アヤックス新指揮官はテン・ハグ監督元右腕のスロイデル氏! 現在クラブ・ブルージュでタイトル獲得へまい進中

2022.05.12 23:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスは12日、来シーズンからの新指揮官としてアルフレッド・スロイデル氏(49)の招へいを発表した。

スロイデル氏が現在指揮を執るクラブ・ブルージュとの交渉が合意に至り、同氏は来シーズンから2024年6月30日までの2年契約にサイン。また、この契約には3年目の延長オプションも付随している。

前日に2年連続通算36度目のエールディビジ優勝を決めたアヤックスでは、来シーズンからマンチェスター・ユナイテッドを指揮するエリク・テン・ハグ監督の今季限りでの退任がすでに決定。
そして、既報通り、テン・ハグ監督の後釜に座ったのは、2018年1月から2019年まで、アヤックスで同監督の副官を務めていたスロイデル氏。

49歳の指揮官は、選手時代はフェイエノールトをはじめ、RKCヴァールヴァイクやNACブレダなど、母国オランダでキャリアを全う。2009年にフィテッセでの引退後、そのまま同クラブのアシスタントコーチに就いた。

その後はアシスタントから監督に昇格した古巣のトゥベンテを経て、ホッフェンハイムやアヤックスで現バイエルン指揮官のユリアン・ナーゲルスマン監督やテン・ハグ監督のアシスタントを務めた。また、2019-20シーズンはナーゲルスマン監督の後任としてホッフェンハイムのトップチームを率いた経歴も持つ。

ここ数年では、2020-21シーズンにロナルド・クーマン監督の右腕としてバルセロナに加入。そして今年1月には、フィリップ・クレメント監督がモナコに引き抜かれたクラブ・ブルージュの監督に就任した。

監督を務めるのはトゥベンテ、ホッフェンハイムに続いて3クラブ目だったが、就任後のリーグ戦ではわずか1敗で、現在は上位4チームで行われる決勝プレーオフで3勝1分けで首位に立つ。

なお、アヤックスの新指揮官就任が決定したスロイデル氏は、古巣での新たな挑戦に意気込む一方、それまではクラブ・ブルージュでのタイトル獲得に全力を注ぎたいと語っている。

「アヤックスの監督になることは名誉であり、両手で掴む絶好のチャンスだ。また、アヤックスでの1年半の仕事を楽しんだので、ここに戻ることも楽しみだ」

「魅力的なフットボールをするチームで、ここアムステルダムでタイトルを獲得したい。経験豊富なトッププレーヤーと非常に優れた若手タレントのバランスが取れている」

「しかし、まずはクラブ・ブルージュでシーズンを無事に終えたいと思うし、できるだけ良い形でサヨウナラを言いたい。タイトル、それは私にとって非常に重要であり、それを達成するために最善を尽くしたい」

関連ニュース
thumb

元アーセナルのヤヤ・サノゴ、アルメニアが新天地に! 約1年半の無所属生活

アルメニアのFCウラルトゥは27日、フランス人FWヤヤ・サノゴ(30)の獲得を発表した。背番号「99」をつける。 かつてアーセナルで将来を嘱望されながら、大成せずのサノゴ。クリスタル・パレス、アヤックス、チャールトンでのローン移籍も振るわず、2017年夏からアーセナルを完全に離れ、トゥールーズに新天地を求めた。 そのトゥールーズで3年間を過ごした後、半年間の無所属を経験して、2021年2月からハダースフィールドに。だが、ハダースフィールドも半年足らずで去ってからは今日に至るまでどこにも所属せずの状況だった。 194cmのサイズを誇るストライカーとして若くに注目されながら、伸び悩み、今月27日に30歳となったサノゴ。アルメニアの地で活躍できるだろうか。 2023.01.28 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックス、新指揮官にU-21チームのヘイティンガ氏を招へいか

アヤックスが新監督にヨン・ヘイティンガ氏(39)を招へいするようだ。 アヤックスは27日にアルフレッド・スロイデル監督(50)を解任を発表。同氏は昨年5月にマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたエリク・テン・ハグ監督の後任としてアヤックスの指揮官に就任。 初挑戦のエールディビジでは開幕から6連勝と絶好のスタートを切ることに成功した。ところが、第7節でAZに敗れると一気に調子を落とし、リーグ戦ここ6試合は全てドロー。26日に行われた格下のフォレンダム戦も引き分けたことで解任の運びとなった。 オランダ『De Telegraaf』によれば、アヤックスは後任候補としてアヤックスのU-19チームを率いているヘイティンガ氏を昇格させる見込みのようだ。 12歳でアヤックスの下部組織に入団した同氏は、2001年にトップチームデビューを飾ると、エールディビジを2度、KNVBカップを3度、ヨハン・クライフ・シャーレで4度のタイトルを獲得。 現役引退後は、アヤックスユースのコーチやU-19チームの監督を歴任。2021年夏からU-21チームの監督に就任すると、これまで58試合を指揮し22勝17分け19敗の戦績を残していた。 2023.01.28 00:02 Sat
twitterfacebook
thumb

不調アヤックス、リーグ戦6試合連続ドローのスロイデル監督を解任

アヤックスは26日、アルフレッド・スロイデル監督(50)を解任したことを発表した。 スロイデル監督は、マンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたエリク・テン・ハグ監督の後任として昨年5月に就任。2018年1月から2019年までアヤックスでテン・ハグ監督の副官を務め、直近ではクラブ・ブルージュでフィリップ・クレメント監督のアシスタントコーチを務めていたが、昨年1月に同監督がモナコに引き抜かれた後に正指揮官を任された。 クラブ・ブルージュでは就任からリーグ戦1敗という成績でリーグ優勝を成し遂げる手腕を発揮。アヤックスでも同様の活躍が期待された中、初挑戦のエールディビジでは開幕から6連勝と絶好のスタートを切ることに成功した。 ところが、第7節でAZに敗れると一気に調子を落とし、リーグ戦ここ6試合は全てドロー。26日に行われた格下のフォレンダム戦も引き分けに終わったことで、この度解任の運びとなった。 CEOのエドウィン・ファン・デル・サール氏によれば、やはり開幕スタートダッシュとの成績のギャップが大きかったことが解任の理由となった模様。カタール・ワールドカップによる中断期間もありながら流れを変えることができなかったと、同氏は説明している。 2023.01.27 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのテン・ハグ監督 クライフ氏と堂々議論する13歳当時の姿が話題に「すごすぎる」「生粋の指揮官だ」

マンチェスター・ユナイテッドのオランダ人指揮官エリク・テン・ハグ監督の幼少期が話題だ。 2017年から指揮したアヤックスで、攻撃的なスタイルを武器にエールディビジとKNVBカップを2度ずつ制した上、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグでもベスト4に導いたテン・ハグ監督。今シーズンから赤い悪魔を指揮している。 現役時代にはトゥベンテやユトレヒトなど国内でプレーしていたテン・ハグ監督だが、イギリス『サン』によると、トゥベンテのアカデミーでプレーしていた13歳の頃に、オランダのレジェンドであるヨハン・クライフ氏のテレビ番組に出演していたという。 そこで、当時のテン・ハグ少年は、「コーチたちに怒鳴られることが多いんじゃないか」というクライフ氏の問いに、「ユースの選手に怒鳴りすぎないように気をつけたほうがいいと思います。選手を壊してしまう可能性がある」と堂々と答えていた。 さらに、テン・ハグ少年は「あなたのようなテクニックを育てるための最良の方法は何ですか?」と質問。クライフ氏は「テクニックを育てるのは非常に簡単だ。練習、練習、練習だ。それが何よりもやらなければならない唯一のことだよ」と返していた。 当時の映像がSNS上で出回ると、多くのファンが反応。「信じられない」、「生粋の指揮官だ」、「すごすぎる」と反響が集まっている。 今や世界有数のビッグクラブを率いる指揮官となったテン・ハグ監督。当時から指揮官としての素養があったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】まだ幼さが残る13歳のテン・ハグ少年がクライフ氏と堂々議論</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Cruyff qui parle foot avec un ado de 13 ans nommé... Erik Ten Hag <a href="https://t.co/UUASJq8qQO">pic.twitter.com/UUASJq8qQO</a></p>&mdash; Wiloo (@WilooFootball) <a href="https://twitter.com/WilooFootball/status/1615403126898425864?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.18 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表FWオカンポスがセビージャ復帰、レンタル先のアヤックスでは114分しかプレーできず

セビージャは17日、アヤックスへとレンタル移籍していたアルゼンチン代表FWルーカス・オカンポス(28)の復帰を発表した。 リーベル・プレートやモナコ、マルセイユ、ジェノア、ミランでプレーしてきたオカンポスは、2019年7月にマルセイユからの完全移籍でセビージャに加入した。 セビージャでは公式戦135試合に出場し34ゴール15アシストを記録。左右のウイングでプレーでき、今シーズンもラ・リーガの開幕3試合に出場していた。 しかし、2022年8月にアヤックスへとレンタル移籍。アヤックスでも加入後のエールディビジ4試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)でも2試合に途中出場したが、6試合で114分間しかプレーできず。セビージャに復帰することが決定した。 2023.01.18 12:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly