長崎のDF江川湧清が交通事故、駐車場内で接触される

2022.06.27 18:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎は27日、DF江川湧清が交通事故に遭ったことを発表した。

クラブの発表によると、江川は26日の18時15分ごろに福岡市内で事故に遭ったとのことだ。

駐車場内で対向車が来たため江川は停車。すると、対向車がすれ違う際に江川の車の右前方サイドミラーに接触したとのことだ。
江川と相手運転手にはケガはなかったとのこと。事故発生後に速やかに警察へ届け出、必要な対応をしているという。

江川は今シーズンの明治安田生命J2リーグで22試合に出場し1得点を記録していた。

関連ニュース
thumb

長崎、育成出身の安部大晴が契約更新 「来シーズンこそは飛躍できるよう」

V・ファーレン長崎は5日、MF安部大晴(18)の契約更新を発表した。 安部は長崎のアカデミー出身で、2種登録選手も経験し、今年から正式昇格。公式戦3試合に出場して、天皇杯ではプロ初ゴールを決めた。 「2023シーズンもV・ファーレン長崎に関わるすべての方々と共に戦えることに喜びを感じています! 今シーズン以上に覚悟と責任を持ち『J1昇格』できるよう頑張ります! そして個人としても来シーズンこそは飛躍できるよう取り組んでいきたいと思います!」 2022.12.05 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

元コロンビア代表FWイバルボが長崎を退団…今季はヒザの手術「またどこかで会えることを祈っています」

V・ファーレン長崎は30日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(32)との契約満了を発表した。 イバルボはコロンビア代表歴もあるストライカー。サガン鳥栖でもプレーし、期限付き移籍を経て、2019年に完全移籍で加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合、天皇杯で2試合に出場。8月に左ヒザ内側半月板損傷と診断され、手術のためにコロンビアへ帰国していた。 イバルボはクラブを通じてコメントしている。 「V・ファーレン長崎サポーターのみなさん、これまで応援してくれてありがとうございました」 「膝の手術でチームから離れなければならないのは悔しかったですが、サッカーの世界は狭いです。またどこかで会えることを祈っています。そしてこれからもV・ファーレン長崎を応援しています」 2022.11.30 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が今季2度の手術を受けたMF秋野央樹が契約更新「この時間を無駄にはしません」

V・ファーレン長崎は30日、MF秋野央樹(28)との契約更新を発表した。 秋野は柏レイソルの下部組織出身で、トップチーム昇格後、湘南ベルマーレでもプレー。期限付き移籍で長崎に加入し、2019年に完全移籍で加入した。 今シーズンは1月に右腓骨筋腱炎の手術を受けると、9月には左大腿直筋肉離れの手術。シーズンのほとんどをケガで棒に振り、明治安田生命J2リーグで1試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 秋野はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。コロナ禍でサポーターの皆さんももどかしい時間が多かったと思いますが、その中でも声出し応援を聞いたときは、スタンドにいながらも鳥肌が立ちました」 「やはりサポーターの皆さんは僕たち選手にとって必要不可欠な存在だと改めて感じました。個人としては、チームが難しい時間が長い中、怪我で力になることができずもどかしさを感じるシーズンでした。ただピッチの外から見ることで、このチームに何が足りていないか、どんなことが必要なのかを考える時間になりました」 「この時間を無駄にはしません。全てはJ1に行くため、J1で勝つため、アジアを獲るため、自分のできることをピッチ内・外で発揮します。来シーズン序盤は怪我で出遅れますが、シーズンが終わったときにV・ファーレン長崎に関わるすべての人が笑顔になれるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2022.11.30 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が町田からDF岡野洵を完全移籍で獲得!「J1昇格に向けて全力で闘います」

V・ファーレン長崎は29日、FC町田ゼルビアからDF岡野洵(24)の完全移籍加入を発表した。 ジェフユナイテッド千葉の下部組織出身である岡野は、2016年にトップチーム昇格。主力に定着し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで26試合に出場したが、今季は町田に活躍の場を移した。 新天地では出場機会を掴めない時期が続いたが、終盤は7試合連続で先発。結果的に公式戦20試合2ゴールの成績を収めた。 それでも、町田を1年で離れ来季から長崎へ。岡野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「2023シーズンからV・ファーレン長崎に加入することになりました、岡野洵です。 ファビオ カリーレ監督が掲げるサッカーを体現し、V・ファーレン長崎の一員としてJ1昇格に向けて全力で闘います。 熱い応援よろしくお願いいたします!!」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、V・ファーレン長崎に完全移籍する事になりました。チームがJ1昇格を掲げている中で、自分の力不足で町田の力になれなかった事、目標を達成出来なかった事、不甲斐なく思っています」 「1年という短い間でしたが、FC町田ゼルビアのエンブレムを背負い闘えたことを誇りに思っていますし、町田に来て、町田のサッカーに触れて、自分自身がサッカー選手として今後に生きていくために大切なものを手に入れられたと思ってます」 「コロナ禍という事もありサポーターの皆様と接する機会は少なかったですが、良い時も悪い時も全力でサポートして下さる姿に沢山のパワーをいただきました。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。1年間、本当にありがとうございました」 2022.11.29 16:03 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎が守護神・富澤 雅也、主力DF米田隼也と契約更新

V・ファーレン長崎は7日、GK富澤雅也(29)、DF米田隼也(27)との契約更新を発表した。 富澤は神奈川県出身で、前橋育英高校から法政大学へと進学し、2016年に長崎へと入団。プロ入り2年間は出番がなかったが、3年目に天皇杯でデビューを果たした。 2020シーズンにはついに守護神の座を奪取。6年目となる今季はJ2で自己最多となる33試合でゴールマウスを守った。 福岡県出身の米田は静岡学園高校から順天堂大学を経て、2018年に加入。プロデビューシーズンから公式戦24試合に出場するなどチームでポジションを確保すると、公式戦通算138試合に出場して10ゴール9アシストの成績を残している。 今シーズンもJ2で34試合に出場し、4得点を記録。左右のサイドバックに加え、サイドハーフもこなすユーティリティ性を武器に安定したパフォーマンスを発揮した。 両選手は契約更新を受け、クラブを通じてコメントしている。 ◆GK富澤雅也 「ファン・サポーターの皆さま、2022シーズンはたくさんの応援ありがとうございました。副キャプテンとして迎えたシーズンでありながら、さまざまな面において力が足りず、チーム目標の力になれなかったことを非常に悔しく思いますし、申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「チームとしてもシーズン通して難しい時間を過ごしましたが、そんな中でも共に闘い、応援し続けていただけたことに感謝しています。ありがとうございました。この経験を来年に繋げて、共にJ1の舞台に行きましょう。 2023シーズンもよろしくお願いします!共闘!!!」 ◆DF米田隼也 「2023シーズンも長崎のために闘うことを決めました!!僕には目標と夢があります。それは、『長崎を”J2優勝J1昇格”させて長崎県を盛り上げる』『子どもたちに夢を与える』という目標、そしていつの日か『長崎を日本一のクラブにする』という夢です」 「僕には覚悟があります。この挑戦にすごくワクワクしています。大きなことを成し遂げるためには、長崎を愛する多くのファン・サポーターの皆さんの力が必要です。そして、長崎県全体とチームが1つになることができれば、必ず成し遂げられると信じています。ファン・サポーターの皆さん、2023シーズン、過去最高の感動が生まれるシーズンにしましょう!!」 2022.11.28 16:17 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly