イタリアのW杯プレーオフ敗退に落胆のバロテッリ「本当に酷い気分」もマンチーニ監督続投には喜び「俺はまだ彼を愛している」

2022.03.31 12:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アダナ・デミルスポルのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、母国のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ敗退を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

イタリアは24日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ準決勝で、北マケドニア代表相手に多くのチャンスを作りながら得点を奪えずにいると、後半アディショナルタイムに失点を許し0-1で敗戦。この結果、2018年に行われたロシアW杯に続き2大会連続でW杯本大会出場を逃すことになった。

W杯プレーオフでは代表招集の噂もありながら結局選外となったバロテッリは、インタビューでイタリアのプレーオフ敗退に落胆。ロベルト・マンチーニ監督に恨みはないとしつつ、自分を選んでくれていればゴールを奪える可能性はあったと語った。

「イタリアの敗戦は皆を傷つけたと思う。俺も本当に酷い気分だった。それは、北マケドニア戦で招集されなかったことだけが原因じゃない。12月にW杯があり、そこで代表に復帰する可能性も俺にはあったんだ。扉が閉ざされていたわけではなかったから、重要な機会を逃したと思っている。もちろん、イタリアがW杯に出られないのが本当に辛い」

「チームが負けると、俺がいないのが寂しいと言われるようになる。試合前は誰もそう思っていなかったし、終わってからそれを言うのは簡単なことさ。北マケドニア戦では多くのチャンスがあり、俺はゴール前でとても良い選手だ。だが、ああいう試合ではあれこれ選手を投入しても勝てなかっただろう。マリオがいたら勝てたというわけでもないさ。ゴールを決める良いチャンスはあっただろうがね…」

「マンチーニから連絡はないが、俺はまだ彼を愛している。彼が残ってくれるのはとても嬉しいね。彼はユーロを制覇した監督だ。素晴らしい仕事をしており、俺は彼がアズーリのベンチに残り続けることを嬉しく思っている」

関連ニュース
thumb

カタールW杯で“セミオート・オフサイド”導入! FIFAはここまでのテスト結果に手応え

カタール・ワールドカップ(W杯)で“セミオート・オフサイド(半自動オフサイド)”が採用されるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 国際サッカー連盟(FIFA)は、以前から判定のスピードと正確性を向上させるため、新たなテクノロジーの採用を検討。2021年のFIFAアラブカップと、FIFAクラブ・ワールドカップではすでに試験導入され、FIFAはその精度と運用に手応えを感じていた。 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、W杯での正式導入に向け以下のようなコメントを残している。 「このテクノロジーは、今年後半にカタールに向かうチーム、プレーヤー、ファンに最高のものを提供するため、3年間にわたる献身的な研究とテストの集大成である」 「FIFAは、あらゆるレベルでサッカーの試合を向上させるためにテクノロジーを活用することを約束しており、2022年のFIFAワールドカップでセミオート・オフサイド・テクノロジーを使用することは、その最も明確な証拠となる」 “セミオート・オフサイド”は、スタジアムの屋根の下に設置された12台の専用トラッキングカメラを使用し、1秒間に50回、全ての選手の最大29個のデータポイントを収集。これによりオフサイドの可能性が発見されると、最終判断を下すビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に警告が送られるというものだ。 さらに、ワールドカップ公式試合球『adidas Al Rihla』は、ボール内部に慣性計測ユニット(IMU)センサーを搭載しており、際どいオフサイドの発生を検知するためにさらに重要な要素を提供。 ボールの中央に設置されたセンサーは、1秒間に500回、ボールデータを映像オペレーションルームに送信し、キックポイントを非常に正確に検出することができる。 手足のトラッキングデータとボールのトラッキングデータを組み合わせ、人工知能を応用することで、味方がボールを出した瞬間にオフサイドポジションにいたアタッカーがボールを受けると、ビデオ・オペレーションルーム内のビデオマッチオフィシャルに自動オフサイド警告が提供される。 ビデオマッチオフィシャルは、主審に伝える前に、自動的に選択されたキックポイントと、選手の手足の位置を計算して自動的に作成されたオフサイドラインを手動で確認し、提案された判定を検証する。このプロセスは数秒以内に行われ、オフサイドの判定をより速く、より正確に行うことができる。 ビデオマッチオフィシャルとピッチ上のレフェリーが判定を確認した後、判定に使用されたものと全く同じ位置データが、ボールがプレーされた瞬間の選手の手足の位置を完全に詳細に示す3Dアニメーションに生成される。 2022.07.01 18:35 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯の選手枠増が日本代表にもたらす影響は? プラス3名に入り込むのは誰だ/日本代表コラム

史上初の冬開催となるカタール・ワールドカップ(W杯)。ヨーロッパのシーズン真っ只中に行われることもあり、出場する選手たちをはじめ多くの関係者のなかに困惑もあるはずだ。 コンディション調整の仕方、シーズンの戦い方、そしてW杯後の戦い方など、それぞれの思惑もあるだろう。 そんな中、23日に国際サッカー連盟(FIFA)が、カタールW杯に向けた新たな変更点を発表。チームの登録人数がこれまでの23名から26名に増加したのだ。 これは新型コロナウイルス(COVID-19)がいまだに終息に向かわないなか、選手たちに感染者が出る可能性も考慮したもの。また、5人交代というルールを継続することから、枠を拡大することとなった。 たった3名と思う人もいるかもしれないが、この3名があるかどうかでは大きくチームの戦略も変わってくる。また、15名がベンチ入りできるということは、ケガや出場停止がなければフルに全員を試合で起用できるという状況なだけに、監督としても幅が広がるはずだ。 そこで、今の日本代表が26名で編成されるとしたらどのような影響があるのか予想してみた。 <span class="paragraph-title">◆GK3名+各ポジション2名</span> これまでの23名という枠で考えると、まずはGKに3名、そして残りの20名を各10のポジションに2人ずつという計算になる。 もちろん、違うメンバー構成にするところは多々あるが、考え方としてはレギュラー10名+バックアップ10名ということだ。 日本代表は[4-1-4-1(4-3-3)]と[4-2-3-1]を併用しているが、[4-1-4-1]に当てはめて考えてみたい。 まずGKだが、こちらは別途3枠がある。正守護神である権田修一(清水エルパルス)、3大会に出場している川島永嗣(ストラスブール/フランス)は入る可能性が高い。そして残りの1枠は国によって考え方が違い、若手の枠として考えるか、控えの戦力として考えるかだ。これまでの代表招集の実績でいけば、谷晃生(湘南ベルマーレ)かシュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)が濃厚。ただ、6月に招集された大迫敬介(サンフレッチェ広島)、U-21日本代表で活躍する鈴木彩艷(浦和レッズ)もいる。残り5カ月の中で決めることになりそうだが、目下7月のEAFF E-1サッカー選手権の出来が重要になりそうだ。 右サイドバックはケガからの回復次第だが、酒井宏樹(浦和レッズ)、山根視来(川崎フロンターレ)、左サイドバックは長友佑都(FC東京)、中山雄太(ズヴォレ/オランダ)が現時点では順当な選出となるだろう。 そしてCBは4名。最近の招集メンバーを見れば、吉田麻也(サンプドリア/イタリア)、冨安健洋(アーセナル/イングランド)、板倉滉(シャルケ/ドイツ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)という構成になると見て良い。 中盤は考え方次第だがアンカーとインサイドハーフで6名という計算。遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)、守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)、田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)という最終予選のレギュラー3人に、原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)、鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)、柴崎岳(レガネス/スペイン)という3名になると予想できる。 前線の3人に関しては、右は伊東純也(ヘンク/ベルギー)、左は南野拓実(リバプール/イングランド)が軸に。そして控えとして堂安律(PSV/オランダ)、三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)と見て良いだろう。1トップは大迫勇也(ヴィッセル神戸)、浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)という序列に感じる。 これが本来の23名の枠で考えた時のメンバー。直近の日本代表活動で招集され、森保一監督の下で長い間プレーしてきたメンバーとなる。順当すぎるという感じだろう。 <span class="paragraph-title">◆残り3名でチームの幅を広げる</span> では、ここに3名が加わると考えるとどういう方法論があるのか。単純に考えれば、DF、MF、FWに1人ずつというのがセオリーとも言える。 すでに選んだ8名に加え、DF陣でもう1人加えると考えるなら、伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)という選択肢になるだろう。6月に初招集を受けて4試合中3試合でプレー。日本代表に慣れていない中、左サイドバック、センターバックでプレーしたが、高さとフィード能力で一定のパフォーマンスを見せた。 まだまだ連携面や約束事という点では物足りなさはあるが、ドイツに渡って1年目でシュツットガルト首脳陣の予想を良い意味で裏切りレギュラーとしてプレーした能力は十分見せた。複数ポジションができるという点でも望ましいメンバーの1人と言える。 中盤は[4-1-4-1]をベースに考えた6名を選択しているが、[4-2-3-1]となれば1つポジションが空いている。それがトップ下だ。 23名の中で考えれば鎌田、南野、堂安あたりが務めることになりそうだが、ここに割って入るとすれば久保建英(マジョルカ/スペイン)だろう。多くの期待を背負っている久保は、6月のガーナ代表戦でついに初ゴールを記録。3年かけての初ゴールとなったが、残り5カ月のパフォーマンスが重要。現時点で序列は低いが、3枠増えることで選択肢の1つになることは間違いない。どこのクラブに行くのか。選択を間違えず、5カ月でパフォーマンスを上げられることが期待される。 そしてもう1枠が前線。候補としては古橋亨梧、前田大然(セルティック/スコットランド)、上田綺世(鹿島アントラーズ)辺りだろう。いずれもクラブではゴールを量産しているが、代表ではなかなか結果を残せていない。試合に勝ってベスト8を目指すという目標に向けては、点が取れる選手が必要。大迫の状態もこの先わからず、流動的になるだろうが、W杯の時点で一番乗っている選手がベストだろう。この3人以外にもまだまだチャンスがあると言えるだけに、ゴールを量産し続ける選手としておきたい。 <span class="paragraph-title">◆チーム作りは無駄ではない可能性</span> ここまで森保一監督は、最終予選ではメンバーをほぼ固定して戦った一方で、6月の4試合はチームのベースアップ、様々な組み合わせによる化学反応を見極める時間に費やした。 新たなポジション、新たな組み合わせで見えてくるものもあり、固定して戦い方を固めた方が良いという意見も理解はできるが、このやり方も間違いではなかったと言える。 枠が3人広がったことで、チームとしてのバリエーションは広げられることになった。ただ3名を追加するというよりも、意図を持って3人追加できる方がプラス。そういった意味では、6月の4試合で見えたものをどうブラッシュアップしていくか。9月の貴重な時間に向けて、26名でのプランニングが必要となる。 ドイツ代表、スペイン代表、コスタリカ代表とどの相手も実力があり、一筋縄で勝てる相手ではないことは承知。ただ、そこを戦略性を持って攻略することは不可能ではない。残り5カ月、選手たちはピッチ上で最高のパフォーマンスを続けること、そして森保監督には26名で完成するパズルを組み立ててもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.06.24 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA、カタールW杯の登録選手を最大26名に拡大することを正式発表!

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の登録メンバーに関して最大26人に枠を拡大することを正式に発表した。 従来のW杯では通常23名の選手登録が許可されているが、今大会では26名まで登録が可能に。さらに予備登録メンバーも従来の35人から55人まで拡大されることとなった。 FIFAは「新型コロナウイルスの影響に加え、今大会が異例の時期に開催されることを踏まえ、チームにより大きな柔軟性を提供する必要がある」と登録枠の増加を説明している。 なお、試合では控え選手15人と、最低1人のドクターを含むチームスタッフ11人の計26人までがベンチ入り可能となっている。 2022.06.24 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFAランク更新! 日本はひとつ下げて24位に…ブラジル首位は変わらず

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、最新のFIFAランキングを発表した。 3月31日以来の更新となるFIFAランキング。この間にカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージの組み合わせが決まり、日本代表はスペイン、ドイツ、コスタリカと同組となった。 今月行われた親善試合では、日本はパラグアイ、ブラジル、ガーナ、チュニジアと対戦し2勝2敗という成績に。チュニジア代表戦では0-3の完敗を喫しただけに、本番に向けて不安の残る4試合となった。 そして、新たに発表されたランキングでは、日本はひとつ落として24位に。アジア勢では、イランが順位をふたつ下げながらも23位でトップをキープしている。 トップ10では、アルゼンチンがフランスを抜いて3位に浮上。デンマークは順位をひとつ上げて10位に食い込んできた。 また、カタールW杯で同居する3チームについては、スペインは6位、ドイツは11位、コスタリカは34位となっている。 ◆全体上位(カッコ内は前回順位) ★はカタールW杯出場決定国 1.ブラジル(1)★ 2.ベルギー(2)★ 3.アルゼンチン(4↑)★ 4.フランス(3↓)★ 5.イングランド(5)★ 6.スペイン(7↑)★ 7.イタリア(6↓) 8.オランダ(10↑)★ 9.ポルトガル(8↓)★ 10.デンマーク(11↑)★ 11.ドイツ(12↑)★ 12.メキシコ(9↓)★ 13.ウルグアイ(13)★ 14.アメリカ(15↑)★ 15.クロアチア(16↑)★ 16,スイス(14↓)★ 17.コロンビア(17) 18.セネガル(20↑)★ 19.ウェールズ(18↓) 20.スウェーデン(19↓) ◆アジア内トップ10(カッコ内は前回順位) 23.イラン(21↓) 24.日本(23↓) 28.韓国(29↑) 39.オーストラリア(42↑) 49.カタール(51↑) 53.サウジアラビア(49↓) 69,UAE(68↓) 70.イラク(72↑) 75.オマーン(75) 77.ウズベキスタン(83↑) 2022.06.23 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

50歳迎えるジダンがW杯決勝のワンシーンを回想「どうすべきか思考した。狂っていたわけじゃない」

元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンが、ワールドカップ(W杯)決勝で話題となった場面を振り返った。 23日に50歳の誕生日を迎えるジダンは、ワールドカップ(W杯)にもレ・ブルーの一員として1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会に出場。98年は決勝でブラジル代表から2ゴールを挙げ、母国を初優勝へと導いた。 06年大会でもファイナルのピッチへ立ったキャプテン。フランス『テレフット』にて、当時大きな話題を振り撒いたイタリア代表DFマルコ・マテラッツィへの頭突きに関して「まったく誇ることはできないが、それもまた私自身の過去の一部だ」と、振り返った。 ネガティブな印象を強く植え付けたシーンがある一方、先制点となったPKは大きな称賛を浴びていた。 キャプテンは開始早々の7分に獲得したPKを託された。百戦錬磨のジダンであってもイタリア代表の名GKジャンルイジ・ブッフォンを前に、しばし考える時間を要したという。 「こちらをよく知るGKを前にしているのだから、どうすれば決めることができるか、数秒思考した。その中で(自分が)培ってきた技術力は確かだと思った。狂っていたわけじゃない。PKには失敗も付き物だ。ただ、あの場面は絶対に決めなければならなかった」 そして、ジダンはW杯決勝という大舞台でパネンカを成功させた。 残念ながらその後追い付かれたフランスは、PK戦の末に敗れた。優勝、パネンカ、退場と、ジダンにとってのW杯決勝はあまりにも密度の濃い時間となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】世界に衝撃を与えたジダンの頭突き</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡A 13 años del histórico cabezazo de Zidane a Materazzi en la final del Mundial de Alemania 2006! <a href="https://t.co/mER1ISMvPq">pic.twitter.com/mER1ISMvPq</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1148555412234539010?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.23 05:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly