セネガル代表に強力援軍! マルセイユMFブバカル・カマラが国籍変更を決断か

2022.04.20 23:54 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユのMFブバカル・カマラ(22)がセネガル代表としてのプレーを決断したようだ。フランス『レキップ』が報じている。

高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。

キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めている。

その逸材MFはこれまで生まれ故郷のフランスの世代別代表でプレーしてきたが、現時点ではレ・ブルーからの招集はない。

そういった中、父親の生まれ故郷であるセネガルのサッカー連盟(FSF)は、以前からカマラの招集に向けて動いており、先日のアフリカ・ネーションズカップ優勝後にはアリウ・シセ監督が直接コンタクトを取り、説得を図っていたという。

マルセイユのチームメイトにFWバンバ・ディエング、MFパプ・グイエと同年代ですでにセネガル代表で活躍している2選手が在籍していることもあり、カマラはフランス代表ではなくセネガル代表でプレーする決意をすでに固めた模様。

現時点で確定ではないが、同選手がセネガル代表の一員としてカタール・ワールドカップに出場する可能性は非常に高いようだ。

現在、セネガル代表ではクリスタル・パレスMFシェイク・クヤテやパリ・サンジェルマンMFイドリサ・グイエ、レスターMFナンパリズ・メンディと30代前後の選手が中盤の主力を担っており、ここにカマラが加わると、良い形で世代交代を進めることができるはずだ。

関連ニュース
thumb

LGBTQ支援ユニフォーム着用拒否疑惑の同胞グイエ支持のクヤテ&サールに批判殺到…火に油を注ぐ結果に

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエによる、LGBTQ支援ユニフォーム着用拒否疑惑の一件に関して、代表のチームメイト2人が更なる批判を招くことになった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 PSGは14日、リーグ・アン第37節でモンペリエとアウェイで対戦。すでにリーグ優勝を決めた状態で迎えた中、0-4で大勝を収めた。 グイエはモンペリエ戦を欠場。マウリシオ・ポチェッティーノ監督はその理由について「イドリサはモンペリエまで向かったが、個人的な理由でメンバーから離れなければならなかった。しかし彼はケガをしていたわけじゃない」と報道陣に明かしていた。 しかし、フランス『RMCスポーツ』によると、グイエの欠場には別の理由があるという。 リーグ・アン第37節では、全チームが5月17日の国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日の活動の一環として、LGBTQ+コミュニティのシンボルである虹色の背番号が施されたユニフォームを着用していた。グイエはこのユニフォームの着用を拒否したために、欠場したということだ。 昨シーズン同様の活動があった際には、グイエは胃腸炎を理由に欠場。当時は疑惑を否定していた。 この件について、現時点でグイエからのコメントはないが、ムスリム(イスラム教徒)である同選手は、イスラム教の教義上で同性愛が禁じられていることもあり、伝統的価値観にのとってLGBTQ支援ユニフォーム着用を拒否した可能性が高いと考えられている。 そういった中、グイエの振る舞いに批判が集まる中、火に油を注ぐ形となったのが、セネガル代表のチームメイトであるクリスタル・パレスMFシェイク・クヤテとワトフォードFWイスマイラ・サールの2選手だ。 クヤテは自身のインスタグラムに渦中のグイエとのツーショット写真を投稿すると共に、「本物の男」、「僕らは心から兄弟をサポートする」と、同僚の行動を支持。 さらに、サールもインスタグラムに同じくグイエとのツーショット写真を投稿すると共に、拳とハートの絵文字と共に「100%」と、同胞への支持を表明した。 現在、イングランドではブラックプールの17歳のイングランド人FWジェイク・ダニエルズがゲイであることをカミングアウトし、同業者や一般人を中心に勇敢な行動に対する支持が集まっている中での両選手の投稿とあって、SNS上ではクヤテとサールへの批判が殺到。 クヤテに対して一部のクリスタル・パレスファンからは、「もう今シーズンはクヤテをプレーさせるべきではない」、「クヤテのポジションをユースのプレーヤーに譲れ」、「クヤテは説明する責任がある」などと同じく批判的な言葉が集まった。 さらに、18日の公式会見の場でクヤテの一連の騒動に関する見解を求められたパトリック・ヴィエラ監督は、クヤテが前述の意図で投稿を行った場合、「そのことについて話し合うことになる」と、語っている。 一方、ワトフォードファンはサールに対して、「17歳の若者がフットボールの世界でゲイであることをカミングアウトするのに十分な勇気を示したのと同じ週に、イスマイラ・サール、君はどれだけ愚かなんだ」、「イスマイラ・サールは、ジェイク・ダニエルズのような人々がフットボール界でカミングアウトする必要がある理由を証明している」など辛辣な言葉を浴びせかけた。 一連の出来事を受け、ワトフォードは「EDI(平等、多様性、包括性)に関するメッセージと教育を推進するため、従業員に対してさらなる教育やサポートを提供する意志が含まれている」と、声明を発表する事態となっていた。 2022.05.19 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFA、W杯予選でサラーにレーザー照射で妨害のセネガルに処分! 2000万円以上の罰金

国際サッカー連盟(FIFA)は、カタール・ワールドカップ(W杯)のアフリカ予選でエジプト代表FWモハメド・サラーにレーザーが向けられた一件でセネガルサッカー連盟(FSF)に18万ドル(約2340万円)の罰金を科したことを発表した。 先月29日に行われたセネガルvsエジプトの2ndレグでは2戦合計スコア1-1のイーブンとなった中、延長戦でも決着がつかず、勝敗はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦の際にはエジプトの一人目のキッカーを務めたサラーの顔に、セネガルサポーターから無数のレーザーポインターが向けられた。 レーザーは試合中に頻繁に選手たちに向けられていたが、サラー一人に向けられたそれは相当な数で、動きが止まっていることもあり、顕著に目立つことになった。 結局、サラーのPKは失敗に終わり、エジプトはPK戦を1-3で敗戦。無念の予選敗退となっていた。 FIFAの規律委員会はセネガルサポーターによるレーザーポインターなどによる幾つもの妨害行為、ファンによるピッチへの侵入、攻撃的な横断幕などを問題視。FSFに対して、前述の罰金と将来的なホームゲームでの無観客開催という処分を科した。 また、FIFAは今回の一件同様に、今年1月以降に起きたW杯予選での同様の問題に関して調査を進めており、各国のサッカー連盟に対して処分を科している。 <span class="paragraph-title">【動画】一体何個あるのか…サラーの顔面に向けられた無数のレーザーポインター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="kh-Yg0p_ZuI";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.02 22:44 Mon
twitterfacebook
thumb

カタール開催に皮肉のオランダ代表指揮官、カタールとの同居にまた皮肉「プレーしているのを見たこともない」

オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。オランダ『Voetbal International』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 オランダは抽選の結果、グループAに入り、開催国のカタール代表の他、セネガル代表、エクアドル代表と同居した。 ファン・ハール監督は、そもそもカタールでW杯が開催されることに対し、国際サッカー連盟(FIFA)に対して痛烈な皮肉を口にしていた中、今回の抽選結果に対してもなんとも大人気ないコメントを残した。 「これが素晴らしい抽選だったかどうかは分からない。私は対戦相手の国についてよく知らない」 「カタールとセネガルにはほとんど行ったことがない。カタールはバイエルン時代に1回、2年前にはセネガルで休暇を過ごしていた。エクアドルには行ったことがない。カタールがプレーしているのを見たこともない」 「それらの国を知らないので、何も言うことができない。幸いなことに、敵を分析しなければいけない非常に優秀なスカウトがいる」 「我々はまだ負けておらず、これまでのところは素晴らしい仕事してくれたと言える」 「ワールドカップの準備に、利用できるネーションズリーグの試合が6試合ある。大会初日にプレーするため、準備する時間がない。しかし、我々が勝ち進んでいけば、トーナメントの終わりには有利に働く」 2022.04.02 22:43 Sat
twitterfacebook
thumb

「本当に集中できない」元審判の家本氏が選手への“レーザー問題”に自身の体験交え言及「試合を打ち切る覚悟だった」

元国際審判員の家本政明氏が、試合中の選手にレーザーポインターが向けられた件について言及した。自身のツイッターで伝えている。 問題が起きたのは、29日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選のセネガルvsエジプトの2ndレグ。2戦合計スコア1-1のイーブンとなった試合は延長戦でも決着がつかず、勝敗はPK戦に委ねられることになった。 だが、このPK戦で問題が発生。エジプトの1人目のキッカーを務めたFWモハメド・サラーに、セネガルサポーターから無数のレーザーが向けられた。 レーザーは試合中に頻繁に選手たちに向けられていたが、サラー1人に向けられたものは相当な数で、動きが止まっていることもあり、顕著に目立つことになった。 結局、サラーのPKは失敗に終わり、エジプトは1-3で敗戦。W杯出場を逃したが、試合後にはエジプトサッカー協会(EFA)が、レーザー照射に加え、試合中に選手が人種差別や脅迫を受けたと主張し、怒りの声明を発表していた。 家本氏は「サラー選手へのレーザーポインタ照射。映像を見て悲しくなりました」とし、「なぜ主審は試合を中断して照射停止を促さなかったのか。選手の安心、安全の確保と試合環境を整える権限を持っているのは主審とマッチコミッショナーです」と主審の対応を疑問視。また、「僕も試合中に照射を受けたことがありますが、本当に試合に集中できません」と自身の体験を交え、レーザー照射の悪質さに言及した。 その上で、「もちろん一番の問題は主審ではなく、レーザーポインタを浴びせ続けた方々だというのは、声を大にするまでもありません。行きすぎた勝利至上主義の弊害です。本当に悲しい出来事です」としている。 その後、ツイッターユーザーからの「試合を中断すべきだったのか」との質問には、「僕が国際審判だった頃、同様の事を何試合か経験しました。その時は試合を中断して選手をベンチ前に引き上げさせて事態を改善するようマッチコミッショナーと運営サイドに働きかけました」と自身の体験を説明。「もし全く改善されないなら、試合を打ち切る覚悟でした。なぜなら、それができるのは主審の決断だけだからです」と主審時代の強い覚悟を口にしている。 PK戦時にはサラーの顔面が緑色に染まるほど膨大な数のレーザーポインターが向けられ、選手の安全にも関わってくるレベルのものであっただけに、今回のセネガルサポーターの行いがどう処分されるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】選手も危険だ…サラーの顔面に向けられた無数のレーザーポインター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="kh-Yg0p_ZuI";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.03.31 12:31 Thu
twitterfacebook
thumb

2大会連続でW杯出場のセネガル、アリウ・シセ監督も喜び爆発「神に感謝を捧げる」

カタール・ワールドカップ(W杯)出場を決めたセネガル代表のアリウ・シセ監督が喜びを爆発させた。 29日にアフリカ最終予選のエジプト代表戦に臨んだセネガル。敵地で行われた1stレグを1-0で落としていたセネガルだったが、ホームで迎えた2ndレグでは、開始4分にFWブライユ・ディアの放ったシュートがエジプトMFハムディ・ファティのオウンゴールを誘って先制。いきなりイーブンに戻して見せた。 しかし、その後は優勢に試合を進めるも追加点が奪えず、勝敗はPK戦に委ねられることに。PK戦はセネガルはDFカリドゥ・クリバリ、エジプトはFWモハメド・サラーが一人目で外す波乱模様となった中、最終的に3-1でセネガルに軍配。先のアフリカ・ネーションズカップ決勝と同じ対戦カードを制し、2大会連続3回目のW杯出場を決めた。 ネーションズカップ優勝に続くW杯出場という快挙を成し遂げたシセ監督は喜びをあらわに。前回大会を振り返りながら、カタールではより良い結果を残せると自信を示した。 「"貫く"ことが大事だった。トロフィーを獲得すると、その後の試合は非常に重要なものになる。もしW杯出場を逃していたら、間違いなく別のものになっていただろう」 「今、我々は神に感謝を捧げる。さらに良く、強くなれると思う。カタールに行くということは、大志を抱くということだ」 「2018年も同じ大志を持っていたが、戦力差に屈して淘汰されてしまった。今回、セネガルはここ4、5年において大陸トップという実績を引っ提げて臨むことになる。セネガルはアフリカ王者であり、2つの非常に難しい試合で下馬評を覆した。この2試合はカタールに向けて我々を勇気づけてくれるはずだ」 2022.03.30 14:31 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly