2人の退場者を出して敗れたエバートン、ランパードはジャッジに苦言 「いつも不利を受ける側だ」

2022.05.16 16:07 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのフランク・ランパード監督が、ブレントフォード戦の判定に苦言を呈した。クラブ公式サイトが伝えている。

プレミアリーグにおいて降格圏から2ポイント差の16位となっているエバートンは、15日に行われた第37節でブレントフォードと対戦。勝利を挙げれば残留が大きく近づく一戦となった。

試合は10分にFWドミニク・キャルバート=ルーウィンのゴールで幸先よく先制するも、18分にDFジャラッド・ブランスウェイトが退場となると、37分にはオウンゴールによって失点。しかし、前半アディショナルタイムにはFWリシャルリソンが獲得したPKを自ら決めて、2-1で試合を折り返した。

10人で勝ち越したエバートンだったが、後半に入ると62分、64分と立て続けに失点。一気に逆転を許すと、終盤には危険なタックルを見舞ったFWサロモン・ロンドンがレッドカードを提示され、9人となったチームは2-3のままタイムアップを迎えた。

退場者を2名出した中で、残留を懸けた重要な一戦に敗れたエバートン。ランパード監督は次節に向けた切り替えを促しつつも、自チームにとって不利なジャッジがあったことを強く主張した。

「選手たちがこの試合の後、すぐに反応を見せることは難しい。明日は休みを取って、立ち直る時間がある。それはこの試合が非常に重要なものであり、木曜日もまた大きな努力が必要だからだ」

「みんな今日の試合のことは理解している。11対11では1-0で勝っていたのに、そこから2-3で負けたのだから。戦術的にも個人的にも、なぜうまくいかなかったのか、その理由を問うことができるだろう」

「そのことを理解した上で、しっかりと休み、また同じ想いを持って11人で次の試合に臨む必要がある」

「審判とVARは最も難しい仕事の一つだが、我々は今シーズン、実際にいつも判定の不利を受ける側だった」

「退場する前のプレーでは、リシャルリソンはシャツを引っぱられており、PKが与えられれば、2-0でリードすることができた。我々は11人のままでだ。そのような状況になったら、試合がどうなっていたかは誰もがわかることだろう」

関連ニュース
thumb

トッテナムが移籍容認のウィンクス、エバートンが関心か

エバートンがトッテナムのイングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 5歳の頃からトッテナムの下部組織に所属していたウィンクスは2014年にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦203試合に出場して5ゴール6アシストの成績を記録。しかし、今季は11月に就任したアントニオ・コンテ監督の下で出場機会が減少しており、プレミアリーグでの先発は2月に行われた第27節のリーズ・ユナイテッド戦が最後だった。 選手本人は今年11月に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)出場を諦めておらず、出場機会確保のためにも今夏の移籍を検討している。トッテナムもまた、コンテ監督の下でのチーム刷新を進めており、2500万ポンド(約40億円)程度の移籍金で移籍を容認する構えのようだ。 ウィンクスに対してはサウサンプトンやニューカッスル、セビージャが獲得に興味を示しているが、現在具体的な交渉に発展しそうなのがエバートンだという。フランク・ランパード監督は同胞でもあるウィンクスを高く評価しており、クラブに対してゴーサインを出したようだ。 エバートンは今シーズン終盤まで残留争いに巻き込まれるなど失意のシーズンを送っていたこともあり、新シーズンに向けて戦力の増強を模索している。 2022.06.23 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

近くククレジャ獲得の動きが本格化のシティ、ジンチェンコを売却可に

マンチェスター・シティはウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(25)を放出する用意があるようだ。 本来は攻撃的な中盤だが、シティではジョゼップ・グアルディオラ監督から左サイドバックとして重宝されるジンチェンコ。そのユーティリティ性と技術の高さが買われ、今季も公式戦28試合に出場したが、今夏の去就がにわかに騒がれ出している。 アーセナルの関心が囁かれたりと他クラブからも一定の人気を博すなか、シティも新たな左サイドバックとして、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)を獲得しようとする動きが本格化の様相を呈し始めている。 そして、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、シティはターゲットのククレジャ獲得に向けて近く正式なオファーを出す見通しのなか、ジンチェンコの放出も視野に。この決断は今年5月の段階で下されたものだという。 なお、ジンチェンコを巡ってはエバートンからメインターゲットの1人と目されるほか、他クラブからも視線が注がれているといわれる。 2022.06.19 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン退団DFケニー、ヘルタに加入

ヘルタ・ベルリンは14日、エバートンを退団したイングランド人DFジョンジョ・ケニー(25)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。 エバートンの下部組織出身である右サイドバックのケニーは、これまでウィガンやオックスフォード・ユナイテッド、シャルケにレンタルで移籍。2021-22シーズンはセルティックにレンタル移籍し、スコティッシュ・プレミアリーグ15試合(うち先発は11試合)に出場していた。 エバートンでは出場機会に恵まれなかったケニーだが、2019-20シーズンに在籍したシャルケではブンデスリーガ31試合に出場して2ゴール3アシストと主力として活躍。好相性のドイツの地で飛躍を期すことになった。 2022.06.15 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、リシャルリソン獲得へ交渉順調?

トッテナムがエバートンのブラジル代表FWリシャルリソン(25)の獲得に向けて交渉を進めているようだ。ブラジル『UOL』が報じている。 今夏の移籍市場でオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインの退団が決定的なトッテナムは、前線の補強に動いている。 そういった中、以前から獲得候補に浮上していたブラジル代表FW獲得に向けた交渉を進めているようだ。 現在、トッテナムとエバートンの間ではイングランド代表MFハリー・ウィンクスの交渉が進められていると報じられていたが、それに並行してリシャルリソンの交渉も非常に順調に進んでいるという。 移籍金に関しては6000万ユーロ(約84億8000万円)程度が見込まれている一方、トッテナムは選手サイドともすでに交渉を進めているようだ。 2018年のエバートン加入以降、在籍4シーズン中3シーズンでリーグ戦2桁ゴールを達成しているリシャルリソン。左右のウイングに加え、イングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーも務められ、カウンターを主軸とするアントニオ・コンテ監督のスタイルにも嵌りそうだ。 2022.06.11 23:07 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、シグルドソン、デルフ、トスンの3選手が退団

エバートンは10日、契約満了により3選手が退団することを発表した。退団するのはアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(32)、トルコ代表FWジェンク・トスン(31)、元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)の3選手。 シグルドソンは2017年夏にスウォンジーから加入。エバートンでは公式戦156試合に出場して31ゴール25アシストを記録。昨季までは主力として活躍していたものの、未成年への性的虐待の容疑で今季は公式戦出場がなかった。 トスンは2018年冬にベシクタシュから加入。エバートンでは公式戦61試合に出場して11ゴール6アシストを記録するにとどまり、今季は公式戦3試合の出場にとどまった。 そしてデルフは2018年夏にマンチェスター・シティから加入。エバートンでは公式戦41試合に出場。今季はプレミアリーグ11試合に出場していた。 2022.06.11 00:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly