エンポリ若手MFを巡ってミラン、インテルが争奪戦か?

2022.05.17 11:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAで躍動する若手ミッドフィルダーを巡って、ミラン、インテルのミラノ2強が争奪戦を繰り広げているようだ。イタリアの複数のメディアが報じている。

両クラブのターゲットとなっているのは、エンポリに所属するアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)だ。

エンポリ下部組織出身のアスラニは、今シーズン晴れてファーストチームデビュー。序盤戦はわずかな出場時間しか与えられなかったが、第24節のボローニャ戦で初めてスタメンに名を連ねると、以降は中盤で定位置を確保し、ここまでリーグ戦で22試合1ゴール1アシストをマークしている。
そんなアスラニに対して、以前より関心が報じられてきたミランだが、『SempreMilan』によると、ミランのパオロ・マルディーニSD(スポーツ・ディレクター)はアスラニの家族とコンタクトをとっており、アスラニに対する一定の出場機会を約束するなど、すでに具体的なプランを提示しているという。

また、アスラニに対しては、インテルも本格的な調査に乗り出しているようだ。

『SempreInter』によると、シモーネ・インザーギ監督は、中盤アンカーの位置でプレーするクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)の負担の大きさを懸念しているとのこと。今シーズン、ブロゾビッチが欠場したリーグ戦は未勝利(2分け1敗)となっており、同ポジションを主戦場とするアスラニをスカッドに加え、選手層の拡充を図りたい考えだ。

関連ニュース
thumb

元伊代表のアントネッリが35歳でキャリアに幕 「みんなに心から感謝」

元イタリア代表DFルカ・アントネッリ(35)が現役引退を表明した。 アントネッリはミランでカルロ・アンチェロッティ監督にプロの世界に導かれ、バーリ、パルマ、ジェノアでプレー。パルマ時代にイタリア代表デビューを遂げるまでに成長すると、2015年2月にミラン復帰を果たした。 第二次ミラン時代には元日本代表MF本田圭佑とも共闘し、2018年8月からエンポリに。2021年2月からはミランのテクニカルディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏らが新設したアメリカのマイアミFCに加入した。 アメリカ2部にあたるUSLチャンピオンシップでのプレーだったが、そこで公式戦19試合に出場した左サイドバックはこのたび、現役生活に終止符。自身のSNSを通じて、現役引退の決断を報告するとともに感謝した。 「そのときが来た。フットボール場でポールと一緒に過ごしてきた人生。その時間に別れの挨拶をするときが来た。また会えるのを願って。ピッチに立ったり、ファンだけが与えられるアドレナリンや、感動を感じられなくなるのは寂しい。このスポーツのおかげで、僕はあらゆる夢が叶った」 「バーリや、パルマ、ジェノア、エンポリ、そしてマイアミFCのクラブ、そこで働くすべての人々、いつも応援してくれるファン、いつも側にいてくれる家族、そして何より、絶対に忘れられないこの旅をともにしたチームメイトたちに感謝したい。みんなに心から感謝する。すごく素敵だった」 2022.11.12 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場ロサーノ&ジエリンスキ弾でナポリが10人エンポリに勝利、10連勝達成《セリエA》

ナポリは8日、セリエA第14節でエンポリをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節アタランタとの頂上対決を制した首位ナポリ(勝ち点35)は、引き続きクワラツヘリアを負傷で欠く中、代役にはラスパドーリを起用した。 14位エンポリ(勝ち点14)に対し、オシムヘン、ポリターノ、ラスパドーリの3トップで臨んだナポリが立ち上がりから押し込んでいく。しかし自陣に引くエンポリを崩しきるような攻撃を仕掛けるには至らない。 そんな中33分、マリオ・ルイの左クロスをボックス中央で受けたエンドンベレがシュート。しかしDFにブロックされた。さらに39分、右クロスを収めたボックス内のラスパドーリがシュートに持ち込んだが、GKの正面を突いた。 ハーフタイム間際の45分には決定機。エンドンベレのパスをボックス中央で受けたラスパドーリがコントロールシュート。だが、わずかに枠の右に外れ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、52分にザンボ=アンギサのシュートでゴールに迫ったナポリが前がかるも、攻めあぐね状況が続いた。 そこで64分に3枚替え。ロサーノ、ジエリンスキ、エルマスを投入した。すると67分にPKを獲得。オシムヘンがボックス内でマリンに倒された。 このPKをロサーノが決めて先制したナポリは74分に数的優位となる。ロサーノがルペルトにファウルを受け、ルペルトには2枚目のイエローカードが提示された。 そして88分、ナポリが勝負を決定付ける。ロサーノの右クロスからジエリンスキがボレーで叩き込んだ。途中出場2選手の活躍でエンポリを退けたナポリが10連勝とし、首位を快走している。 2022.11.09 04:27 Wed
twitterfacebook
thumb

今季のセリエAで初連勝のユーベ、アッレグリ監督「今夜は良いプレーができた」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 21日のセリエA第11節でエンポリをホームに迎え撃ち、4-0と圧勝したユベントス。今季のここまで浮き沈みの激しい戦いぶりから上位から遅れを取っているが、シーズン初の連勝で順位も暫定ながら7位に浮上した。 来週ミッドウィークに迫るチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦にも弾みをつける勝利となるなか、アッレグリ監督も手応えを口に。グループHで4試合を消化して3位と突破が望み薄となるCLに目を向けた。 「今夜は良いプレーができたし、一度も勢いを落とす瞬間もなかった。ただ、問題を抱えているときは心理面が違いを生むもの。今夜は自分たちの力を発揮できたよ。このリーグ戦では遅れを取り、しばらく2連勝もできていなかったし、勝利が重要だった。ポイントを失っている以上、追いかけなればならない」 「これからはCLのことを考えるとしよう。敗退も、ヨーロッパリーグ(EL)行きも決まっていないし、大事な試合が待っている。強力なチームとの対戦になるが、今日のようなパフォーマンスを発揮できれば、結果を覆せるはずだし、自信を持たないとね」 イタリア人指揮官はまた、先制ゴールのFWモイゼ・ケアンや、ドッピエッタのMFアドリアン・ラビオ、アシストのMFフィリップ・コスティッチをはじめとする選手個々のパフォーマンスぶりにも言及している。 「モイゼ・ケアンは良いパフォーマンスぶりだったが、土曜日(15日のトリノ戦)も良かったし、ゴールが足りなかっただけ。アルカディウシュ・ミリクも調子が良いし、ああいうオプションが前線にあると、落ち着くものだ。アドリアン・ラビオも大きく成長し、大きなプレーをするようになってくれたね」 「技術面でまだ改善の余地があるが、ほかの選手とまた違ったエンジンを持っている。フィリップ・コスティッチもかなり改善され、チームメイトのことを理解し、自信をつけてきているね。いずれフルバックとしてプレーできるかもしれない。今の調子を続けてほしいね」 2022.10.22 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

復調の兆しか、ユベントスがエンポリに4発勝利で今季初の連勝《セリエA》

ユベントスは21日、セリエA第11節でエンポリをホームに迎え、4-0で勝利した。 前節トリノとのダービーを制して公式戦連敗をストップした8位ユベントス(勝ち点16)は、ヴラホビッチとケアンの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 10位エンポリ(勝ち点11)に対し、ユベントスは8分、コスティッチの鋭い左クロスからケアンが右足で押し込んで先制に成功する。 失点を受けて前がかるエンポリに対して自陣に引いて対応するユベントスは32分に追加点のチャンス。マッケニーの右クロスからケアンのヘディングシュートがわずかに枠の左に外れた。 32分、自陣でのボールロストからデストロにGKシュチェスニーを強襲するシュートを打たれたユベントスは36分、ボックス内からマッケニーがGK強襲のシュートを放って牽制。1点をリードしたまま前半を終えた。 押し込まれる展開の多かった前半を経て迎えた後半も主導権を握れずにいたユベントスだったが、55分に大きな追加点が入る。クアドラードの右CKからマッケニーのヘディングシュートが決まった。 64分にはケアンがコスティッチのクロスからネットを揺らすもわずかにオフサイドに阻まれたユベントスだったが、82分に3点目。クアドラードの左CKからラビオのヘディングシュートが決まった。 さらに追加タイムにもラビオのゴールが決まったユベントスが4-0で勝利。今季リーグ戦初の連勝とした。 2022.10.22 05:40 Sat
twitterfacebook
thumb

後半ATに合計3ゴール! 見事に勝利したミラン指揮官「意志と精神の勝利だ」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、エンポリ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 1日、ミランはセリエA第8節でアウェイでエンポリと対戦した。 そのミランは代表戦で選手が負傷。さらに、この試合でもMFアレクシス・サーレマーケルス、DFダビデ・カラブリア、DFシモン・ケアーが負傷交代する不運に。手負の状況となってしまった。 それでも79分にラファエル・レオンが先制ゴールを記録。逃げ切るかと思われたが、アディショナルタイムにエンポリにゴールを奪われ、追いつかれてしまう。 それでも諦めなかったミランは、94分にフォデ・バロ=トゥーレのゴールで勝ち越すと、97分にはレオンが2点目を奪い勝負有り。終盤の劇的ゴールで1-3で勝利を収めた。 試合後、ピオリ監督は「意志と精神の勝利だ」と語り、中断前の前節でナポリに1-2で敗れ、久々の黒星を喫していただけに、しっかりと勝ちたかったとコメントした。 「とても長い間負けなしだった中、ナポリに負けたのだから、良いスタートを切ることが重要だった」 「エンポリは我々に困難をもたらし、負傷者が出たことで連係が欠けてしまった」 「私は偏見を持っているが、選手たちはいつも私を興奮させ、それが私がいつも経験している素晴らしいことだった」 また、ケガ人が試合中も続出しているミラン。こういったことは起こりうるとし、良い選手がたくさんいることは良いことだとした。 「これはグループの勝利だ。我々には結束力があり、意思のある集団だ」 「忙しいシーズンにはケガはつきものだが、これだけ多くの選手がいて、全員が揃って、しかも正しい状態で臨めるというのは幸運なことだ」 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATに合計3ゴールの劇的展開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0OzLdMfhNKQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 10:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly