守護神としてW杯出場権獲得の権田修一、W杯出場の意義を語る

2022.03.25 02:33 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のGK権田修一(清水エスパルス)が、オーストラリア代表戦を振り返った。

24日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表vs日本代表が行われ、0-2で日本が勝利。7大会連続7度目のW杯出場を決めた。

日本は前半から押し込んでいく展開が続く中、なかなかゴールが奪えずにゴールレスでの折り返しに。その後、後半に入ってオーストラリアに盛り返されたものの、決定機を与えることなく試合は0-0のまま後半終盤に突入。
その中でMF三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ)の投入で流れを引き寄せた日本は、89分と94分にその三笘が続けてゴールを記録。最終的に2-0の勝利を収め、7大会連続7度目のW杯出場を決めた。

この試合でディフェンスラインと共に相手の攻撃をシャットアウトした守護神の権田は、試合後にオンライン会見に出席。「今日決めるという準備をしてきた」と、要所でリスクを背負った戦い方に関して自身の考えを語っている。

「まず試合に入る前に勝ちに行くということで入りました。勝ち点3を取って今日決めるという準備をして試合に入りました。試合の展開に関して、点を取った時間帯を含めてボールをキープする戦い方を選択すべきだったかもしれませんが、相手が隙を見せたところをアグレッシブに攻めたことが点につながりましたし、結果論ではありますが、少し後ろが同数になるリスクもありましたが、アグレッシブにやり切れたと思います。その姿勢はチームの良さでもあるので、次のベトナム戦も継続してやっていきたいです」

また、最低限のノルマと言われたW杯出場権獲得に関しては、嬉しさと共に安堵の思いが強いようだ。

「率直に嬉しかったです。同時にホッとした気持ちです」

「僕自身、1998年のフランスワールドカップがあったとき、小学3年生か4年生で、ちょうど自分の息子ぐらいの年齢でした。最近、息子の試合を見に行って、子供が純粋にサッカーを楽しんでいるところを目にする機会が増えています」

「僕は3、4年生の頃にフランスワールドカップを見てサッカーへの憧れを持った大会だったので、そういう機会を僕らのところで途絶えさせてはいけない。あとは僕は静岡でプレーしていますが、そこにいるサッカーが好きな子供たちにワールドカップを見せるという機会を絶対に作らなければいけないという、気持ちがとても強いので、そういう意味でホッとしています」

「エスパルスでの試合ではまた違ったプレッシャーがありますが、やっぱり代表戦では比較にならないようなプレッシャーを感じてぷれーしているということは隠せない部分でもあります」

「今日の試合では仲間の(清水エスパルスの)神谷優太、(V・ファーレン長崎の)奥井諒とかが試合後に連絡をくれました。神谷とはエスパルスで今一緒にやっているので、こういうサッカーをチームでもスタンダードにしていこうと話していました。奥井選手とも来年はJ1で勝負しようと話しました」

「僕のサッカー仲間も今日の試合を見て色んなことを感じてくれたと思います。今日の試合では(川崎)フロンターレの選手が多いですが、Jリーグから世界に旅立った選手でこの代表チームは成り立っていると思うので、Jリーグの各クラブが今日のオーストラリア戦のような緊張感を常に出していかなければならないです」

また、今予選を通じて日本のゴールマウスを守り続けてのW杯出場は個人としても非常に価値のあるものだが、権田も今予選を通じての個人としての成長を感じている。

「まずは本当に予選を勝ち抜く難しさを改めて感じました。二次予選も最終予選も簡単なものではなかったですが、個人的には二次予選でこのオーストラリア戦があったら個人的には全部ロングボールを蹴っていたと思います。やっぱり、今日も相手がプレッシャーをかけてきてグラウンドもぬかるんだ状況でしたが、自信を持ってビルドアップに参加することができました。そこは二次予選からずっとで続けてきた個人としての成果だと捉えています」

「もちろん、コーナーキックで僕に対するファウルを取ってくれたところなんかは、どっちに転ぶか分からずに負けてしまうこともあるので、これからワールドカップで勝っていくために持つべき強さだと思います。自分の中では自信も付いた一方、まだまだやらなければならないことも感じています。その意味で色んな感情を持てたことがここまでの成果です」

互いに一部主力を欠く中、チームとしての総合力、タフさが求められる試合で勝ち切れた日本。権田もその点でチームの成長を実感している。

「僕らはこの予選を通じて、様々な苦しい状況を乗り越えてきたたくましさを最後に見せられたのかなと思っています。ただ、すべては結果論で、もしかしたら過程の部分でもっとやらなければならなかったところが、個人としてもチームとしてもあったのかなと思います」

「アジアでは圧倒的な強さをみせろ、という意見も僕らは当然理解しています。ただ、常々言ってきたように、まずは予選を突破することが最も重要なことで、この予選を通して僕はずっとチームに携わってきましたが、成長を続けて目標を達成できたことは、本当にチームとしても日本サッカーとしても大きなことではないかなと思います」

この試合では途中出場の選手がチームを活性化させるなど、チームとしての総合力の充実が光るが、権田は普段の準備段階からのチームの雰囲気、個人の姿勢をその理由に挙げている。

「練習は大変です。前日練習である程度、スタメン、サブ組は分かりますが、自分がスタメンではないと分かったときに、サブ組は相手の並びに合わせてプレーするなど、色んな思いを抱えているとは思いますが、それでも全力で取り組んでくれます。代表に関して僕はザッケローニさんのときも携わっていましたが、全員が色んな思いを抱えて集まっています」

「今回に関しては(招集人数が)23名ではないので、呼ばれてもベンチメンバーから外れてしまう選手もいます。ただ、これが日本の良さと感じる部分は、誰一人として試合に出られないのであれば、練習をしないというような人間はいませんし、個人の成長やチームを勝たせるために同じ方向を見てやれています」

「前日練習は一番大変です。ゲームよりも前日練習の方が、より押し込まれることもありますし、チャンスを作れないことが多いです。それは日本の良さですし、所属クラブとかでも感じますが、紅白戦でうまくいかないぐらいがちょうどいいと言いますか、紅白戦で熱量があって良いプレーができて、スタメン組がうまくいかないぐらいのチーム状態の方が、もしかしたら良いのかもしれません」

「もちろん、スタメン組がもっと頑張れという意見もあるとは思いますが、チームは11人ではないので。そういう意味で今日は途中出場の選手が試合を決めましたし、(上田)綺世にしてもコパ(・アメリカ)には出ていましたが、自分が一緒に出るのは初めてでした。本人としてはデビュー戦のような気持ちがしたかもしれませんが、それでも途中から入ってあれだけのプレーをするのは簡単なことはないです。それこそ普段の準備やJリーグで力を出せている成果だと思います。そういうところがチームにとって絶対にプラスになると考えています」

この試合では少数ながらもアウェイの地に駆け付けたサポーターから試合を通して、チームの背中を押す応援が見られた。権田は試合後にW杯出場の喜びを分かち合った“仲間”の存在の大きさを改めて実感している。

「やっぱり、これがサッカーだなと改めて感じました。当然、Jリーグでは“まん防”が終わって入場制限が解けますが、まだ声出しができないとか、色んなルールがある中でみなさん我慢しながら色んな形で応援してくれています。オーストラリアではその規制がなく、自分が考えるサッカーのあるべき姿を久々に体験することができ、すごく難しい試合でしたが、最後のところであの応援を聞きながらやれたということは、アウェイでしたが僕らにとって大きな試合になりました」

「ただ、そこは難しいところで、次のベトナム戦(ホーム)は声を出してはいけないので、難しい部分ですが、今日はアウェイの難しい試合の中であれだけの応援をしていただけたことは本当にありがたかったです。こんな遠いオーストラリアまで来てくれた人たちの前で出場権を取れたことは良かったです。ベトナム戦は凱旋試合の形になりますが、そこで見に来てくれる人たちのために躍動する姿を見せたいと思います。声出しはできないですが、たくさんの方々に埼スタに集まってほしいです」

これで本大会行きを決めたことで、ここからは本大会メンバー入りへのポジション争いが熾烈を極めていくことになる。しかし、権田自身は目の前の試合だけに集中している。

「僕は次のベトナム戦に勝つことしか考えていないです。僕はそんなに何カ月も先のことを考えてプレーできるような器用な人間ではないので、まずは次のベトナム戦を勝てるように最高のコンディションを作っていくだけです。そういう積み重ねをこれからもやっていきたいです」

関連ニュース
thumb

「すっかり看板選手に」「バリかっこえぇやん」三笘薫がリバプール戦で主役に? クラブが激推しでMDPの表紙に採用「今日の主役扱い」

ブライトン&ホーブ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が再び注目を集めている。 ブライトンは29日、FAカップ4回戦でリバプールをホームに迎えて戦う。 14日に対戦したプレミアリーグ第20節では、同じホームで3-0と快勝。三笘も先発出場し、アシスト未遂の活躍を見せていた。 圧倒的な存在感をここまで見せている三笘。2週間ぶりの再戦となった中、この試合のマッチデー・プログラムの表紙を飾ることとなった。 クラブのSNSがマッチデー・プログラムを投稿。その隣には三笘のスパイク、そして後ろには三笘のユニフォームと三笘づくしとなっている。 ファンは「今日の主役扱い」、「凄い勢いで駆け上がってる」、「バリかっこえぇやん」、「すっかり看板選手に」、「クラブとサポのスターになってる」、「最高です」とコメントが寄せられている。 リーグ戦では圧倒した相手だが、今夜は果たして。前節のレスター・シティ戦ではスーパーゴールを決めただけに、三笘が再び輝くのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンが三笘づくしの写真を公開!マッチデーの表紙に採用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Today&#39;s cover star. <a href="https://t.co/Yk8a81D34E">pic.twitter.com/Yk8a81D34E</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1619677693649522690?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

39歳10日、長谷部誠が偉業達成! フランクフルト史上最年長、FPとしてのブンデスリーガ出場を達成

フランクフルトのMF長谷部誠が偉大な記録を打ち立てた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だ。 長谷部は再開後の2試合はベンチに座っていたが、この大一番で先発出場。昨年10月に負傷したこともあり、リーグ戦10試合ぶりの出場となった。 3バックの一角としてフル出場。チームの引き分けに貢献した長谷部だが、偉大な記録を樹立する。 1月18日に39歳の誕生日を迎えた長谷部。この試合は39歳と10日での出場となったが、フランクフルト史上、フィールドプレーヤーとして最年長でのブンデスリーガ出場選手となった。 2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクへと完全移籍してから15年が経過。ブンデスリーガの現役選手で最も長くプレーする選手であったが、長い歴史を誇るフランクフルトでも歴史を刻むこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部が記録樹立!鎌田は相手3人を引きつけるタメから同点弾シスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安律が巧みな動き出しで同点直後の決勝ゴールをアシスト! 今季ブンデス4アシスト目

フライブルクの日本代表MF堂安律がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクはホームにアウグスブルクを迎えた。 6位と好位置につけるフライブルクと14位のアウグスブルクの対戦。堂安律は[3-4-3]の右ウイングで先発出場を果たした。 リーグ再開後は数字を残せていない堂安。チームも6失点の惨敗に始まり、2試合で勝利がない状況だったが、この試合も13分に先制するも29分にPKで追いつかれてしまう。 嫌なムードが漂った中、直後の30分に堂安がチームを救う。ゴール前への浮き球のパスをミハエル・グレゴリッチュが頭で落とすと、ボックス内に入っていた堂安が相手選手と競り合いながらもダイレクトで折り返し。最後は、ルーカス・ホーラーが押し込んだ。 味方が競り勝つことを信じて走っていた堂安の好プレー。これが今シーズンのブンデスリーガで4アシスト目となった。 なお、試合は3-1でフライブルクが勝利。再開後初勝利を飾った。 <span class="paragraph-title">【動画】味方を信じた動きだし!追いつかれた1分後に堂安律が勝ち越し弾アシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Lmjm6ehlD0w";var video_start = 138;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「落ち着きえぐい」「パス完璧!」鎌田大地、3人を引きつけるタメから同点弾アシストにファン称賛「鎌田は誇りだ」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だ。 試合は34分にバイエルンがレロイ・サネのゴールで先制。リードした後もフランクフルトを攻めるが、追加点を許さない。 すると69分、フランクフルトはカウンター。バイタルエリアでパスを受けた鎌田はしっかりとキープして時間を作ると、3人を引きつけてパス。ボックス内左でパスを受けたランダル・コロ・ムアニが1人を振り切りネットを揺らした。 ファンは「落ち着きえぐい」、「パス完璧!」、「鎌田は誇りだ」、「鎌田は怖い存在だ」とコメント。巧みなシュートを決めたコロ・ムアニと共に称賛されている。 <span class="paragraph-title">【動画】相手3人を引きつけるタメから鎌田大地が同点弾をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

パリ五輪目指すU-22日本代表、3月遠征でU-22ドイツ代表戦! 大岩剛監督「成長に繋げていきたい」

日本サッカー協会(JFA)は28日、U-22日本代表が今年3月にU-22ドイツ代表と対戦する旨を発表した。 大岩剛監督が指揮を執るU-22日本。2024年のパリ・オリンピックを目指して、3月にも海外遠征の実施が決まるなか、同月24日にフランクフルトでU-22ドイツとの一戦が実現した。 試合のキックオフは18時15分(日本時間25日午前2時15分)を予定。チームを束ねる大岩監督はドイツとの対戦決定を受け、コメントした。 「パリオリンピック出場に向けて大事な年となる2023年の初戦で、ドイツという素晴らしいチームと対戦できることを嬉しく思っています。FIFAワールドカップカタール大会でのSAMURAI BLUE(日本代表)のドイツ戦は多くの方の記憶に新しいところです」 「『SAMURAI BLUE経由パリオリンピック』を掲げるこのグループとしても、サッカー大国に勝つことだけを考えて取り組み、勝負の先にあるチームとしての、そして個人としての成長に繋げていきたいと思います」 2023.01.28 16:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly