ウクライナ代表、スコットランド代表戦の延期を要請…男女のキャプテンは寄り添うと声明「友情と団結を表明する」

2022.03.04 15:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウクライナサッカー連盟(UAF)が、3月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフについて、延期を要請したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

ウクライナはカタールW杯欧州予選のプレーオフに進出。3月24日にはスコットランド代表とアウェイで対戦することが決定していた。

しかし、2月24日に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻により、国内リーグが中断している。

この件について国際サッカー連盟(FIFA)は「適切な解決策を見つける」とし、欧州サッカー連盟(UEFA)とスコットランドサッカー協会(SFA)が調整しているとのこと。「ウクライナで起こっていることに影響を受けたすべての人に、FIFAは最も深い連帯を表明している。今後、さらなるアップデートが提供される」と何らかの決断をするようだ。

SFAは男子代表のキャプテンであるDFアンドリュー・ロバートソン(リバプール)と、女子代表のキャプテンであるDFレイチェル・コージー(アストン・ビラ)の連名で声明を発表。ウクライナに寄り添うとしていた。

「スコットランドの男子と女子の代表チームは、ウクライナのサッカーコミュニティの同僚との連帯を表明しています。試合は、フィールド上でどれほど重要であっても、このような状況では重要ではありません。来月のフィールドでの会合では、友情と団結を表明するつもりです」

「その間、僕たちはあなたの幸福と無邪気に苦しんでいるすべての人々の安全を祈っています。僕たちが会うまで、あなたへの支持を表明します」

カタールW杯の組み合わせ抽選は4月1日。果たしてFIFAとUEFAはどのような決断を下すのだろうか。

関連ニュース
thumb

「ウェールズに幸あれ」W杯出場を逃したウクライナ指揮官が対戦相手にエール、ロシアの軍事侵攻については「支援を欲している」

ウクライナ代表のオレクサンドル・ペトラコフ監督が、ワールドカップ(W杯)出場を逃すも対戦相手へのエールを送った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ロシアによる軍事侵攻を受け、3月に行われる予定だったカタールW杯の欧州予選プレーオフが延期となっていたウクライナだが、1日に行われたプレーオフ準決勝ではスコットランド代表に勝利。勢いに乗るチームは5日に行われたプレーオフ決勝で、16年ぶり2回目の本大会出場を懸けてウェールズ代表と対戦した。 試合は立ち上がりからアグレッシブな展開となると、DFオレクサンドル・ジンチェンコを中心とした攻撃で幾度となく相手ゴールに迫りながらもゴールを奪えず。34分にFWアンドリー・ヤルモレンコによる痛恨のオウンゴールで失点を許したチームは後半も攻勢を続けたものの、最後まで相手ネットを揺らすことはできないまま0-1で敗れた。 W杯出場にあと一歩届かなかったウクライナだが、試合後の記者会見に出席したペトラコフ監督は苦境に陥る母国への団結を示してくれたウェールズに感謝を示しつつ、選手たちを責めるつもりはまったくないと強調した。 「ウェールズに感謝の意を表したい。彼らがW杯で可能な限りの幸運を手にすることを祈っている。ウクライナはウェールズに対して、とても感謝している」 「我々はできる限りのことをしたが、得点できなかったのが残念だった。ただ、これがスポーツだと思う。一方のチームは運が良く、もう一方のチームは必要な運を手にできなかった」 「私はチームのどの選手に対しても、批判するつもりなどない。どの選手に対しても、何も触れる必要はないだろう。批判したければ、私を批判して欲しい。チームが負ければ、責めを負うのは監督だけだ」 また、ペトラコフ監督は2月から続くロシアのウクライナ侵攻についても言及。苦しい情勢を明かしつつ、世界の支援が必要だと訴えた。 「ウクライナで何が起こっているかは、ご存知の通りだろう。国中で戦争が起きている状態だ。子供や女性が毎日のように死に、インフラはロシアの蛮族によって破壊されている。ロシア人は我々を傷つけようとしており、ウクライナ人は自分たちの土地を守っている」 「我々はただ、皆の支援を欲している。そして、私の国で起きていることを理解して欲しいのだ」 2022.06.06 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

64年ぶりW杯出場のウェールズ、暫定指揮官も歓喜「自分たちならできると信じていた」

ウェールズ代表のロバート・ページ暫定監督が、64年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に歓喜した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ウェールズは5日に行われたカタールW杯の欧州予選プレーオフ決勝でウクライナ代表と対戦した。 ロシアのウクライナ侵攻により開催が延期となっていた一戦、ウクライナに度重なるチャンスを作られながらもGKウェイン・ヘネシーの好セーブでしのぎ続けると、34分にFWガレス・ベイルの蹴ったFKがオウンゴールにつながり先制に成功。その後もウクライナの猛攻を最後まで耐えきり、1-0で勝利した。 この結果、ウェールズは1958年のスウェーデン大会以来となるW杯出場が決定。64年ぶりの快挙に対して、試合後にページ暫定監督は選手たちを称えつつ、これまでチームを率いてきた歴代の指揮官たちにも感謝の意を示した。 「私はチームをとても誇りに思っている。選手たちにはW杯が欠けていたが、今日それを手にすることができた。そして、フットボール界最高のサポーターである彼らも、試合開始1分から我々を助けてくれたと思う」 「トレーニングの様子を見ていたから、チームを全面的に信頼していた。これは(2011年に他界した)ギャリー・スピードが12年か13年前に始めたことでもあり、勝利を彼に捧げたい。彼がこのチームのカルチャーを築き始めたんだ」 「そしてクリス・コールマンがチームをさらにレベルアップさせて、私がそれを受け継いだ。今の我々は自信を持って試合に臨んでいると思う。ユーロやW杯の出場権を獲得するため、ただ望みをかけるのではなく、自分たちならできると信じていたんだ」 2022.06.06 11:26 Mon
twitterfacebook
thumb

「本当に信じられない」好守連発で64年ぶりのW杯出場を掴んだヘネシー、ウクライナにも賛辞「功績を認めるべき」

ウェールズ代表のGKウェイン・ヘネシーが、64年ぶりのワールドカップ(W杯)出場を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 5日、カタールW杯の欧州予選プレーオフ決勝が行われた。 ヨーロッパからの最後の1枠を決める戦い。ウェールズは、16年ぶり2回目の出場を目指すウクライナ代表と対戦した。 ロシアの軍事侵攻により3月に開催予定だった試合が延期して開催。スコットランド代表を破り、勢いに乗るウクライナを迎えた。 互いにアグレッシブに戦う中、ウェールズはGKヘネシーが好セーブを連発。すると34分、ボックス手前からのFKをベイルが低弾道のシュートで狙うと、これがオウンゴールを誘発。そのゴールを守り切り、1-0で勝利。1958年のスウェーデン大会以来となるW杯出場を決めた。 ウクライナに押し込まれる時間が長い中、好セーブを連発し、クリーンシートを達成した守護神は『スカイ・スポーツ』のインタビューでW杯出場を喜んだ。 「本当に信じられない。でも、今夜ピッチに立ったみんなも、スタッフも、この大会を通じてみんな素晴らしかった」 「ウェールズのユニフォームを着て戦った最高の試合だ。とても重要なステップだ。そして、ウクライナの功績を認めるべきでもある」 「ガレス・ベイルはFKでは非常に危険だ。彼は素晴らしい才能を持っており、見ていて楽しいよ」 「交代で入る方が緊張する。僕がベンチにいる時、心臓はドキドキしていて、飛び跳ねているんだよ。でも、ピッチにいるときは、周囲に気を配ることができるね」 <span class="paragraph-title">【動画】守護神・ヘネシーが気迫の足でセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sX_y0UD9xPo";var video_start = 238;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.06 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「ウェールズがW杯で活躍することを願う」W杯出場権を逃したウクライナ、ジンチェンコがウェールズにエール

ウクライナ代表のDFオレクサンドル・ジンチェンコが、ウェールズ代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選プレーオフ決勝が行われた。 ヨーロッパからの最後の1枠を決める戦い。ウクライナは、64年ぶり2回目の出場を目指すウェールズと対戦した。 ロシアの軍事侵攻により3月に開催予定だった試合が延期して開催。スコットランド代表を破り、勢いに乗るウクライナは、そのままウェールズを撃破しに挑んだ。 互いにアグレッシブに戦う中、ウェールズはGKウェイン・ヘネシーが好セーブを連発。すると34分、ボックス手前からのFKをガレス・ベイルが低弾道のシュートで狙うと、これがクリアしたアンドリー・ヤルモレンコのオウンゴールを誘発した。 先制を許したウクライナは、ウェールズゴールに迫るも、GKヘネシーに何度となく防がれ、1-0で敗戦。ウェールズが1958年のスウェーデン大会以来となるW杯出場を決めた。 試合後『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたジンチェンコが、W杯の出場を逃したことを悔やみながらも、難しい状況でのサポートに感謝の気持ちを述べた。 「まずは、サポートしてくれたことを感謝する。僕たち全員が、持っているもの全てを捧げ、ピッチに置いてきた」 「ウェールズは素晴らしい仕事をした。ヘネシーは最優秀選手だろう。彼はいくつか信じられないセーブを見せた」 「今日は負けるに値しなかった。とてもキツいよ。僕たちはたくさん働き続ける必要がある。ウェールズがW杯で活躍することを願っている」 また、母国が戦禍にある厳しい状況での試合に対し、サポートしてくれたファンにも言及。出場権を得られなかったことを謝罪しながら、出し尽くしたと語った。 「サッカーはエモーショナルだ。ファンに素晴らしい感情や気持ちを与えることができれば、それは僕たちにとって素晴らしいことであり、それが仕事だと思う」 「残念ながら、今日は期待した結果が得られず、ファンのみんなには申し訳ないと思う」 「今日はピッチで全力を尽くしたが、それがサッカーだ。起こり得ることなんだ」 2022.06.06 09:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「この気持ちは説明できない」64年ぶりW杯出場を決めたベイル、コンディション不良も奮起「ちょっと空回りした」

ウェールズ代表のFWガレス・ベイルが、64年ぶりのワールドカップ(W杯)出場を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 5日、カタールW杯の欧州予選プレーオフ決勝が行われた。 ヨーロッパからの最後の1枠を決める戦い。ウェールズは、16年ぶり2回目の出場を目指すウクライナ代表と対戦した。 ロシアの軍事侵攻により3月に開催予定だった試合が延期して開催。スコットランド代表を破り、勢いに乗るウクライナを迎えた。 互いにアグレッシブに戦う中、ウェールズはGKウェイン・ヘネシーが好セーブを連発。すると34分、ボックス手前からのFKをベイルが低弾道のシュートで狙うと、これがオウンゴールを誘発。そのゴールを守り切り、1-0で勝利。1958年のスウェーデン大会以来となるW杯出場を決めた。 キャプテンとして先発出場し、オウンゴールを誘発したベイルは、『スカイ・スポーツ』のインタビューでW杯出場を喜んだ。 「ウェールズのサッカーの歴史の中で、最大の結果だ。僕たちはみんな我を忘れているよ」 「それは、願い続けてきた夢であり、スタートしてから取り組んできたことだった」 「僕たちの素晴らしいファンみんなのためだ。この気持ちは説明できない」 しかし、そのベイルはコンディションが良かったわけではないとコメント。それでもキャプテンとしての役目を果たした。 「ここ数週間は、腰が痙攣していてあまりプレーしていなかった。だから、できることをやっただけだ」 「僕はピッチで全力を尽くした。ちょっと空回りしてしまったね」 <span class="paragraph-title">【動画】ベイルの鋭いFKがW杯への道を切り拓く!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sX_y0UD9xPo";var video_start = 155;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.06 09:12 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly