W杯を懸けた大一番へ! B・シウバがダークホース警戒 「彼らにその力がある」

2022.03.29 11:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表のMFベルナルド・シウバが必勝を期した。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

29日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ(PO)パスCの決勝で北マケドニア代表と対戦するポルトガル。準決勝のトルコ代表戦では、FWジオゴ・ジョタの強烈なヘディングシュートを含む3ゴールを挙げ、3-1でW杯出場を懸けた大一番に駒を進めた。

対する北マケドニアはグループJでもドイツ代表を破ったなか、先の準決勝でイタリア代表を撃破。いち躍ダークホースとして存在感を高めるが、B・シウバも警戒心を示しつつ、全力で臨むと語った。
「北マケドニアがここまで来れたのは彼らにその力があるからだよ。ポゼッションのスタッツとかは関係なく、ドイツとイタリアに勝ったのだから、強く、まとまりのあるチームに違いない。僕らの前に困難な課題があって、それを克服するために全力で戦わなきゃいけないことを教えてくれているんだ」


関連ニュース
thumb

ブルーノ2ゴールのポルトガルが連勝でGL突破! 惜敗ウルグアイは最下位からの逆転突破期す《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第2節、ポルトガル代表vsウルグアイ代表が28日に行われ、ポルトガルが2-0で勝利した。 優勝候補ポルトガルは、ガーナ代表との初戦をクリスティアーノ・ロナウドの男子W杯史上初の5大会連続ゴールなどで3-2と競り勝って白星スタートを飾った。連勝でのグループリーグ突破を目指すフェルナンド・サントスのチームは前節から先発3人を変更。負傷のダニーロとオタビオに代えてペペとウィリアム・カルヴァーリョ、ラファエル・ゲレイロに代えてヌーノ・メンデスを起用した。 一方、韓国代表との拮抗した初戦を0-0のドローで終えたウルグアイ。グループ本命相手に今大会初白星を目指した一戦では初戦から先発3人を変更。カセレス、ペリストリ、ルイス・スアレスに代えてコアテス、バレラ、カバーニを起用。並びを[4-3-3]から守備的な[3-5-2]に変更した。 ボールを握るポルトガル、堅守速攻で応戦するウルグアイと立ち上がりから構図が明確となった中、キックオフ直後から球際で激しい攻防が繰り広げられる。 開始3分にオリベラ、カルヴァーリョとシュートを打ち合うが、以降はフェリックスとクリスティアーノ・ロナウドの2トップが起点を作るポルトガルが多くのシュートシーンを創出していく。 一方、押し込まれることは織り込み済みも、なかなか狙いとするカウンターを繰り出せないウルグアイ。それでも、32分にはベンタンクールがハーフウェイライン付近から見事な縦への仕掛けをみせ、ボックス内に侵入。だが、GKとの一対一はジオゴ・コスタのビッグセーブに阻まれる。この絶好機を逸したものの、流れを掴んだセレステはベンタンクールの攻撃参加を生かして以降もゴールへ迫る。 前半終盤に入ってメンデスの負傷によってラファエル・ゲレイロのスクランブル投入を余儀なくされたポルトガルは、引いた相手に対してやや強引にフィニッシュへ持ち込むが、決定機まであと一歩という状況のまま前半終了を迎えた。 ゴールレスで折り返した後半も一進一退の攻防が続く。立ち上がりのカウンターチャンスをフェリックスが決め切れなかったポルトガルだが、意外な形からゴールをこじ開ける。 54分、左に流れたブルーノ・フェルナンデスがキックフェイントでDFのタイミングを外してクロスを供給すると、ゴール前に飛び出したロナウドのヘディングは不発も、クロスがそのままゴール右隅に決まった。 不運な形で失点したウルグアイは62分にベシーノとゴディンを下げてデ・アラスカエタ、ペリストリと2人のアタッカーを投入。この交代で[4-4-2]に並びを変更。ここから攻勢を強める。 以降はウルグアイがカウンターに加え、遅攻でも相手ゴールに迫るシーンを作り出す中、後半半ばに両ベンチが動く。1点リードのポルトガルはネヴェスを下げてレオンを投入し、カウンター色を強める[4-3-3]に変更。一方、押し切りたいウルグアイはカバーニとヌニェスを下げてスアレス、マキシ・ゴメスを同時投入した。 すると、この交代で勢いを増したウルグアイはここから続けてビッグチャンスを創出。まずは75分、右サイドのペリストリから横パスを受けたペナルティアーク付近のマキシ・ゴメスが右ポスト直撃のシュート。さらに、FKからゴール前で収めたスアレスの左足シュート、79分にはバルベルデのスルーパスに抜け出したデ・アラスカエタのチップキックでゴールに迫るが、GKジオゴ・コスタの好守などに阻まれる。 何とかこのピンチを凌いだポルトガルはガーナ戦に続き終盤の82分に3枚替えを敢行。ロナウド、フェリックス、カルヴァーリョを下げてマテウス・ヌネス、ゴンサロ・ラモス、パリ―ニャの投入で逃げ切り態勢に入る。この交代でうまく試合を落ち着かせると、試合終了間際に決定的な2点目を奪い切る。 89分、B・フェルナンデスがボックス手前で出したスルーパスの対応に当たったDFヒメネスの手にボールが当たると、オンフィールド・レビューの結果、ポルトガルにPKが与えられる。これをキッカーのB・フェルナンデスが冷静に決め切った。 この2点目で勝利を決定づけたポルトガルは9分が加えられた後半アディショナルタイムにもB・フェルナンデスが2度の決定機でハットトリックに迫ったが、相手GKの好守とポストに嫌われる。 それでも、相手の攻撃を無失点で凌ぎ切ったポルトガルが2連勝でグループリーグ突破を決定した。 なお、首位通過を目指すポルトガルは12月2日に3位の韓国と、最下位のウルグアイは2位のガーナとの最終節に臨む。 ポルトガル代表 2-0 ウルグアイ代表 【ポルトガル】 ブルーノ・フェルナンデス(後9) ブルーノ・フェルナンデス(後48[PK]) 2022.11.29 06:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表MFダニーロがトレーニング中のケガでグループ残り2試合を欠場…

ポルトガル代表のMFダニーロ・ペレイラがグループリーグの2試合を欠場することになった。ポルトガル『MaisFutebol』が報じている。 報道によれば、ダニーロは26日に行われたトレーニング中に肋骨を負傷。ポルトガル代表のメディカルスタッフによる検査で右肋骨3本が骨折していると診断された。 現時点で離脱期間は不明だが、少なくともグループリーグ2試合には間に合わないとのこと。ポルトガルはダニーロ不在の中で28日のウルグアイ代表戦、12月2日の韓国代表戦を勝ち抜き、決勝トーナメント進出を決めて戦列復帰を待つことになる。 2022.11.28 07:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「不可能なことは何もない」史上初のW杯5大会連続ゴールのC・ロナウドが改めて心境綴る「夢にも思わなかった」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、史上初となるワールドカップ5大会連続のゴールを改めて喜んだ。 24日、カタールW杯グループH第1節でポルトガル代表はガーナ代表と対戦した。 今大会が5度目の出場となるC・ロナウド。大会前にはマンチェスター・ユナイテッドやエリク・テン・ハグ監督を批判するインタビューが大きな話題に。そして、初戦の直前にはユナイテッドとの契約解除が発表され、無所属の状態でW杯に出場することとなった。 そのC・ロナウドは、初戦のガーナ戦にも先発出場。するとPKをしっかりと決めて、チームの先制ゴールをマーク。これは史上初となる5大会連続のゴールとなり、新たな歴史を刻んだ。なおチームは3-2で競り勝っている。 偉業を成し遂げ、サッカー界にまた新たな歴史を刻んだC・ロナウド。自身のインスタグラムを更新し、過去5大会の写真を並べ、喜びを表現した。 「5度のW杯でゴールを決めるということは、僕が決して夢にも思わなかった偉業を達成したということだ。同時に、不可能なことは何もないという証拠でもある」 「ポルトガルを代表して感じる誇りは、母国のためにゴールを決めるたびに感じる悦びに匹敵し、国民のために勝利を収めることでも感じられる」 「さあ行こう!まだ始まったばかりだ」 ポルトガル代表は、28日に第2戦でウルグアイ代表と対戦。勝利すれば、グループステージ突破が決定する。 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドがW杯5大会連続ゴールを喜ぶ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClY3TyrofkO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClY3TyrofkO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClY3TyrofkO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.26 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

やられたC・ロナウドは怒り?相手選手が代名詞のゴールパフォを完コピする!「やりおる」「メンタル強すぎ」

ガーナ代表FWオスマン・ブカリがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの代名詞を盗んだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第1節、ポルトガル代表vsガーナ代表が24日に行われ、ポルトガルが3-2で競り勝った。 前半をゴールレスで折り返したが後半に一気に動いたこの試合。65分のC・ロナウドの先制ゴールを皮切りに打ち合いとなると、ポルトガルが3-1とリードして試合終盤を迎える。 しかし89分、諦めないガーナがここから粘りを見せる。左サイドの背後へ飛び出したババがDFを一瞬振り切って強引に浮き球の折り返しを入れると、ゴール前にフリーで入り込んだブカリのヘディングシュートがゴール右隅に決まった。 ゴールを決めたブカリはコーナーフラッグの方へ駆け寄ると、大きくジャンプして空中で回転し、両手を広げて着地するゴールセレブレーションを披露。これは「Siuuu」と呼ばれるC・ロナウドの代名詞とも言えるものだ。 すでにベンチへと下がっていたC・ロナウドは、怒りの表情。だがこれは試合終了間際に失点を許した味方への怒りだという見方が強い。 ブカリのセレブレーションについては、ファンから「メンタル強すぎ」、「やりおる」、「煽ってる」と驚きの声も上がっているが、ブカリ自身はツイッターで釈明している。 「僕が行ったセレブレーションがロナウド選手に対して失礼ではないかという指摘があった。それは間違っている。W杯のデビュー戦で母国のためにゴールを決めた瞬間に打ちひしがれてセレブレーションをした。」 「私の生い立ちからして、年長者、ましてやアイドルの一人に失礼をすることは許されない。応援ありがとうございました」 なお、C・ロナウド本人も先制ゴールの場面ではこのセレブレーションを披露。今大会では後何度「Siuuu」が見られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ブカリのゴールパフォーマンス直後のC・ロナウドの表情がこちら</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ghana&#39;s Bukari scores on Portugal, proceeds to unleash Ronaldo&#39;s trademark Sui celebration. Camera man deserves an Oscar for immediately capturing Ronnie&#39;s reaction which is reminder that some things are more important than winning. Like Trademark Cellies <a href="https://t.co/n1fW1hWiap">pic.twitter.com/n1fW1hWiap</a></p>&mdash; Men in Blazers (@MenInBlazers) <a href="https://twitter.com/MenInBlazers/status/1595839070714093568?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「誰も彼よりは高く飛べない」 偉業W杯5大会連続ゴールのC・ロナウド、37歳とは思えないジャンプ力が大バズり「どうやったらそんなに飛べるんだ」

史上初となる5大会連続ゴールを記録したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、ゴールシーン以外でも話題を呼んでいる。 24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループH第1節でポルトガル代表はガーナ代表と対戦した。 今大会が5度目の出場となるC・ロナウド。大会前にはマンチェスター・ユナイテッドやエリク・テン・ハグ監督を批判するインタビューが大きな話題に。そして、初戦の直前にはユナイテッドとの契約解除が発表され、無所属の状態でW杯に出場することとなった。 そのC・ロナウドは、初戦のガーナ戦にも先発出場。するとPKをしっかりと決めて、チームの先制ゴールをマーク。これは史上初となる5大会連続のゴールとなり、新たな歴史を刻んだ。 偉業を成し遂げたC・ロナウドだが、このゴールシーン以上に話題となっている場面が。それは前半13分のシーン。クロスボールに対してボックス中央でC・ロナウドがヘディングをしているのだが、その高さが衝撃的だ。 競り合った相手DFモハメド・サリスよりも体半分高く飛び、周りの選手の顔のあたりには腰が来るほどの跳躍を見せていた。 ゴールは決まらなかったが、規格外の跳躍力には称賛の声。「信じられない高さだ」、「誰も彼よりは高く飛べない」、「どうやったらそんなに飛べるんだ」と驚きの声が届いた。もちろん、ゴールを決めていないことを揶揄するコメントも集まったが、37歳にして衝撃の身体能力を見せるC・ロナウド。5大会連続ゴールも決してまぐれではないということだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】真実とは思えない衝撃的な高さのジャンプを見せるC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClWaFecND6L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClWaFecND6L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClWaFecND6L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.25 12:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly