降格圏アラベス、フリオ・ベラスケス氏を新指揮官に招へい! 過去にビジャレアルやベティスを指揮

2022.04.06 07:00 Wed
Getty Images
アラベスは5日、フリオ・ベラスケス氏(40)の新監督招へいを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。
PR
アラベスは今シーズンをハビエル・カジェハ、ホセ・ルイス・メンディリバルと2人の指揮官の下で戦ってきたが、ここまで5勝7分け18敗と低迷。8試合を残して残留圏内と6ポイント差の19位に沈んでいる状況だ。
この成績不振を受け、クラブは今月3日にメンディリバル監督を解任。その後釜として招へいされたのは、過去にビジャレアル、ベティスのトップチームを率いた経験を持つ40歳のスペイン人指揮官だ。

19歳から監督キャリアをスタートさせたベラスケス氏は、これまでバジャドリーやビジャレアルの下部組織の監督を歴任。トップチームでは前述の2クラブに加え、ムルシアやアルコンコン、ここ最近ではウディネーゼやヴィトーリア・セトゥバル、マルティモとイタリアやポルトガルのクラブも率いていた。

PR
関連ニュース

CL敗退のアトレティコ、敵地でアラベスに4戦ぶりの白星を献上…【ラ・リーガ】

アトレティコ・マドリーは21日、ラ・リーガ第32節でアラベスと対戦し0-2で敗戦した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのドルトムント戦を2-4で敗れベスト4進出を逃した4位アトレティコ(勝ち点61)は、その試合から先発を4人変更。モラタやM・ジョレンテ、ヴィツェルらに代えてアンヘル・コレアやリーノ、サビッチらを先発で起用した。 3連敗中の15位アラベス(勝ち点32)に対し、アトレティコは15分に失点を許す。自陣で得たFKからGKシベラがロングフィードを送ると、キケ・ガルシアが頭で繋いだボールをボックス左横に抜け出したG・シメオネがクロス。これはDFがクリアするも、こぼれ球をボックス手前のベナビデスがダイレクトシュートで狙うと、これがゴール右隅に吸い込まれた。 失点後もなかなか決定機までボールを運べないアトレティコだったが、32分にカウンターからチャンス。最後はバリオスのパスを受けたリーノがドリブルでボックス左に切り込みシュートを放ったが、これはGKシベラのセーブに阻まれた。 このまま前半終了かと思われたが、アトレティコは前半追加タイムに再びピンチを迎える。中盤左サイドで与えたFKからマリンがボックス内へロングパスを供給すると、これがボックス右で競り合ったアスピリクエタのハンドを誘発。主審はPKを宣告したが、オンフィールドレビューの末にノーハンドと判定され、PKは取り消された。 後半開始からデ・パウルを下げてサウールを投入アトレティコは、立ち上がりからボールを保持するが、後半もなかなかシュートまでボールを運ぶことができず時間が経過。 膠着状態が続く中、アトレティコは77分にアンヘル・コレアのパスでボックス右に抜け出したモリーナの折り返しをリーノがダイレクトシュート。さらに82分には、ボックス右から侵入したアンヘル・コレアが鋭いシュートでゴールに迫ったが、共にシュートはGKシベラのセーブに防がれた。 このまま試合終了かと思われたが、アトレティコは試合終了間際に再び失点する。92分、ゲバラのサイドチェンジを右サイドで受けたビセンテがクロスを供給すると、ファーサイドで待ち構えたリオハが豪快なボレーシュートをゴールに叩き込んだ。 結局、アトレティコははそのまま0-2で敗戦。アラベスに4試合ぶりの白星を献上した。 2024.04.22 03:35 Mon

前線刷新の可能性あるアトレティコ、ブンデス25得点のギラシーに注目か

アトレティコ・マドリーの前線のメンバーが大きく入れ替わるかもしれない。スペイン『アス』が報じた。 チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝でドルトムントに敗れ、ベスト8敗退となったアトレティコ。残す今シーズンの戦いは4位死守を懸けたラ・リーガのみとなっている。 そんな中で見据えたいのが来シーズンに向けた補強だが、前線で残留確実と言えるのはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだけとのこと。シーズン終盤に失速したスペイン代表FWアルバロ・モラタ、稼働率が低いオランダ代表FWメンフィス・デパイ、冬にも移籍へと近づいていたアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアらは去就が不透明となっている。 一方で新戦力候補として挙がっているのがブンデスリーガでセンセーショナルな活躍を見せているシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)。完全移籍へ移行した今シーズンは現在3位につけるチームの得点源として機能し、リーグ戦25ゴールはバイエルンのイングランド代表FWハリー・ケインに次ぐ得点ランキング2位の数字となっている。 ギラシーは身長187cmの屈強なフィジカルの持ち主で、ディエゴ・シメオネ監督好みなパワフルなストライカー。シュツットガルトとの契約は2026年6月までだが、4000万ユーロ(約65億9000万円)の市場価格に対して1750万ユーロ(約28億8000万円)という比較的安価な契約解除条項が設けられており、バイエルンやミラン、マンチェスター・ユナイテッドといった各国のビッグクラブも動向を追っているという。 また、アトレティコにはアラベスへレンタル移籍中のU-21スペイン代表FWサム・オモロディオン(19)という評価急上昇中の若手ストライカーも存在。こちらも戦力として数えられるが、バルセロナへレンタル移籍中のポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)は、少なくともアトレティコで来シーズンを迎える可能性はないとみられている。 2024.04.19 21:26 Fri

「異次元すぎ」「これは美しい」久保建英が魅せた圧巻の股抜きヒールパスが話題騒然! 負傷交代前に見せたプレーをリーグ公式もピックアップ

負傷交代が心配されるレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英だが、試合中に見せたプレーが脚光を浴びている。 3月31日、ラ・リーガ第30節でソシエダはアウェイでアラベスと対戦。久保は先発出場したものの、前半終盤にピッチに座り込みそのまま交代。「右ハムストリングに違和感があったため交代した」とクラブは説明していた。 状態が心配される久保建英だが、試合中に見せた技ありプレーが話題を呼んでいる。 ラ・リーガの公式X(旧ツイッター/@LaLiga)もピックアップしたプレー。自陣の右サイドでパスを受けた久保がハビ・ロペスを背負いながらキープ。そのまま足裏でボールをコントロールすると、ハビ・ロペスの股を抜き、味方にパスをつなげていた。 これには「クオリティ」、「異次元すぎ」、「パスになってるのがすごい」、「これは美しい」、「上手すぎる」と称賛のコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が魅せた美技! 圧巻の股抜きヒールパス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/LaLigaHighlights?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaLigaHighlights</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Alav%C3%A9sRealsociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlavésRealsociedad</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareReal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareReal</a> <a href="https://t.co/mIJn65trkW">pic.twitter.com/mIJn65trkW</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1774484388031365401?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.01 10:55 Mon

負傷交代の久保建英、指揮官が状態を説明「彼が交代を要求してきた」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英の状態について、イマノル・アルグアシル監督が語った。 3月31日、ラ・リーガ第30節でソシエダはアウェイでアラベスと対戦した。 この試合にも先発出場した久保だったが、前半終盤に突如としてピッチに倒れ込みプレー続行不可能。44分にシェラルド・ベッカーと交代してピッチを後にしていた。 状態が気になる中、クラブは「右ハムストリングに違和感があったため交代した」と説明。試合後、イマノル監督が記者会見で状態について説明し、本人が交代を求めたとした。 「リスクは犯したくないが、大事に至らないことを願っている」 「タケと話したところによると、より引き裂かれるようなものを感じる前に、立ち止まることを望んだようだ。ただ、見守らなければならない」 ソシエダはブライス・メンデスが今シーズン絶望とも言える負傷をしたばかりであり、大事なピースを失うことに。詳しい検査の結果が出ることが待たれる。 <span class="paragraph-title">【写真】ピッチに倒れ込んだ久保建英、オヤルサバルも心配そう</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Take Kubo ha sido sustituido por unas molestias en la musculatura isquiosural derecha. <a href="https://twitter.com/hashtag/AlavesRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlavesRealSociedad</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareReal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareReal</a> <a href="https://t.co/l35EHckk03">pic.twitter.com/l35EHckk03</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1774491535398027638?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.01 10:05 Mon

生え抜きDFパチェコの初ゴールでソシエダがリーグ戦3連勝!久保は前半途中に負傷交代…【ラ・リーガ】

久保建英の所属するレアル・ソシエダは3月31日、ラ・リーガ第30節でアラベスと対戦し1-0で勝利した。久保は44分に負傷交代している。 リーグ戦2連勝中の6位ソシエダ(勝ち点46)が、13位アラベス(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。日本代表から帰還した久保は[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 序盤の主導権争いを経て徐々にポゼッションを高めるソシエダは、29分に最初の決定機を創出する。右サイドのザハリャンが供給した斜めのパスでDFの裏に抜け出したオヤルサバルがGKとの一対一を迎えると、チップキックシュートでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 先制のチャンスを逃したソシエダは36分にピンチ。ビセンテのパスをボックス右手前で受けたルイス・リオハがペナルティアーク手前まで切り込み左足を振り抜くと、このシュートが右ポストを直撃した。 ハーフタイムにかけても拮抗した展開が続いたが、ソシエダにアクシデントが発生。41分、メリーノが頭で繋いだボールに反応した久保がスプリントした際に右ハムストリングを負傷。プレー続行不可能となり、44分にベッカーが緊急投入された。 ゴールレスで迎えた後半、ソシエダは59分にセットプレーから先制する。ザハリャンの右CKをニアに走り込んだパチェコがダイビングヘッドで合わせると、GKシベラの股下を抜いてゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。ソシエダは試合終了間際の93分にピンチ。レバシュの右CKから混戦が生まれたが、最後はDFパチェコがボールをクリアした。 結局、試合はそのまま1-0でソシエダが勝利。生え抜きDFパチェコの初ゴールでソシエダはリーグ戦3連勝を飾った。 2024.04.01 03:30 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly