【J1開幕直前ガイド|清水エスパルス】目標は「タイトル獲得」、並々ならぬ覚悟を持って臨む1年に

2022.02.19 12:49 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。
清水エスパルス
2021シーズン成績:14位(10勝12分け16敗)

◆戦力分析

主軸選手を放出しながらも、MF神谷優太(←柏レイソル)、MF岸本武流(←徳島ヴォルティス)、MF白崎凌兵(←鹿島アントラーズ)と実力者を補強。チームとして戦力ダウンをすることは避けた。

なかなか結果を残せていない近年の悪い流れを脱却すべく、守護神のGK権田修一(←ポルティモネンセ)も完全移籍に切り替え。また、武者修行からFW髙橋大悟(←ギラヴァンツ北九州)も戻ってきた。

各ポジションにしっかりと選手がおり、年齢のバランスもベテラン、中堅、若手と揃っている。チームを立て直すというシーズンになるが、充実したスカッドになったと言えるだろう。

◆目標

目標は「タイトル獲得」だ。昨年の14位、低調な戦いぶりで残留争いをしたクラブとしては高い目標とも言える。キャプテンの権田も「昨年までの成績を見れば何を言っているんだと言われる方もいると思いますが、僕らは今シーズンは本気で全員がクラブとしてタイトルを目指してやっていきたいと思います」と語るだけに、本気であることが窺える。

最後に清水がタイトルを獲得したのは、2001年の天皇杯。そこから20年以上が経っており、清水の選手がトロフィーを掲げたところを見たことがない選手も増えてきた。

高すぎる目標にも思えるが、目指すのは自由。あとは、その目標を目指すに値する戦いを見せられるかどうか。少なくとも、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を得ることは求められるだろう。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
MF松岡大起(20)

Jから世界を熱くしてくれそうな選手には、MF松岡大起を選出したい。

昨シーズン途中に強い覚悟を持って下部組織から育ったサガン鳥栖を離れ、清水へと移籍。15試合に先発出場を果たした。持ち前のハードな守備、カバーエリアの広さを見せた松岡。フルシーズンを戦うことになる今シーズンは、チームの軸としての活躍が期待される。

また、世代別代表でも発揮しているキャプテンシーはチームにも求められ、副キャプテンに就任。A代表にも選出され、高いレベルを知った松岡。羽ばたく準備は整った。

◆注目ポイント

注目は目標に掲げた「タイトル獲得」に見合ったプレーを見せられるかどうかだろう。目標に掲げただけでは絵に描いた餅。ファン・サポーターを納得させるだけのパフォーマンスをピッチ上で見せなければいけない。

権田は「昨シーズン試合に出ていた選手もそうですが、出ていなかった選手、レンタルバックで戻ってきた選手が覚悟を持って今シーズンに臨もうとしているというのは最初の1日目から感じました」と語り、選手たちの覚悟はできている様子。あとはピッチで見せるだけだ。

「誰か1人に頼るのではなく、全員が全員のため、チームのために走る、献身的な姿勢、ハードワークする姿勢」をストロングポイントに掲げたが、これをしっかり試合で出せれば、目標は見えてくる。開幕からどのような試合を見せるかに注目だ。

関連ニュース
thumb

「2023シーズンも清水エスパルスで」…今夏復帰の北川航也が残留決断の契約更新! 愛するクラブで1年でのJ1復帰期す

清水エスパルスは6日、元日本代表FW北川航也(26)との契約更新を発表した。 清水の育成出身エースとして活躍後、2019年7月にオーストリアのラピド・ウィーンに移籍した北川。その欧州挑戦から今夏に復帰した。 清水は明治安田生命J1リーグ17位でJ2降格の憂き目となり、個人も10試合で1得点と振るわずだった北川だが、来季もチーム残留を決めた。 チームとともに1年でのJ1復帰を目指す道を選択した北川はクラブ公式ウェブサイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンも清水エスパルスでプレーします。私にとってこのクラブは特別であり、いつもこのエンブレムを背負うことに誇りと責任を感じています。皆様と多くの喜びをわかちあい、チームの目標を達成できるように全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2022.12.06 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

清水がコーチ陣を発表、日韓W杯にも出場した市川大祐氏、元日本代表GKの古川昌明氏が入閣

清水エスパルスは2日、ジュニアユース三島U-13の市川大祐監督(42)がコーチに、いわきFCのGKコーチだった古川昌明氏(54)がGKコーチに就任することを発表した。 市川氏は、清水の下部組織出身で、清水やヴァンフォーレ甲府、水戸ホーリーホック、藤枝MYFC、FC今治、ヴァンラーレ八戸でプレー。引退後は清水のサッカースクールコーチの他、U-13、U-14、U-15の監督を歴任。今シーズンはジュニアユース三島U-13で監督を務めた。 現役時代は日本代表にも選ばれ、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)にも出場し、右サイドバックでプレーしていた。 古川氏は、鹿島アントラーズやアビスパ福岡でプレー。日本代表としてもプレーした。引退後は、ブラジルのコリンチャンスでGKアシスタントコーチを務めた他、川崎フロンターレ、鹿島でもGKコーチを担当。今シーズンはいわきFCでGKコーチを務めたいた。 両コーチはクラブを通じてコメントしている。 ◆市川大祐 コーチ 「2023シーズンよりトップチームのコーチに就任する市川大祐です。Jr.ユースの一期生として清水エスパルスに入団し、ユース、トップチームと18年間過ごした特別なクラブです。2023シーズンが清水エスパルスにとってかけがえのないシーズンとなるよう全力で努めてまいります。よろしくお願いいたします」 ◆古川昌明 GKコーチ 「清水エスパルスを愛し応援してくださる全ての皆様、この度GKコーチに就任する事になりました古川昌明です。伝統ある清水エスパルスで仕事をさせていただける事を大変光栄に思います。また、その責任の重さも十分理解しています。与えられた責務を必ず全うし、目標達成に向けて全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」 2022.12.02 15:05 Fri
twitterfacebook
thumb

清水がFW後藤優介との契約満了を発表「家族全員が静岡を大好きになりました」

清水エスパルスは1日、FW後藤優介(29)との契約満了を発表した。 鹿児島出身の後藤は大分トリニータの下部組織で育ち、2012年にトップチーム昇格。主力の一人としてチームのJ2昇格、J1昇格に貢献し、2020年に清水へ完全移籍で加入した。 加入初年度はポジションを掴み明治安田生命J1リーグで32試合に出場したが、昨シーズンはリーグ戦出場が18試合と出番が減少。今シーズンもJ2降格が決まったチームにあってリーグ戦15試合の出場にとどまり、得点はなかった。 3シーズンを過ごした清水から去ることになった後藤は、クラブを通じてサポートへの感謝を述べている。 「今シーズン限りで清水エスパルスを離れることになりました。エスパルスに関わる全ての皆様、3年間お世話になりました。長く在籍した大分から初めての移籍ということもあり、不安なことも多かったですが、選手、スタッフ、サポーターの皆様のおかげで、3年間僕なりに真剣にサッカーに取り組むことができました。どんな時も変わらず応援してくれてありがとうございました」 「苦しい結果となってしまいましたが、今後のエスパルスの発展を祈り、自分もここでの経験を糧に新天地で頑張ります。最後に、静岡で出会った方達は皆さん温かく、家族全員が静岡を大好きになりました。3年間ありがとうございました」 2022.12.01 15:39 Thu
twitterfacebook
thumb

清水、柏のDF北爪健吾を完全移籍で獲得!「自分の持っている全てを懸けたい」

清水エスパルスは1日、柏レイソルからDF北爪健吾(30)の完全移籍加入を発表した。 群馬県出身の北爪は、専修大学から2015年に加入したジェフユナイテッド千葉でプロデビュー。その後、横浜FCを経て2020年に柏へ加入すると、初年度から主力の一人として定着し、明治安田生命J1リーグで23試合に出場した。 しかし、昨シーズンは公式戦13試合の出場にとどまるなど序列が低下。巻き返しを図り臨んだ今シーズンもリーグ戦わずか8試合の出場に終わった。 3年間を過ごした柏を離れ、清水で新たなチャレンジに挑む決断を下した北爪。両クラブを通じてファンへの感謝や新シーズンへの意気込みを述べている。 ◆清水エスパルス 「はじめまして北爪健吾です。学生の時に続き、2回目のオファーをいただいたことは選手としてこれ以上ない喜びです。同時にこのチームのために自分の持っている全てを懸けたいと思い決断しました。チームのJ2優勝、J1昇格をエスパルスに関わる皆様と達成することがとても楽しみです。これからよろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「3年間ありがとうございました。レイソルサポーターのみなさんにはコロナ禍の中でも改めてサッカー選手である喜びを感じさせてもらい、たくさん後押しをしていただき感謝しています」 「日立台で決めたJ1初ゴールは一生忘れません。もう一緒に戦うことができないと思うととても寂しいですが、結果がすべての世界です。清水エスパルスで更に成長し、対戦相手として日立台に戻ってきます。忘れられない3年間を本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:48 Thu
twitterfacebook
thumb

柏がJ2降格の清水からDF立田悠悟、DF片山瑛一を獲得!「覚悟を持ってレイソルのために戦います」

柏レイソルは30日、清水エスパルスからDF立田悠悟(24)とDF片山瑛一(31)が完全移籍加入することを発表した。 ジュニアユース時代から清水の下部組織に所属する立田は、2017年にトップチーム昇格を果たすとセンターバックの主力に定着。今シーズンも明治安田生命J1リーグで26試合に出場した。 埼玉県出身の片山は、2014年に早稲田大学からファジアーノ岡山入りを果たしてプロデビュー。その後、セレッソ大阪を経て昨シーズンから清水に加入。今シーズンは主に右サイドバックとしてリーグ戦31試合に出場して2ゴールの成績を収めた。 J2降格の清水から移籍する決断を下した両選手は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆立田悠悟 【柏レイソル】 「柏レイソルに移籍することになりました立田悠悟です。いち早く、顔と名前を覚えてもらって、皆さんから応援してもらえるように、覚悟を持ってレイソルのために戦います。応援よろしくお願いします」 【清水エスパルス】 「清水エスパルスに関わる皆様、いつも応援いただきありがとうございます。今回移籍という決断をしました。まず、この移籍に関して賛否両論あると思いますが、自分の目標や夢を叶えるためにチャレンジしたい気持ちが強く、自分なりの答えを出しました。長い間、清水エスパルスに様々な部分で成長させてもらいましたし、エスパルスに関わる全ての皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思います」 「間違いなく、清水エスパルスは自分の全てだったし、かけがえのないクラブです。だからこそ、エスパルスで培ったものをさらに伸ばし、自分なりの道を切り開いていきます。最後にファン、サポーターの皆様、これからも清水エスパルスの応援をよろしくお願いします」 ◆片山瑛一 【柏レイソル】 「柏レイソルに加入することになりました、片山瑛一です。自分の持っている力のすべてを柏レイソルのために尽くします。そして、選手としても人としてもさらに成長していけるように日々精進していきます」 【清水エスパルス】 「この度、柏レイソルに移籍することになりました。この2年間は本当に思い描いていたようにはいかず、エスパルスの関係者の皆様やサポーターの方々には辛い想いばかりをさせてしまいました。しかし、そんな中、どんな時でも沢山の愛情をクラブや選手に注いでいただき本当に感謝しています。期待に応えることはできませんでしたが、どんな時も自分らしく最後まで走り続けられたのは応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました」 「この2年間、辛く苦しいことが多かったですが、同時に沢山の気づきや学びを得ることができました。そして、このエスパルスのエンブレムを背負い戦って得た自信や誇りを胸に、また新しい場所で覚悟を持ってチャレンジしていきたいと思います。クラブは変わりますが、1人のサッカー選手として、戦う姿で勇気や感動を感じていただけるように、一生懸命全力で走り続けていきます。2年間、本当にありがとうございました」 2022.11.30 15:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly