経験不足の“ヤング・ガナーズ”を心配するキャラガー「来季が本当に心配」、ネビルはトップ4入りを「ずっと信じられなかった」と見解

2022.05.17 16:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6シーズンぶりのトップ4フィニッシュを目指していながら、最終節を前に5位に転落したアーセナル。元イングランド代表の解説者コンビが見解を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

16日、プレミアリーグ第37節のニューカッスルvsアーセナルが行われ、2-0でニューカッスルが勝利した。

トップ4フィニッシュを目指していたアーセナルは、前日にトッテナムが勝利したことで暫定的に5位に転落。この試合で勝利しなければ、4位の座を明け渡すこととなっていた。

しかし、試合開始から主導権を握ったのはニューカッスルだった。今年に入り、トップ4のチーム以外には負けがなく、6位のマンチェスター・ユナイテッドとは引き分けたものの、残りを全勝と好調を維持しているチームは、アーセナルを押し込んでいく。

必勝のアーセナルはプレッシャーを感じたことに加え、アグレッシブにプレスをかけるニューカッスルに苦戦。全くボールを運べないまま後半にオウンゴールで失点。リスクを冒して攻めることでチャンスを作ったが、終盤にも失点し、2-0で痛恨の敗戦となった。

最終節ではエバートン相手の勝利が必須。さらに、4位のトッテナムが最下位のノリッジ・シティに負けなければいけなくなり、4位入りが極めて難しい状況に陥ってしまった。

『スカイ・スポーツ』の「Monday Night Football」に出演したジェイミー・キャラガー氏は、アーセナルの4位フィニッシュは限りなく難しいとコメント。アーセナルに期待していたものの、ニューカッスル戦のパフォーマンスを酷評した。

「はい。スパーズはそのポジションで負けることはない。アーセナルも理解している」

「世界のサッカー界で、アーセナルがあの位置からチャンピオンズリーグに出場できると考えている人はいないだろう。チャンスはない」

「彼らは酷かった。そして、私は『スカイ』で仕事を始めてから、ミケル・アルテタとこのチームの大きなサポーターだった。アーセナルについて同じことを言うことにうんざりしていたからだ」

「私自身、うんざりしていた。自分が応援できる若い選手たちを見るのが好きだった」

「ファンはそれを支持することができたと思う。彼らは自分たちが栄誉に挑戦することはないだろうとほぼ受け入れていたが、何かを築き上げるものがあった」

「ただ、今日のパフォーマンスは酷かった。チャンピオンズリーグがどれだけ重要なことなのかは理解している」

「前半があれだけ劣勢で、後半に力を出すということは、許されることではない。結果ではなく、そのやり方が問題だった。最初から酷いものだった」

また、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃した場合は、ヨーロッパリーグ(EL)に出場することとなるアーセナル。しかし、キャラガー氏は、今のアーセナルが過酷な日程を戦い続けるということはとても心配だとコメント。監督としての経験が少ないアルテタ監督を心配した。

「これは今シーズンに限らず、ミケル・アルテタとアーセナルのチームにとっても大きな問題だと思う」

「来シーズンはヨーロッパリーグを戦い、木曜日と日曜日に試合がある。彼らには今シーズン、ヨーロッパでのサッカーがない大きなチャンスがあった。彼らにとって大きなアドバンテージだった」

「彼らは国内で4つのベストなチームというわけではないが、他のチームよりも有利であったが、それを生かしきれなかった。来シーズンのアーセナルとミケル・アルテタが心配だ」

「彼にとっては大変なことになると思う。これは彼がいずれクラブを去るときに、振り返られるゲームになるだろう。アルテタはこれが監督として最初の仕事であり、その信念を貫いているわけではない」

「もし、アントニオ・コンテが苦戦していた場合でも、彼はチェルシーやインテルでリーグ優勝を果たしている。その感覚は、以前にやってのけたこと、今何をしているかの理解に繋がる」

「ただ、アルテタはこれまでにそれを成し遂げていない。批判ではなく、ただの事実だ。彼は、今夜それを必要としていた。来シーズンの彼が本当に心配だ」

「アーセナルがクリスマスの時期に、7位か8位にいて、ヨーロッパリーグを戦っていたら、大きなプレッシャーを感じることになるだろう」

期待を寄せながらも、難しい戦いを強いられることになる来シーズンを憂慮するキャラガー氏。同じく「Monday Night Football」に出演したギャリー・ネビル氏も同調し、若いチームへの不安を語った。

「私は彼らがハーフタイムで有利になると思っていた。ただ、あれは経験も個性もない若いチームだった」

「正直なところ、彼らがトップ4に入るとは、ずっと信じられていなかった」

「でも、彼らは後半に立ち上がり、期待に応えてくれると思っていた。それが、彼らがどの位置にいるのかを教えてくれると思っていた」

アカデミー育ちの選手に加え、獲得した20代前半から半ばの選手を中心に構成されているアーセナル。開幕3連敗スタートからチームを立て直して上位に食い込み、直近ではチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ウェストハムと上位に3連勝するなど力を見せた一方で、圧力をかける中位以下のチームに簡単に負ける部分もあり不安定さはシーズンを通してあった。

期待を多く寄せられたチームだったが、前節のトッテナム戦を含め、大事な試合で戦えない脆さを露呈してしまった中、残りの1試合で何を見せるのか。また、来シーズンに向けてどう補強するのか注目が集まる。

関連ニュース
thumb

「サイコーな笑顔」岩渕真奈がアディダスショップへ、W杯歴代試合球とともに「思い出のボールはどれですか?」

アーセナルに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈による1枚が思い出心をくすぐるようだ。 岩渕は2日に自身のインスタグラムを更新。「adidas×わたし」と、アディダスショップを訪れた際の写真を公開した。 店舗にあるロゴの前での一枚は、ショップの壁面と同じ赤いスカートや白いTシャツが映える。ファンからは「サイコーな笑顔」、「ブッチ、可愛い過ぎる」などのコメントが届いた。 岩渕は歴代ワールドカップ(W杯)公式球の前でも記念撮影。14個のボールの中から思い出の"一球"についても綴っている。 ⁡ 「みなさんの思い出のボールはどれですか?私はやっぱり日韓W杯のボールです(当時9歳)。これからもadidasと共に頑張ります」 各大会の記憶だけなく、ボールの柄や縫い合わせ方などの変移も見て取れる一枚には「日韓の隣の06年ですね」、「ボールは1番左が好き」、「左から4番目」、「90年イタリア大会球、そして、なによりもJリーグ初代大会球」など、思い思いの声が寄せられたようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】歴代W杯公式球と思い出を綴る岩渕、ショップでの記念撮影も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfboZuWPbZ5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfboZuWPbZ5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfboZuWPbZ5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.02 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

監督が電撃退任のマルセイユ、アーセナルのフランス代表MFゲンドゥージの買取OPを行使

マルセイユは1日、アーセナルのフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 ゲンドゥージはパリ・サンジェルマン、ロリアンの下部組織で育ち、2016年9月にロリアンのファーストチームに昇格した。 2018年7月に19歳でアーセナルに完全移籍。ウナイ・エメリ監督の下では主軸としてプレーしていた。 ミケル・アルテタ監督の下でも起用され続けていた中、2020年6月のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でFWニール・モペイと小競り合いを起こし、アルテタ監督の逆鱗に触れて、以降の試合で全てメンバー外にされた経験があった。 その後ヘルタ・ベルリンへとレンタル移籍するも、ここでもパル・ダルダイ監督に気難しい性格を問題視されで買い取られず。マルセイユでも昨年9月にチームメイトと試合中に揉めていた。 それでも、リーグ・アンで38試合に出場し4ゴール8アシストを記録。公式戦では55試合で5ゴール14アシストと結果を残し、クラブが買い取りを決断していた。 2022.07.01 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーやマネらアフリカ年間最優秀選手賞の候補30名

アフリカサッカー連盟(CAF)は6月30日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者30名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 2人のどちらかの受賞が濃厚とされる中、マネはセネガル代表としてアフリカ・ネーションズカップ(AFCON)でエジプトを破り優勝。また、カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選でもエジプトを破って出場権を獲得している。 一方でリバプールでのプレーを見れば、共にタイトルを2つ獲得。サラーは、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンとともに得点王に輝いていた。また、イングランドプロサッカー選手協会(PFA)も受賞している。 その他、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズやセリエAを制したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどもノミネートされている。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補30名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) ベルトラン・トラオレ(ブルキナファソ/アストン・ビラ) ブラッティ・トゥーレ(ブルキナファソ/ピラミッド) エドモン・タプソバ(ブルキナファソ/レバークーゼン) アンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(カメルーン/ナポリ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) ユスフ・エチャンガマ(コモロ/ギャンガン) フランク・ケシエ(コートジボワール/ミラン) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス) モハメド・アブデルモネム(エジプト/アル・アハリ) モハメド・エルネニー(エジプト/アーセナル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) モハメド・エル・シェナウィ(エジプト/アル・アハリ) ムサ・バロウ(ガンビア/ボローニャ) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) アリュー・ディエング(マリ/アル・アハリ) ハマリ・トラオレ(マリ/レンヌ) イヴ・ビスマ(マリ/トッテナム) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) ソフィアン・ブファル(モロッコ/アンジェ) ヤフヤー・ジャブラーヌ(モロッコ/ウィダード) ヤシン・ブヌ(モロッコ/セビージャ) モーゼス・サイモン(ナイジェリア/ナント) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) ナンパリイズ・メンディ(セネガル/レスター・シティ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) サリウ・シス(セネガル/ナンシー) アリ・マールル(チュニジア/アル・アハリ) 2022.07.01 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル加入間近のガブリエウ・ジェズス、背番号「9」のユニフォーム姿が目撃

アーセナルへの加入が迫っているとされるマンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)だが、公式発表は時間の問題のようだ。 今シーズン終了前からジェズスの獲得に興味を示していたアーセナルは先日、4500万ポンド(約74億6700万円)で移籍金でシティとクラブ間合意したことが報じられていた。 その後、ジェズス本人との条件面でも合意。2027年までの5年契約を結ぶことになるという。 そのジェズスは、アーセナルのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるエドゥ氏とロンドン・コロニーのトレーニング施設で対面し、ハグを交わしている姿が目撃されていたが、より決定的な映像が流出。すでにアーセナルでの背番号も決まっているようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』も24時間以内に発表されるとしている中、ジェズスはエミレーツ・スタジアム内での撮影に参加。アーセナルのユニフォームを見に纏い、ピッチサイドを歩く姿を撮影していた。 スタンドからその模様を撮影した動画が流出。背番号は、リヨンへの今夏移籍した元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットがつけていた「9」になるようだ。 契約発表に使う映像を撮っていたと思われるが、ここから破談になることはまずなく、待望のストライカー補強となった。 ミケル・アルテタ監督がシティのアシスタントコーチ時代に共に仕事をして以来のサイタッグ。プレミアリーグで159試合に出場し58ゴール32アシストを記録している力をどこまで発揮できるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】エミレーツスタジアムで入団に向けた素材撮影中!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CfbUC5XKOjT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CfbUC5XKOjT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CfbUC5XKOjT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">afcstuff(@afc_stuff)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.30 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「このクラブにはいたくない」アーセナル帰還のトレイラが移籍願望隠さず

フィオレンティーナからアーセナルに復帰したウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(26)だが、チームに自分の居場所はないと感じているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2018年夏にサンプドリアからアーセナルへ加入したトレイラは、初年度こそ活躍したものの、翌シーズン途中に就任したミケル・アルテタ監督の下では序列が低下。本人希望の下、昨シーズンはアトレティコ・マドリー、今シーズンはフィオレンティーナへレンタル移籍していた。 フィオレンティーナではサンプドリア時代の輝きを取り戻し、セリエAで31試合に出場して5ゴール2アシストを記録。本人は完全移籍を熱望したが、1500万ユーロ(約21億2000万円)とされた買い取りオプションの値下げ交渉が破談したことで、アーセナル帰還が決まった。 しかし、トレイラ本人にアーセナルでプレーする気はないようだ。エクアドル『El Telegrafo』の取材で、一刻も早く新たな移籍先を見つけたいと語っている。 「アーセナルで僕にチャンスはない。最初から、ここに居場所はないと言われていた。そして僕もここにいたくはない。これまでたくさん苦しみ、適応するのにたくさんのお金がかかった。今の僕の考えは、イタリアかスペインに行くことだ」 「僕の望みはフィオレンティーナ残留だった。でも、さまざまな理由からそれは実現しなかったね。だから、また新しい道を見つけなければならない」 また、トレイラはかつて自身が強く希望したボカ・ジュニアーズ移籍にも言及。現在もクラブへの想いは変わらないとしながら、実現が難しいことも認めた。 「母が亡くなったあとの僕は難しい時期を過ごしていて、その時はどうしてもボカへ行きたかった。でも、それから(フィオレンティーナで)とても良いシーズンを過ごせたよ。そして僕にはまだ、アーセナルとの契約が1年残っている」 「契約がある以上、僕を求めるチームは1500万ユーロくらい支払う必要があるだろうね。とはいえ、ボカには愛着を感じており、いつかはあそこでプレーしたいと思っているよ」 2022.06.30 17:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly