故マラドーナ氏の息子がディバラを後継者に指名?「ナポリに来てほしい」

2022.07.03 17:09 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスを退団したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)に、とある人物から誘いがあったようだ。

先月30日にユベントス退団が発表されたディバラ。2015年からの在籍7年間で公式戦293試合115ゴール45アシストを記録し、5度のセリエA優勝など、12個のトロフィーを手にした。

新天地としてはインテルが有力視されており、スティーブン・チャン会長やジュゼッペ・マロッタCEOが交渉中であることを明かしている。しかしながらマロッタ氏は、現在交渉は座礁しているともコメントしており、去就はすぐには決まらない様相となっている。

そんな中、ラ・ホヤにアプローチをかけたのが、故ディエゴマラドーナ氏の息子であるディエゴ・マラドーナ・ジュニア氏だ。インスタグラムでディバラに対し「パウロ、ナポリに来てほしい。ここのみんなは君を王様のように愛すだろう」とコメントを送ったようだ。

偉大な父であるディエゴ・マラドーナ氏は現役時代にナポリにスクデットを2度もたらし、その際に着用していた背番号「10」は永久欠番に。

パルテノペイにレジェンドとして称えられているが、マラドーナ・ジュニア氏は同胞のディバラを後継者に期待しているようだ。

同じアルゼンチン人がナポリで活躍すれば夢のような話だが、現実問題としてナポリは高額な給与を用意できない状況だ。なお、ディバラからの回答はいまのところ来ていないようだ。

関連ニュース
thumb

ナポリがジョバンニ・シメオネの獲得を発表! 1200万ユーロの買取OP付き

ナポリは18日、エラス・ヴェローナからアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(26)を獲得したことを発表した。 すでにファブリツィオ・ロマーノ氏ら有力なジャーナリストが報じていた今回の移籍。伝えられるところによれば、350万ユーロの有償レンタルで、来夏に1200万ユーロで買取可能なオプションが付随している。 アトレティコ・マドリーの指揮官であるディエゴ・シメオネ監督の長男としても広く知られるジョバンニ・シメオネは、2016年8月にリーベル・プレートからジェノアに加入し、イタリアでのキャリアをスタート。これまでセリエAの4クラブに在籍し、全てのクラブで2桁得点を記録するなど、ストライカーとしての高い能力を発揮してきた。 昨シーズンはカリアリからヴェローナに買い取りオプションつきの1年レンタルで加入し、リーグ戦36試合17得点6アシストとキャリアハイの活躍を披露。1050万ユーロで買い取られ、その足でナポリへステップアップすることになった。 なお、ナポリではシメオネの加入に伴い、元イタリア代表FWアンドレア・ペターニャ(27)のモンツァ行きが決定的となった。こちらは買い取り義務付きのレンタル移籍で放出されると見られている。 2022.08.18 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

エンドンベレがナポリへ! 買取OP付きのレンタル移籍

フランス代表MFタンギ・エンドンベレ(25)のナポリ移籍が決定的となったようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 エンドンベレは2019年7月にリヨンからクラブレコードとなる6000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロの移籍金でトッテナムに加入。ここまで公式戦91試合に出場しているが、アントニオ・コンテ監督の構想には入っておらず、2022年1月には買い取りオプション付きのレンタル移籍で古巣のリヨンに復帰していた。 リヨンは買い取りを見送ったが、ナポリが獲得に名乗り。12日に代理人とスポーツ・ディレクターのクリスティアーノ・ジュントーリ氏が交渉を行った中でクラブ間合意に漕ぎ着け、その後まもなく個人間合意にも漕ぎ着けたようだ。 ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、移籍形態はレンタルで3000万ユーロの買い取りオプションが付随。現地時間17日にイタリアでのメディカルチェックが予定されている。 2022.08.17 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

新加入クワラツヘリアが躍動!5発快勝のナポリが白星発進!!《セリエA》

ナポリは15日、セリエA開幕節でヴェローナとアウェイで対戦し5-2で勝利した。 チャンピオンズリーグ出場圏内の3位で昨季を終えたナポリは、今夏に移籍したクリバリ、インシーニェの後釜として獲得したキム・ミンジェとクワラツヘリアが先発。その他はオシムヘンやロサーノ、ジエリンスキなど昨季の主力が先発に名を連ねた。 昨季9位のヴェローナに対し、立ち上がりからボールを保持するナポリは14分に最初の枠内シュートを放つ。左からの折り返しを受けたロサーノのシュートが相手DFに弾かれると、こぼれ球をボックス手前で拾ったジエリンスキがコントロールショット。しかし、ゴール左上を捉えたシュートは相手GKのセーブに阻まれた。 その後も主導権を握るナポリだったが、クーリングブレイク明けの29分にセットプレーから失点する。右CKを中央のギュンターが頭で合わせるとゴール左に逸れたボールをファーサイドのラザーニャが右足ボレーで流し込んだ。 先制を許したナポリは34分、バイタルエリアで獲得したFKからマリオ・ルイがゴール前へ浮き球のパスを供給。これをザンボ・アンギサが頭で合わせたが、シュートは左ポストに嫌われた。 同点のチャンスを逃したナポリだったが、37分に試合を振り出しに戻す。ラフマニのロングスルーパスから右サイドを抜け出したロサーノがクロスを供給。これをクワラツヘリアがヘディングでゴールに叩き込んだ。 さらにナポリは、前半終了間際のセットプレーで勝ち越しに成功する。マリオ・ルイの左CKをニアのディ・ロレンツォがフリックすると、最後はファーサイドのオシムヘンが右足で流し込み、1-2で前半を終えた。 迎えた後半、ナポリは開始早々に失点する。48分、ロングスローのこぼれ球を拾ったファラオーニが右サイド深くまで切り込みクロス供給すると、これをアンリが頭で叩き込んだ。 開始早々に追いつかれたナポリだったが、ここからゴールラッシュを見せる。55分、中盤でボールを受けたオシムヘンが左に展開するとマリオ・ルイの縦パスをクワラツヘリアがワンタッチで前線に繋ぐと、上手く抜け出したジエリンスキが飛び出したGKの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 再び勝ち越したナポリは65分にも、バイタルエリア手前でパスを受けたロボツカがドリブルで中央を切り裂くと、右隅へシュート流し込み、4点目。さらに79分には、途中出場のポリターノにもゴールが生まれ、5点目を奪った。 勢いの止まらないナポリは、83分にも直前に投入されたウナスがゴールネットを揺らしたが、オンフィールドレビューの結果、オフサイドポジションにいたゼルビンがプレーに関与していたとして厳しい判定ながらノーゴールとなった。 結局、試合はそのまま5-2でタイムアップ。新加入クワラツヘリアの1ゴール1アシストなどで快勝したナポリが白星スタートを飾った。 2022.08.16 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGのナバスはナポリ行きを受け入れる…残すはクラブ間の合意のみ

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(35)は、ナポリへの移籍を受け入れるようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 2019年9月にレアル・マドリーから完全移籍で加入したナバス。PSGではこれまで公式戦106試合に出場していた。 2021-22シーズンはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが加入。ポジション争いが激化する中、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は2人を併用。公式戦26試合に出場していた。 しかし、今夏就任したクリストフ・ガルティエ監督はドンナルンマを正守護神にすることを決定。ナバスは第2GKとなり、今季の公式戦ではベンチに座った状態となっている。 そのナバスに対して、守護神がいなくなってしまったナポリが獲得に興味を示していた中、ナバスは移籍を受け入れることにしたようだ。 今秋にはカタール・ワールドカップ(W杯)が控えており、日本代表、ドイツ代表、スペイン代表とグループステージで同居。控えにいては影響が出ると感じているようだ。 残すはPSGとナポリの間の合意とのこと。完全移籍になるか、買い取りオプション付きのレンタル移籍になるかを交渉しているとのこと。PSGとしては、最も高いサラリーの選手の1人であるナバスを手放すことはプラスだと考えているようだ。 なお、ナバスが退団すれば、セルヒオ・リコが第2GKになると見られている。 2022.08.14 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナムで構想外のMFエンドンベレがナポリ移籍へ、代理人がクラブとパリで交渉

ナポリがトッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(25)の獲得に近づいているようだ。 エンドンベレは2019年7月にリヨンからクラブレコードとなる移籍金6000万ユーロ(約82億1800万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億7000万円)で加入した。 これまでトッテナムでは公式戦91試合に出場し10ゴール9アシストを記録している一方で、アントニオ・コンテ監督の構想には入っておらず、2022年1月には買い取りオプション付きのレンタル移籍で古巣のリヨンへと復帰していた。 今シーズンも構想には入っていないエンドンベレ。移籍に向けた交渉が許可されている中、代理人が12日にパリでナポリのスポーツ・ディレクター(SD)であるクリスティアーノ・ジュントーリ氏と交渉したという。 ナポリは今シーズンのレンタル移籍と、買い取りオプションを求めているとのこと。個人の条件についても話しているという。 2022.08.13 21:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly