国籍偽装疑いのエクアドルは最悪W杯出場権剥奪へ、FIFAが懲戒手続きをスタートと声明

2022.05.12 12:37 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は11日、不正が疑われているエクアドル代表選手についての調査を行うことを発表した。

この件は、チリサッカー連盟(FFC)が声を上げたことに発するもの。エクアドル代表のDFバイロン・カスティージョ(23)が、エクアドル代表選手の資格がないと訴えたものだ。

カスティージョは主軸選手としてカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の8試合に出場。チームのW杯出場に大きく貢献していた。

しかし、カスティージョは虚偽の出生証明書、虚偽の年齢を使っているとFFCが指摘。国籍を偽っているという異議申し立てをし、エクアドルのW杯出場権剥奪を求めていた。

FIFAは、この件に対して初めて反応。チリの訴えに関して、「FIFAはこの件に関連する懲戒手続きを開始するという決定を下した。エクアドルサッカー連盟、ペルーサッカー連盟には、自らの立場をFIFA懲戒委員会に提出することを求めている」と声明を発表した。

チリは、カスティージョがコロンビア出身であるという証拠を掴んでおり、無資格のまま予選を戦っていたのであれば、エクアドル代表のW杯出場権は剥奪される可能性がある。

なお、カスティージョが出場した全8試合の勝ち点を対戦相手に全て振り分けた場合、5位のペルー、6位のコロンビア、7位のチリの順位でチリが4位になり、出場権を獲得できる可能性が生まれる。

FIFAが正式に調査を行うことになるが、果たしてどのような結論が出るのだろうか。注目が集まる。

関連ニュース
thumb

PSG会長、汚職容疑が晴れて無罪に…一方でFIFA元会長の右腕は禁錮刑と罰金処分

汚職が疑われていたパリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長だが、無罪となったようだ。フランス『レキップ』が報じた。 事の発端は2018〜2030年にかけたワールドカップ(W杯)とコンフェデレーションズカップの各大会放映権を巡る不正が疑われたことだった。PSGの会長であり、『beIN Mediaグループ』の社長であるアル・ケライフィ氏に加え、元国際サッカー連盟(FIFA)事務総長のジェローム・バルク氏が起訴されていた。 そんな中24日、スイスの控訴裁判所は判決を言い渡し、アル・ケライフィ会長は無罪に。一方で、バルク氏も無罪となったものの、別の事件で賄賂を受け取り、文書を偽造していた罪で有罪となった。11カ月の禁錮刑と2万スイスフラン(約285万円)の罰金が科されるようだ。 両者は、前述の放映権を巡って不正な取り決めをしたとして告発をされていたものの完全否定。「完全に間違っている。虚偽の報告だ」と主張していた。 捜査を進めていく中、バルク氏がアル・ケライフィ会長から「過度の利益」を得ていた証拠を掴んだものの、FIFAに財政的に悪影響を及ぼさないと判断され、無罪となったとのことだ。 ただ、バルク氏はイタリアとギリシャのメディアから、度重なる賄賂を受け取っていたとされ、こちらは有罪に。執行猶予付きの11カ月の禁錮刑と罰金処分となった。 2022.06.25 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

26年W杯の開催都市決定 アメリカ、メキシコ、カナダの3カ国共催大会

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2026年に行われるワールドカップ(W杯)の開催都市とスタジアム会場を発表した。 初の中東開催となる今年11月のカタール大会に続き、2026年大会もアメリカとメキシコ、カナダを舞台に史上初の3カ国共催となるW杯。2026年大会からは出場国数も従来の32カ国から48カ国に拡大とあって、より大規模となる。 カナダに至っては初のW杯招致となるなか、全16都市の開催地が決定。アメリカの11都市で60試合、メキシコの3都市とカナダの2都市でそれぞれ10試合ずつの計80試合が行われる見通しだ。 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は「W杯開催16都市の卓越したコミットメントと情熱に祝意を表したい。今日は歴史的な日だ」と述べている。 ◆開催都市一覧 ・アメリカ アトランタ ボストン ダラス ヒューストン カンザスシティ ロサンゼルス マイアミ ニューヨーク/ニュージャージー フィラデルフィア サンフランシスコ シアトル ・メキシコ グアダラハラ メキシコシティ モンテレイ ・カナダ トロント バンクーバー 2022.06.17 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

エクアドル、W杯出場可に…FIFAが無資格選手起用疑惑の調査打ち切り

国際サッカー連盟(FIFA)が10日、無資格選手の起用を巡るエクアドル代表の調査終了を発表した。 エクアドルはカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選で4位に入り、2大会ぶりの本大会出場権を獲得。だが、南米予選8試合に出場したDFバイロン・カスティージョに国籍や生年月日などの偽りが取り沙汰されている。 南米予選7位に終わったチリサッカー協会(FFC)の異議申し立てにより、FIFAも5月に調査を開始。不正が認められれば、チリが繰り上がり出場となるところだったが、エクアドルの潔白という結論に至ったようだ。 訴えが通らなかったFFCは10日以内であれば、異議申し立てが可能だが、FIFAは10日に「エクアドルサッカー連盟(FEF)に対する手続きの終了を決定した。同日に調査結果を全関係者に通知している」と発表している。 FFCのパブロ・ミラド会長は「我々は0-1で負けているが、まだ後半が残っている。確かな証拠があるにもかかわらず、FIFAは驚くべきことに我々を支持しなかった」と不満の声を上げ、上訴に動く可能性を示唆している。 一方で、FEFのフランシスコ・エガス会長は「スポーツの正義が下された。我々はこの決定を喜んでいる。屈辱的で、FFCのメディアキャンペーンに踏みにじられる思いだったからだ」とFIFAの結論に満足感を示した。 2022.06.11 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「人権侵害」を受けたカタールW杯に向けた移民労働者は3万人、560億円の補償を求める

今年11月に開幕を迎えるカタール・ワールドカップ(W杯)。予てから労働問題が大きく取り沙汰されている中、国際サッカー連盟(FIFA)が新たな要求を受けたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 過酷な労働環境の中で、スタジアム建設やインフラ整備などの作業が行われていたとされるカタール。国際連合との協議資格をもつ非政府組織(NGO)の「アムネスティ」は、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長に向けて書面を送り、補償基金の設立を要求したという。 会長に送られた手紙には、「全ての労働者が補償されるまで、トーナメントを本当に祝えない」と書かれていたようだ。 カタールでは、7つのスタジアム建設、新たな空港や地下鉄、道路の建設に最大で3万人の移民労働者が従事したという。 「アムネスティ」は他の人権団体やファングループとともに、死亡した労働者や負傷した労働者だけでなく、仕事を確保するために労働者によって搾取された者、賃金の支払いを余儀なくされた労働者の支援のため、FIFAへ基金設立を訴えたようだ。 今回提案された基金の金額は、4億4000万ドル(約563億円)とのこと。これはW杯の賞金の基金と同額になるという。 「アムネスティ」のイギリス最高経営責任者(CEO)であるサチャ・デシュムク氏は、今回の件を訴えた。 「何千人もの移民労働者が搾取され、多くの人がこのW杯を実現可能にするために悲劇的に亡くなった」 「そのため、FAとガレス・サウスゲイトと選手たちが、この革新的な計画を支持し、長く苦しんでいる労働者の家族に切望されている補償の確保を願っている」 「カタールW杯の建設ブーム中に命を落とした労働者を生き返らせたり、現代の奴隷制に相当する状況に置かれた人々の尊厳を回復することはできないが、FIFAの労働者への基金は重要な動きとなる」 一方で、FIFAもこの提案を評価しているとのこと。大会組織委員会と協力し、労働者に報酬を与える方法を検討しているという。 「例えば、採用日償還制度を通じて、FIFAワールドカップとそれ以外の労働者は、2021年12月時点で合計2260万ドル(約29億円)の支払いを受けている。さらに570万ドル(約7億3000万円)が請負業者によって約束されている」 互いの主張があるものの、労働者に対して賃金を払わないということはない様子。ただ、「人権侵害」という目に見えない被害への補償は難しい問題となりそうだ。 2022.05.19 21:13 Thu
twitterfacebook
thumb

世界中で人気のサッカーゲーム『FIFA』シリーズが終了…『EA』が2023年7月に新ゲーム誕生を発表

世界中で人気を誇るサッカービデオゲームの『FIFA』シリーズだが、新作の開発はもう行われないこととなった。『Electronic Arts(EA)』が発表した。 1994年に1作目である「FIFA インターナショナルサッカー」が発売されてからおよそ30年が経過しようとしている中、新たな一歩を踏み出すこととなる。 『EA』は声明で「2023年7月、新時代が始まる - EA SPORTSが送る過去最高に拡張されたFIFA体験 そののちに」とし、『FIFA』シリーズからの別れを発表。ファンへの感謝の気持ちを発表した。 「すべてのフットボールファンに贈る」 「世界最大のフットボールエンターテインメントプラットフォーム - EA SPORTS™ FIFAを築き上げる手助けをしてくださった、1.5億人以上のファンの皆さんを抱えるこの素晴らしいコミュニティにまずは、ありがとう、と言わせてください」 「インタラクティブフットボールのジャンル定義に30年近く携わり、私たちはいま、新しい時代を迎えようとしています」 国際サッカー連盟(FIFA)の公式ライセンスを持ち、プレミアリーグやラ・リーガ、ブンデスリーガなど多くのパートナーとともに作り上げられてきた『FIFA』シリーズだが、イギリス『BBC』によればFIFAとのライセンスのコストが、パートナーシップを破棄する決定がなされた理由の1つだという。 2023年7月からは、「EA Sports FC」というブランドで新たなゲームを開発していくとのこと。「来年、EA SPORTS FCはEA SPORTSが贈る未来のフットボールとなります。スポーツ界300以上に渡るライセンスパートナーとともに、全世界のフットボールファンに代わって、世界のフットボール体験を更なる高みへと進めてまいります」と、意気込みを声明で述べている。 今年の秋に発売される予定の『FIFA 23』が最後の『FIFA』シリーズになる見込み。一方で、FIFAが今後の『FIFA』シリーズを作っていくことになる。 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は声明で「FIFAの名を冠した唯一の本物、本物のゲームは、ゲームプレーヤーとサッカーファンにとって最高のものになると断言できる」とし、「不変なものはFIFAのなであり、それは永遠に残り、最高であり続けるだろう」と、新作に強い意気込みを述べている。 人気を博したゲームが今後どのように変わっていくのか。そして、FIFAが作るゲームはどうなるのか。注目が集まる。 2022.05.11 22:49 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly