インテルの20歳FWエスポージトがアンデルレヒトに買取OP付のレンタル移籍

2022.07.04 20:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンデルレヒトは4日、インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は1年間で、買い取りオプションが付いている。

ブレシアのアカデミーからインテルのアカデミーに加入したエスポージトは、順調に昇格し、2019年7月にファーストチームに昇格した。

その後、SPAL、ベネツィア、バーゼルとレンタル移籍を経験。バーゼルでは公式戦34試合で7ゴール9アシストを記録するなど、結果を残していた。

インテルのファーストチームでも15試合に出場し1ゴールを決めているエスポージトは、世代別のイタイリア代表でも活躍。新天地をベルギーの強豪に選んだ。

「今シーズン、アンデルレヒトでプレーできることにとても興奮している。このクラブ、特に若い才能を育てる方法について、良いことしか聞いていない。加入できてとても嬉しい」

「シーズンに向けた準備の早い段階でグループに入ることで、一緒にシーズンのスタートに備えることがでる」

関連ニュース
thumb

シティが左SBを確保、U-21スペイン代表の逸材DFセルヒオ・ゴメス獲得で合意…移籍金は約18億円

マンチェスター・シティがアンデルレヒトのU-21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメス(21)の獲得で合意したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 シティは、今夏の移籍市場でブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャの獲得に動いていたが、移籍金で折り合わず、最終的にはチェルシーに移籍していた。 その中で、新たな候補に上がっていたのがセルヒオ・ゴメス。バルセロナのカンテラで育った逸材で、2018年1月にドルトムントへと完全移籍を果たすと、2019年8月から2年間ウエスカへとレンタル移籍を経験。その後、2021年夏に4年契約で加入したアンデルレヒトでは公式戦49試合7ゴール15アシストという見事な数字を残している。 171cmの左利きDFは、サイドバックを主戦場にサイドハーフやウイングでもプレー可能な攻撃性能が最大の持ち味。ベルギーの地ではバルセロナ仕込みのテクニック、戦術眼を生かした正確なパス、ドリブル突破、プレースキックで多くのチャンスを創出している。 シティは、1100万ポンド(約17億8000万円)の移籍金でアンデルレヒトと合意に至ったとのこと。ただ、ファーストチームに定着できなかった場合は、シティ・フットボール・グループ(CFG)のジローナにレンタル移籍させる考えもあるとされている。 2022.08.11 21:44 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがアンデルレヒトの逸材SBセルヒオ・ゴメス獲得に動く

マンチェスター・シティが、アンデルレヒトのU-21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメス(21)の獲得に動いているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 セルヒオ・ゴメスは、バルセロナのカンテラで育った逸材。2018年1月にドルトムントへと完全移籍を果たすと、2019年8月から2年間ウエスカへとレンタル移籍を経験した。その後、昨夏に4年契約で加入したアンデルレヒトでは公式戦49試合7ゴール15アシストという見事な数字を残した。 171cmの左利きDFは、サイドバックを主戦場にサイドハーフやウイングでもプレー可能な攻撃性能が最大の持ち味。ベルギーの地ではバルセロナ仕込みのテクニック、戦術眼を生かした正確なパス、ドリブル突破、プレースキックで多くのチャンスを創出している。 ナチュラルなフィジカル能力を含め、トップレベルの舞台においては守備能力の向上が大きな課題となるが、それを補って余りある攻撃センスは大きな魅力だ。 なお、シティはブライトンのスペイン代表DFマルク・ククレジャの獲得交渉から撤退したことが伝えられているが、セルヒオ・ゴメスの交渉はあくまで将来への投資という意味合いだという。 そのため、仮に同選手を獲得したとしても、ククレジャに替わる左サイドバックの即戦力補強は継続していく模様だ。 2022.08.03 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

上田綺世が本拠地デビューでフル出場! 相手クリアが顔面直撃の事件も、チームは今季初勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

30日、ジュピラー・プロ・リーグ第2節のセルクル・ブルージュvsアンデルレヒトが行われ、1-0でセルクル・ブルージュが勝利した。 今夏加入した日本代表FW上田綺世は1トップでデビューしフル出場を果たした。 開幕戦で新天地デビューを果たしていた上田。トップ下での起用となった初戦とは違い、ホームでの開幕戦は1トップで出場した。 その上田は5分、ボックス手前からオリヴィエ・デマンの浮き球のパスをボックス内左でトラップ。鋭い反転で相手をかわしシュートを放つが、枠に飛ばない。 さらに18分には、相手が最終ラインでボールを回していたところをヤリ・ベルスハーレンがカット。そのボールを上田がゴールへ蹴り込むが、このチャージがファウルを取られてゴールは認められない。 押し込むセルクル・ブルージュは32分、ボックス手前中央からのFKを得ると、ディノ・ホティッチが左足で直接狙う。ゴール右上に飛んだシュートだったが、これはGKが好セーブでゴールを許さない。ただ、このシーンでVARが介入。競り合いの中。アンデルレヒトのイサク・アブドゥルラザクがヒジ打ちを見舞ったとして一発退場となる。 前半で数的優位となったセルクル・ブルージュだが、40分には上田にもアクシデント。相手のスローインから、ダイレクトで前線へ蹴り出されたボールが至近距離で顔面に直撃。脳震とうも危ういシーンだったが、事なきを得る。 ゴールレスで迎えた後半だったが、アンデルレヒトが決定機。右サイドを崩すと、最後はフランシス・アムズが走り込んでのダイビングヘッドだったが、これは叩きつけすぎてクロスバーに嫌われる。 すると75分、アンデルレヒトが攻め込み決定機を迎えるが、DFが体を張ってブロック。このこぼれ球をルイ・トーレスがドリブルで持ち出すと、デマンとパス交換。スルーパスに抜けだデマンが左サイドを抜けると、上田がファーに流れた中、中央に走り込んだトーレスがシュート。これが決まり、セルクル・ブルージュが先制に成功する。 数的優位で先制したセルクル・ブルージュは、その後も危なげない戦いを見せ、今シーズンの初勝利を収めた。 セルクル・ブルージュ 1-0 アンデルレヒト 【セルクル・ブルージュ】 ルイ・トーレス(後30) <span class="paragraph-title">【動画】これは痛すぎる! 至近距離からの強烈クリアが上田綺世の顔面を直撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="P8dCA4R7nV4";var video_start = 148;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.31 10:07 Sun
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒトがウルブス期待のFWファビオ・シウバをレンタルで獲得、ウルブスとは移籍前に契約延長

アンデルレヒトは19日、ウォルバーハンプトンのU-21ポルトガル代表FWファビオ・シウバ(20)をレンタル移籍で獲得することを発表した。 なお、ファビオ・シウバはウォルバーハンプトンと1年間の契約延長をレンタル移籍前に結んでおり、2026年夏までの契約に変更。さらに1年間の延長オプションもある状況となった。ちなみに、19日が20歳のバースデーでもあル。 ベンフィカ、ポルトの下部組織で育ったファビオ・シウバは2019年7月にポルトのファーストチームに昇格。2020年9月にウォルバーハンプトンへと完全移籍していた。 2シーズンで公式戦62試合に出場し4ゴール6アシストを記録していた。 なお、ポルトでは最年少デビューと最年少ゴール記録を作っており、ウォルバーハンプトンでもプレミアリーグでゴールを決めたクラブ最年少選手となっていた。 背番号は「99」に決定。オランダの名門でその得点能力を磨くことはできるのか。多くの日本人選手にとってもライバルになった。 2022.07.19 23:42 Tue
twitterfacebook
thumb

コンパニ監督就任のバーンリー、アシスタントにベラミー氏就任!“チーム・コンパニ”再結成

バーンリーは9日、元ウェールズ代表のクレイグ・ベラミー氏(42)がアシスタントマネージャーに就任したことを発表した。 現役時代はリバプールやマンチェスター・シティ、ニューカッスルなどでプレーしたストライカーのベラミー氏。優れた得点感覚を有し、プレミアリーグ通算294試合81得点40アシストを記録した。 ピッチ内外で気性の荒さが災いし、トラブルを起こすこともしばしばだったが、その一方で貧困に苦しむシエラレオネの子どもたちの支援に私財を投じるなど、現役時代から慈善活動に取り組んできた。良くも悪くもファンの記憶に色濃く残り続ける名選手の1人だ。 バーンリーは2021-22シーズンのプレミアリーグで18位に沈み、チャンピオンシップ(英国2部)に降格。2022-23シーズンに向けては、新監督として前アンデルレヒト指揮官であり、ベラミー氏とはシティで共にプレーしたヴァンサン・コンパニ氏が就任している。ベラミー氏はアンデルレヒトでもコンパニ氏のアシスタントを務めており、2人の強い信頼関係が窺える。 また、バーンリーはベラミー氏のほかにも、GKコーチ、アシスタントコーチ2名、分析アナリスト兼セットプレーコーチら4名の入閣も発表しており、彼らはいずれもアンデルレヒトでコンパニ氏を支えた経験を持つ。バーンリーは、“チーム・コンパニ”に1年でのプレミア復帰を託す。 2022.07.09 14:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly