PKなしでの得点王まで「1」に迫ったソン・フンミン、途中交代に不満隠さず“問題なし”を強調「怒っているわけじゃない」

2022.05.13 19:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがアーセナル戦での途中交代に理解を示した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

12日、プレミアリーグ第22節延期分のトッテナムvsアーセナルがトッテナム・ホットスパースタジアムで行われた。

来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う両チームの試合は、21分にソン・フンミンがボックス内でファウルを受け、PKを獲得。これをハリー・ケインがゴールを決め、トッテナムが先制する。

さらに33分には、ソン・フンミンの対応に手を焼いていたアーセナルのDFロブ・ホールディングが退場となり、トッテナムは数的優位を得る。

すると37分にはソン・フンミンの右CKからトッテナムが追加点を奪うと、後半開始早々の47分にはソン・フンミン自らゴール。トッテナムが3-0の快勝を収めた。

3戦連発となるゴールなどこの日も絶好調だったソン・フンミンだが、75分には途中交代。ピッチを去る際には、アントニオ・コンテ監督に対しても不満げな表情を隠さなかった。

この日のゴールで得点ランキングトップに立つFWモハメド・サラー(リバプール)と1差の21ゴール目をマークしたソン・フンミン。しかも、その21ゴールをPKではなくすべて流れの中から決めている状況だ。それだけに途中交代への不満も理解できるところだが、試合後には2人で笑顔でハグ。また、インタビューでは指揮官の判断に理解を示した。

「もちろん常にプレーしたいとは思っているけど、監督が決めたことだから仕方がない。監督が決めたことだからそれを受け入れるしかない」

「日曜日に大事な試合があると言っていたから、大したことじゃないよ。怒っているわけじゃなく、交代だからガッカリしているだけだ」

今シーズンも残すところあと2試合。ソン・フンミンがアジア人初のプレミアリーグ得点王に輝くことはあるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

アルデルヴァイレルトがロイヤル・アントワープ移籍を匂わせる「Relaxing And Feeling Content」

カタールのアル・ドゥハイルに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(33)が、母国復帰を匂わせている。 これまでアヤックスやアトレティコ・マドリー、トッテナムなどでプレーしてきたアルデルヴァイレルト。2015年夏に加入したトッテナムでは、在籍6年間で公式戦通算235試合に出場し、タイトルには恵まれなかったものの、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝進出など、多大な貢献をもたらした。 昨夏からは心機一転してカタールに活躍の場を移し、AFCチャンピオンズリーグを含む公式戦27試合に出場。カタールリーグはヨーロッパと同じ秋春制をとっているため、現在は休暇中のアルデルヴァイレルトだが、インスタグラムの楽しそうな家族写真の投稿が今夏の移籍をほのめかしていると話題となっている。 ベルギー代表DFは妻のシャニーさんと3歳の娘のアイラちゃんとの3ショットと共に「Relaxing And Feeling Content」と投稿。一見すると「リラックスできて充実しているよ」と、バカンスの様子を紹介しているだけに思えるが、その4単語の頭文字を組み合わせると“RAFC”で、移籍が噂されているロイヤル・アントワープFCの略称になるのだ。 勘の鋭いフォロワーは移籍を確信した様子で盛り上がっており、それに関する返信が多く寄せられている。仮に移籍することになれば、33歳にとってキャリア初の母国でのプレーとなる。 2022.07.07 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

天野純や邦本宜裕の日本人は入った? トッテナムと対戦する「チームKリーグ」が発表!

Kリーグは7日、トッテナムとのフレンドリーマッチを戦う「チームKリーグ」のメンバーを発表した。 韓国のヒーローでもあるFWソン・フンミンを擁するトッテナムと12日にフレンドリーマッチを行うKリーグのチームは、各クラブから2選手を招集。総勢24名が選抜された。 KリーグにはMF天野純(蔚山現代)やMF邦本宜裕(全北現代モータース)、そして先日移籍したMF齋藤学(水原三星ブルーウィングス)が今季はプレーしている。 1クラブ2人という制限の中、蔚山からはGKチョ・ヒョヌ、MFオム・ウォンサンが選ばれ、今季のKリーグ1で18試合6ゴール1アシストの天野は選ばれなかった。 また、全北現代からはDFキム・ジンス、ホン・ジョンホの2名が選ばれ、今季14試合で4ゴール1アシストの邦本も選外となった。 なお、水原三星からはオランダ人DFダヴィ・ブルトハイスとDFイ・キジェが選ばれている。 韓国人選手以外では、ブルトハイスに加え、FCソウルのセルビア代表MFアレクサンダル・パロチェビッチ、済州ユナイテッドのブラジル人MFジェルソ・フェルナンデス、大邱FCのブラジル人FWセシーニャ、水原FCの元南アフリカ代表FWラルス・フェルトヴァイクが選ばれている。 また、監督は全北現代のキム・サンシク監督が務める。 ◆チームKリーグ GK キム・ヨングァン(城南FC) チョ・ヒョヌ(蔚山現代) DF キム・ジンス(全北現代モータース) ホン・ジョンホ(全北現代モータース) イ・キジェ(水原三星ブルーウィングス) ダヴィ・ブルトハイス(水原三星ブルーウィングス) チョン・テウク(大邱FC) キム・ドンミン(仁川ユナイテッド) キム・ジス(城南FC) パク・サンウク(浦項スティーラース) MF キム・デウォン(江原FC) ヤン・ヒョンジュン(江原FC) アレクサンダル・パロチェビッチ(FCソウル) チョ・ヨンウク(FCソウル) シン・ジホ(浦項スティーラース) イ・スンウ(水原FC) オム・ウォンサン(蔚山現代) クォン・チャンフン(金泉尚武) イ・ミュンジュ(仁川ユナイテッド) ジェルソ・フェルナンデス(済州ユナイテッド) FW セシーニャ(大邱FC) ラルス・フェルトヴァイク(水原FC) ジュ・ミンギュ(済州ユナイテッド) チョ・ギュソン(金泉尚武) 2022.07.07 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンへの思いがあだに? 最終節の秘話をトッテナムチームメイトが明かす

トッテナムのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキが、プレミアリーグ最終節での裏側を語った。 昨季のリーグ最終節で2得点を奪い、計23ゴールを挙げてアジア人初の得点王に輝いたソン・フンミン。ノリッジ・シティとのアウェイ戦では、スパーズもチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けた4位争いの渦中にあったが、5-0で勝利を収めた。 チーム一丸となって"ソニーの得点王"を後押しする中で、先制点と3点目を挙げていたクルゼフスキが当時を回想。ポッドキャスト『DÅ ÄR VI IGÅNG』に登場し、自身2点目の前にも訪れていた決定機について語った。 「得点の2分前に奇妙な瞬間があった。GKは飛び出していて僕はフリー。ほとんど終わっているような状況だった」 「(いきさつは)GKと一対一となって、相手がタックルを仕掛けてきた。その時、考えたんだ。"倒れるべきか?あいつを退場にできるんじゃないか?"って」 「けど結論はノー。ゴールの方がいいに決まっている。キーパーが出てきて、ちょっと躊躇したのがわかったから、かわして、空っぽのゴールを目にはいった」 「ただ、また奇妙なことが頭をよぎった。ソンが見えたんだよ、チームメイトの。得点王のためにボールを呼んでいるように思えて、それで試合前に"ソンにパスを出す必要がある"ってことを思い出した。だってそうだろう?ゴールデンブーツが懸かっているんだから」 「ソンのためにと思ってパスをしたつもりだったんだ。けど、地面に引っ掛かってミスタッチになって、ボールはゴールに向かってゆっくりと転がっていって…クリアされた。立ち止まってしまったよ、"おぉ…デヤン…お前は何をしてるんだ"って」 チームメイトのためにという想いが皮肉なことに迷いを生み、決定機を逸することになったようだ。だが、気持ちを切り替えたスウェーデン代表MFは、その後の決定機を見事に仕留め、ソン・フンミンも遅ればせながら2ゴールを奪取。二兎を得ることができ、万事丸く収まった。 <span class="paragraph-title">【動画】ソン・フンミンへのプレゼントパスのつもりが…ミスキックとなったクルゼフスキ(3:12~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/eAvvUVUjB70" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.07.07 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムでは構想外予想も…エンドンベレは前向きな姿勢崩さず 「ここで幸せになることもできる」

トッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(25)がチームでのポジション確保に意欲を示した。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 エンドンベレは2019年夏にトッテナム史上最高額となる6000万ユーロ(約77億5000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)でリヨンから加入しながら、度重なる負傷や緩慢なプレーもあり真価を発揮できず。昨シーズンはアントニオ・コンテ監督から構想外の扱いを受けたこともあり、今年1月に古巣リヨンへレンタル移籍の形で復帰した。しかし、リヨンでも本来のパフォーマンスを取り戻せず、リーグ・アンで11試合の出場にとどまると、買い取りオプションは行使されないままトッテナムに帰還している。 トッテナムは今年1月にMFロドリゴ・ベンタンクールが、今夏にMFイヴ・ビスマが加入していることから、チームでの構想外の状況は変わらないとも報じられるエンドンベレだが、フランス『Media Carre』に対して前向きな姿勢を強調。プレシーズンでの過ごし方次第では、トッテナムで幸せをつかむことも可能だと語った。 「僕はトッテナムで幸せになることもできると思っている。どのクラブにいるかは関係なく、誰しもが幸せにも不幸せにもなれるんだ。プレシーズンの間に、どうなるか見てみたいね。今はそれ以上、自分にプレッシャーをかけるつもりはない」 「僕が望んでいるのは、幸せであることだ。そして、自分の仕事に喜びを感じ、プレーすること、勝つこと、それだけさ」 また、エンドンベレはリヨンに復帰してからの約4カ月間についても言及。冬に移籍してからの短い期間では適応するのが難しかったとしつつ、決断に後悔はないと断言した。 「(リヨンでのパフォーマンスは)複雑なものだったんだ。4カ月はとてもとても早く過ぎてしまうからね。ただ、たとえそこで苦戦したとしても、僕に後悔はないよ」 「消化するのがもっとも難しかったのは、(ヨーロッパリーグ準々決勝で)ウェストハムに敗れたときだ。とはいえ、それはフットボーラーとしての人生の一部さ。物事がうまくいかないとき、どのように立ち直るかを知る必要があるんだ」 2022.07.06 13:07 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ新加入のリシャルリソン、昨季チェルシー戦の行為で出場停止と罰金処分に

トッテナムは4日、ブラジル代表FWリシャルリソンに関する声明を発表した。 今月1日にエバートンから移籍したリシャルリソン。移籍金は5000万ポンド+アドオン1000万ポンドの総額6000万ポンド(約98億2000万円)と報じられ、今夏の移籍市場を代表するビッグディールの一つとなった。 移籍金に見合った活躍に期待したいところだが、元々の素行の危うさが早くも新クラブに迷惑をかけることになったようだ。トッテナムによると、イングランドサッカー協会(FA)の独立規制委員会はリシャルリソンに対し、リーグ戦1試合の出場停止と25000ポンドの罰金を課した。 問題視されたのは5月1日にグディソンパークで行われたチェルシー戦でのある行為。この試合は他でもないリシャルリソンのゴールで勝利し、降格崖っぷちだったチームが上位のチーム相手に残留に望みを繋ぐ金星を挙げたことで注目を浴びた。 サポーターの興奮はもっともだが、リシャルリソンは興奮のあまり、ピッチに投げ込まれた発煙筒をスタンドに投げ返すという暴挙に出てしまった。投げ返した所はファンのいない場所だったようだが、試合後にFAが警察協力のもと調査を開始していた。 そして、この度上述の制裁が科され、トッテナムは「トッテナム・ホットスパーFCのフォワードがエバートンでプレーしていた際、チェルシー戦の46分の行為が不適切だったことを認め、その後のヒアリングで制裁が課されました」と声明を発表するに至った。 なお、トッテナムの来季のプレミアリーグ開幕戦の相手はサウサンプトン。リシャルリソンの出場停止はこの試合が対象となる。 2022.07.05 21:59 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly