ムバッペの“破格条件”での契約延長、バルサ会長も「市場を歪める」と非難

2022.05.25 22:43 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、フランス代表FWキリアン・ムバッペの新たな契約内容に批判の声を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。

今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。マドリーとは相思相愛と言われ、移籍の線が強かったが、21日にPSGと2025年までの新契約を結び、急転直下の残留が決定した。

マドリーからのオファーを固辞したムバッペは、正確な数字は発表されていないものの、年俸5000万ユーロ(約67億5000万円)、ボーナス1億3000万ユーロ(約175億円)、肖像権100%という条件での契約延長となった模様。これはチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドをはるかに上回り、サッカー史上最高額となることは間違いないと見られている。

そうした破格の契約内容について、スペイン『L'Esportiu』のインタビューで言及したのが、ムバッペに裏切られた形となったマドリーのライバルである、バルセロナのラポルタ会長。健全な取引の重要性を強調しつつ、カタール資本のPSGのような“国家クラブ”を非難した。

「この取引は市場を歪める。選手たちが金で支配されてしまったら終わりだ。これは国家を後ろ盾にしているクラブによる影響であり、EUのあらゆる原則に反している。ヨーロッパにおけるサッカーの将来を考えなければならない」

「PSGやマンチェスター・シティ、そしてこれから生まれるであろう国家クラブによって市場は混乱する。彼らが何者であるかは明らかだ。これでは、我々のような会員制のクラブの経営は難しくなる」

関連ニュース
thumb

バルサで戦力外のピャニッチに古巣リヨンからオファー…ラカゼット&トリソに続くか

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(32)にリヨン復帰の可能性が浮上している。 2020年夏にユベントスからバルセロナ入りしたが、本領を発揮といかず、不遇のときを過ごすピャニッチ。昨夏からベシクタシュにローン移籍したが、契約に付帯した買取オプションを行使されるに至らず、ひとまずのバルセロナ復帰が決まった。 バルセロナとまだ2024年まで契約が残るものの、構想外で変わらず、今夏も移籍が有力視。そうしたなか、マルセイユのほかにも、ローマ時代に師事したルディ・ガルシア監督のアル・ナスルが移籍先に浮上している。 しかしながら、ピャニッチが2008年夏から2011年夏までを過ごしたリヨンもバルセロナの内情に精通するスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏いわく、復帰のオファーを出しているという。 リヨンは今夏、FWアレクサンドル・ラカゼット、MFコランタン・トリソといったかつての主力を続々と連れ戻し。ピャニッチもその流れに乗り、かつて公式戦120試合でプレーした古巣に戻るのだろうか。 2022.07.06 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季バルサでプレーのL・デ・ヨング、自身の選択に後悔なし「誇りをもってキャリアを振り返れる」

PSVのオランダ代表FWルーク・デ・ヨングが、昨シーズンまで所属したバルセロナでの日々を振り返った。スペイン『アス』が伝えている。 昨夏にセビージャからバルセロナへ買い取りオプション付きのレンタルで加入したL・デ・ヨング。同胞であるロナルド・クーマン前監督の熱望によって実現した移籍だったが、ファンやメディアからは実力を疑問視する声もあった。 実際、序盤はパフォーマンスが安定せず批判を浴びる時期もあったが、昨年11月にチャビ・エルナンデス監督が就任すると徐々にスーパーサブとしての地位を確立。昨季公式戦29試合に出場して7ゴール1アシストと、まずまずの成績を残した。 しかし、財政難に陥っていたバルセロナはL・デ・ヨングの買い取りオプションを行使せず。シーズン終了後セビージャに帰還したL・デ・ヨングは、2日にPSVへの完全移籍が公式発表されている。 オランダ『De Gelderlander』のインタビューに応じたL・デ・ヨングは、セビージャ時代も含めスペインでの挑戦に後悔はなかったと強調。選手として、確かな足跡を残せたとキャリアを誇った。 「僕はバルセロナの選手だった。一時は、満員のカンプ・ノウで僕の名前が叫ばれたこともあったんだ。セビージャ時代にはヨーロッパリーグ優勝も果たせたし、決勝では2ゴールを決められた。だから、誇りをもってキャリアを振り返れるよ」 「バルセロナではタイトルを獲得できなかったけど、他の部分での満足感があった。退団したときには、監督やチームメイトだけでなく、役員も含めたクラブ全体からたくさんの素敵なリアクションを貰えたしね。僕の日頃の振る舞いに感謝していると言ってもらえた」 「バルセロナが健全な状態だったら、もう1年いられたか? それはわからない。シーズン終了後、僕たちはクラブに『状況はどう?』と尋ねた。僕はクラブで優先される選手ではなく、それは理解していたよ。そして、僕は自分の道を選んだんだ。バルセロナが健全ならもう1シーズンはプレーできたかもしれないが、それでもPSVを選んだ可能性はある」 「2019年にスペインにわたったときは、多くの懐疑的な意見があった。でも、僕はより成熟した選手となり、どのチームにとっても重要な存在になれると示せたと思う。どんなレベルの試合でも、たとえそれが試合終盤の途中交代であったとしてもね」 2022.07.06 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ加入のケシエ、目標は同郷のレジェンド「彼と同じくらい良いキャリアを」

コートジボワール代表MFフランク・ケシエが、新天地バルセロナでの目標を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 2021-22シーズンもミランで中盤の要として活躍し、クラブの11年ぶりとなるセリエA優勝に大きく貢献したケシエ。しかし、契約最終年となったクラブからの延長オファーを固辞し、6月末をもって退団していた。 新天地としては以前から合意が伝えられていたバルセロナが濃厚とされており、クラブがラ・リーガにおけるサラリーキャップの条件をクリアするのを待っていたが、4日についに公式発表。契約期間は2026年6月30日までの4年となり、契約解除金は5億ユーロ(約707億円)に設定された。 加入に際したクラブメディアのインタビューに応えたケシエは、新たな挑戦に向けた意気込みを語りつつ、目標とする選手には同クラブのOBで元コートジボワール代表MFのヤヤ・トゥーレ氏を挙げた。 「バルセロナへの加入は絶好のチャンスだし、素晴らしいチームだからとても幸せだよ。先発を勝ち取ってベストを尽くしたいと思っている」 「僕は試合に勝つために日々努力する選手だ。ポジションについては監督が決めることだけど、彼は僕がチームにおいてどの位置で一番貢献できるかを知っているはずだよ」 「僕のアイドルはヤヤ・トゥーレだ。彼は僕と同じコートジボワール出身の素晴らしい選手であり、僕には幸運にも彼と一緒にプレーする機会もあった。彼と同じくらい良いキャリアを歩みたいと思っているんだ」 モナコから2007年夏にバルセロナへと加入したヤヤ・トゥーレ氏は、2008-2009シーズンの3冠達成に貢献するなど、3年間にわたってプレー。ケシエは偉大な同郷のレジェンドのような活躍を残すことができるだろうか。 2022.07.06 16:24 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、ニコ・ゴンサレスがレンタル移籍を検討か 来季は出場機会減の可能性

バルセロナのスペイン人MFニコ・ゴンサレス(20)がレンタル移籍を求めているようだ。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。 11歳の頃からラ・マシアの英才教育を受け、昨季のラ・リーガ開幕戦のソシエダ戦でトップチームデビューを果たしたニコ。デビューシーズンながら主力として重宝され、特にロナルド・クーマン前監督からは大きな信頼を置かれていた。 ただ、チャビ・エルナンデス監督の就任以降は徐々に出場時間が減少。来季に向けては新たにMFフランク・ケシエが加入したほか、仮に噂されているMFベルナルド・シウバも加入すれば、ベンチ入りすら危うい状況となる。 一方でMFフレンキー・デ・ヨングに退団の可能性はあるものの、出場時間が確約されていない現状では、レンタル移籍がベターな選択肢だと20歳は考えているようだ。その候補としては、国内ではベティスやバレンシア、ソシエダが挙がっており、国外ではマルセイユともリンクされている。 すでに代理人のジョルジュ・メンデス氏はジョアン・ラポルタ会長と話し合いに入っており、将来的にブラウグラナで主力として活躍するための武者修行が真剣に検討されている。 2022.07.06 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

クンデがバルサと個人間合意か、80億円前後でクラブ間合意も近い?

セビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(23)が、バルセロナと個人間合意に達したようだ。移籍市場に詳しいスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏が報じている。 2019年夏にボルドーから加入し、ここ数年で実力と知名度を一気に上げたクンデ。昨年6月にはフランス代表デビューも果たし、延期開催されたユーロ2020にも出場した。 以前から移籍の噂は絶えず、今冬にもチェルシーが獲得に迫ったが、個人間では同意を得られていたものの、セビージャが求める移籍金を用意できず、実現しなかった。そして今夏もチェルシー行きが伝えられてきた中、同じく関心を示し続けていたバルセロナ行きの可能性がより高いようだ。 ジェラール・ロメロ氏によると、バルセロナはすでにクンデと個人間合意に至っており、クラブ間でも5500万ユーロ(約76億2500万円)から6000万ユーロ(約83億1800万円)の移籍金で決着すると見られている。 2022.07.06 14:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly