「爽やか〜」「かっこよすぎ」田中碧のニューヘアーが大絶賛、大先輩も「髪型グーやん」

2022.07.01 21:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
デュッセルドルフに所属する日本代表MF田中碧の髪型が大きな注目を集めている。すでにドイツに戻っている田中は、デュッセルドルフのチーム写真に参加。新ユニフォームを身に纏って撮影に臨んでいた。

その田中は、日本に滞在していた際に国立競技場で行われた高級時計ブランド「HUBLOT」のイベントに参加。スーツ姿で臨んだ。

このイベントには日本代表の森保一監督なども参加。田中は川崎フロンターレ時代のチームメイトであり日本代表でも共に戦っているDF板倉滉との2ショットも投稿していた。

その田中の投稿で注目されたのが新たな髪型。川崎Fの先輩であるFW小林悠は「髪型グーやん」とコメント。日本代表のチームメイトであるMF鎌田大地もキスをする絵文字を投稿した。

また、ファンも髪型に注目。「髪型似合いすぎ」、「前髪を上げるのもカッコイイ」、「かっこよすぎ」、「めっちゃ似合ってます」、「爽やか〜」と称賛の声が集まった。

田中といえば、前髪を下ろした姿が定番で、おでこが見えていることはなかなか珍しい。スーツ姿と相まって、新たな髪型は好評だったようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ブライトンのポーランド代表DFカルボフニクがデュッセルドルフへレンタル移籍

デュッセルドルフは4日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのポーランド代表DFミハウ・カルボフニク(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」を付ける。 カルボフニクは、レギア・ワルシャワの下部組織育ちで、2020年10月にブライトンへと完全移籍。そのままレンタルでレギア・ワルシャワに戻ると、昨シーズンはオリンピアコスへとレンタル移籍していた。 左右のサイドバックやボランチでプレーするカルボフニクは、昨シーズンのギリシャ・スーパーリーグで6試合出場し1アシスト、ヨーロッパリーグで1試合に出場していた。 なお、ブライトンでは2試合に出場経験がある。 また、世代別のポーランド代表を経験し、A代表でも3試合に出場していた。 2022.08.05 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「もっとできる!」カップ戦で2アシスト、好調維持のデュッセルドルフMF田中碧は更なる高みへ

デュッセルドルフの日本代表MF田中碧が、好調の今シーズンについて語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 昨夏川崎フロンターレからデュッセルドルフへとレンタル移籍した田中。自身初の移籍、それも海外挑戦となった中、1年目は2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で29試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 昨シーズンはカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選も途中から招集を受けると、最終予選初出場となったオーストラリア代表戦ではいきなりゴールを記録しチームに貢献。そこから7試合連続で出場。6月の4試合も全てに出場していた。 その前には東京オリンピックも戦っていた田中は、Jリーグから1年以上休みなくプレーを続けることになっていた。 田中は昨シーズンについて改めて振り返り、疲労もあったとした。 「去年はとても疲れました。日本代表に参加したのは初めてで、それからはいつも往復の旅でした。あまりのことに僕もプレッシャーを感じていました」 「今はまたフレッシュな気持ちで、だからこそ、どんどん良くなっていっていると思います」 今シーズンはすでにリーグ戦2試合とDFBポカールを戦っている中、3試合全てにフル出場。DFBポカール1回戦ではオッフェンバッハに対して2アシストの活躍を見せ、チームも3連勝と好調を維持している。 その田中はまだまだ満足していないと語り、昨季感じた数字を残すことに拘りたいとした。 「でも、もっとできると思っています!例えば、僕はゴールに関してもっと危険な選手でなければいけません。より多くのボールを保持して、チームを助けたいです」 今季もダブルボランチの一角で起用されている田中だが、自身のポジションはインサイドハーフ(8番)が一番適していると感じているという。 「僕は常にボールをフィールド全体に供給試合ので、8番が最適だと思っています」 カタールW杯では日本代表にとっても重要な存在になるであろう田中。このまま好調を維持し続け、更なる成長なるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】田中碧が今季初アシスト!相手を引きつけ見事にパス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1pmufJ4Cdso";var video_start = 74;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】2アシスト目もスペースをよく見て丁寧なパス!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="1pmufJ4Cdso";var video_start = 176;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.04 22:19 Thu
twitterfacebook
thumb

浅野の今季初ゴールなどで3発快勝のボーフムが2回戦へ!レバークーゼンが4部相手に金星献上《DFBポカール》

DFBポカール1回戦の11試合が、30日にドイツ各地で行われた。 浅野拓磨の所属するボーフムは、4部に所属する1889ベルリンとアウェイで対戦し3-0で勝利した。試合は18分にシモン・ツォラーのゴールでボーフムが先制すると、22分にはボックス左から侵入したホルンの折り返しを中央でホフマンがトラップ。浮いたボールを走りこんだ浅野が左足で流し込んだ。 ハーフタイムで浅野を下げたボーフムは、後半にもホフマンが追加点を挙げるなど危なげない試合運びで順当に2回戦へ駒を進めた。 また、田中碧の所属するデュッセルドルフは、アウェイで4部に所属するオッフェンバッハと対戦し4-1で勝利した。前半にA・ホフマンのゴールで先制したデュッセルドルフは、後半立ち上がりにもペテルソンが追加点を奪取。 その後、71分と79分にギンチェクがゴールネットを揺らすなど、4発完勝で2回戦進出を決めた。なお、田中はフル出場している。 そのほかではエルフェアスベルク(4部)が今ラウンド最大の番狂わせを起こし、ドイツ国内で大きな話題を集めることに。昨季ブンデス3位のレバークーゼンと対峙したエルフェアスベルクは、開始早々のゴールで先制すると、その後の壮絶な打ち合いを制し、4-3でレバークーゼンから大金星を挙げた。 なお、30日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 日程&結果 ▽7/30(土) 1889ベルリン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ボーフム</span> 19シュトラーレン(4部) 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザンクトパウリ(2部)</span> バイロイト(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハンブルガーSV</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レーゲンスブルク</span>(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リューベック(4部) 1</span>-0 ハンザ・ロストック(2部) イラーティッセン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ハイデンハイム(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルフェアスベルク(4部) 4</span>-3 レーバークーゼン ヴェルニゲローデ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">10 パーダーボルン(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2</span>-0 グロイター・フェルト(2部) オッフェンバッハ(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 デュッセルドルフ(2部)</span> イェーナ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴォルフスブルク</span> ▽7/31(日) SWレーデン(4部) vs ザントハウゼン(2部) ブレーマーSV(4部) vs シャルケ ショット・マインツ(4部) vs ハノーファー(2部) レーディングハウゼン(4部) vs ホッフェンハイム オーバーアハーン(4部) vs ボルシアMG ローネ(4部) vs アウクスブルク カイザースラウテルン(2部) vs フライブルク エンガース(4部) vs ビーレフェルト マンハイム(4部) vs ホルシュタイン・キール(2部) エルツゲビルゲ(2部) vs マインツ ブラウンシュヴァイク(3部) vs ヘルタ・ベルリン ▽8/1(月) コットブス(4部) vs ブレーメン(2部) ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン マクデブルク(3部) vs フランクフルト インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部) ▽8/30(火) オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ ▽8/31(水) ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン ▽7/29(金) ディナモ・ドレスデン(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 シュツットガルト</span> ノイシュトレーリッツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">8 カールスルーエ(2部)</span> カーン=マリエンボルン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ニュルンベルク(2部)</span> 1860ミュンヘン(3部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ドルトムント</span> 2022.07.31 03:20 Sun
twitterfacebook
thumb

U-23日本代表DF内野貴史が左足首のケガで手術へ…デュッセルドルフが発表

デュッセルドルフは28日、U-23日本代表DF内野貴史が手術を受けることになったようだ。 クラブによれば、内野が左足首の前脛腓じん帯を断裂したと報告。また、29日に同箇所の手術を受けると明かした。なお、離脱期間に関しては明かされていない。 昨夏にドイツ4部のアレマニア・アーヘンからデュッセルドルフのセカンドチームへと加入した内野は、今年3月にトップチームデビュー。16日に開幕した2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)開幕節の1.FCマグデブルク戦にも86分から出場していた。 2022.07.28 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

田中碧と伊藤達哉の日本人対決が実現、デュッセルドルフが白星スタート《ブンデス2部》

ブンデスリーガ2部開幕節、マグデブルクvsデュッセルドルフが16日に行われ、1-2でデュッセルドルフが勝利した。 マグデブルクのFW伊藤達哉は83分までプレー、デュッセルドルフのMF田中碧はフル出場、DF内野貴史は87分からプレーしている。 伊藤が2トップの一角で、田中がボランチでスタートした日本人対決。 試合はホームのマグデブルクがボールを握る展開となった中、前半終盤の43分にデュッセルドルフがPKで先制する。 そして迎えた後半開始1分、デュッセルドルフがリードを広げた。左クロスが入った流れからクラウスのボレーが決まった。 その後、51分に1点を返したマグデブルクだったが、カウンターを効率的に狙ってリードを保ったデュッセルドルフが2-1で逃げ切り。白星スタートとしている。 マグデブルク 1-2 デュッセルドルフ 【マグデブルク】 クレンピッキ(51分) 【デュッセルドルフ】 ヘニングス(43分[PK]) クラウス(46分) 2022.07.17 05:42 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly