ジェズス、揺れる去就に「もう自分の意向を伝えてある」

2022.05.24 11:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)がマンチェスター・シティでの不透明な将来を認めつつ、クラブや代理人に自身の意向を通達済みだと話した。

今季もこれといったセンターFWを欠いたシティのなかで、公式戦41試合出場で13得点12アシストの数字を記録したジェズス。プレミアリーグで1試合4ゴールの離れ業も披露したが、もっぱらアーセナル行きの噂で注目を集めている。

シティもFWフリアン・アルバレスに続き、FWアーリング・ハーランドの来季加入が内定。契約を2023年夏まで残すジェズスだが、今夏移籍の可能性が取り沙汰され、選手の代理人もアーセナルを含む複数クラブの関心を認めている。

さらに、代理人から交渉が明らかにされるなど、アーセナルの本気度も表面化するなか、ジェズスは『ESPN Brazil』で揺れる去就に言及している。

「僕の将来についてはまだよくわからないんだ。シティとの契約があって、クラブの人たちや代理人にはもう自分の意向を伝えてある。自分の望みは僕の頭のなかにすごく明確にある」

「でも、今日はシティで盛大に祝いしたい。僕がここですごくハッピーなのは明らか。それと、明日は僕や妻、家族にとってすべてがうまくいったら、娘のヘレナがこの世にやってくる」

「だから、この瞬間を楽しまないとね。そして、チームのことを考えて、また微笑むんだ。それからバケーションを挟んで、僕の将来を決めていきたい」

関連ニュース
thumb

板倉滉がボルシアMGに完全移籍、移籍金は約7億円

ボルシアMGは2日、マンチェスター・シティの日本代表DF板倉滉(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によると500万ユーロ(約7億円)とのことだ。 昨夏、マンチェスター・シティからレンタルでシャルケ入りした板倉。シャルケでは公式戦31試合に出場して4ゴールを決め、ブンデス2部で優勝し、1年での1部復帰に大きく貢献していた。 しかし、財政難によりシャルケは600万ユーロに設定されていた買い取りオプションを行使できず、完全移籍での板倉獲得を見送り。そこでボルシアMGが手を挙げ、板倉の獲得を実現させる形となった。 2022.07.03 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリー、ハーウッド=ベリスをシティからレンタル! コンパニがアンデルレヒト時代に続きラブコール

バーンリーは2日、マンチェスター・シティからU-21イングランド代表DFテイラー・ハーウッド=ベリス(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 地元ストックポート出身で幼少期からシティのアカデミーに在籍する生え抜きの188cmのセンターバックは、2019年9月に行われたEFLカップのプレストン・ノースエンド戦でトップチームデビュー。 ここまでトップチームで公式戦8試合に出場している一方、シニアレベルでプレー機会を与えたいクラブは、これまでブラックバーン・ローヴァーズ、アンデルレヒト、ストーク・シティと国内外のクラブへ積極的に武者修行に出している。 直近の2021-22シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のストークで半年間プレーし、公式戦24試合に出場していた。 なお、新シーズンからチャンピオンシップのクラブを率いるヴァンサン・コンパニ監督は、前述のアンデルレヒトを率いた時代にもハーウッド=ベリスをレンタルで獲得しており、今回2度目のラブコールを送った形だ。 また、今回の発表の前日には同選手のシティアカデミーの1年後輩であるU-19イングランド代表DFコンラッド・ジョナサン・イーガン=ライリー(19)が完全移籍で、クラレッツ入りしていた。 2022.07.02 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

板倉滉のボルシアMG移籍が秒読み! 先日にシティとの交渉暗礁説浮上も

マンチェスター・シティが保有権を持つ日本代表DF板倉滉(25)はボルシアMG行きに向かっているようだ。 昨季、シティからのレンタルプレーヤーとしてシャルケ入りした板倉。相思相愛とされたシャルケへの残留こそクラブの財政難で叶わなかったが、昨季の活躍もあって、複数クラブによる争奪戦に発展している。 そこでリードしているとされるのがボルシアMGだ。シティ側の移籍金額つり上げにより、順調とされた交渉が暗礁に乗り上げているとされたりもしたが、やはりボルシアMG入りで決着の様相を呈している模様だ。 ドイツ『スカイ』によると、板倉は1日にボルシアMGでのメディカルチェックが完了。ボルシアMGは板倉も来週にテーゲルン湖で予定するキャンプに同行できるように契約の最終手続きに入っているという。 こうなると、気になるのは移籍金額だが、ボルシアMGはシティに500万ユーロ(約7億円)強を支払って獲得に至るといい、近く契約も正式に成立する見通しもあるようだ。 なお、ボルシアMGは1日、3.リーガのロート=ヴァイス・エッセンとのテストマッチを実施。ダニエル・ファルケ監督は試合後、板倉のメディカルチェックに関して問われると、こう返したという。 「今日はエッセンに向かうバスのなかにずっといて、それからこのスタジアムで長い時間を過ごした。だから、今日のボルシア・パークに誰がいたかは教えられない」 2022.07.02 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表GKカバジェロ、新たにサウサンプトンとの1年契約にサイン! 昨年12月に加入

サウサンプトンは1日、元アルゼンチン代表GKウィルフレッド・カバジェロ(40)との契約を1年延長したと発表した。 カバジェロは母国アルゼンチンやスペインでプレーした後、2014年夏のマンチェスター・シティ入りを機にイングランドを戦いの場に。2017年夏からチェルシーに移り、2020‐21シーズンを最後に退団した。 昨季は無所属の状態からスタートしたが、昨年12月に故障者続出でGK不足の陥ったサウサンプトンと今年1月までの超短期契約にサイン。その後、シーズン終了まで契約を延長して、公式戦4試合でプレーした。 そして、再びフリーになる見通しだったプレミアリーグ通算36試合出場のストッパーだが、新シーズンもサウサンプトンでのプレーが決定。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督も喜びのコメントをしている。 「ウィリーは昨季、プレーした試合でも、練習場でも、我々のGK陣にとって貴重な存在だと証明した。彼の経験値は我々や他のGKにとって非常に大きなものなんだ。ドレッシングルームでもキャラクターを発揮してくれる素晴らしい人物で、もう1年残ってくれるのは大変嬉しいよ」 2022.07.02 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

シティの若手DFイーガン=ライリーがコンパニ率いるバーンリーに完全移籍

バーンリーは1日、マンチェスター・シティからU-19イングランド代表DFコンラッド・ジョナサン・イーガン=ライリー(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 幼少期にシティのアカデミーに加入したイーガン=ライリーは、クラブの各カテゴリーで主力を担ってきた183cmのDF。2021年9月に行われたEFLカップのウィコム戦でトップチームデビューを飾ると、今年3月に行われたスポルティングCP戦でチャンピオンズリーグ、5月のニューカッスル戦でプレミアリーグデビューも果たした。 センターバックと右サイドバックを主戦場に守備的MFでもプレー可能な足元の技術を併せ持つ総合力の高い守備者はシティのU-18チームとU-23チームでキャプテンを任されるリーダーシップにも定評があった。 バーンリーの新指揮官、ヴァンサン・コンパニ監督は自身の古巣から獲得した逸材に対する大きな期待を口にしている。 「CJ(イーガン=ライリー)は、長い間、我々が注視してきたプレーヤーだ。彼は将来有望で才能のあるフットボーラーであり、優れた考え方と姿勢を持ったプレーヤーだ」 「彼が加入に同意してくれたことを嬉しく思う。CJは本当にハングリーで、バーンリーで学び、成功したいと思っている。彼は我々の文化に完璧にフィットし、素晴らしい戦力補強となる」 2022.07.01 20:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly