にPKを献上する。ボックス内で仕掛けてきたミトロビッチをファン・ダイクが倒してしまった。 このPKをミトロビッチに決められて勝ち越されたリバプールだったが、81分に追いつく。アーノルドのフィードをボックス内のヌニェスが収め、最後はサラーが流し込んだ。 終盤にかけてはリバプールが攻勢をかけると、試合終了間際にはヘンダーソンのコントロールシュートがバーに直撃。善戦してきたフルアムに対し、2度のビハインドをリバプールが追いつく結果で開幕戦は決着となった。 2022.08.06 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕前にケガ人だらけのリバプール、クロップ監督は補強での穴埋めを否定「計画はその方向には進んでいない」

開幕を前にしてケガ人が多いリバプール。ユルゲン・クロップ監督は、チームの方針について改めて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 5日にクリスタル・パレスvsアーセナルの試合で開幕を迎える、2022-23シーズンのプレミアリーグ。ワールドカップイヤーのシーズンがスタートする。 リバプールは6日にフルアムとの開幕ゲームを控えている中、チームにはケガ人が多数いる状況。現時点で、MFカーティス・ジョーンズ、DFコンスタンティノス・ツィミカス、DFイブラヒマ・コナテが負傷により開幕戦を欠場することが確定。またMFナビ・ケイタが病気のために不透明な状況だ。 さらに、GKクィービーン・ケレハー、FWジオゴ・ジョタも欠場が確定している状況。多くの選手が欠場する可能性が出ている。 そんな中、試合に向けた記者会見で、チームのフィットネス状況を踏まえて、選手を補強するかどうかを尋ねられたクロップ監督は、その可能性は現時点ではないと否定。ケガ人がいることは事実としながらも、1年間の補強で1カ月程度の離脱を補うことはしないとした。 「ケガ人が多すぎるのは事実だ。ただ、現時点ではなにも変わりはない。不運な状況がたくさんあった。クィービーン(・ケレハー)もそう、ジオゴ(・ジョタ)もそうだ」 「1人は負傷し、もう1人は再び負傷した。100%クリアな状態ではなかった」 「私が言うことが全てネタにされていた。批判はないが、こう言うことだ。彼らは2人とも代表チームに参加していたんだ」 「診断を受ける、診断を信頼する。それは正常なことだ。しかし、完璧なプロセスにいつもいるわけではない。代表チームが引き継ぐのは瞬間的であり、我々はできるだけ早く介入するようにしている。 「ジオゴは明らかに早すぎた。そもそもケガを見誤っていた。彼はすでに元気だり、数週間以内に戻ってくる」 「こういったことは賢いとは言えないが、4週間の問題を1年分の移籍で解決することはできないし、少なくとも現時点での我々にとっては意味がないことだ」 「しかし、移籍市場はまだ開いているし、いずれわかることだろう。ただ、計画はその方向には進んでいない」 2022.08.05 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ開幕節プレビュー】開幕を飾るのはPSM好調のガナーズ! 三笘薫は赤い悪魔に挑む

いよいよ2022-23シーズンのプレミアリーグが開幕する。その開幕を飾るのは、クリスタル・パレスvsアーセナルだ。 昨季5位のアーセナルは、プレシーズンマッチで上々の成績を収めた。とりわけマンチェスター・シティから獲得したジェズスが絶好調で、デビュー戦となったニュルンベルク戦で2ゴールの活躍を見せると、続くエバートン戦やチェルシー戦でもネットを揺らし、極め付きだったのはセビージャ戦。開始から15分で2ゴールを挙げると、最終的にハットトリックを達成して見せた。アルテタ体制4年目となる今季、タイトル争いに向けてまずはスタートダッシュをかけたいところだ。 王者マンチェスター・シティはアウェイでウェストハムと対戦。今夏の移籍市場では世界中のビッグクラブが関心を示したハーランドを手中にし、大きな注目を浴びた。また、同じポジションにアグエロの再来と目されるフリアン・アルバレスも補強。3連覇を目指す今季に向けて、生粋のストライカーという欠けていたラストピースをようやく揃えた格好となった。 そんなシティにコミュニティ・シールドで勝利を収めたリバプールの相手は昇格組のフルアム。今夏は長らく中心選手だったマネが新たな挑戦を求めてバイエルンに旅立った一方で、多くのクラブとの争奪戦を制してヌニェスが加入。ベンフィカで公式戦84試合47ゴールを記録した得点力をプレシーズンマッチで早速披露しており、ライプツィヒ戦ではPKを含め4ゴールを記録。そしてコミュニティ・シールドではPK奪取に1ゴールと、まさに勝利に導く活躍を披露した。 昨季3位のチェルシーはエバートンと対戦。リュディガーとクリステンセンという守備の要が2人も去った中、そのラインにはクリバリを補強。また、前線ではスターリングを獲得し、ビッグネームを迎え入れた。ただ、現状で即戦力と言えるのはその2人のみ。現在交渉中として名前が挙がっている選手らの契約がどれだけ早くまとまるかが今季の鍵となりそうだ。 トッテナムはホームセインツを迎え撃つ。ペリシッチの獲得から始まり初動の早かった今夏の移籍市場では、他にもリシャルリソンやビスマ、ジェド・スペンス、ラングレといった実力者の獲得を成功させた。今季はチャンピオンズリーグの戦いもあることから体力の消耗は昨季以上だが、就任2シーズン目を迎えるコンテ監督の手腕に期待したい。 エースの去就不明のマンチェスター・ユナイテッドは、三笘薫所属のブライトンと対戦する。テン・ハグ監督を迎えたチームは、リサンドロ・マルティネスやエリクセンの獲得に成功。だが、プレシーズンはクリスティアーノ・ロナウドの傍若無人っぷりに振り回される場面も。そんな浮き足立った印象の赤い悪魔に、日本代表のエース三笘が挑む。プレミアリーグ初挑戦となる三笘。昨季はユニオン・サン=ジロワーズでリーグ戦21試合5ゴール4アシストという十分な実績を残したが、果たして。 ◆プレミアリーグ開幕節 ▽8/5(金) 《28:00》 クリスタル・パレスvsアーセナル ▽8/6(土) 《20:30》 フルアムvsリバプール 《23:00》 ボーンマスvsアストン・ビラ リーズ・ユナイテッドvsウォルバーハンプトン ニューカッスルvsノッティンガム・フォレスト トッテナムvsサウサンプトン 《25:30》 エバートンvsチェルシー ▽8/7(日) 《22:00》 レスター・シティvsブレントフォード マンチェスター・ユナイテッドvsブライトン 《24:30》 ウェストハムvsマンチェスター・シティ 2022.08.05 18:01 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly