ストラスブール、マルセイユからレンタル中のDFペランを買取! 5位躍進の堅守支える

2022.05.19 01:54 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストラスブールは18日、マルセイユからレンタル中のフランス人DFリュカ・ペラン(23)を買い取りオプション行使を発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。

地元出身で幼少期からマルセイユの下部組織に在籍していたペランは、2019年9月に行われたディジョン戦でトップチームデビュー。ここまでトップチームで公式戦13試合に出場していた。

しかし、昨夏ホルヘ・サンパオリ監督の下でディフェンスラインを刷新したクラブに居場所はなく、出場機会を求めてストラスブールに移籍。すると、この選択が功を奏し、今シーズンはリーグ・アンで30試合に出場。最終節を残してヨーロッパリーグ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場の可能性を有する5位のチームの3バックの中心として活躍していた。

関連ニュース
thumb

【リーグ・アン日本人選手】年明け初出場の南野がゴールに絡む! 伊東とオナイウも先発出場

リーグ・アン第22節が今週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールにMF鈴木唯人が加入した。 今節ではオナイウ、南野、伊東の3選手がスタメン出場を飾った。 2023年に入ってリーグ戦では一度もプレー機会がなかった南野だが、今節のクレルモン戦で6試合ぶりのスタメン出場。[4-2-3-1]のトップ下に入った日本代表FWは、立ち上がりから精力的にプレーすると、1点リードで迎えた前半の13分には中盤での見事なボール奪取から長い距離を運び左で浮いたゴロビンにパスを通すと、ボックス左に侵入したゴロビンからの折り返しをエンボロが押し込んで追加点を奪取。アシストこそ付かなかったが、南野はひとつ結果を残した。以降もシュートシーンに絡み献身的な守備で貢献するまずまずのプレーを見せた南野は、イエローカードをもらった後半終盤の85分にお役御免。その後、チームは2-0の勝利を収めてリーグ7戦無敗とした。 引き続きスタメン出場となった伊東はオセールとアウェイで対戦。立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、伊東は18分に正確な右CKでアブデルハミドの先制点を演出したかに思われたが、ここはCKが直接ゴールラインを割っていたとの判定でゴールは認められず。その後も絶好調のバログンと共に攻撃を牽引する右ウイングは、28分にボックス内でシュートチャンスが訪れるが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。ゴールレスで折り返した後半はなかなか見せ場を作れずにいた伊東だったが、後半終盤に再び決定機を創出。ペナルティアーク付近で足元への縦パスを丁寧に落とすと、これをマツシワが見事なミドルシュートで決め切った。だが、今度は伊東の微妙な戻りオフサイドを取られて前半同様にゴールは認められず。この直後の82分にはゼネリとの交代でピッチを退いた。その後、チームは勝ち点3奪取を逃すも、0-0のドローでリーグ戦無敗を14試合に更新した。 前節、待望のリーグ・アン初ゴールを挙げたオナイウは2戦連発を懸けてPSG戦に出場。最前線でのプレーとなったが、格上相手に守備に奔走する場面が多く攻撃面ではシュートはおろか見せ場を作れず。そして、チームが1-2で逆転された62分にダリンガとの交代でピッチを後にし、チームも王者相手に力負けとなった。 なお、ストラスブールでは川島が引き続き負傷欠場、鈴木はベンチ入りもチームが退場者を出した影響もあって、またしてもデビューはお預けに。チームは2-0で勝利している。 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/4 パリ・サンジェルマン 2-1 トゥールーズ ◆62分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽2/5 クレルモン 0-2 モナコ ◆85分までプレー ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/5 ストラスブール 2-0 モンペリエ ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/5 オセール 0-0 スタッド・ランス ◆82分までプレー 2023.02.06 00:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】オナイウがリーグ・アン初ゴールを記録!伊東はアシストで逆転勝利に貢献

リーグ・アン第21節がミッドウィークに行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールに鈴木唯人が加入した。 今節もスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。6位ロリアンをホームに迎えたスタッド・ランスは、前半で2失点を喫するが前半終了間際にバログンのPKで1点を返す。 1点ビハインドで後半を迎えたスタッド・ランスだが、51分にドゥンビアのゴールで試合を振り出しに戻すと、61分には右サイドから仕掛けた伊東のクロスをバログンがボレーで流し込み、逆転に成功。 さらに64分には、バログンがハットトリックとなるゴールを挙げ、4-2で逆転勝利を収めた。伊東は87分までプレーしている。 また、オナイウがベンチスタートとなったトゥールーズは、ホームでトロワと激突。3-1で迎えた71分から出場したオナイウは、試合終了間際の88分に右CKからワンバウンドしたボールをダイビングヘッドで叩き込み、リーグ・アン初ゴールをマーク。試合はそのまま4-1でトゥールーズが勝利している。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたスタッド・レンヌとの一戦は、鈴木が初ベンチ入りも出場せず、負傷中の川島はベンチ外となった。また、オセールと対戦したモナコの南野もベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/1 スタッド・ランス 4-2 ロリアン ◆87分までプレー ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/1 トゥールーズ 4-1 トロワ ◆71分からプレー、88分にリーグ・アン初ゴールを記録 ★南野拓実[モナコ] ▽2/1 モナコ 3-2 オーセル ◆ベンチ入りも出場せず 2023.02.02 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ストラスブールへ新加入の鈴木唯人、アウェイ遠征帯同で今夜デビューの可能性も

ストラスブールへ新加入したMF鈴木唯人(21)にデビューの可能性が出てきた。 1月27日に清水エスパルスから買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入した鈴木。クラブからは早々に全体練習に参加する様子が公開され、日本のファンから期待の声が上がっていた。 1日にリーグ・アン第21節のスタッド・レンヌ戦を控えるストラスブールは、前日にアウェイ遠征メンバー20名を発表。「18|YUITO」の名前も記された。なお、日本代表GK川島永嗣はケガのためにメンバーから外れている。 ストラスブールは前節のトゥールーズ戦でゴールを決めたFWケヴィン・ガメイロが終盤の退場処分を受けたために今節は出場停止に。そのため、前線の枠は1つ空くことになる。 チームは現在17位と降格圏に沈んでいるが、パリ・オリンピック世代のアタッカーは出場機会をつかみ、起爆剤となることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ストラスブールの全体練習に参加する鈴木唯人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/SRFCRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SRFCRCSA</a> I Les 20 pour le déplacement à Rennes !<br> <a href="https://twitter.com/nordine_kk?ref_src=twsrc%5Etfw">@nordine_kk</a> <br> Yuito Suzuki</p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1620496047142314048?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/TrainingRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TrainingRCSA</a> I Retour audès demain ! <a href="https://t.co/5ZtUzkusGb">pic.twitter.com/5ZtUzkusGb</a></p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1620466987683172354?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】川島永嗣と鈴木唯人が現地でツーショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn9P_KKvMUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn9P_KKvMUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn9P_KKvMUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">鈴木 唯人/Yuito Suzuki(@yuiton.s)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】伊東躍動のランスがPSGと敵地でドロー! 鈴木唯人のデビューはお預けに

リーグ・アン第20節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。さらに、今冬の移籍市場でストラスブールにMF鈴木唯人が加わることになった。 後半戦初戦となる今節ではスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。リーグ首位に立つパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイゲームに臨んだ伊東は右ウイングでプレー。難航不落のパルク・デ・プランスに乗り込んだ中、チームと共にアグレッシブな姿勢を示す伊東は、15分にゴール前に飛び出してのダイレクトシュート、24分にボックス内で仕掛けてのゴールライン際のシュートと決定機に絡む。また、ロングカウンターの局面では持ち味のスピードでDFマルキーニョスのイエローカードを誘発する場面も創出。 ほぼ互角の内容をみせてゴールレスで試合を折り返したランスは、後半立ち上がりにネイマールにゴールを許してビハインドを背負う。だが、その直後には伊東の鋭い突破がヴェッラッティのファウルを誘うと、オンフィールド・レビューの結果、危険な足裏タックルにレッドカードが掲示された。そして、日本代表FWの退場誘発によって勝ち点のチャンスを残したランスは決死の攻勢を続けると、後半アディショナルタイムにバログンの土壇場ゴールで同点に追いつく。そして、存在感放った伊東の活躍もあり、難所パルクから勝ち点1を持ち帰ることになった。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたオナイウ在籍のトゥールーズとの一戦は、鈴木が負傷中の川島と共にベンチ外となったため、日本人対決は実現せず。この一戦で唯一の出場選手となったオナイウは、チームが2-1のリードで迎えた79分に2ゴールを挙げたダリンガとの交代で途中出場。敵地での逃げ切りに向けて前線からの守備が求められたオナイウはその仕事を忠実にこなした一方、攻撃ではシュート0本に終わって良いアピールとはならなかった。 また、マルセイユとの強豪対決に臨んだ南野はベンチ入りも出場機会はなかった。なお、前回対戦でも激闘を演じた両者の一戦はモナコが相手のオウンゴールで先制に成功したが、後半立ち上がりの失点で追いつかれ、敵地から勝ち点1を持ち帰るにとどまった。 ★南野拓実[モナコ] ▽1/28 マルセイユ 1-1 モナコ ◆ベンチ入りも出場なし ★川島永嗣[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ケガのため欠場 ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆79分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽1/29 パリ・サンジェルマン 1-1 スタッド・ランス ◆83分までプレー 2023.01.30 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス挑戦の鈴木唯人がさっそく練習姿! ストラスブール公開の動画にファンのエール多数

ストラスブール入りのU-21日本代表MF鈴木唯人がさっそくトレーニングに合流した。 2020年に市立船橋高校から清水エスパルスに入団して、3季にわたって主力を張った鈴木。2022年1月のA代表合宿に呼ばれ、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代別代表でも中心として活躍が期待されるなか、27日にリーグ・アンのストラスブールに買取オプション付きのレンタル移籍が決まった。 日本代表GK川島永嗣も所属するストラスブールで欧州挑戦が決まったばかりの21歳だが、その新天地で第一歩を踏み出しているようだ。リーグ・アンで16位と苦しむストラスブールはクラブ公式ツイッターを通じて、鈴木の練習姿を紹介している。 その動画ではダッシュやステップを織り交ぜ、ボールを扱う姿だけでなく、新たなチームメイトとコミュニケーションを図るシーンも。ファンからは「早いな」という声とともに、「思いっきりやってきてほしい」や、「なにより唯人がプレーしてるの見れて嬉しいよ頑張れ」などのエールが多数集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】パリ五輪世代の有望株が新天地でさっそくトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> I Premières foulées pour Yuito <a href="https://twitter.com/hashtag/Suzuki?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Suzuki</a> sur la pelouse du Racing Soprema Parc <a href="https://twitter.com/hashtag/MercatoRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MercatoRCSA</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Ligue1UberEats?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ligue1UberEats</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Japan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Japan</a> <a href="https://t.co/55Y2ThWQia">pic.twitter.com/55Y2ThWQia</a></p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1619114974747697154?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.28 12:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly