ハーランドはシティ移籍か? スペインのジャーナリストが見解「ベンゼマがいなければマドリー」

2022.04.22 20:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の去就が注目を集めるノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)だが、スペインのジャーナリストであるギジェム・バラゲ氏はマンチェスター・シティに近いと見ているようだ。イギリス『BBC』が報じた。ドルトムントのエースとして今季も活躍し、ブンデスリーガでは20試合で18ゴール8アシストを記録しているハーランド。世界屈指のゴールスコアラーとしてその地位を確立している。

ドルトムントとの契約は2024年夏まで残しているが、リリース条項により今夏は7500万ユーロ(約104億2000万円)で移籍が可能となる。
行き先はレアル・マドリーが濃厚と見られていた中、ここ最近はシティへの移籍が近づいていると報道。そんな中、バラゲ氏もシティに移籍するとの見解を示した。

「彼はマンチェスター・シティにいるだろう。私はそう感じる」

「合意はまだないが、非常に近づいていると思う」

マドリーとシティの他にもバルセロナも獲得に興味を示していた中、バルセロナへの移籍の可能性は非常に薄くなった状況だ。

一方で、マドリーはフランス代表FWカリム・ベンゼマが健在。チャンピオンズリーグ(CL)で2試合連続ハットトリックを記録するなど、今季は公式戦40試合で39ゴール13アシストの活躍を見せている状況だ。

バラゲ氏は、ベンゼマの存在がハーランドをシティ移籍に近づけていると見ているようだ。

「ハーランドは、レアル・マドリーとマンチェスター・シティが何を提示しているのか、他のクラブも含めてしばらくの間知っていた。ただ、残っているのはその2クラブだ」

「ここ数週間で何かが起こった。ベンゼマと呼ばれる存在が、ハーランドの心を『2年か3年でマドリーに行けるんだよ』というものに変えてしまったのかもしれない」

「ちなみに、それはシティが彼に出した提案だった。最も魅力的な財政的な提案があっただけでなく、彼らは『君は若い。2、3年、我々と一緒にいてほしい。我々は君を起用するよ。レアル・マドリーはずっとそこに居てくれる』と言ったんだろう」

「ベンゼマがいなければ、ハーランドはマドリーの選手になるだろう。バルセロナやレアル・マドリーの魅力は、マンチェスター・シティが提示できる金額を超えるものがある」

「しかし、シティは自分たちのカードを出してきた。1つは金銭的なもの、もう1つは『ジョゼップ・グアルディオラがいるし、君がくればもう少しいてくれる』というものだ。それはペップも考えていることのはずだ」

いずれにしてもまだ正式な契約は結ばれていない状況。それでも今夏の移籍は既定路線と見られているだけに、どのクラブへと移籍するのか注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

PSGがシティMFベルナルド・シウバを狙う、元同僚のムバッペやSDがアシストなるか

パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を望んでいるという。フランス『Le10sport』が伝えた。 昨夏も移籍の噂が浮上していたベルナルド・シウバ。バルセロナが積極的に獲得に動き、本人も移籍を希望していた中、結局残留することとなった。 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は選手の希望を叶える方針は変わっておらず、ベルナルド・シウバを手放したくはないとしながらも、適切なオファーが来れば退団を認めることを公言していた。 バルセロナ移籍は叶わなかったが、今夏の移籍も再び移籍の話が再燃することは間違いない。ただ、PSGが狙いを定めているという。 今シーズンもシティでは公式戦31試合に出場し2ゴール5アシストを記録。チームの主軸としてプレーを続けているが、契約は2025年夏まで。退団の意思が変わらないのであれば、シティとしては売り時が近づいているということだ。 PSGのスポーツ・ディレクター(SD)であるルイス・カンポス氏はモナコ時代に知った中であり、フランス代表FWキリアン・ムバッペともチームメイトとしてリーグ・アンのタイトルを獲得。PSG移籍を後押しする可能性もあるとされている。 PSGはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の違反の可能性があり、今冬は積極的に動けなかったが、来シーズンに向けてプランを立てている状況。ライバルとなりそうなバルセロナも同様に財政面に問題を抱えており、両者の争いが夏に起こる可能性が高いと見られている。 2023.02.07 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「驚いている」シティはプレミアリーグからの告発を完全否定、4年間で炙り出した100件超の違反行為の調査を歓迎「期待しています」

財務違反の疑いでプレミアリーグから告発されたマンチェスター・シティが声明を発表した。 突如として出現した驚きの事件。プレミアリーグが6日に生命としてこの件を発表。サッカー界に激震が走っている。 しかし、この発表に対してシティが声明を発表。「驚いている」とし、徹底的な調査を歓迎するとした。 「マンチェスター・シティは、特にプレミアリーグが提供した広範な関与と膨大な量の資料を考慮すると、プレミアリーグの規則違反の疑いがあるとされたことに驚いています」 「当クラブは、クラブの立場を支持する反論の余地がない包括的な証拠を公平に検討するため、独立した委員会がこの問題を再調査することを歓迎します」 「そのため、この問題が完全に解決されることを期待しています」 プレミアリーグによると、シティの規則違反の疑いは2009年から2018年にかけてのもの。プレミアリーグでは、クラブが最大限の誠意を持ってリーグに正確な財務情報を提供するルールがあり、クラブの財務状況、収益構造、関連当事者や運営費などが報告の対象となっている。 プレミアリーグによる指摘は多岐に渡り、監督の報酬について選手の報酬と契約について、また、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反の問題などが挙げられている。 プレミアリーグは2018年12月から調査をスタートし、4年間の調査の結果、100件を超える財務規則違反があるとした。 シティは2020年に欧州サッカー連盟(UEFA)から2012年から2016年の間にFFPに関して重大な違反を犯したと裁定された。ヨーロッパの大会から2年間締め出されるはずだったが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)により、裁定が覆されて問題視されなかった。 これまでも不正行為に対しては否定を続けてきたシティ。しかし、プレミアリーグが4年間をかけて調べ上げた問題は100件を超える状況に。問題が解決するに至るには、かなりの時間が要されることとなりそうだ。 2023.02.06 21:58 Mon
twitterfacebook
thumb

激震…マンチェスター・シティが100以上の財務違反でプレミアリーグから告訴

マンチェスター・シティが多数の財務違反の疑いでプレミアリーグから告発された。『スカイ・スポーツ』など多数のイギリスメディアが報じている。 違反の疑いは2009-10シーズンから2017-18シーズンかけてのもので、9シーズンの間に100件以上もの財務規則違反があったとされている。 告発内容は、収入に関する財務情報、監督や選手の報酬の詳細、UEFAの規則、収益性と持続可能性、プレミアリーグの調査への協力などに関するもの。 シティは財務規則違反を激しく否定しているが、ポルトガルのコンピューターハッカー、ルイ・ピントから発信された『フットボール・リークス』のキャッシュの文書を、ドイツの調査サイト『Der Spiegel』が2018年12月に公開、翌年の3月から調査が開始された。 それによると、シティは湾岸諸国とつながりのあるスポンサーではなく、クラブのアブダビ人オーナーから支払われたお金でスポンサー収入を過大に計上。また、アブダビのあるクラブとの接触によって、当時の指揮官ロベルト・マンチーニの給与を2倍に。さらには若い選手へのアプローチに関する規則を破った疑いが持たれている。 シティに有罪判決が下された場合、勝ち点剥奪や欧州大会からの離脱など、様々な制裁は避けられないだろうが、イギリス『デイリー・メール』は、シティ側も身を守る準備ができていると予想している。 2023.02.06 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

試合直後に電話で祝福! 偉業達成のケインに療養中のコンテ監督から「君を誇りに思う」

偉業を達成したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインに、休養中の指揮官から祝福の電話があったようだ。 5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦で1-0の勝利に導く決勝点を記録したケイン。これでクラブ通算得点数を267ゴールとし、ジミー・グリーブス氏を抜きクラブ歴代最多得点者となった。また、同時にプレミアリーグにおいても200ゴールに到達し、アラン・シアラーとウェイン・ルーニーに続く史上3人目の快挙を達成した。 シティからの金星、エースの2つの偉業達成というサポーターにとっては多幸感極まる一戦に。一方で、アントニオ・コンテ監督は先日発覚した胆嚢炎の摘出手術のため欠席。チームの大勝利をその場で祝えなかった。 だが、試合後にロッカールームに戻ったケインに一本の電話。他でもないコンテ監督からのもので、「君を誇りに思う」と祝福のメッセージが告げられたという。指揮官はまた、術後の容態も安定し、体調に問題がないことを報告。チームとともに勝利を喜んだ。 2023.02.06 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

G・ネビル氏がシティの戦い方を批判「誰もハーランドの動きを見ていない」

元イングランド代表のギャリー・ネビル氏が、トッテナムに敗れたマンチェスター・シティの戦術を批判している。イギリス『サン』がコメントを伝えた。 5日にプレミアリーグ第22節でトッテナムと対戦したシティ。同節で首位のアーセナルがエバートンに敗れたため、勝ち点差を詰める絶好の機会だったが、相手の堅い守備と精度の高いカウンターに悪戦苦闘し、なかなか得点のチャンスも作ることができない。 そんな中、15分にトッテナムのハイプレスに捕まり、ハリー・ケインに先制点を奪われることに。同クラブの最多得点記録を更新するメモリアルゴールとなり、トッテナム・ホットスパー・スタジアムのサポーターは熱狂の渦に包まれた。 シティはというと、ここまで25得点をマークする頼みのアーリング・ハーランドが沈黙。エースのシュートは0本に抑えられ、一度もネットを揺らせないまま1-0の敗戦を喫した。 G・ネビル氏は、ノルウェー代表FWが無得点に終わったのはチームの戦い方が原因だと主張。ハーランドのフリーランがいくつも無駄になっていたとの印象を語っている。 「ハーランドは常に走っている。あとはボールが来るだけなのに、シティの選手たちはそうしようとしない。彼が無視されるランニングの数は信じられないほどだ」 元シティのマイカー・リチャーズ氏もまた、「誰もハーランドの動きを見ていない。何度も何度も走っているのに」と、ネビル氏に同意見。さらに、辛口のジェイミー・キャラガー氏に至っては「選ぶクラブを間違えたかもしれない」と酷評している。 とはいえ、この日はトッテナムの守備が見事だったことも事実。今のところはあまり悲観するほどでもなさそうだが。 2023.02.06 13:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly