グラナダ、成績不振でロベルト・モレノ監督を解任

2022.03.06 13:47 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グラナダは5日、ロベルト・モレノ監督(44)を解任したことを発表した。

同監督は昨夏、グラナダを1部昇格に導いたディエゴ・マルティネス監督の後任として着任。だが、リーグ戦では27試合を終えた時点で5勝10分け12敗。直近では9試合未勝利で、降格圏と3ポイント差の17位に沈んでいた。

そして、5日に行われたバレンシア戦での敗戦が解任の引き金となった。

44歳のスペイン人指揮官は、これまでローマやセルタ、バルセロナでアシスタントコーチを歴任し、2018年からはスペイン代表でルイス・エンリケ監督の右腕を務めていた。

そのエンリケ監督が家庭の事情で退任したことをきっかけに、ラ・ロハの正式指揮官に就任。ユーロ2020の欧州予選を無敗で勝ち抜き、本戦出場を決めるなど結果を残した。

しかし、エンリケ監督の復帰に伴い、2019年11月に退任。その1カ月後にはモナコの監督に就任したが、新型コロナウイルスの影響で中止に至ったリーグ・アンにおいて、低迷していた同クラブを立て直すことができず、10試合で3勝3分け4敗に留まり9位でシーズンを終えていた。

なお、ロベルト・モレノ監督の後任には、リザーブチームで監督を務めるルベン・トレシージャ氏が就くことになる。

関連ニュース
thumb

ヘタフェの元アルゼンチン代表DFホナタン・シルバ、降格グラナダにレンタル

ラ・リーガ2部に降格したグラナダは26日、ヘタフェの元アルゼンチン代表DFホナタン・シルバ(28)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 アルゼンチン代表として2試合の出場歴を持つ左サイドバックのホナタン・シルバは、スポルティングCPで活躍後、ローマやレガネスに在籍。 そして昨夏、レガネスからヘタフェに完全移籍していたが、ラ・リーガ9試合の出場に終わっていた。 両クラブ間では前日、スペイン人MFルイス・ミジャ(27)がヘタフェに完全移籍していた。 2022.07.26 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェが降格のグラナダからスペイン人MFルイス・ミジャの獲得を正式発表!

ヘタフェは25日、グラナダからスペイン人MFルイス・ミジャ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 元スペイン代表MFとしてバルセロナやレアル・マドリーでプレーしたルイス・ミジャ氏を父に持つミジャはアトレティコ・マドリーのユースチームに所属するもファーストチーム昇格は果たせず。その後はラージョ・バジェカーノB、アルコルコン、ギフエロ、フエンブラダ、テネリフェなど、セグンダ・ディビシオンのチームを転々としていた。 2020年7月にグラナダに加入してラ・リーガデビューを果たすと、昨シーズンはシーズンを通して主軸としてプレーし、公式戦36試合に出場して3ゴール4アシストの成績をマーク。しかし、チームは残留争いに巻き込まれ、ラ・リーガ最終節で勝ち切れなかったことから降格が決まった。 なお、移籍金については公表されていないが、スペイン『アス』によるとヘタフェは移籍金500万ユーロ(約6億9000万円)を支払ったほか、DFミゲル・ルビオとDFイグナシ・ミケルの譲渡、DFエリック・カバコとDFジョナサン・シルバのレンタル移籍も取引に含まれた模様だ。 2022.07.26 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

カジェホンがグラナダ加入! 9年ぶり母国復帰

グラナダは25日、フィオレンティーナの元スペイン代表FWホセ・カジェホン(35)の加入を発表した。フリー移籍のため、移籍金はかかっていない。 2013年夏に加入したナポリでの活躍が印象深いカジェホン。同クラブでは在籍7年間で公式戦349試合に出場し、82ゴール79アシストの圧巻のスタッツを残した。 フィオレンティーナではこの2年間で公式戦55試合に出場。2ゴール4アシストと数字上での貢献は見せられなかったものの、準主力という立ち位置でチームをサポートした。 以前から今夏の退団が噂されていたカジェホンだが、予想通りフィレオンティーナとの契約満了に伴い、新天地へ向かうことに。今回のグラナダ加入で個人としては9年ぶりの母国復帰となった。 2022.07.25 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、コロンビア代表FWルイス・スアレス獲得でクラブ間合意!

マルセイユは18日、コロンビア代表FWルイス・スアレス(24)の完全移籍に関して、グラナダと合意に至ったことを発表した。 マルセイユへの渡航を許可された同選手は、現地でメディカルチェックを受診した後、契約書にサインする予定だ。 スアレスは、2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入していた。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となっていた。 185cmのストライカーは、爆発的なスプリント能力とドリブルテクニックを武器に、ボールのオン・オフに関わらず、ディフェンスラインに脅威を与える推進力、打開力が売りだ。 コロンビア代表では主力定着には至らないが、ここまで4試合に出場している。 2022.07.19 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、グラナダ退団のDFエスクデロを獲得

バジャドリーは13日、グラナダを退団していたスペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(31)の加入を発表した。契約期間は2024年6月までの2年間となっている。 ムルシアでプロデビューを飾った左サイドバックのエスクデロは、シャルケ、ヘタフェを経て、2015年夏にセビージャに加入。セビージャでは公式戦176試合に出場し、主力として活躍した。 昨季はグラナダに完全移籍。ラ・リーガ27試合(うち先発は15試合)に出場し2ゴール1アシストを記録するも、チームは18位に終わって2部に降格していた。 2022.07.14 07:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly