ECLベスト4遠のく黒星のローマ…それでもモウリーニョ監督は「我々は変わらず準決勝に進出する有力候補」

2022.04.08 13:07 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)での敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

ローマは敵地で7日に行われたECL準々決勝1stレグで、ノルウェーのボデ/グリムトと対戦。主力を起用して臨んだ一戦は、相手に主導権を握られながらも43分にMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制に成功。しかし、後半に入り56分に失点を許すと、その後はなかなか得点を奪えず、終了間際に逆転弾を許して1-2で敗れた。

ベスト4進出のためには14日に行われるホームでの2ndレグで勝利しなければならない状況について、モウリーニョ監督は試合後に改善が必要だと強調。そのうえで、ホームでの勝利に強い自信を示した。
「2つの良くない失点があった。2失点目はセットプレーからだ。こうしたゴールは常に貴重であり、我々も多く決めてきた。しかし、こうしたゴールは決めると良いが、許してしまったときは腹立たしい。集中力が欠けていたと思う」

「一方、1点目は本当に馬鹿馬鹿しいものだった。でも、本当に心配なのはジャンルカ・マンチーニのケガだ。プラスチックのようなピッチでプレーしていれば、こういうケガをするものだ」

「今夜は1-2で負けたが、まだ2ndレグが残っている。その試合はスタディオ・オリンピコで、我々のファンの前で行われるんだ。だから、我々が準決勝に進出する有力候補であることに変わりはない」

「選手への信頼、スタジアムの雰囲気への信頼、ファンが示してくれる応援への信頼がある。もちろん、それでも相手がタフであることは間違いない」

「そして、良い審判たちに恵まれる自信もある。前回ホームで対戦したときには2つの明確な反則があったのに、その時の審判は見逃した。そして今日も、前半にオフサイドと判定される場面が2つ、後半にスローインが1つあった。これは審判のレベルの高さをよく示しているだろう」

関連ニュース
thumb

ディバラ2Aのローマが序盤セットプレー2発でエンポリ撃破! 公式戦連敗をストップ《セリエA》

セリエA第21節、ローマvsエンポリが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-0で勝利した。 6位のローマは前節、首位のナポリ相手に2023年初黒星を喫すると、直近のコッパ・イタリアでは格下クレモネーゼにホームで敗れて公式戦連敗。年明け以降の好調から一転して苦しい状況に追い込まれた。 その屈辱の連敗からのバウンスバックを図るモウリーニョのチームは、9位のエンポリをホームで迎え撃った。ウイングバックを除きナポリ戦とほぼ同じメンバーを起用し、前線はディバラ、ペッレグリーニ、エイブラハムのトリデンテとなった。 公式戦連敗ストップへ強い決意で試合に臨んだローマは、最高の入りを見せる。まずは2分、左CKの場面でキッカーのディバラが左足インスウィングの正確なボールを入れると、ニアで競り勝ったイバニェスが叩きつけるヘディングシュートをゴール左隅へ流し込む。 さらに、畳みかけるホームチームは直後の6分に再びディバラの正確な左CKを今度はエイブラハムがニアで競り勝ってゴール右隅へ流し込み、セットプレー2発での連続ゴールとした。 得意のセットプレーで一気に試合をラクな展開としたローマは、早い時間帯のゴールを目指して前がかるエンポリの攻撃を受け止めながらカウンターで、さらなるゴールを目指していく。24分には三度ディバラの左CKから決定機が訪れるが、エイブラハム渾身のヘディングシュートはGKヴィカーリオのビッグセーブに阻まれる。 前半半ば以降は思った以上にエンポリに押し込まれて幾度かピンチを招いたホームチームだったが、GKルイ・パトリシオの好守やDFマンチーニの身体を張ったブロックや相手のシュート精度にも救われて2点リードを維持した。 迎えた後半、再び制空権を握るセットプレーから開始直後にマンチーニがゴールへ迫ったローマだが、以降は相手の左サイドからの仕掛けに苦戦を強いられ、押し込まれる展開となった。 それでも、スモーリングを中心に要所を締める守備で徐々に相手の攻撃にアジャストしたホームチームは、のらりくらりとした試合運びで巧みに時計を進めていく。その後、ボーヴェやチェリク、試合終盤にはディエゴ・ジョレンテをデビューさせるなど、危なげなく2点のリードを守り切った。 そして、公式戦連敗をストップしたローマは暫定ながら3位に浮上している。 2023.02.05 04:03 Sun
twitterfacebook
thumb

Google検索数が驚異の2800%増!キム・カーダシアンがプライベートでユニ着用したローマへの関心が急上昇

ローマに思わぬ影響が及んでいるようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。 セリエAで6位につけるローマ。2022年11月には『EUROJAPAN CUP 2022』で来日して日本のファンを楽しませていたほか、過去には元日本代表MF中田英寿氏も在籍。現在は女子チームになでしこジャパンのDF南萌華が在籍している。 そんなローマだが、ここ最近で急激にファンの関心が高まったという。 『SPORTBIBLE』によると、「ASローマ」のGoogle検索数は、直近の7日間で前週よりも2,894%増えたという。数で言うと、わずか2日間で約230万回も検索数が増加した。 その理由は、アメリカで女優やモデル、パーソナリティなどとして活躍するキム・カーダシアンさん。ラッパーのカニエ・ウェストとかつて結婚していたことでも知られ、アメリカではテレビパーソナリティとして活躍中のセレブだが、プライベートでローマのユニフォームを着用したのだ。 ロサンゼルスにいるキム・カーダシアンさんは、1997-98シーズンのディアドラ製のユニフォームを着用。フランチェスコ・トッティやカフー、ダミアーノ・トンマージがいた頃のものだ。 ローマの公式ツイッターもその姿を投稿し、大きな話題となっていたが、その影響により多くの人がローマを検索したという。 ちなみに、『SPORTBIBLE』によると、キム・カーダシアンさんは過去にパリ・サンジェルマンのユニフォームを着たこともあるそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】オーラがすごい!キム・カーダシアンさんが大きめサイズのローマのユニフォームを着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">️<a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/Fb2jh3PfGA">pic.twitter.com/Fb2jh3PfGA</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1619369180129804288?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.02 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア敗退のローマ…モウリーニョ監督は敗北認める「酷いプレーの代償を支払った」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、敗戦を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは1日に行われたコッパ・イタリア準々決勝でクレモネーゼと対戦。先週末のセリエAから多くの選手を入れ替えて臨んだ一戦は、試合を支配するもミスからPKを献上して28分に失点。後半にはオウンゴールで追加点を許すと、反撃は試合終了間際のFWアンドレア・ベロッティのゴールのみにとどまり、1-2で敗れた。 格下相手にまさかの黒星を喫して準々決勝敗退となったモウリーニョ監督は、試合後にチームへの不満を隠さず。敗北に値する内容だったとし、勝者のクレモネーゼを称えている。 「クレモネーゼにはおめでとうと言いたい。敵地でナポリ、ローマとのタフな2試合を制したのだ。この大会はクレモネーゼのように昨シーズンセリエAに所属していなかったり、下位に沈んだりしたチームに対して不利になる奇妙な大会だ。だからこそ、彼らが成し遂げたことはより印象的で、称賛に値する。準決勝進出は当然だろう」 「我々の前半はひどい出来で、その代償を支払うことになった。後半も個々にミスがあったと思う。その後は積極的なリアクションが見られたが、相手の体を張ったディフェンスに阻まれ、ゴール前での運もなかった。我々はもっと早い段階で簡単に得点できたはずだ」 「長年にわたって、私は敗戦後に泣かないこと、そしてその代わりに次の試合を楽しみにすることを学んできた。ローテーションを強いられると、チームは苦戦を強いられるものだ。ただ、今夜の試合に関しては、前半のプレーの代償を支払うべきであり敗北に値する」 また、モウリーニョ監督は週末の土曜日にリーグ戦が組まれたことへの不満にも言及。決して層が厚くないチームで、この日程に対処するのは難しいと嘆いた。 「なぜ今日プレーして、土曜日にまた試合があるのか、私には少し理解しがたい。日曜日にラグビーの試合が予定されており、ピッチが破壊されてしまうから月曜日はプレーできないようだ」 「我々のようなチームでは、いつも同じ話題になる。選手をローテーションさせず、負傷者が出てしまったら大変だ。だが、選手を交代させてチームがうまく機能しなければ、やはり問題ではある」 2023.02.02 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

クレモネーゼがナポリに続きローマ撃破でベスト4進出! トリノ撃破のフィオレンティーナと準決勝で激突《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、ローマvsクレモネーゼが1日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-2で勝利したクレモネーゼが準決勝進出を決めた。 ラウンド16でセリエBのジェノアを破ったローマは、セリエA未勝利で最下位も、前ラウンドでナポリに大金星を挙げたクレモネーゼとベスト4進出を懸けて激突した。 直近のセリエAでナポリとのデルビー・デル・ソーレに惜敗したモウリーニョのチームは、新年初黒星からバウンスバックを図る一戦へ先発6人を変更。スモーリングやディバラ、エイブラハム、ザレフスキらが温存され、クンブラやベロッティ、タヒロビッチといった控え選手がスタメンに入った。 立ち上がりから主導権を握ったローマは、序盤の13分にクリスタンテの斜めのフィードに反応したタヒロビッチに決定機。ゴール左でボレーシュートを狙うが、これはややコースが甘くトップチーム初ゴールとはならず。 以降はチャンスこそないものの、危なげなくゲームをコントロールしていたホームチームだったが、痛恨のミスから先制を許す。26分、ハイラインの最後尾でボールのコントロールを誤ったクンブラがデサースにボールを奪われてそのままボックス内に持ち込まれる。GKルイ・パトリシオは我慢してボールへのアタックを試みたが、わずかに接触してしまいPK献上。これをデサースにゴール左上隅に突き刺された。 一発勝負のカップ戦では許されないイージーミスでビハインドを追ったチームは、すぐさま反撃に出ていく。しかし、主力と控え選手の呼吸がいまひとつ合わず、アタッキングサードに入る前の場面でのミスが続出。ハーフタイム直前には畳みかける攻めを仕掛けたが、前半の内に追いつくことはできなかった。 これを受け、モウリーニョ監督はハーフタイムに4枚替えを敢行。失点に絡んだクンブラや1枚カードをもらっていたマンチーニらを下げて、ディバラとザレフスキ、スモーリング、マティッチと主力を投入。この交代で[4-2-3-1]の攻撃的な布陣にシフトした。 だが、立ち上がりの49分には再びミスから失点を喫する。オケレケの抜け出しに対応したDFイバニェスが足を滑らせて突破を許すと、ボックス右でピッケルがグラウンダーで入れた際どいクロスに大外で対応したDFチェリクの足に当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。 これで苦しくなったローマは57分にタヒロビッチを下げて切り札のエイブラハムを投入。早くも5枚のカードを使い切って前がかる。 ここから決死の猛攻を見せるホームチームはペッレグリーニの豪快なジャンピングボレーや、セットプレーで存在感放つスモーリングらのシュートでゴールに迫るが、相手GKの好守などに阻まれてゴールが遠い。 後半半ばから終盤にかけても相手の粘り強い守備を崩し切れないローマは、前半からの微妙な判定にフラストレーションを募らせるベンチのスタッフ陣が続けてカードをもらうなど、流れが悪い。 その後、試合終了間際の94分にはエイブラハムのお膳立てからベロッティの見事なシュートで1点を返したが、短い残り時間で同点に追いつくことはできず。 この結果、ナポリに続きローマ撃破のクレモネーゼがベスト4進出の快挙を達成。一方、ホームで屈辱敗戦のローマは公式戦連敗となった。 また、同日行われた準々決勝のフィオレンティーナvsトリノは、2-1で勝利したフィオレンティーナが準決勝進出を決めた。 前半から主導権を握ったホームチームは、ゴールレスで折り返した後半半ばの64分にセットプレーの二次攻撃からテルジッチの正確な左クロスをゴール前のヨビッチが頭で合わせて先制に成功。 その後、1点差が維持されたまま試合終盤に突入すると、相手守備の拙いロングボール処理からイコネが鋭い左足のシュートを突き刺し、追加点を奪取。その後、トリノがカラモーのゴールで一矢報いたが、フィオレンティーナがそのまま逃げ切った。 2023.02.02 07:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマと関係破綻のザニオーロが声明…「ローマファミリーの完全な自由裁量に身を委ねる」

今冬の去就問題でローマとの関係が完全に破綻したイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)が、望まぬ残留が確定してから初めて沈黙を破った。 2024年夏まで契約を残すものの、ゼネラルマネージャーを務めるチアゴ・ピント氏らとの関係悪化などの影響もあり、数カ月前からローマ退団希望をクラブサイドに突きつけていたザニオーロ。 これにより、今冬の移籍市場ではトッテナムやミラン、ボーンマスへの移籍の可能性が浮上。しかし、トッテナムの早期撤退に加え、個人間で合意に至っていた意中のミラン行きはクラブ間の交渉難航で破談に。 そういった中、クラブ間合意に至っていたボーンマスが唯一の選択肢となったが、複数回に渡る移籍拒否、ローマ入りした首脳陣との会食拒否など不誠実な対応でイングランドのクラブを怒らせると、移籍市場閉幕直前に翻意したものの、すでに相手側に獲得の意思はなくローマ残留が決定した。 一連の振る舞いによって怒り心頭に達するローマは、今夏はおろか契約が終了する2024年夏までの“飼い殺し”を検討しているとも言われ、クラブに忠誠心を求める熱狂的なロマニスタも自宅を突撃し、脅迫行為に及んだとの報道も出ている。 現在、トップチームから追放されているイタリア代表MFは、2日にトリゴリアのトレーニング施設に戻る予定。ただ、少なくとも今季終了までは個人でのトレーニングを強いられる上、トップチームとの接触を避ける目的でトレーニングも別の時間帯に設定されるという。 一連の振る舞いに至った経緯は不明も、四面楚歌の現状を自ら招いたザニオーロは、1日にイタリア『ANSA通信』で以下の声明を発表した。 「ここ数週間、僕について多くのことが言われ、書かれたが、多くは事実ではない」 「僕はローマに見知らぬ者として到着し、ローマとロマニスティは自分を彼らの一人として迎えてくれた。ケガという恐ろしく暗い瞬間に、彼らは僕に自信と勇気と愛情を与えてくれた」 「(ECL決勝開催地の)ティラナでは、そのゴールで、自分が受け取ったものすべてにお返しをしたと感じ、すべてのロマニスティに忘れられない喜びを与える手助けができたと感じている」 「23歳にして、多くの仲間がキャリア全体で経験できないような経験をしてきた。転んで、立ち上がって、また転んで、立ち上がって、勝つ」 「ここ数カ月は、自分のプロとしての将来がどうなるかを理解するのが難しいデリケートな時期を過ごしてきた。しかし、僕は常に最高のプロフェッショナリズムを持ってフィールドとトレーニングに自分自身を捧げてきた」 「ここ数日、初めて自分自身と家族のことが恐怖に晒されて、見捨てられたような気持ちにもなった。こんなことは初めてで、とても恐怖を感じた」 「未来は僕らの手の中にある。僕は自分の手を差し出して、ローマファミリーの完全な自由裁量に身を委ねるつもりだ」 2023.02.02 06:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly