マルセイユ電撃退任のサンパオリが沈黙破る 「私のリズムや目標は、経営陣のそれと同じではない」

2022.07.02 15:19 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユの指揮官を電撃退任したホルヘ・サンパオリ監督(62)が自身の公式インスタグラムを通じて、退団の経緯を説明した。

マルセイユは1日、サンパオリ監督との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

フランス『レキップ』などの報道によると、サンパオリ監督は休暇前にクラブ首脳陣とチャンピオンズリーグ(CL)参戦に向け、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルら経験豊富な実力者の補強をリクエスト。だが、財政的に問題を抱えるクラブは、これまで獲得リストに挙がっていた選手の獲得に難航。

ここまで獲得した選手は今冬の段階で獲得を決めていたフランス人DFサミュエル・ジゴ、直近に獲得を発表していたル・アーヴルのU-19フランス代表DFイザーク・トゥーレの2選手のみ。

自身のリクエストを反故にした首脳陣に大きな不満を抱くアルゼンチン人指揮官は、2023年までとなっている現行契約を全うすることなく、今夏のタイミングでの退団を決断したようだ。

そういった中、渦中のアルゼンチン人指揮官は契約解消発表後、自身のインスタグラムで、約1年半仕事を共にしたマルセイユへの感謝を伝えると共に、電撃退任の経緯を明かした。

「マルセイユに到着したときから、ずっとそこに住んでいるかのようにくつろぐことができた。OMは情熱の塊だ。ヴェロドロームに足を踏み入れるたびに、胸がはちきれそうだった。昨シーズンは信じられないほど素晴らしいシーズンだった。このクラブの監督であることは、私にとって喜びであり、とても幸せだった」

「私のリズムや目標は、経営陣のそれと同じではない。異なることを望むのは決して悪いことではない。重要なのは、卓越したものを探し、OMにとってベストなものを望むことだ」

「私を信頼してくれたパブロ・ロンゴリア(会長)と彼のチームに感謝したい。フットボールをこのように美しいスポーツにしてくれたプレーヤーたち、チームのために全力を尽くしてくれるクラブのスタッフにも感謝する。最後に、サポーターの皆さん、あなた方なしには、このようなことは何一つ意味を持たない。また会う日まで、ホルヘ・サンパオリ」

サンパオリ監督は電撃退任という驚きの決断のわりに、円満退団に近いトーンで今回の経緯を説明したが、「リズムや目標」という部分が、おそらく補強に対する意見の食い違いだったようだ。

関連ニュース
thumb

シティの21歳DFイサ・カボレ、マルセイユへのレンタルが目前に

マンチェスター・シティのブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(21)がマルセイユへのレンタル移籍に近づいているようだ。 イサ・カボレは2020年7月からシティに在籍する右サイドバック。過去2年は古巣メヘレンやトロワに貸し出され、シティの選手として公式戦のピッチに立った経験はない。 一方、18歳でデビューしたブルキナファソ代表では不動の存在であり、通算26試合2得点を記録。今年に開催されたアフリカ・ネーションズカップでは全試合にフル出場し、同国のベスト4入りに大きく貢献している。 イギリス『デイリー・メール』によると、サウサンプトンも獲得に動いていたなか、マルセイユへの1年レンタルが目前に。1700万ポンド(約27億5000万円)の買い取りオプションが付帯した契約とみられている。 2022.08.14 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスがマルセイユのアメリカ代表FWコンラッドをレンタルで獲得

オリンピアコスは13日、マルセイユのアメリカ代表FWコンラッド・デ・ラ・フエンテ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 コンラッドはバルセロナのカンテラ出身。2021年7月にバルセロナB(バルサ・アトレティック)からマルセイユへ完全移籍していた。 バルセロナのファーストチームでも3試合に出場していたコンラッド。両ウイングでプレーし、マルセイユでは公式戦22試合に出場し3アシストを記録していた。 また、世代別のアメリカ代表を経験し、A代表でも3試合に出場している。 2022.08.13 19:28 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユで酒井宏樹の後を継いだリロラがエルチェに買取OP付レンタル移籍

エルチェは12日、マルセイユのスペイン人DFポル・リロラ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レンタル期間は1年間で、買い取りオプションが付いている。 右サイドバックを主戦場とするリロラは、エスパニョールとユベントスの下部組織で育ち、2016年7月にユベントスのファーストチームに昇格。その後はサッスオーロへのレンタル移籍を経て、2018年1月に完全移籍。フィオレンティーナにレンタル移籍し、2020年9月に完全移籍で加入した。 その後マルセイユへとレンタル移籍し、2021年8月に完全移籍していた。 マルセイユでは公式戦73試合で3ゴール6アシスト。日本代表DF酒井宏樹(浦和レッズ)が去った後の右サイドバックを任されていた。 2022.08.13 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

サンチェス獲りのマルセイユ、今度はバイリーに再挑戦?

フランス『レキップ』によれば、マルセイユにマンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(28)を獲得しようとする動きがあるようだ。 ユナイテッドは今夏、エリク・テン・ハグ新監督の古巣アヤックスからDFリサンドロ・マルティネスを獲得。バイリーはDFラファエル・ヴァランが加入した昨季に続き、今季もさらなる序列低下に直面しており、今夏の移籍が取り沙汰される。 故障癖さえ改善できれば、高い身体能力を武器に無理の効いた守りが期待できる28歳のセンターバックにはスペインやイタリア方面から関心が注がれるが、つい先日にFWアレクシス・サンチェスの獲得に成功したマルセイユも注視している模様だ。 マルセイユは今年1月も獲得を目指したバイリー側とここ2週間にわたってコンタクト。リーグ・アンからはモナコも目を光らせているようで、ユナイテッドは買取オプション付きのレンタルではなく、完全移籍での放出を希望しているという。 また、マルセイユはDFドゥイエ・チャレタ=ツァルを手放したがっている様子。ドルトムント退団のフランス人DFダン=アクセル・ザガドゥも候補だったようだが、求めるプロフィールと合致せず、バイリーに再び熱を入れ始めたものとされる。 2022.08.11 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ加入のサンチェス、入団会見で意気込みを語る 「トロフィーを獲得するためにここに来た」

マルセイユに加入したチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)が入団会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 サンチェスは2006年7月にウディネーゼへと完全移籍するも、すぐに母国のコロコロへレンタル移籍。翌年はリーベル・プレートでプレーした。 その後、ウディネーゼに戻りヨーロッパでのキャリアをスタート。バルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとビッグクラブを渡り歩いた。 ここ数年はインテルでプレーしていたサンチェスだが、今夏の退団を希望していた33歳は今月に入ってクラブとの契約を双方合意の下で解消。フリー移籍でマルセイユの一員となった。 会見でマルセイユの印象について問われたサンチェスは、「歴史のある、素晴らしいクラブで、チャンピオンズリーグを制覇した唯一のフランスのクラブであることは知っている。僕はトロフィーを獲得するためにここに来た」と語った。 また、インテルとの契約が残っていたにもかかわらず、なぜマルセイユ移籍を選択したのかと問われると、「イタリア、イングランド、スペインでプレーし、フランスでもプレーしてみたかった。リーグ・アンのサッカースタイルが好きで、ここに来ることは僕の願望でもあったんだ。インテルでの仲間の(ルシアン・)アグメが、いつもマルセイユの素晴らしいところを教えてくれたので、自分にとって完璧なクラブだと思っているよ」と述べた。 2022.08.11 01:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly