柴崎レガネスとドローのアルメリアが1978-79シーズン以来2度目の優勝!劇的被弾のエイバルは3位でプレーオフへ…《セグンダ・ディビシオン》

2022.05.30 05:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)最終節の7試合が29日に行われた。

自力昇格を決めるには勝利が必要な首位エイバル(勝ち点80)は、アウェイで最下位のアルコルコンと対戦。エイバルは終了間際の91分にサルフィーノにゴールネットを揺らされ、0-1で敗戦。

また、引き分け以上で自動昇格の決まる2位アルメリア(勝ち点80)はアウェイで柴咲岳の所属する13位レガネスと対戦。アルメリアはレガネスに2度のリードを許したが、エリーとサディクのゴールで追いつき、2-2の引き分けに持ち込んだ。
一方、逆転での自動昇格を狙う3位バジャドリー(勝ち点78)は、ホームで12位ウエスカと対戦。ゴールレスで迎えた後半開始早々の50分にヴァイスマン、52分にプラタと連続ゴールを奪ったバジャドリーは、79分にアグアドが試合を決定づける3点目を挙げ、3-0で完勝した。

その他、昇格プレーオフ争いでは、4位のテネリフェ(勝ち点69)が岡崎真司の所属するカルタヘナと対戦し1-2で敗戦。5位のジローナ(勝ち点67)は、ブルゴスと対戦し0-0のドロー。6位ラス・パルマス(勝ち点67)は、スポルティング・ヒホンと対戦し1-0で勝利。7位オビエド(勝ち点65)は、イビサと対戦し3-2で勝利した。

この結果、アルメリアとバジャドリーが勝ち点81で並んだが、当該成績で上回ったアルメリアが首位、バジャドリーが2位で自動昇格。3位エイバル、4位ラス・パルマス、5位テネリフェ、6位ジローナが最後の昇格枠を懸けて昇格プレーオフに臨むこととなった。

◆セグンダ・ディビシオン2021-22 順位表
1.アルメリア 81
2.バジャドリー 81※
――自動昇格――
3.エイバル 80
4.ラス・パルマス 70
5.テネリフェ 69
6.ジローナ 68
――プレーオフ――
7.オビエド 68※
※は当該成績による結果

関連ニュース
thumb

アルメリアがマルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレスを獲得!

アルメリアは5日、マルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレス(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スアレスは2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入した。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となると、今夏に5年契約でマルセイユへ加入。 しかし、マルセイユではイゴール・トゥドール監督の信頼を得られておらず、ここまで公式戦11試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するも、先発出場はわずか3試合にとどまっていた。 なお、スアレスは年内のラ・リーガには出場できず、2023年初戦となる第16節のレアル・ソシエダ戦から出場できるとのことだ。 2022.12.06 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表FWルイス・スアレスがわずか半年でスペイン帰還へ

コロンビア代表FWルイス・スアレス(25)がわずか半年でマルセイユを離れてアルメリアに移籍することになった。フランス『レキップ』など複数メディアが報じている。 今夏にグラナダから5年契約でマルセイユへ加入したスアレス。ここまでは公式戦11試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するも、先発出場は3試合にとどまっていた。 『レキップ』によると、マルセイユを率いるイゴール・トゥドール監督はスアレスをほとんど信頼しておらず、今冬の放出にゴーサインを出したという。 なお、移籍形態は買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍となるが、アルメリアが今季のラ・リーガでプリメーラ残留を果たした場合、買い取り義務が生じる条項が盛り込まれているとのことだ。 スアレスは、2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入した。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となっていた。 2022.12.02 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ピケがカンプ・ノウに別れ…バルセロナがレジェンドのホームラストゲームで完勝《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第13節、バルセロナvsアルメリアが5日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-0で勝利した。 2位のバルセロナは前節、難所メスタージャで行われたバレンシア戦をレヴァンドフスキの後半アディショナルタイムの劇的ゴールで勝ち切って首位のレアル・マドリーとの勝ち点差を「1」に縮めた。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では消化試合となったビクトリア・プルゼニ戦をパブロ・トーレの初ゴールなどで4-2の快勝。屈辱を味わったグループリーグの戦いを勝利で終えた。 カタール・ワールドカップ中断前最後のホームゲームとなる13位のアルメリアとの一戦は、3日に電撃引退を発表したジェラール・ピケのカンプ・ノウでのラストゲームとなり、多くの注目を集めることになった。チャビ監督はこの一戦で主役のピケをスタメン起用したほか、プルゼニ戦で温存したレヴァンドフスキやペドリ、デンベレらを復帰させた。 ウォームアップの段階からピケに対するリスペクトが感じられる良い雰囲気の中でスタートした一戦は、開始早々にバルセロナに決定機が訪れる。5分、バルデの右サイドからのクロスをファーサイドのフェラン・トーレスが頭で合わすと、これがDFカイキの左腕に直撃。オンフィールド・レビューの結果、PKが与えられる。 キッカーにピケという選択肢もあったが、レヴァンドフスキが任されるも、名手は相手GKと駆け引きした結果、逆を突くことに成功したが、肝心のシュートを左ポストに当ててしまった。 最初の決定機を逃したものの、[5-3-2]のアルメリアに対して押し込む形を継続するホームチーム。13分にはデンベレの右CKをゴール前のピケが頭で合わせるが、カンプ・ノウでのラストゴールには至らない。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開するも徐々に攻めあぐねると、28分にはハーフウェイライン付近でのフレンキー・デ・ヨングの不用意な横パスをラマザニに引っかけられて大ピンチ。そのままボックス内に侵入を許すが、ここはGKテア・シュテーゲンが見事な飛び出しと反応で一対一を制し、事なきを得た。 守護神のビッグプレーで辛くも失点を免れたホームチームは、気を引き締め直して攻守のバランスを維持しながら左サイドのアルバとフェラン・トーレスを起点にここから多くの決定機を作り出す。 40分にはレヴァンドフスキのスルーパスに抜け出したフェラン・トーレスが冷静に右を並走するデンベレへ浮き球のラストパスを送るが、ダイビングヘッドでのフィニッシュはコースが甘く相手GKの好守に遭う。さらに、前半終了間際にもボックス内でフェラン・トーレス、ペドリ、デ・ヨングと続けて枠内シュートを浴びせるが、相手GKフェルナンドの再三の好守に阻まれた。 レヴァンドフスキのPK失敗が響いてゴールレスでの折り返しとなったバルセロナだが、圧巻の個人技で開始早々にゴールをこじ開ける。48分、ブスケッツの自陣深くからの鋭いロングフィードに反応した右サイドのデンベレが深い位置からカットインを仕掛けてDF2枚を外し、ボックス中央から絶妙な左足のコントロールシュートを左下隅へ流し込んだ。 デンベレの個の力で先手を奪ったバルセロナは、徐々に相手が前に出てきたことで、よりスペースを享受しながら余裕を持ったボール回しから追加点を目指す。57分にはアルバのフィードに反応したデンベレが見事なファーストタッチで飛び出したGKをかわしてドブレーテに迫るが、相手DF2人のゴールカバーを外すために大事に行き過ぎたか、カバーリングに戻ってきたDFのブロックに遭い、絶好機を逸した。 この直後にチャビ監督はフェラン・トーレスを下げてアンス・ファティを投入すると、この交代策が見事に嵌る。 62分、左サイド深くでフリーのアルバがGKとディフェンスラインの間に絶妙な高速クロスを入れると、タイミング良く飛び出したファティが右足ボレーで合わせる。これはGKのファインセーブに阻まれるが、ゴール前でこぼれ球に反応したデ・ヨングが抑えの利いた右足ボレーで蹴り込んだ。 この追加点で余裕を持った試合運びが可能となったホームチームは、68分にブスケッツとデンベレを下げてハフィーニャ、ガビを同時投入。試合をクローズにかかる。これに対して、アルメリアは後ろの枚数を削って[4-4-2]に変更して前がかるが、チャンスを作れない。 85分にはこの試合のハイライトが訪れる。負傷明けのクリステンセンがピッチサイドで交代の準備をする中、フォースオフィシャルが掲示した交代ボードには「3番」の数字。クラブ通算616試合目のプレーを終えた生粋のクレは涙交じりの笑顔を浮かべながら盛大なスタンディングオベーションと、チームメイトからの労いのハグに送り出されてピッチを後にした。 その後、危なげなく2-0のスコアで試合を終わらせたバルセロナが、ピケのカンプ・ノウでのラストゲームをきっちり勝利で飾り、レジェンドの旅立ちに花を添えた。 2022.11.06 06:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ピケが現役引退を表明!5日のアルメリア戦がホームでのラストマッチに…

バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケ(35)が3日、自身のSNSで現役引退を表明した。 ユース時代にバルセロナからマンチェスター・ユナイテッド入りしたピケは、同クラブで2004年にトップデビュー。しかし、DFネマニャ・ヴィディッチとDFリオ・ファーディナンドの牙城を崩すことができず、2008年にバルセロナに復帰。 その後、バルセロナで定位置を掴むと、15シーズンにわたってレギュラーとして活躍。これまでに公式戦615試合に出場し、53得点15アシストをマークしている。また、バルセロナでは『30』ものタイトルを獲得しており、ラ・リーガで8度の優勝、チャンピオンズリーグも3度制覇するなど輝かしいキャリアを築いた。 3日に自身のツイッター(@3gerardpique)で2分ほどの映像を公開したピケは、その中で現役を引退すること、5日に行われるラ・リーガ第13節アルメリア戦が本拠地カンプ・ノウでの最後の試合になることを発表した。 「サッカー、バルセロナ、クレ(バルセロナファンの愛称)は僕にすべてを与えてくれた。そして今、その子供(自分)の夢がすべて叶ったので、君たちに終わりが来たことを伝えさせてもらいたい」 「僕はずっとバルサの次にプレーするクラブはないと言ってきたが、実際にそうなるんだ。次の土曜がカンプ・ノウで戦う最後の試合になる」 「これからもチームを応援し、クラブへの愛を子供たちに伝えていくよ。そして、遅かれ早かれ、僕は戻ってくるよ。カンプ・ノウで会いましょう。バルサ万歳、いつまでも」 なお、バルセロナも同日に5日のアルメリア戦でピケがカンプ・ノウでの最後の試合を迎えると発表しているが、現役引退については言及していない。 2022.11.04 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダがアルメリア主砲サディクを獲得! 昨季2部で18ゴール挙げた長身CF

レアル・ソシエダは1日、アルメリアからナイジェリア代表FWウマル・サディク(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定。契約期間は2028年6月30日までの6年となる。 なお、スペイン『カデナ・セール』によると、移籍金は2000万ユーロ(約27億7000万円)程度になった模様だ。 192cmの長身ストライカーであるサディクは、2015年にスペツィアからローマにレンタルで加入すると、翌年に完全移籍。その後、ボローニャやレンジャーズなど国内外のクラブへの武者修行を経験し、パルチザン・ベオグラードに移籍した。 セルビアの名門では日本代表FW浅野拓磨(現ボーフム)と攻撃を牽引し、2020年には当時セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属していたアルメリアに新天地を求めた。 アルメリアでは加入1年目にリーグ戦20ゴール、昨シーズンは18ゴールを挙げてクラブのセグンダ優勝の立役者となっていた。 また、U-23ナイジェリア代表としてリオ五輪で銅メダルに輝いたストライカーは、ナイジェリアのフル代表でも通算7試合1ゴールの数字を残している。 サディクは前エースであるFWアレクサンダー・イサクに比べて、個での打開力や単純なアスリート能力では劣るものの、大柄ながら機動力や柔らかな足元の技術を持っており、代役としては適したプロフィールの持ち主と言えるはずだ。 今後はRBライプツィヒから再レンタルとなったFWアレクサンダー・セルロートと共に前線の主軸を担い、MF久保建英やMFダビド・シルバら技巧派タイプのアタッカーと新たな攻撃の構築を図る。 2022.09.02 01:59 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly