三笘薫の退団は既定路線、エースも退団確定で来季CL出場でもサン=ジロワーズがピンチ?

2022.04.27 18:19 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昇格組ながらジュピラー・プロ・リーグで首位に立っているロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ。しかし、来季は厳しい戦いになる可能性が高いようだベルギー『Walfoot』が伝えた。

日本には馴染みのなかったクラブだが、Jリーグでルーキーイヤーから躍動した日本代表MF三笘薫が加入したことで注目を集めると、前述の通りリーグ戦で好調を維持。レギュラーシーズンを首位で終えた。

その三笘もリーグ戦21試合で5ゴール4アシストを記録。ウイングバックという慣れないポジションでの起用もありながら、初のヨーロッパ挑戦で一定のパフォーマンスを見せている。また、冬に加入したDF町田浩樹も出番を得ており、リーグ戦で6試合に出場し1アシスト。プレーオフ1でもプレーしている。

このまま行けば、来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得する可能性が高いが、チームは大幅な戦力ダウンが予想されている。

まず三笘だが、川崎フロンターレから移籍したのはプレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオンだったが、労働許可証の問題でレンタル移籍となった。サン=ジロワーズとはオーナーが同じであり兄弟クラブの関係にあるため、三笘はブライトンに戻る事が濃厚とされている。

また、レギュラーリーグで33試合25ゴール10アシストを記録しているエースのFWデニス・ウンダブ(25)は冬にブライトンへと完全移籍。レンタル移籍でチームに残ったが、当然来季はブライトンに行くことになる。

さらに18歳のポーランド代表MFカツペル・コズウォフスキもブライトンからレンタル中だが、チームを去ることが濃厚のようだ。

ウンダブと三笘はサン=ジロワーズ躍進に貢献した存在であり、チームとしては大きな痛手となる。どのような補強をするのかにも注目だ。


関連ニュース
thumb

町田ユニオン、レンジャーズに逆転敗退でELへ《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグの全10試合が9日に行われた。 ユニオン・サン=ジロワーズはレンジャーズとアウェイで対戦し、0-3で敗れた。この結果、2戦合計スコア2-3で逆転敗退となった。ユニオンのDF町田浩樹はベンチ入りしなかった。 ユニオンは先週、ホームでの1stレグを2-0と快勝。しかしレンジャーズの攻勢を受けたこの試合では、前半終了間際にPKで失点。後半に2点を失って痛恨の逆転敗退。ヨーロッパリーグに回ることになった。 また、国難のディナモ・キーウはシュトゥルム・グラーツとのアウェイ戦を戦い、2-1で勝利。2戦合計スコア3-1とし、プレーオフ進出を決めている。その他の結果は以下の通り。 ◆チャンピオンルート <span style="color:#cc3300"><b>ビクトリア・プルゼニ(チェコ)</b></span> 2-1(AGG:4-2) シェリフ(モルドバ) <span style="color:#cc3300"><b>ディナモ・ザグレブ(クロアチア)</b></span> 4-2(AGG:6-3) ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア) アポロン(キプロス) 2-0(AGG:2-4) <span style="color:#cc3300"><b>マッカビ・ハイファ(イスラエル)</b></span> フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 1-3(AGG:2-4) <span style="color:#cc3300"><b>カラバフ(アゼルバイジャン)</b></span> ジャルギリス(リトアニア) 1-1(AGG:1-6) <span style="color:#cc3300"><b>ボデ/グリムト(ノルウェー)</b></span> ピュニク(アルメニア) 0-2(AGG:0-7) <span style="color:#cc3300"><b>ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)</b></span> ◆リーグルート <span style="color:#cc3300"><b>PSV(オランダ)</b></span> 3-2(AGG:4-3) モナコ(フランス) <span style="color:#cc3300"><b>レンジャーズ(スコットランド)</b></span> 3-0(AGG:3-2) ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) ミッティラン(デンマーク 1-3(AGG:2-7) <span style="color:#cc3300"><b>ベンフィカ(ポルトガル)</b></span> シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 1-2(AGG:1-3) <span style="color:#cc3300"><b>ディナモ・キーウ(ウクライナ)</b></span> 2022.08.10 06:32 Wed
twitterfacebook
thumb

三好康児と坂元達裕が共にアシスト記録! 上田綺世は初ゴールならず【ジュピラー・プロ・リーグ日本人選手】

2022-23シーズンのジュピラー・プロ・リーグの第3節が週末に開催された。 日本人10名がプレーするベルギー1部。日本人対決が実現したのはコルトレイクvsシント=トロイデン、シャルルロワvsオーステンデの2カードとなった。 コルトレイクは渡辺剛が先発フル出場。シント=トロイデンはシュミット・ダニエル、橋岡大樹がフル出場、香川真司、林大地が先発出場し、それぞれ58分、84分に交代した。 試合は昨季から11戦無敗のシント=トロイデンがペースを握るも、なかなかゴールを奪えず。ポゼッションしながらもゴールをこじ開けられない。 対するコルトレイクはカウンターから何度か決定機を作るものの、GKシュミット・ダニエルの好セーブもありこちらも得点を奪えず。ゴールレスドローに終わった。 またシャルルロワの森岡亮太、オーステンデの坂元達裕は共に先発出場。森岡は前半のみの出場、坂元はフル出場した。 試合はアウェイのオーステンデが主導権を握ると、28分にロビー・ダヒースのゴールで先制。その後シャルルロワが追いつくも、66分にニック・ベッツナーが勝ち越しゴール。後半アディショナルタイムには坂元が自陣から前線に蹴り出したロングフィードをテオ・エンディカがダメ押しゴールを決め、1-3で快勝した。 その他、ロイヤル・アントワープの三好康児はOHルーヴェン戦に先発出場し74分までプレー。0-1で迎えた38分にワンツーで抜け出しボックス内右からマイナスのクロス。これをラジャ・ナインゴランが蹴り込み、アシストを記録し4-2の勝利に貢献した。セルクル・ブルージュの上田綺世は後半から出場したもののゴールを奪えず、チームも2-0で敗戦。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹はケガでメンバー外となった。 ★シュミット・ダニエル[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★橋岡大樹[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★香川真司[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆58分までプレー ★林大地[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆84分までプレー ★渡辺剛[コルトレイク] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★上田綺世[セルクル・ブルージュ] ▽8/7 スタンダール・リエージュ 2-0 セルクル・ブルージュ ◆後半開始から出場 ★三好康児[ロイヤル・アントワープ] ▽8/7 ロイヤル・アントワープ 4-2 OHルーヴェン ◆74分までプレー。1アシスト ★坂元達裕[オーステンデ] ▽8/6 シャルルロワ 1-3 オーステンデ ◆フル出場。1アシスト ★町田浩樹[ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ] ▽8/6 メヘレン 3-0 サン=ジロワーズ ◆ベンチ外 ★森岡亮太[シャルルロワ] ▽8/6 シャルルロワ 1-3 オーステンデ ◆ベンチ入りせず <span class="paragraph-title">【動画】三好がワンツーで抜け出し、最後はナインゴランが蹴り込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="M5aMldyKats";var video_start = 6;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.08 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー2年目、町田浩樹が負傷を報告「もっと強くなって戻ってきます」

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹が、負傷を明かした。 今シーズンもベルギーでプレーする町田。しかし、開幕戦からは臀部の負傷で欠場が続くと、2日のチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のレンジャーズ戦ではベンチ入りを果たしていた。 しかし、6日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第3節のメヘレン戦では再びメンバー外に。負傷からの復帰はまだ先になりそうだ。 その町田は自身のインスタグラムを更新。オフショット共に、ケガで離脱していることを報告。CL出場に向けて、チームへエールも送った。 「またケガをしてしまったのは残念です」 「夢に向かって奮闘している時、時には多くの困難に直面することもあります。ただ、最終的には愛と友情の大切さを学びます」 「もっと強くなって戻ってきます」 「火曜日には、グラスゴーで大事な試合があります。頑張れ、ユニオン!」 <span class="paragraph-title">【写真】自然あふれる中での町田浩樹オフショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg9VhThPhdO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg9VhThPhdO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg9VhThPhdO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">町田浩樹(@koki.machida_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.07 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

町田ユニオンが昨季EL準優勝レンジャーズに先勝《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦1stレグが2日に行われた。 ユニオン・サン=ジロワーズが昨季ヨーロッパリーグ準優勝のレンジャーズをホームに迎えた一戦は、2-0でユニオンが快勝した。ユニオンのDF町田浩樹はベンチ入りも出場機会はなかった。 試合はホームチームのユニオンがカウンターを狙う展開で推移すると、27分にテウマのゴールで先制する。 その後も虎視眈々とカウンターを狙ったユニオンは迎えた後半、76分にPKで加点。リードを広げ、そのまま2-0で先勝とした。 また、ベンフィカはミッティランと対戦し、ゴンサロ・ラモスのハットトリックなどで4-1と快勝している。その他、2日に行われた3回戦1stレグの結果は以下の通り。 ▽8/2 ◆チャンピオンルート シェリフ(モルドバ) 1-2 ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア) 1-2 ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ◆リーグルート モナコ(フランス) 1-1 PSV(オランダ) ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) 2-0 レンジャーズ(スコットランド) ベンフィカ(ポルトガル) 4-1 ミッティラン(デンマーク ▽8/3 ◆チャンピオンルート マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs アポロン(キプロス) カラバフ(アゼルバイジャン) vs フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) ボデ/グリムト(ノルウェー) vs ジャルギリス(リトアニア) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) vs ピュニク(アルメニア) ◆リーグルート ディナモ・キーウ(ウクライナ) vs シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 2022.08.03 05:52 Wed
twitterfacebook
thumb

CL予選POの対戦カード決定! 共に勝ち進んだ場合、南野モナコvs町田ユニオン日本人対決に

チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフの抽選会が2日に行われた。 CL予選は各国の国内王者が参戦する「チャンピオンズパス」と、UEFAカントリーランキングで上位に位置する各国リーグの上位チームが参戦する「リーグパス」に分かれている。 FW南野拓実が加入したモナコやDF町田浩樹の在籍するユニオン・サン=ジロワーズは、後述の「リーグパス」に属している。 3回戦は1stレグが今月2日と3日、2ndレグが9日に開催予定となっており、今回のプレーオフはその3回戦を勝ち進んだ場合の対戦カードとなる。 モナコはPSVに勝利した場合、プレーオフでユニオンとレンジャーズの勝者との対戦が決定。南野、町田共に勝ち上がった場合は、本大会行きを懸けた日本人対決が行われることになる。 なお、プレーオフの1stレグは8月16日と17日に、2ndレグは同23日と24日に行われる予定だ。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆リーグパス ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー)orレンジャーズ(スコットランド) vs モナコ(フランス)orPSV(オランダ) ディナモ・キーウ(ウクライナ)orシュトゥルム・グラーツ(オーストリア) vs ベンフィカ(ポルトガル)orミッティラン(デンマーク) ◆チャンピオンパス カラバフ(アゼルバイジャン)orフェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) vs シェリフ(モルドバ)orビクトリア・プルゼニ(チェコ) ボデ/グリムト(ノルウェー)orジャルギリス(リトアニア) vs ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア)orディナモ・ザグレブ(クロアチア) マッカビ・ハイファ(イスラエル)orアポロン(キプロス) vs ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)orピュニク(アルメニア) コペンハーゲン(デンマーク) vs トラブゾンスポル(トルコ) 2022.08.02 21:14 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly