多くの好機作るもトロフィー逃したフェイエノールト…指揮官は「ちょっとした運を得られなかった」

2022.05.26 10:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェイエノールトのアルネ・スロット監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝敗退を嘆いた。『UEFA.com』が伝えている。

フェイエノールトはアルバニアのティラナで25日に行われたECL決勝において、ローマと対戦した。

立ち上がりから激しい主導権の奪い合いがくり広げられるなか、徐々にボールを握り始めたフェイエノールトだったが、32分に一瞬の隙を突かれて失点。その後は攻勢を仕掛けながらも得点を奪えずハーフタイムを迎えると、後半にも幾度となくチャンスを作りながら最後まで追いつくことはできず、0-1で試合を終えた。

小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)が所属していた2001-02シーズンに優勝したUEFAカップ以来となる欧州カップ戦のトロフィー獲得の夢が潰えたことについて、試合後のスロット監督は落胆を隠さず。ローマのようなチームと対戦する以上、チャンスを確実に活かす必要があったと悔やんだ。

「試合の最初の15分がどうなるかは、いつだって興味深いものだ。その局面においては、我々がうまく試合をコントロールできていたと思う。ただ、ハーフタイムまでは45分あるのだ。そして我々の問題は、ボールを持っているかどうかに関わらず、選手たちの選択にあった」

「ハーフタイム、選手たちにはもっとうまくやらなければならないと伝えた。後半は最初の瞬間からキレがあったが、必要としていたちょっとした運を得られなかった。得点する時間もチャンスもあったが、ゴールネットを揺らせなかった。それは相手のクオリティによるところもあるだろう」

「決勝戦では何十回もチャンスがあるわけではない。2、3回程度のものだ。イタリアのチームとの決勝戦では特にチャンスを作るのは難しく、モウリーニョ監督が率いるチームなのだから、なおさらだった」

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがオランダ代表DFマラシア獲得でフェイエノールトと合意へ、21億円支払いか

マンチェスター・ユナイテッドがフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)の獲得で合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が報じた。 マラシアは今夏の移籍市場でリヨンも獲得を目指していた左サイドバック。オランダ代表としても5試合に出場している。 フェイエノールトの下部組織育ちのマラシアは、2017年7月にファーストチームに昇格し、エールディビジでは98試合に出場し4ゴール8アシスト。チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグにも出場し、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでも11試合に出場し1アシストを記録していた。 合意の金額は1300万ポンド(約21億1000万円)とのことだ。 ユナイテッドはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングをバルセロナから獲得したいと動いている中で、未だに獲得には至らず。今夏の移籍市場では、選手放出は進んでいるが、これまで1人も補強できていない状況となっている。 2022.07.01 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

フェイエノールトのCBセネシは争奪戦へ? ローマに加えてセビージャなども参戦か

フェイエノールトのアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)を巡って争奪戦となる可能性があるようだ。 セネシは2019-20シーズンからフェイエノールトでプレーする左利きのセンターバック。今シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝戦進出を果たし、シーズン終了後にはアルゼンチン代表デビューも果たすなど、実りの多い1年となった。 すでにECL決勝戦でも対戦したローマがセネシの獲得に本腰であることが明らかとなっているが、以前から関心を寄せていたフィオレンティーナやセビージャも本格的に動き出す模様だ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』のジャコモ・ラコベリス記者によると、フィオレンティーナは主力選手であるセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)にインテル行きの可能性があり、移籍金は1500~2000万ユーロ(約22~29億円)を要求しているとのこと。インテルとの交渉が成立すれば、この資金を元手に後釜確保へ向かう流れで、セネシもリストの上位に位置付けているとみられる。 また、セビージャもセンターバックの主力2選手が揃って流出の見込み。ブラジル人DFジエゴ・カルロス(29)はアストン・ビラ移籍が決定しており、人気銘柄のフランス代表DFジュール・クンデ(23)もビッグクラブ行きが濃厚とされる。同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏は、今夏だけで少なくともセンターバックを2~3人確保しなければならないと考えているとされ、ガラタサライのブラジル人DFマルコン(26)やセネシが有力な候補のようだ。 一方、フェイエノールトはセネシ獲得を希望するクラブに対して2000万ユーロ(約29億円)を要求しているものの、現行契約が2023年6月までとなっていることから、この額よりも安価で売却に至る可能性もあるとみられている。 これまでセネシ本人はイタリア行きを望んでいるとされてきたが、新シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権をもつセビージャも獲得へ乗り出すとなれば、また違った展開となるかもしれない。激しい争奪戦の様相を呈している。 2022.06.29 14:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがリヨン獲得迫る蘭代表SBマラシアを強襲! フェイエノールトと合意

マンチェスター・ユナイテッドがフェイエノールトからオランダ代表DFティレル・マラシア(22)の獲得に迫っているようだ。 ここまで退団者のニュースが相次ぎ、補強ゼロのユナイテッド。フランス代表MFポール・ポグバらが抜けた中盤の新戦力として、バルセロナからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得しようとする動きが連日にわたって取り沙汰されているが、水面下で左サイドバックの強化に乗り出している模様だ。 そこで名が浮上したのがフェイエノールトの育成育ちで、2017年にプロデビューのマラシアだ。順調に成長曲線を描く左サイドバックで、2021-22シーズンはさらに出番を増やして公式戦50試合でプレー。身長169cmと小柄だが、生まれ持った身体能力の高さを武器に守備だけでなく、攻撃スキルも優れる。 去就を巡ってはリヨンとの基本移籍金1300万ユーロ(約18億6000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億8000万円)でクラブ間合意が取り沙汰されたが、イギリス『The Athletic』によると、ユナイテッドが割って入り、それを上回るオファーで形勢逆転したという。 ユナイテッドは基本移籍金1500万ユーロ(約21億4000万円)にボーナス200万ユーロをプラスしたオファーを出したようで、フェイエノールトと合意。選手との合意はまだだが、フェイエノールトのテクニカルディレクターを務めるフランク・アーネセン氏もユナイテッドとのクラブ間合意を認めたようだ。 「マンチェスター・ユナイテッドと合意した。我々はタイレル(の決断)を待っているところだ。マラシアがイエスと言えば、マンチェスター・ユナイテッド移籍に迫る」 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドが獲得に近づくF・デ・ヨングとマラシアは代理人が同じとのこと。ここまで補強が進まずにいるユナイテッドだが、エリク・テン・ハグ新監督の同胞2選手を一気に獲得する可能性が出ている。 2022.06.29 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「かなりの陽キャだ」浦和加入リンセン フェイエノールトとの“惜別動画”に注目「愛された選手なのが分かる!」

フェイエノールトがオランダ人FWブライアン・リンセンとの別れを惜しんだ。 27日、浦和レッズがリンセンの完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表。日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーでフェイエノールトに加入したリンセンは、公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。 そしてフェイエノールトも27日、クラブの公式SNSでリンセンとの惜別動画を投稿。「ブライアン、忘れられない2年になった」とゴールシーンや練習中などピッチ内外の様子を繋げた動画をアップした。 「日本での冒険を楽しんでください!」、「君がいなくなって寂しい」といったフェイエノールトファンからも声も集まる中、いったいどんな選手なんだと気になった日本のファンも反応。「かなりの陽キャだ」、「チームメイトやサポーターに愛された選手なのが分かる!」、「浦和レッズでの活躍が楽しみ!」、「勝手にクールガイだと思ってたけど、めちゃくちゃお茶目じゃん笑」とそのキャラクターに注目が集まっている。 リカルド・ロドリゲス監督体制2年目を迎えている浦和。ここまでは得点力不足に悩まされているが、リンセンの加入で挽回できるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】リンセンのキャラクターが伝わってくる惜別動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Het waren twee onvergetelijke jaren, Bryan!<a href="https://twitter.com/hashtag/BryanBedankt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BryanBedankt</a> <a href="https://t.co/OHQcpid0s3">pic.twitter.com/OHQcpid0s3</a></p>&mdash; Feyenoord Rotterdam (@Feyenoord) <a href="https://twitter.com/Feyenoord/status/1541296517067296768?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和がFWブライアン・リンセン獲得でクラブ間合意! 「浦和移籍で私のひとつの夢が叶った」

浦和レッズは27日、オランダ人FWブライアン・リンセン(31)の完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表した。 同選手は日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と、その特長が紹介された31歳FWは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」 「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」 「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います」 「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした。偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます」 「これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」 なお、オランダ『Rijnmond』が先日に報じたところによると、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)程度となり、リンセンは2年半の契約にサインするという。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。また、エールディビジでは通算341試合で108ゴール47アシストを記録している。 2022.06.27 14:49 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly