50歳迎えるジダンがW杯決勝のワンシーンを回想「どうすべきか思考した。狂っていたわけじゃない」

2022.06.23 05:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンが、ワールドカップ(W杯)決勝で話題となった場面を振り返った。23日に50歳の誕生日を迎えるジダンは、ワールドカップ(W杯)にもレ・ブルーの一員として1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会に出場。98年は決勝でブラジル代表から2ゴールを挙げ、母国を初優勝へと導いた。

06年大会でもファイナルのピッチへ立ったキャプテン。フランス『テレフット』にて、当時大きな話題を振り撒いたイタリア代表DFマルコ・マテラッツィへの頭突きに関して「まったく誇ることはできないが、それもまた私自身の過去の一部だ」と、振り返った。
ネガティブな印象を強く植え付けたシーンがある一方、先制点となったPKは大きな称賛を浴びていた。

キャプテンは開始早々の7分に獲得したPKを託された。百戦錬磨のジダンであってもイタリア代表の名GKジャンルイジ・ブッフォンを前に、しばし考える時間を要したという。

「こちらをよく知るGKを前にしているのだから、どうすれば決めることができるか、数秒思考した。その中で(自分が)培ってきた技術力は確かだと思った。狂っていたわけじゃない。PKには失敗も付き物だ。ただ、あの場面は絶対に決めなければならなかった」

そして、ジダンはW杯決勝という大舞台でパネンカを成功させた。

残念ながらその後追い付かれたフランスは、PK戦の末に敗れた。優勝、パネンカ、退場と、ジダンにとってのW杯決勝はあまりにも密度の濃い時間となっている。

1 2

関連ニュース
thumb

連覇目指すフランス代表指揮官、ポーランド代表の守備力を警戒「リスペクトするべき」

フランス代表のディディエ・デシャン監督は、ポーランド代表への警戒を強めた。フランス『RMC Sports』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)で大会連覇を目指すフランス。グループDで開幕から連勝を果たすと、第3節ではチュニジア代表に0-1で敗れたものの、首位通過を果たした。 3大会連続となるベスト8進出を懸け、4日に行われるラウンド16の対戦相手はポーランド。デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間で対立が報じられるなど、チーム内に不穏なムードも漂う中で決戦に挑む。 デシャン監督は前日会見で、ポーランドの特徴を分析。高い守備力を持っていると評しつつも、自らのチームのアタッカー陣がそれを打ち破ることを信じていると語った。 「相手のチームは、ここまでの3試合で守りに徹してきた。ディフェンスの場面が多かったし、そこでの技術も高い」 「一方で、そこだけにフォーカスしてはいけない。チームは国際経験豊富な選手が中心となっている。(ヴォイチェフ・)シュチェスニー、(カミル・)グリク、(ロベルト・)レヴァンドフスキ。若い選手もいる。相手のチームがここまでやってきたことはリスペクトするべきだ。シュチェスニーの活躍は決定的だっだ」 「しかし、我々の選手たちも、その活躍で期待に応えてくれる。相手に問題を起こすための攻撃的な主張を何度もしてくれるだろう」 また、対戦相手のレヴァンドフスキについては「こういったタイプの選手に対しては、その影響を制限する必要がある。体の使い方がとても上手く、わずかな隙を与えたら危険だ。フォーカスしすぎるのも良くないがね」とコメント。絶対的エースストライカーの完封に向けた対策を明かした。 2022.12.04 12:49 Sun
twitterfacebook
thumb

王者は初心忘れず…フランス代表が初めて在籍したアマクラブのユニで記念撮影

史上3カ国目の大会連覇を目指すフランス代表は、初心を忘れることなく今大会に臨んでいるようだ。 フランスサッカー連盟(FFF)は2日、ドーハのベースキャンプで記念撮影を実施。この撮影では各選手が幼少期にキャリアをスタートしたアマチュアクラブのユニフォームを着用するという趣向が凝らされた。 FFFは今回の記念撮影の意図を以下のように説明している。 「フランス代表は自分たちがどこから来たのかを忘れません。ワールドカップに出場するトリコロールは、出身クラブに敬意を表したいと考えていました。ドーハのベースキャンプでの写真撮影では、フットボーラーとしての第一歩を踏み出したクラブのジャージを着用しました。キャリア最初期に同行してくれた人々と、フランス代表のルーツであるアマチュアフットボールに心から敬意を表します」 今回のリリースと同時に公開された動画ではFWキリアン・ムバッペやDFウィリアム・サリバといった若手からGKウーゴ・ロリス、FWオリヴィエ・ジルーといったベテランまで自身がフットボールを初めて最初のユニフォームに身を包み、幼少期の思い出を語るなど、心温まる様子も映されていた。 改めて原点に戻り、フットボールの楽しさと子供のころの夢を思い出したレ・ブルーは、同時に多くの人々に支えられていることを再認識し、イタリア、ブラジルに続く大会連覇を目指す。 なお、カタール・ワールドカップ決勝トーナメント初戦となるラウンド16のポーランド代表戦は4日に行われる。 <span class="paragraph-title">【画像】レ・ブルーが幼少期に纏ったユニフォームで記念撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">️<br><br> Les Bleus rendent hommage à leur premier club amateur <br><br>Plus d’infos <a href="https://t.co/yISs1E0ZsU">https://t.co/yISs1E0ZsU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/FiersdetreBleus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FiersdetreBleus</a> <a href="https://t.co/aJDdTefRYl">pic.twitter.com/aJDdTefRYl</a></p>&mdash; Equipe de France (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1598733124363587585?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.03 23:18 Sat
twitterfacebook
thumb

不協和音のフランス代表… 主将ロリス、直接言及せずも結束呼びかけ「グループ力が試される」

フランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスが、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のポーランド代表戦へ向けて意気込みを語った。 大会連覇を目指すフランス代表はグループDを首位通過し、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でポーランド代表との対戦に。そんな最中、ディディエ・デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間に軋轢が生じていると伝えられ始め、同国ファンを中心に小さくない不安が広がっている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、チームを束ねるロリスは前日会見でこの件には触れず。その上で、チームが一丸となって戦わなくてはならないと述べている。 「戦いは新たなステージへと移った。勝てば次があるし、負ければ家に帰ることとなる。ここ(W杯)に残るためには、各々が可能な限りベストを尽くす必要がある。(ポーランド戦は)グループとしての力量が試される」 「繰り返すが、ミスは帰宅に直結する。このようなステージでリラックスできる瞬間はなく、肉体的にも精神的にも最高レベルでなくてはならない。それも90分間ずっとね」 直接の言及こそなかったものの、チームに結束を呼びかけた格好のロリス。自身も出場した2010年の南アフリカW杯ではチーム内の不和が決定的な要因となってグループステージ敗退を経験しているだけに、気が気でない部分があるのだろう。 2022.12.03 21:42 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーとフランス代表で躍動するチュアメニ、かつてセスクがバルサに推薦「ブスケッツの後継者に最適だった」

フランス代表としてカタール・ワールドカップでも活躍中のオーレリアン・チュアメニだが、セスク・ファブレガスはいち早くその才能に気づいていたようだ。 セスクとチュアメニはモナコでおよそ2年半共闘した間柄。チュアメニはそのモナコで徐々に頭角を現すと、2021年9月にフランス代表デビューを果たし、今回のカタールW杯でもメンバー入り。本戦ではグループステージ3試合で先発出場している。 セスクが初めてチュアメニを知ったのは、チュアメニがまだボルドーに在籍していた頃のこと。リーグ・アンのボルドー戦で感銘を受けたと、セスクは『フットメルカート』の取材で語った。 「彼が他の選手とは違うことをすぐに見抜いたよ。初めて彼を見たのは、モナコで行われたボルドーとのリーグ戦のことだった」 「僕はベンチからのスタートだったんだけど、彼のパフォーマンスに驚かされてね。思わずスタッフに『ボルドーのあのMFは誰なんだ?』と尋ねたのを覚えている」 すると2020年1月、モナコはそのチュアメニを1800万ユーロで獲得し、2人はチームメイトに。当時のことをセスクは「彼はウチに来て、少し適応する時間も必要だったけど、その後はどんどん成長して僕が思っていた通りの素晴らしい選手になったよ」と語る。 そして、セスクはさらに、チュアメニを古巣のバルセロナに推薦したという。 「バルサでオーレルのことを話したのは本当だ。彼らはセルヒオ・ブスケッツの後継者を探す準備にとりかかっていて、僕にとっては完ぺきな選手だった」 「だけど、バルサが資金不足だった時期で、4000万ユーロ以上は提示できなかったと思う」 ただ、セスクの期待とは裏腹に、チュアメニは今夏レアル・マドリーへ移籍。多くのビッグクラブが獲得に動いた中で、最大1億ユーロの値がついた。 バルセロナの最大のライバルへ移籍したチュアメニだが、ここまではレギュラーとして公式戦18試合に出場中。セスクは「オーレリアンに限界はない」と、ライバルで活躍する22歳へエールを送っている。 2022.12.03 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス代表、監督とパヴァールに軋轢生じる…原因はデンベレ?

フランス代表のディディエ・デシャン監督とバンジャマン・パヴァールの不仲説が浮上している。ドイツ『キッカー』が伝えた。 きっかけとなったのはグループステージ第2戦のデンマーク戦。それまで右サイドバックで不動の地位を築いていたパヴァールはベンチスタートとなり、代わりにジュール・クンデが先発起用された。また、最後のチュニジア戦も出場せず、ここ2試合はベンチを温め続ける状況が続いている。 『キッカー』によれば、パヴァールが先発から外されたのは指揮官の指示に不満を示したことが原因だとされている。デシャン監督はパヴァールの前でプレーするウスマーヌ・デンベレが自由に攻撃に専念できるよう、パヴァールには攻撃に参加せず守備に徹するよう求めたという。 しかし、攻撃力が持ち味のパヴァールとしては納得できず、そこで軋轢が生じてしまったのだと伝えられている。 ある会見でこの件を問われたデシャン監督は「詳細には触れたくない」とコメントを回避。否定しなかったことがさらに拍車をかけることになった。 チーム内では主将のウーゴ・ロリスやオリヴィエ・ジルーはパヴァールをサポートしている一方、パヴァールに反する選手もいる模様。『キッカー』は、今大会において同選手に出番が回ってくることはないと予想している。 2022.12.03 15:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly