「愚か者のように」ローマベンチの異常な振る舞いをボデ/グリムト指揮官が糾弾「フェアプレーはあまりなかった」

2022.04.08 13:19 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボデ/グリムトのヒェティル・クヌートセン監督が、ローマ戦での出来事に言及した。7日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝1stレグでホームにローマを迎えたボデ/グリムト。グループステージでは6-1で勝利した相手だけに、チームとしても良いイメージを持って臨んだ。

試合は43分にローマが先制するも、56分にウルリク・サルトネスのゴールで同点とすると、89分にはヒューゴ・ヴェトレセンが逆転ゴール。2-1で先勝に成功した。
グループステージに続いてローマに勝利したボデ/グリムト。しかし、クヌートセン監督は試合後の会見でローマベンチの振る舞いに言及。愚かな行為があったと糾弾した。

「彼らは試合の前に言ってきた。フェアプレーはあまりなかった。この試合では、彼らは異なる“態度”を持っていた」

「アシスタントコーチは愚か者のように振る舞っていた。彼は試合前に私を侮辱し、試合中にずっとそうし続けていた」

「フェアプレーがほとんどなかったので、私の仕事に支障をきたす可能性がった。今までに見たことがない特殊な振る舞いだったよ」

1 2

関連ニュース
thumb

ソルバッケンのローマ合流は来年1月までお預け? ボテ/グリムトは早期合流を許可せず

ローマ加入が決まったノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(24)だが、チームに合流するのは来月になるようだ。 母国クラブのランハイムでプロデビューを飾ったソルバッケン。2020年に移籍したボテ/グリムトでクラブ通算91試合20ゴール24アシストの活躍を見せると、ジョゼ・モウリーニョ監督が獲得に高い関心を示したこともあり、今年11月に2023年1月からのローマ加入が発表された。 ボテ/グリムトとの契約を今年12月まで残すソルバッケンだが、すでにエリテセリエンの今シーズンは終了していることから、モウリーニョ監督は少しでも早いチーム合流を希望。ソルバッケンもローマの練習に参加するべく、早々にイタリアへ渡っていた。 しかし、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ボテ/グリムトはこうしたローマ側の要請を拒否。契約が切れる12月31日までは、ボテ/グリムトの選手として残ることを求め、これによりソルバッケンはいったん母国に帰国することになったようだ。 一方で、ローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるチアゴ・ピント氏は、ソルバッケンの早期合流を求めてボテ/グリムトと交渉を開始する構えとのこと。セリエAは来年の1月4日からリーグが再開されるため、ソルバッケンの早期デビューが実現するかは交渉次第となりそうだ。 2022.12.07 18:24 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがノルウェー代表FWソルバッケン獲得! 来年1月のフリー加入が決定

ローマは23日、ノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定している。 今年12月末でボテ/グリムトとの契約が終了するソルバッケンは、2023年1月付けでローマの一員となり、2027年6月30日までの4年半契約を結ぶ。 ローマの今冬補強1人目となった24歳のアタッカーはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「僕はこれを求めてきたんだ。本当にローマのプレーヤーになりたかったし、ついに自分がローマの一員であると言えるよ」 「ローマは最初の段階から僕にとって際立っていた。クラブの見通しと計画を心から信じているし、その一員になりたいと思っていたんだ」 「僕は学び、改善するためにここに来ているけど、同時に自分の能力を示したいとも思っている。ローマのファンは僕が出会った最高のものであり、彼らの側でプレーするのが待ち切れないよ」 一方、ナポリらとの競合を制して逸材の確保に成功したゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏は、昨季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージで2試合3ゴールを決められた経緯もあり、大きな期待を口にしている。 「オラ・ソルバッケンは、近年競争のレベルが急速に向上しているリーグで確固たる地位を築いている」 「彼の年齢、特性、そして彼がまだ改善しなければならない余地を含めてそのすべてが我々のプロジェクトに求めているものと一致している。オラは優れた技術的能力を持ち、彼を現代的なフットボーラーとする身体的属性に恵まれている」 「多くの異なるクラブが彼に興味を示し、最終的に彼はローマへの加入を選択した。我々はそれについて非常に満足している」 ソルバッケンは母国の名門ローゼンボリの下部組織で育ち、ノルウェー1部のランハイムでプロデビュー。ボテ/グリムトには2020年1月から在籍しており、クラブ通算91試合20ゴール24アシストを記録している。 186cmの左利きの大型アタッカーは、爆発的なスピードとストライドの広さを生かしたオープンスペースでのドリブル突破、パワフル且つ繊細な左足でのフィニッシュが最大の特長。また、スペースがないクロスやラストパス、密集地帯での局面打開も十分に可能だ。 プレースタイルに関しては現主力であるMFニコロ・ザニオーロとかなり重なる部分はあるが、両サイドでプレー可能な点や守備面でジョゼ・モウリーニョ監督の要求を満たせれば、左右のウイングバックの攻撃的なオプションとしても機能する可能性は高い。 2022.11.23 20:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ加入間近のソルバッケンがメディカルチェック受診のため現地入り

ボテ/グリムトのノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(24)が、ローマのメディカルチェック受診のために現地入りした。移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 今年末にボテ/グリムトとの契約が終了するソルバッケンは、年俸100万ユーロ(約1億4500万円)の4年半契約でローマと合意。そして、今回メディカルチェック受診のためフィウミチーノ空港に降り立った姿がイタリアメディアによって確認された。 ソルバッケンは母国の名門ローゼンボリの下部組織で育ち、ノルウェー1部のランハイムでプロデビュー。ボテ/グリムトには2020年1月から在籍しており、クラブ通算91試合20ゴール24アシストを記録している。 昨季にはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージでローマ相手に2試合3ゴールを記録。この活躍を受け、対戦相手のローマや、ナポリ、ヴェローナなどの関心を集めていた。 186cmの左利きの大型アタッカーは、爆発的なスピードとストライドの広さを生かしたオープンスペースでのドリブル突破、パワフル且つ繊細な左足でのフィニッシュが最大の特長。また、スペースがないクロスやラストパス、密集地帯での局面打開も十分に可能だ。 プレースタイルに関しては現主力であるMFニコロ・ザニオーロとかなり重なる部分はあるが、両サイドでプレー可能な点や守備面でジョゼ・モウリーニョ監督の要求を満たせれば、左右のウイングバックの攻撃的なオプションとしても機能する可能性は高い。 <span class="paragraph-title">【動画】ノルウェーの逸材がローマ入り</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> Ola <a href="https://twitter.com/hashtag/Solbakken?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Solbakken</a> è sbarcato a Fiumicino. L’attaccante sosterrà le visite mediche e firmerà il contratto con la Roma. Per ora il <a href="https://twitter.com/Glimt?ref_src=twsrc%5Etfw">@Glimt</a> non lo lascia libero prima della scadenza del contratto. <a href="https://twitter.com/CorSport?ref_src=twsrc%5Etfw">@CorSport</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/KxMn1wAWFh">pic.twitter.com/KxMn1wAWFh</a></p>&mdash; Jacopo Aliprandi (@AliprandiJacopo) <a href="https://twitter.com/AliprandiJacopo/status/1594678717539880962?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.11.22 00:41 Tue
twitterfacebook
thumb

14カ国のクラブが出場するプレーオフ、ラツィオはクルージュ、フィオレンティーナはブラガと対戦《ECL》

7日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のノックアウトラウンドのプレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのECL。グループ首位がラウンド16に、2位はヨーロッパリーグ(EL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 ELからはラツィオやトラブゾンスポルなどがプレーオフに回ってきた。一方で、フィオレンティーナ、アンデルレヒトなどがECLからプレーオフに回っている。 なお、ウェストハムやビジャレアル、DF菅原由勢のAZなどは首位でラウンド16に進出している。 ELから回ってきたラツィオは、ルーマニアのクルージュと対戦。一方ECLで勝ち上がったフィオレンティーナは、ポルトガルのブラガとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ECLプレーオフ組み合わせ カラバフ(ELグループG・3位) vs ヘント(ECLグループF・3位) トラブゾンスポル(ELグループH・3位) vs バーゼル(ECLグループH・3位) ラツィオ(ELグループF・3位) vs クルージュ(ECLグループG・3位) ボデ/グリムト(ELグループA・3位) vs レフ・ポズナン(ECLグループC・3位) ブラガ(ELグループD・3位) vs フィオレンティーナ(ECLグループA・3位) AEKラルナカ(ELグループB・3位) vs ドニプロ-1(ECLグループE・3位) シェリフ・ティラスポリ(ELグループE・3位) vs パルチザン・ベオグラード(ECLグループD・3位) ルドゴレツ(ELグループC・3位) vs アンデルレヒト(ECLグループB・3位) 2022.11.07 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「ある意味最高の物件」アーセナルFWサカのシュートが隣のアパートを直撃「ELあるある?」

アーセナルのイングランド代表FWブカヨ・サカがもう少しで窓ガラスを割るところだった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 プレミアリーグでは先週末にリバプールとの大一番を制し、首位を守ったアーセナル。13日にヨーロッパリーグ(EL)グループA第4節でボデ/グリムトとアウェイで対戦した。 消化が1試合少ない中で首位に立つアーセナル。この試合は24分にリバプール戦2ゴールのブカヨ・サカがまたしてもゴールを奪うと、その1点を守りきった。 3連勝を飾ったアーセナルだが、前半にはもう1つハイライトが。ボックス右に侵入したサカが利き足とは逆の右足でシュートを放った場面。大きくふかしてしまったシュートはゴールのはるか上にそれると、スタジアムのすぐ隣にあるアパートの一室の窓ガラスに直撃した。 窓から試合を観戦していたアパートの住民は思わずビックリ。何が起きた?と言わんばかりの表情で驚いていた。 この珍しいシーンはSNSでも反響を呼んでおり、「ある意味最高の物件だな」、「こういったことはELでよくあるの?」、「いいリアクション」と多くのコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】サカのシュートに驚く住民</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Bukayo Saka&#39;s wayward shot hit a man who was relaxing in his flat, he thought he was under attack... <a href="https://t.co/2dtNonR3dj">pic.twitter.com/2dtNonR3dj</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1580696294942658560?ref_src=twsrc%5Etfw">October 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.14 18:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly