チーム内の新型コロナ感染者多数でJ3の八戸vs相模原、鳥取vs愛媛の2試合が中止に

2022.05.03 10:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは3日、明治安田生命J3リーグの2試合の中止を発表した。

今回中止が決定したのは、4日に行われる明治安田J3第8節のヴァンラーレ八戸vsSC相模原、5日に行われるガイナーレ鳥取vs愛媛FCの2試合となる。

Jリーグの発表によると、八戸vs相模原の一戦は、相模原のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が複数発生。エントリー可能な選手数が規定の人数を下回るため、試合が中止となった。

相模原では、陽性者に加え、隔離措置を取った選手、ケガなどで離脱している選手を除いた場合に13名に満たないこととなった。

また、鳥取vs愛媛の一戦は、鳥取のチーム内で新型コロナウイルスの陽性者が複数名発生。管轄の保健所から選手やスタッフの複数名が濃厚接触者の指定を受け、エントリー人数を満たせなくなったとのことだ。

なお、代替え日はいずれの試合も未定となっている。

関連ニュース
thumb

本田圭佑が「声出し応援」に持論、浦和ファン、Jリーグ、政府に一言

本田圭佑が、Jリーグでの「声出し応援」の問題に関して持論を展開した。 Jリーグは5日、臨時実行委員会を開催。その後のブリーフィングで、声出し応援の違反に対する処分に言及した。 Jリーグでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が始まった2020年からリーグの中断や無観客試合、入場制限など、さまざまな感染対策をしながら運営している。 現在は、入場制限に関しては規制がなくなっている一方で、サッカーの醍醐味でもある「声出し応援」は禁止されている状況だ。 ただ、6月から試験的に「声出し応援」を認め、感染拡大に影響があるかどうかなどのチェックを実施。ステップを踏んで、検証していき、最終的には元の観戦スタイルに戻す試みをしている。 そんな中、2日に行われたガンバ大阪vs浦和レッズの試合で、浦和のサポーターがチャントやブーイングなどの声出し行為を行っていた。 以前から浦和のサポーターには違反行為が散見され、他のクラブの多くのサポーターがガイドラインを遵守している中で、非難を浴びる状況に。そして、5日に浦和が初めて声明を発表。謝罪するとともに、処分や対策を発表していた。 これを受けて、Jリーグも最大2000万円の罰金処分の可能性があることを発表。また、繰り返して違反が起きれば、勝ち点剥奪や無観客試合の実施などがあることを示唆している。 そんな中、本田は自身のツイッターを通じてこの件について言及。日本政府がルールを変える必要があるとしながら、浦和への思い、Jリーグへの想いを綴った。 「声出し応援の件でそれぞれの登場人物に対して思うこと。 浦和ファン: 気持ちは分かる。けどバランスが大事よ Jリーグ: 対応が難しいよね。想いは一緒なはずやから 政府: 馬鹿げたルールはすぐに変えて。遅い。システム変えなあかん 批判してる第三者: ルールはルールという考え方に終止符を打って」 また、ルールを守って主張することが必要としながらも、その考え方だけに固執するのは良くないともした。 「ルールを変えたいならルールを守った上で主張すべきという意見が多いけど、僕の考えもそうです。筋が通ってるし。ただしその考え方だけが正しいと言えないようでは問題だなと思ってます。これは今回の件に限らず、日本の問題と言えると思います」 <span class="paragraph-title">【SNS】本田が声出し応援について言及</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ルールを変えたいならルールを守った上で主張すべきという意見が多いけど、僕の考えもそうです。筋が通ってるし。ただしその考え方だけが正しいと言えないようでは問題だなと思ってます。これは今回の件に限らず、日本の問題と言えると思います。</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1544459836909563905?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 14:38 Wed
twitterfacebook
thumb

松本GKゴ・ドンミンが2月に期限付き移籍した慶南FCへ完全移籍

松本山雅FCは5日、韓国人GKゴ・ドンミン(23)がKリーグ2(韓国2部)の慶南FCへ完全移籍することを発表した。 2月に期限付き移籍が発表されていたゴ・ドンミンは、慶南で6試合に出場。今年一杯の期限付き移籍だったが、早期に完全移籍に切り替わった。 ゴ・ドンミンはクラブを通じてコメントしている。 「このたび、慶南FCに完全移籍することになりました。松本山雅FCの選手やスタッフ、ファン・サポーターの皆様に心から感謝いたします」 「5年間、皆さんの温かい応援のおかげで成長することができました。第2の故郷のように皆さんと一緒に過ごせたと思います」 「これからもっと良い選手に成長できるようにがんばります。そして、どこにいても、いつまでも松本山雅FCを応援しています。本当にありがとうございました」 ゴ・ドンミンは、韓国の大倫高校から2017年に松本へと入団。2020シーズンはヴァンラーレ八戸へ期限付き移籍し、明治安田生命J3リーグで19試合に出場。しかし、松本ではこれまで一度も試合に出場したことはなかった。 2022.07.05 17:03 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグの「声出し応援」検証試合、1試合が追加決定

Jリーグは5日、「声出し応援エリア/声出し応援席」の実施試合に関して、1試合が追加決定したことを発表した。 政府の基本的対処方針に基づき6月上旬より運営検証を行っているJリーグ。7月30日から8月14日までの期間で開催する公式試合を対象にした【STEP3】では、スタジアムの収容率50%の人数を上限に、声出し応援エリアを拡大しても感染対策と両立した運営ができるかを確認する。 これまで14試合での実施が発表されていたが、新たに1試合が追加。大分トリニータvs東京ヴェルディでも実施されることとなった。 今後も、申請を受け付けており、決定次第順次公表されるとのことだ。 ◆【STEP3】として実証検証が行われる試合 7月30日(土) 明治安田生命J2リーグ第29節 モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア [NDソフトスタジアム山形] 栃木SC vs 徳島ヴォルティス [カンセキスタジアムとちぎ] 水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ [ケーズデンキスタジアム水戸] 大分トリニータ vs 東京ヴェルディ [昭和電工ドーム大分] 8月3日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ第1戦 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] 8月6日(土) 明治安田生命J1リーグ第24節 アビスパ福岡 vs ガンバ大阪 [ベスト電器スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 レノファ山口FC vs モンテディオ山形 [維新みらいふスタジアム] 8月7日(日) 明治安田生命J1リーグ第24節 FC東京 vs 清水エスパルス [味の素スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック [ソユースタジアム] 8月10日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第2戦 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] 8月13日(土) 明治安田生命J2リーグ第31節 水戸ホーリーホックvs.東京ヴェルディ [ケーズデンキスタジアム水戸] 明治安田生命J3リーグ第20節 ヴァンラーレ八戸 vs いわきFC [プライフーズスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 FC東京 vs セレッソ大阪 [味の素スタジアム] 8月14日(日) 明治安田生命J2リーグ第31節 栃木SC vs アルビレックス新潟 [カンセキスタジアムとちぎ] 徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 [県立カシマサッカースタジアム] ◆【STEP2】として実証検証が行われる6試合 7月6日(水) 19:00K.O. 明治安田生命J1リーグ第20節 鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪 [県立カシマサッカースタジアム] 7月6日(水) 19:00K.O. 明治安田生命J1リーグ第20節 FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌 [味の素スタジアム] 7月6日(水) 19:00K.O. 明治安田生命J1リーグ第20節 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [日産スタジアム] 2022.07.05 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグの審判員1名が新型コロナ感染、2日に試合会場を訪問

日本サッカー協会は5日、Jリーグ担当審判員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 JFAによると、当該者は3日に発熱があったとのこと。検査を受けたところ、陽性判定となったとのことだ。 なお、当該者は2日にJリーグの試合会場を訪問していたため、濃厚接触者の特定なども含め保健所の指示に従って対応するという。 JFAは、「今後も感染拡大防止と安全確保を最優先に、さらなる注意喚起や健康状態の確認に引き続き細やかに取り組むとともに、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」としている。 2022.07.05 13:19 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜のMF柏木陽介が練習中に負傷、左大腿二頭筋肉離れで全治4週間

FC岐阜は5日、MF柏木陽介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、柏木は6月29日の練習中に負傷したとのことだ。 検査の結果、左大腿二頭筋肉離れと診断。全治は約4週間の見込みとのことだ。 昨シーズンから岐阜に加入した柏木は、今シーズンの明治安田生命J3リーグで10試合に出場していた。 岐阜はここまで15試合を戦い、勝ち点24の6位につけている。 2022.07.05 12:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly