ドイツの18歳至宝ヴィルツに悲劇…左ヒザACL断裂で長期離脱へ

2022.03.14 07:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンは13日、同日のケルン戦で負傷交代したドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ(18)が左ヒザの前十字じん帯(ACL)を断裂したことを明かした。

ヴィルツは13日に行われたブンデスリーガ第26節のケルン戦(0-1で敗戦)に先発出場。前半の24分に相手陣内でドリブルを仕掛けた際に、バランスを崩して左ヒザを強く捻って悶絶。すぐさまメディカルスタッフにより治療を受けたものの、プレー続行は叶わず。担架でピッチを後にし、そのまま病院に直行していた。

そして、同試合後にレバークーゼンはMRI検査の結果、同選手が左ヒザのACL断裂と診断されたことを明らかにした。
離脱期間に関しては少なくとも半年以上が見込まれており、今シーズン中の復帰は絶望的だ。

2020年に今回の対戦相手ケルンからレバークーゼンのユースに加入したヴィルツは、ブンデスリーガ史上4番目の若さとなる17歳と15日でトップチームデビュー。

チェルシーへ旅立った同胞MFカイ・ハヴァーツの後継者として、昨シーズンから主力に定着すると、今シーズンここまでは公式戦31試合に出場し、10ゴール14アシストを記録。優れたアスリート能力、ボールテクニック、攻撃センスを兼ね備える万能型のアタッカーとして完全にブレイクし、昨年9月にはドイツ代表デビューも果たしていた。

今夏の移籍市場ではプレミアリーグの強豪クラブを中心にステップアップの可能性も報じられ、今年11月に行われるカタール・ワールドカップへの出場も期待されているが、今回のケガによる今後のキャリアプランへの影響が懸念される。

関連ニュース
thumb

レバークーゼン、復帰目前だったMFアランギスの再離脱を発表

レバークーゼンは8日、チリ代表MFチャルレス・アランギスが左ふくらはぎの負傷で再離脱したことを発表した。 アランギスは、10月15日に行われたブンデスリーガ第10節のフランクフルト戦で左ふくらはぎを負傷。以降の公式戦8試合を欠場していた。 クラブの発表によれば、6日のトレーニング参加を見送っていたアランギスは、ふくらはぎに新たな問題を抱えており、離脱を余儀なくされるとのことだ。 今後はバイ・アレーナでリハビリプログラムをこなし、早ければ1月上旬にもトレーニングに復帰できる見込みだという。 2015年にブラジルの名門インテルナシオナルからレバークーゼンに加入したアランギスは、豊富な運動量とパスセンス、戦術眼を武器にセントラルMFで活躍。在籍8年間で公式戦214試合に出場し17ゴール28アシストを記録。今季も公式戦15試合で2ゴールをマークしている。 2022.12.08 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

東京五輪金メダリストのFWパウリーニョがレバークーゼン退団…契約終了まで母国にレンタル

レバークーゼンは1日、U-23ブラジル代表FWパウリーニョ(22)がアトレチコ・ミネイロにレンタル移籍することを発表した。 なお、レバークーゼンとパウリーニョの契約は2023年6月30日までとなっており、一方通行のレンタルという形となる。 ヴァスコ・ダ・ガマ下部組織出身のパウリーニョは、2017年6月にトップチームに昇格。ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが保持していたクラブの最年少ゴール記録(17歳と6日)を更新するなど、若くしてブレイクを果たした。 その後、2018年夏に加入したレバークーゼンではヒザ前十字じん帯断裂の重傷などもあり、在籍4年半で79試合9ゴール5アシストの数字にとどまっていた。 2021年に行われた東京オリンピックではU-24ブラジル代表の一員として金メダルを獲得したが、今シーズンはここまで公式戦7試合1ゴールと、熾烈な前線のポジション争いにおいて苦戦を強いられていた。 2022.12.02 00:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤負傷欠場のシュツットガルト、伊藤フル出場もレバークーゼンにシャットアウト負け《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは12日、ブンデスリーガ第15節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF遠藤航は負傷欠場している。 前節ヘルタ・ベルリン戦をラストプレー弾で劇的勝利とした15位シュツットガルト(勝ち点14)は、遠藤が脳震とうにより欠場となった中、伊藤が[4-3-3]の左サイドバックでスタメンとなった。 13位レバークーゼン(勝ち点15)に対し、守勢の入りとなったシュツットガルトは30分に押し切られる。ディアビに持ち上がられ、ボックス手前からコントロールシュートを決められた。 ハーフタイムにかけても好機を作れなかったシュツットガルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半もレバークーゼンのペースで進む中、63分にピンチ。ディアビの左クロスに合わせたフリンポンのシュートがバーに直撃した。 そして77分にはフリンポンにボレーシュートでネットを揺らされるも、わずかにオフサイドで助かった。しかし82分、CKからターに決められ万事休す。 レバークーゼンの前に全くチャンスを作れなかったシュツットガルトは敗戦でブレイクに入ることとなった。 2022.11.13 01:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサvsユナイテッドのビッグカードがPOで実現! 守田英正、南野拓実、原口元気の対戦相手は?《EL》

7日、ヨーロッパリーグ(EL)のノックアウトステージ・プレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのEL。グループ首位がラウンド16に、2位はチャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 バルセロナやユベントス、アヤックスなど強豪クラブがCL敗退となった中、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングCPもプレーオフに参加した。一方で、ELからは日本代表MF南野拓実が所属するモナコ、日本代表MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンが参加している。 なお、DF冨安健洋のアーセナル、MF堂安律のフライブルク、MF久保建英のレアル・ソシエダ、DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは1位で突破し、既にラウンド16進出を決めていた。 そんな中、2年連続でCLをグループステージで敗退となったバルセロナは、マンチェスター・ユナイテッドと対戦することに。プレーオフの最大のカードとなった。 また、守田のスポルティングCPはミッティラン、南野のモナコはレバークーゼン、原口のウニオン・ベルリンはアヤックスとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ELプレーオフ組み合わせ バルセロナ(CLグループC・3位) vs マンチェスター・ユナイテッド(ELグループE・2位) ユベントス(CLグループH・3位) vs ナント(ELグループG・2位) スポルティングCP(CLグループD・3位) vs ミッティラン(ELグループF・2位) シャフタール・ドネツク(CLグループF・3位) vs スタッド・レンヌ(ELグループB・2位) アヤックス(CLグループA・3位) vs ウニオン・ベルリン(ELグループD・2位) レバークーゼン(CLグループB・3位) vs モナコ(ELグループH・2位) セビージャ(CLグループG・3位) vs PSV(ELグループA・2位) ザルツブルク(CLグループE・3位) vs ローマ(ELグループC・2位) 3 個のファイル 2022.11.07 21:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly