トップ4確保のトッテナム、コンテ監督も喜び 「就任時には想像できなかった」

2022.05.23 11:12 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのアントニオ・コンテ監督がトップ4フィニッシュの喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

今季終盤はアーセナルと来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を懸けた4位争いを展開したトッテナム。22日に行われた最終節では引き分け以上でトップ4フィニッシュが決まる中、ノリッジとのアウェイ戦に臨んだ。

16分にMFデヤン・クルゼフスキが先制点を決めると、32分にはFWハリー・ケインが追加点。さらに、後半にはFWソン・フンミンが2ゴールを奪うなど、終始最下位チームを圧倒し続け、5-0で完勝した。

昨年11月の就任当初は9位に沈んでいたチームを見事に復活させ、トップ4フィニッシュに導いたコンテ監督。試合後の会見で、選手たちの戦いぶりに満足を語った。

「私はチームに対してはっきりと言った。もし我々がアウェイに赴いて、無失点で引き分けを狙うようなプレーを見せるのなら、それは正しいやり方ではないということをだ」

「それよりも、ピッチで最初から最後まで強気のプレーを見せることだ。これだけ言えば十分だろう。昨日も今日も、この1週間もチームを取り巻く雰囲気はとてもポジティブで、来シーズンにCLを戦うことの重要性を理解してくれていると感じた」

「この大きな成果を心から喜ばなければならない。正直なところ、就任の時点では、CLの出場権を獲得することなど、とても想像できなかったことだ。素晴らしい結果を残してチームを4位に押し上げたこと。また、多くのゴールを決めたこと、そして今日もクリーンシートを達成したことは、チームが安定してきたことを意味している」

「以前から言っていることだが、大きな力を持ったチームや、何かを勝ち取るチーム、重要なものを求めて戦えるチームは、浮き沈みがなく、安定していなければならない。我々の選手たちは、そういった部分で大きく改善された」

「とてもうれしいし、選手たちに感謝したい。彼らはこうした改善を望んでいたからだ。どの監督も、どのコーチも、仕事とアイデアを持ちこむことはできるが、そのときに自分の指示と仕事を信じてくれる選手たちを見つけなければならない。だからこそ、私はスタッフにも、選手たちにも、クラブにも感謝したい」

関連ニュース
thumb

フルアム、S・セセニョンの契約延長及びチャールトンへのレンタル移籍を発表

フルアムは7日、イングランド人DFスティーブン・セセニョン(22)との契約延長を発表した。 契約期間は2023年6月末までで、1年の延長オプションが付随している。なお、来シーズンはリーグ1(イングランド3部)のチャールトン・アスレチックへレンタル移籍することが合わせて発表されている。 トッテナムに在籍するMFライアン・セセニョンの双子の兄弟として知られるセセニョン。2017年8月に17歳でトップチームデビューを飾った逸材は、右サイドバックを主戦場に最終ライン、中盤の複数ポジションをカバーする守備のマルチロールだ。 昨シーズンはフルアムでチャンピオンシップ(イングランド2部)8試合の出場にとどまると、今冬にリーグ1のプリマス・アーガイルへレンタル移籍。プリマスではリーグ戦10試合に出場していた。 なお、フルアムのプレミアリーグ復帰に伴い、今シーズンはライアンとの双子対決が期待されたが、リーグ1のチャールトンへ武者修行に出ることになった。 2022.07.07 23:04 Thu
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルトがロイヤル・アントワープ移籍を匂わせる「Relaxing And Feeling Content」

カタールのアル・ドゥハイルに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(33)が、母国復帰を匂わせている。 これまでアヤックスやアトレティコ・マドリー、トッテナムなどでプレーしてきたアルデルヴァイレルト。2015年夏に加入したトッテナムでは、在籍6年間で公式戦通算235試合に出場し、タイトルには恵まれなかったものの、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝進出など、多大な貢献をもたらした。 昨夏からは心機一転してカタールに活躍の場を移し、AFCチャンピオンズリーグを含む公式戦27試合に出場。カタールリーグはヨーロッパと同じ秋春制をとっているため、現在は休暇中のアルデルヴァイレルトだが、インスタグラムの楽しそうな家族写真の投稿が今夏の移籍をほのめかしていると話題となっている。 ベルギー代表DFは妻のシャニーさんと3歳の娘のアイラちゃんとの3ショットと共に「Relaxing And Feeling Content」と投稿。一見すると「リラックスできて充実しているよ」と、バカンスの様子を紹介しているだけに思えるが、その4単語の頭文字を組み合わせると“RAFC”で、移籍が噂されているロイヤル・アントワープFCの略称になるのだ。 勘の鋭いフォロワーは移籍を確信した様子で盛り上がっており、それに関する返信が多く寄せられている。仮に移籍することになれば、33歳にとってキャリア初の母国でのプレーとなる。 2022.07.07 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

天野純や邦本宜裕の日本人は入った? トッテナムと対戦する「チームKリーグ」が発表!

Kリーグは7日、トッテナムとのフレンドリーマッチを戦う「チームKリーグ」のメンバーを発表した。 韓国のヒーローでもあるFWソン・フンミンを擁するトッテナムと12日にフレンドリーマッチを行うKリーグのチームは、各クラブから2選手を招集。総勢24名が選抜された。 KリーグにはMF天野純(蔚山現代)やMF邦本宜裕(全北現代モータース)、そして先日移籍したMF齋藤学(水原三星ブルーウィングス)が今季はプレーしている。 1クラブ2人という制限の中、蔚山からはGKチョ・ヒョヌ、MFオム・ウォンサンが選ばれ、今季のKリーグ1で18試合6ゴール1アシストの天野は選ばれなかった。 また、全北現代からはDFキム・ジンス、ホン・ジョンホの2名が選ばれ、今季14試合で4ゴール1アシストの邦本も選外となった。 なお、水原三星からはオランダ人DFダヴィ・ブルトハイスとDFイ・キジェが選ばれている。 韓国人選手以外では、ブルトハイスに加え、FCソウルのセルビア代表MFアレクサンダル・パロチェビッチ、済州ユナイテッドのブラジル人MFジェルソ・フェルナンデス、大邱FCのブラジル人FWセシーニャ、水原FCの元南アフリカ代表FWラルス・フェルトヴァイクが選ばれている。 また、監督は全北現代のキム・サンシク監督が務める。 ◆チームKリーグ GK キム・ヨングァン(城南FC) チョ・ヒョヌ(蔚山現代) DF キム・ジンス(全北現代モータース) ホン・ジョンホ(全北現代モータース) イ・キジェ(水原三星ブルーウィングス) ダヴィ・ブルトハイス(水原三星ブルーウィングス) チョン・テウク(大邱FC) キム・ドンミン(仁川ユナイテッド) キム・ジス(城南FC) パク・サンウク(浦項スティーラース) MF キム・デウォン(江原FC) ヤン・ヒョンジュン(江原FC) アレクサンダル・パロチェビッチ(FCソウル) チョ・ヨンウク(FCソウル) シン・ジホ(浦項スティーラース) イ・スンウ(水原FC) オム・ウォンサン(蔚山現代) クォン・チャンフン(金泉尚武) イ・ミュンジュ(仁川ユナイテッド) ジェルソ・フェルナンデス(済州ユナイテッド) FW セシーニャ(大邱FC) ラルス・フェルトヴァイク(水原FC) ジュ・ミンギュ(済州ユナイテッド) チョ・ギュソン(金泉尚武) 2022.07.07 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンへの思いがあだに? 最終節の秘話をトッテナムチームメイトが明かす

トッテナムのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキが、プレミアリーグ最終節での裏側を語った。 昨季のリーグ最終節で2得点を奪い、計23ゴールを挙げてアジア人初の得点王に輝いたソン・フンミン。ノリッジ・シティとのアウェイ戦では、スパーズもチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けた4位争いの渦中にあったが、5-0で勝利を収めた。 チーム一丸となって"ソニーの得点王"を後押しする中で、先制点と3点目を挙げていたクルゼフスキが当時を回想。ポッドキャスト『DÅ ÄR VI IGÅNG』に登場し、自身2点目の前にも訪れていた決定機について語った。 「得点の2分前に奇妙な瞬間があった。GKは飛び出していて僕はフリー。ほとんど終わっているような状況だった」 「(いきさつは)GKと一対一となって、相手がタックルを仕掛けてきた。その時、考えたんだ。"倒れるべきか?あいつを退場にできるんじゃないか?"って」 「けど結論はノー。ゴールの方がいいに決まっている。キーパーが出てきて、ちょっと躊躇したのがわかったから、かわして、空っぽのゴールを目にはいった」 「ただ、また奇妙なことが頭をよぎった。ソンが見えたんだよ、チームメイトの。得点王のためにボールを呼んでいるように思えて、それで試合前に"ソンにパスを出す必要がある"ってことを思い出した。だってそうだろう?ゴールデンブーツが懸かっているんだから」 「ソンのためにと思ってパスをしたつもりだったんだ。けど、地面に引っ掛かってミスタッチになって、ボールはゴールに向かってゆっくりと転がっていって…クリアされた。立ち止まってしまったよ、"おぉ…デヤン…お前は何をしてるんだ"って」 チームメイトのためにという想いが皮肉なことに迷いを生み、決定機を逸することになったようだ。だが、気持ちを切り替えたスウェーデン代表MFは、その後の決定機を見事に仕留め、ソン・フンミンも遅ればせながら2ゴールを奪取。二兎を得ることができ、万事丸く収まった。 <span class="paragraph-title">【動画】ソン・フンミンへのプレゼントパスのつもりが…ミスキックとなったクルゼフスキ(3:12~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/eAvvUVUjB70" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.07.07 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムでは構想外予想も…エンドンベレは前向きな姿勢崩さず 「ここで幸せになることもできる」

トッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(25)がチームでのポジション確保に意欲を示した。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 エンドンベレは2019年夏にトッテナム史上最高額となる6000万ユーロ(約77億5000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)でリヨンから加入しながら、度重なる負傷や緩慢なプレーもあり真価を発揮できず。昨シーズンはアントニオ・コンテ監督から構想外の扱いを受けたこともあり、今年1月に古巣リヨンへレンタル移籍の形で復帰した。しかし、リヨンでも本来のパフォーマンスを取り戻せず、リーグ・アンで11試合の出場にとどまると、買い取りオプションは行使されないままトッテナムに帰還している。 トッテナムは今年1月にMFロドリゴ・ベンタンクールが、今夏にMFイヴ・ビスマが加入していることから、チームでの構想外の状況は変わらないとも報じられるエンドンベレだが、フランス『Media Carre』に対して前向きな姿勢を強調。プレシーズンでの過ごし方次第では、トッテナムで幸せをつかむことも可能だと語った。 「僕はトッテナムで幸せになることもできると思っている。どのクラブにいるかは関係なく、誰しもが幸せにも不幸せにもなれるんだ。プレシーズンの間に、どうなるか見てみたいね。今はそれ以上、自分にプレッシャーをかけるつもりはない」 「僕が望んでいるのは、幸せであることだ。そして、自分の仕事に喜びを感じ、プレーすること、勝つこと、それだけさ」 また、エンドンベレはリヨンに復帰してからの約4カ月間についても言及。冬に移籍してからの短い期間では適応するのが難しかったとしつつ、決断に後悔はないと断言した。 「(リヨンでのパフォーマンスは)複雑なものだったんだ。4カ月はとてもとても早く過ぎてしまうからね。ただ、たとえそこで苦戦したとしても、僕に後悔はないよ」 「消化するのがもっとも難しかったのは、(ヨーロッパリーグ準々決勝で)ウェストハムに敗れたときだ。とはいえ、それはフットボーラーとしての人生の一部さ。物事がうまくいかないとき、どのように立ち直るかを知る必要があるんだ」 2022.07.06 13:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly