ピアース氏がウェストハムのコーチを辞任「新たなチャレンジを追求する適切な時期」

2022.05.24 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは23日、スチュアート・ピアース氏(60)がアシスタントコーチを辞任し、クラブを離れることを発表した。

ピアース氏は現役引退後、ノッティンガム・フォレストやマンチェスター・シティ、U-21イングランド代表監督を歴任。2012年のロンドン・オリンピックでは、イギリス代表監督も務めていた。

その後、2017年11月に指揮官に就任したデイビッド・モイーズ監督のアシスタントコーチとしてウェストハムに加入。一度は退任したモイーズ監督と共にチームを離れたが、2020年8月に再任していたモイーズ監督のアシスタントコーチに就任すると、2シーズンに渡って同職を勤め上げた。

クラブを離れる決断を下したピアース氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、ウェストハムを去ることになり、大変残念に思っている。過去2年間、このクラブで働けたことは喜びであり、名誉出会ったが、今は離れて新たなチャレンジを追求する適切な時期だと判断しました」

「この場を借りて、ウェストハムに戻る機会を与えてくれたデイビッド・モイーズ監督、デイビッド・サリバン、デイビッド・ゴールドの両オーナー、カレン・ブレイディ副社長に感謝の意を表したい」

「ラッシュグリーン(ウェストハムの練習場)で選手やスタッフと毎日一緒に仕事ができたことは素晴らしいことで、この特別な環境を失うことはとても残念です。これからもウェストハムは特別なクラブとして常に私の心の中にあり続けるだろう」

関連ニュース
thumb

試合を観ても気が付けない!ケインの背番号が逆さまの「6」に

イングランド代表FWハリー・ケインの背番号にある異変が起こっていた。 26日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節で、ドイツ代表と対戦したイングランド。後半に2点を先取されながら逆転に成功する激しい点の取り合いとなり、最終的には3-3のドローに終わった。 ドイツ戦では、21日に正式発表されたばかりの新しいアウェイユニフォームを初めて着用していたイングランドだが、その影響もあるのか、ケインの背番号がささやかな関心を集めた。 これまで通り背番号「9」を背負って先発したケイン。シャツの背中部分と、ショーツにプリントされたものは間違いなく「9」だった。 しかし、『Footy Headlines』によるとシャツ前面の右胸部分にプリントされた背番号が「9」ではなく「6」を180度反対に回転させたものだったという。 実際、正しい「9」は最後に上に上がるフォントが用いられているが、ケインのシャツ右胸のものだけは左斜め下に下がっていたのだ。 この試合で83分にPKでゴールを決めていたケインだったが、思わぬところでも注目を集めることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】よくよく見ると気が付く!右胸にプリントされた逆さまの「6」とショーツにプリントされた正しい「9」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【写真】ホームユニでは正しい背番号「9」がプリントされていた</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane2.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.09.27 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

フィリップ・コクーがフィテッセの監督に就任! 現役時代に5年過ごした古巣に27年ぶり帰還

フィテッセは26日、フィリップ・コクー氏(51)の監督就任を発表した。契約は2024年までの2年間となる。 同クラブでは先日、トーマス・レッシュ監督がボーフムに引き抜かれた。同監督は2020年5月にフィテッセの監督に就任すると、リーグ戦で4位と6位という安定した成績を残したうえ、2020-21シーズンはKNVBカップ準優勝、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでは初代王者ローマを苦しめてのベスト16敗退と、カップ戦においても確かな手腕を発揮していた。 その後任を託されたのは、現役時代にフィテッセで137試合に出場したコクー氏だ。オランダ代表としても101キャップを誇った同氏は、引退した2008年からオランダ代表や古巣PSVのアシスタントコーチを歴任し指導者キャリアをスタート。2012年3月にはフレット・ルッテン監督の解任に伴い、PSVの暫定監督に昇格し、シーズン終了後に正式就任した。 2018年夏まで指揮を務めたPSVでは、3度のエールディビジ優勝に導く手腕で、通算220試合144勝36分け40敗という戦績を残した。しかし、直後に就任したフェネルバフチェでは、リーグ開幕から10試合で2勝しか挙げられず、わずか4カ月で解任の憂き目に遭っていた。 さらにその後は、およそ1年間の休息を経て、2019年夏にダービー・カウンティの監督に就任。1年目はチャンピオンシップで10位フィニッシュとなったが、開幕11試合で1勝3分け7敗の最下位に沈んでいた2年目半ばに解任されていた。 そしてこの度、4年ぶりにオランダに復帰し、フィテッセには実に27年ぶりの帰還となるコクー新監督。開幕から1勝2分け4敗のチーム状況を憂いながらも、かつて5年過ごしたクラブへの復帰を喜んでいる。 「フィテッセはスポーツマンシップに溢れた温かいクラブで、選手時代には素晴らしい思い出がある。今、監督としてここに戻ってこられたことは、私の大きな誇りだ。私にとって今最も適したクラブだ」 「もちろん、チームが難しい状況にあることはわかっているが、選手の質を信じているし、チームやスタッフと一緒にスタートすることを楽しみにしているよ」 2022.09.27 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰を目指すワトフォードが監督交代、ビリッチ氏を招へい

ワトフォードは26日、ロブ・エドワーズ監督(39)の解任を発表。新監督にクロアチア人指揮官のスラヴェン・ビリッチ氏(54)を招へいしたことを発表した。 なお、ビリッチ監督との契約期間は1年半となる。 エドワーズ監督は今シーズンからワトフォードの監督に就任。これまではウォルバーハンプトンの下部組織で監督を務めた他、U-16イングランド代表の監督も務めていた。 ビリッチ新監督は、母国のハイドゥク・スプリトやクロアチア代表の監督を務めた他、ロコモティフ・モスクワ、ベシクタシュを指揮。その後、ウェストハム、アル・イテハド、WBA、北京国安で指揮を執っていた。 2022年1月で北京国安の監督を退任。これまではフリーだった。 ワトフォードはプレミアリーグ復帰を目指す中、チャンピオンシップ(イングランド2部)で10位と中位に甘んじている状況だった。 2022.09.26 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンのMFアランがUAEのアル・ワフダに完全移籍…今シーズンは構想外に

UAEのアル・ワフダは26日、エバートンのブラジル代表MFアラン(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2年間となることも決定した。 アランはヴァスコ・ダ・ガマやウルグアイのマルドナドでプレーし、2012年7月にグラナダに完全移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた。 移籍してすぐにウディネーゼへのレンタル移籍を経験すると、2014年7月には完全移籍。その後、ナポリへの移籍を経て、2020年9月にエバートンへと完全移籍で加入した。 ウディネーゼでは116試合で2ゴール14アシスト、ナポリでは212試合で11ゴール17アシストと主軸として活躍。エバートンでも2シーズンで57試合に出場し3アシストを記録していた。 今シーズンは開幕からベンチには入っていたものの出番はなし。中東へと活躍の場を移すこととなった。 なお、ブラジル代表としても10試合でプレーしている。 <span class="paragraph-title">【写真】アル・ワフダのユニフォームを身に纏ったアラン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/WHDFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WHDFC</a> <a href="https://t.co/tLBmSFsBai">pic.twitter.com/tLBmSFsBai</a></p>&mdash; AlWahda FC نادي الوحدة (@AlWahdaFCC) <a href="https://twitter.com/AlWahdaFCC/status/1574137878250233858?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏ローマに加入のマティッチ、W杯前にも自動契約更新か

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)がローマとの自動契約更新に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 マティッチは今夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団し、チェルシーやユナイテッド時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマに加入。3度目の共闘となるモウリーニョ監督との信頼関係は変化なく、今季もここまでセリエA全試合に出場している。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、2023年6月でローマとの契約が切れるマティッチだが、今シーズンのリーグ戦19試合に出場した時点で1年間の自動契約更新が行われる条項が含まれており、早ければカタール・ワールドカップ前にも契約更新が行われる見込みであることと主張している。 なお、年俸についてはチームがチャンピオンズリーグやその他の欧州大会の出場権を獲得するかどうかにかかっているため、シーズン終了まで確定しないとのことだ。 2022.09.26 00:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly