ビッグクラブ注目のブバカル・カマラ、アストン・ビラ加入が決定!

2022.05.23 17:40 Mon
Getty Images
アストン・ビラは23日、マルセイユに所属していたフランス代表MFブバカル・カマラ(22)の加入を発表した。契約期間は2027年6月までとの5年となる。
PR
高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めていた。
また、今月には一部で報じられたセネガル代表ではなく、フランスのフル代表に初招集。そんな中、フランスのテレビ局『TF1』の番組『テレフット』で 「僕は契約を更新せず、今シーズンの終わりにマルセイユを離れることを決断した」とコメント。去就に対する注目度が高まっていた。

そして、先日に口頭合意が報じられたアトレティコではなく、アストン・ビラ加入が決定。スティーブン・ジェラード監督は「ヨーロッパのサッカーで最も有望な若い才能の1人を獲得できたことを嬉しく思う。チームを強化するための非常に明確な計画があり、ブバはその重要なピースだ」と、歓迎の言葉を残している。

PR
関連ニュース

元日本代表FW岡崎慎司が現役引退を決断…日本代表で50ゴール、レスターでは奇跡のプレミア優勝を達成「気付いたら体がボロボロで…」

シント=トロイデンは26日、元日本代表FW岡崎慎司(37)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。 岡崎は滝川第二高校出身で、2005年に清水エスパルスでプロ入り。闘志溢れる献身的なプレーが魅力で、“ダイビングヘッド”を代名詞に活躍。公式戦154試合で49ゴールを記録した。 2011年1月にシュツットガルトに完全移籍。ブンデスリーガに挑戦すると、公式戦85試合で13ゴールを記録。2013年7月にマインツへと移籍すると、公式戦70試合で29ゴールを記録した。 2015年7月にはレスター・シティへ移籍すると、奇跡のプレミアリーグ優勝のメンバーに。公式戦137試合で19ゴールと得点数は減ったが、前線からの献身的な守備でチームを支え評価を受けることに。マラガへの移籍がクラブの問題で頓挫するもウエスカに移籍しラ・リーガでのキャリアをスタート。カルタヘナを経て、2022年8月にシント=トロイデンへ完全移籍した。 シント=トロイデンでは、ボランチでもプレーするなどした中で、ヒザのケガにも悩まされることに。1年半で公式戦39試合2ゴールを記録していたが、今シーズンはケガでプレーできない時間が続いていた。 日本代表としても119試合に出場し歴代3位の50ゴールを記録。2010年、2014年、2018年と3度のワールドカップに出場。2011年、2015年の2度のアジアカップに出場すると、2011年は優勝を経験していた。 岡崎はクラブを通じてコメント。引退の決断は身体の限界だとしている。 ーーーーーー 皆さんにご報告があります。 今シーズン限りで引退する事に決めました。サッカー選手として今まで全力を尽くしてきたけど、気付いたら体がボロボロで、そして自然と自分に限界を感じました。このクラブに来た事、このクラブで引退を決意した事は運命だと感じています。 シーズンが終わったら改めて引退について話が出来たらと思います。シーズン最後まで復帰を目指しながらチームに貢献できるよう頑張ります。 応援してくれる人に正直でいたくて、クラブと話をして早くに発表させてもらいました。最後は自分を応援してくれた人の為にも頑張ります。 ーーーーーー <span class="paragraph-title">【動画】引退決断…岡崎慎司、Jリーグ時代のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OPpsVWOjFDo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】守備で大きな貢献を果たした岡崎慎司プレミア全ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="EVumm1Ua_84";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 16:30 Mon

17位低迷サッスオーロがディオニージ監督を解任…

サッスオーロは25日、アレッシオ・ディオニージ監督(43)の解任を発表した。 就任3年目を迎えたディオニージ監督率いる今シーズンのサッスオーロは、開幕2連敗とスタートで躓くと浮上のきっかけをつかめず、降格圏の18位ヴェローナと同勝ち点の17位と低迷。直近の6試合では1分け5敗の6戦未勝利と苦境が続いていた。 なお、クラブはプリマヴェーラを率いるエミリアーノ・ビギカ監督(50)を暫定指揮官に任命したことを併せて伝えている。 2024.02.26 07:30 Mon

中国代表、アジア杯でオマーン代表を率いたクロアチアの名将・イバンコビッチ氏を新監督に招へい

中国サッカー協会(CFA)は24日、アレクサンダル・ヤンコビッチ監督(51)の辞任及び、ブランコ・イバンコビッチ氏(69)の新監督就任を発表した。 各年代の中国代表の指揮してきたヤンコビッチ監督は、昨年2月に中国代表の監督に就任。先のアジアカップでは3大会連続の決勝トーナメント進出が期待されたが、2分け1敗と1勝もできずグループステージ敗退に終わっていた。 この成績不振を理由にセルビア人指揮官は辞任を決断。その後任としてアジアカップでオマーン代表を率いたクロアチアの名将を招へいした。 イバンコビッチ氏は母国のヴァルテクスで指導者としてのキャリアをスタートすると、1998年にはフランス・ワールドカップに臨むクロアチア代表でアシスタントコーチを務めた。 その後も、ハノーファーやイラン代表、ディナモ・ザグレブ、山東魯能、アル・イテファク(サウジアラビア)、アル・ワフダ(UAE)、ペルセポリス(イラン)と、アジアを中心に監督を歴任。 2020年1月にエルウィン・クーマン前監督の後任としてオマーン代表の監督に就任。4年間で43試合を指揮し21勝9分け13敗と一定の成績を残したが、先のアジアカップでは、2分け1敗と1勝もできずグループステージ敗退に終わっていた。 2024.02.25 00:00 Sun

昨季町田でプレーしたFWアデミウソンがブラジル2部クラブに加入…横浜FM、G大阪でもプレー

ブラジルのアヴァイは23日、FWアデミウソン(30)の加入を発表した。 U-20ブラジル代表では10番を背負うなどしたアデミウソンは、名門・サンパウロの下部組織出身。2015年2月に横浜F・マリノスにレンタル移籍しJリーグでプレーを始めると、ガンバ大阪でもプレー。しかし、飲酒運転の状態で交通事故を起こしたことで解雇。その後、中国の武漢三鎮でプレーした。 2023年9月にFC町田ゼルビアへと完全移籍で加入。ただ、コンディションの問題などもあり3試合で1ゴールに終わった中、そのまま退団が決定していた。 アヴァイはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)に所属している。 <span class="paragraph-title">【写真】ブラジル2部のアヴァイがアデミウソン獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr"><br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DaIha%C3%89sOLe%C3%A3o?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DaIhaÉsOLeão</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PraCimaComARacaToda?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PraCimaComARacaToda</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SejaSocio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SejaSocio</a> <a href="https://t.co/EXUTrsSxVA">pic.twitter.com/EXUTrsSxVA</a></p>&mdash; Avaí Futebol Clube (@AvaiFC) <a href="https://twitter.com/AvaiFC/status/1761051444361236692?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 23:20 Sat

マイアミがU-23アルゼンチン代表MFを獲得 レドンドの息子

インテル・マイアミは23日、U-23アルゼンチン代表MFフェデリコ・レドンド(21)の獲得を発表した。契約は2028年までの延長オプションが付いた2027年までとなる。 アルゼンチン代表のレジェンドであるフェルナンド・レドンド氏の息子、フェデリコ。父と同じくアルヘンティノス・ジュニアーズに所属し、18歳でプロ契約を結んだ逸材で、若き守備的MFの注目株だ。 二世プレーヤーの去就を巡ってはドイツ行きの噂もあったが、母国アルゼンチンの英雄リオネル・メッシをはじめ、同じポジションでトップクラスのセルヒオ・ブスケッツらを擁するマイアミ入りで決着した。 クラブ公式サイトでは「これほどまでに成長するクラブに加われてとても嬉しい」と喜びの心境を語り、意気込みを続けた。 「一流の選手たちとピッチでともにする素晴らしい機会だ。チームメイトとグループに溶け込むのが楽しみだよ。一歩ずつ進んでいかないといけないけど、いつだって大きな夢がある」 なお、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金額は800万ドル(約12億円)。15%のセルオン条項も付くという。 2024.02.24 08:55 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly