「フォースと共に!」横浜FMオビ・パウエル・オビンナのコラ画像に違和感がないとファン興奮「次回作に出演していそう」

2022.01.27 20:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスのGKオビ・パウエル・オビンナがインスタグラムを更新。投稿された写真が話題を呼んでいる。

流通経済大学から2020年に横浜FM入りし、プロ2年目を迎えるオビ。昨年は6月から栃木SCへ育成型期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグ22試合に出場していた。

そのオビは26日、自身のインスタグラムを更新。映画『スターウォーズ』の登場人物、オビ=ワン・ケノービの顔を、自身の顔に差し替えた画像を投稿した。

「我々が考える真実のほとんどは自分の見方で変化するのだ」という名言も、一緒に添えられている。

加工された画像とはいえ、まったく違和感のない1枚にファンも興奮。「本家より似合ってます」、「俳優さんみたい」、「映画出てましたよね?」、「次回作に出演していそうで」、「今シーズンフォースと共に!」といったコメントが多数寄せられた。

今季は横浜FMに復帰し、高丘陽平らとポジションを争うことになるオビ。AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)も含め、与えられるチャンスを掴み取ることができるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

名古屋のMF甲田英將が左ヒザ外側半月板損傷で手術…全治3カ月の見込み

名古屋グランパスは26日、MF甲田英將の負傷と手術の実施を報告した。 甲田は18日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ最終節の徳島ヴォルティス戦で負傷。先発出場したが、64分に交代していた。 検査の結果、左ヒザ外側半月板損傷と診断。24日に手術を行い、全治は約3カ月とのことだ。 甲田は今シーズンの明治安田生命J1リーグで4試合、ルヴァンカップでは5試合に出場。徳島戦が今季2回目の先発出場となっていた。 2022.05.26 17:17 Thu
twitterfacebook
thumb

清水が法政大学DF落合毅人の来季加入内定を発表「責任と自覚ある行動をしていきたい」

清水エスパルスは26日、法政大学のDF落合毅人(22)が来季より加入することが内定したことを発表した。 落合はアルビレックス新潟の下部組織出身で、新潟明訓高校へと進学。その後、法政大学へと進学した。 2021年には全日本大学選抜、2022年には関東選抜Aにも選出。2021年の総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは優勝を果たしていた。 今シーズンは関東大学サッカーリーグ1部で3試合中3試合に出場していた。 なお、落合はクラブを通じてコメントしている。 「このたびは清水エスパルスという伝統ある名門チームで、幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」 「私自身、ここまで来られたのは監督、コーチをはじめとする指導者の方々、チームメイト、友人、身近で支え続けてくれた家族、そして何より無名である私に声をかけてくださったスカウトの方々がいたからだと思っています」 「この感謝の気持ちを忘れずに、これからは清水エスパルスの落合毅人として責任と自覚ある行動をしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】清水への加入が内定した法政大学DF落合毅人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">法政大学の落合毅人選手が、来季(2023シーズン)に新加入することが内定しましたので、お知らせいたします。<br><br>プロフィールはこちら<a href="https://t.co/aWFttbR5Te">https://t.co/aWFttbR5Te</a><a href="https://twitter.com/hashtag/spulse?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#spulse</a> <a href="https://t.co/vP1ZZQm13b">pic.twitter.com/vP1ZZQm13b</a></p>&mdash; 清水エスパルス公式 (@spulse_official) <a href="https://twitter.com/spulse_official/status/1529673685564633094?ref_src=twsrc%5Etfw">May 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.26 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

GK負傷により例外補強、J3今治がC大阪のGK茂木秀を育成型期限付き移籍で獲得…今季は水戸で5試合に出場

FC今治は26日、セレッソ大阪のGK茂木秀(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 背番号は「21」。期限付き移籍期間は2022年5月26日から2023年1月31日までとなる。 なお、今回の期限付き移籍GK選手の負傷に伴う、登録ウインドーの適用例外に関する申請に。GK滝本晴彦が今季絶望となる重傷を負っていた。 茂木は桐光学園高校から2017年にC大阪へと入団。2021年はFC町田ゼルビア、今シーズンは水戸ホーリーホックへ期限付き移籍していた。 今シーズンは水戸で明治安田生命J2リーグで5試合に出場していた。 茂木はクラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「FC今治のみなさん、はじめまして。水戸ホーリーホックから加入することになりました茂木秀です」 「僕自身強い覚悟を持ってきたのでそれをチームに還元できれば嬉しく思います。J2昇格へ向けて共に戦いましょう!」 ◆水戸ホーリーホック 「シーズン途中ではありますが、FC今治に移籍することになりました。僕自身もっと成長するために今回の決断に至りました」 「水戸ホーリーホックにはたくさんのいい経験をさせてもらい、本当に好きなクラブになりました。またいつかプレーできる日を楽しみにしています」 「チームは今波にのっていてJ1昇格が見えてきていると思うので、是非J1へいけるように応援しています!」 「水戸ホーリーホックのファン・サポーターの皆さん、短い間でしたが温かい声援、サポートありがとうございました」 ◆セレッソ大阪 「水戸ホーリーホックからFC今治へ移籍することになりました。成長する姿を見せたいと思うのでこれからも応援よろしくお願いします」 2022.05.26 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「過去最高レベルのカッコ良さ」セレッソ大阪が襷がけの限定ユニフォームを発表「桜色の襷けがいい」

セレッソ大阪は24日、2022シーズンの限定ユニフォームを発表した。 サプライヤーであるプーマのグローバルユニフォームデザインコンセプト「FORWARD TOGETHER」に基づいたデザインのリミテッドユニフォームは、ネイビーを基調としながら、今シーズンのユニフォームコンセプトであるチーム・サポーター・パートナーの想いとスピード感を表現した襷のデザインをセレッソピンクで強調し、チームとしての強い想いを表現している。 C大阪の発表には、「チームカラーがより映える」、「過去最高レベルのカッコ良さ」、「ピンクの襷」、「襷のデザイン良いね」、「桜色の襷掛けがいい」と好評の声が集まっている。 このリミテッドユニフォームは、明治安田生命J1リーグ第21節の横浜F・マリノス戦(7月10日)、第23節アビスパ福岡戦(7月30日)、第24節ヴィッセル神戸戦(8月6日)の3試合で選手たちが着用する。 なお、予約期間は5月26日の19時から31日の12時までとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】セレッソ大阪のリミテッドユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022ユニフォーム(LIMITED)<a href="https://twitter.com/hashtag/CEREZOSTORE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CEREZOSTORE</a> に展示しています<br><br>昨日お披露目したユニフォーム(LIMITED)を実際にご覧いただけます!<br><br>選手が着用するものと同じ素材の軽いタッチを<br>ぜひ直接チェックしてください<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://t.co/6rpdtCnTG2">pic.twitter.com/6rpdtCnTG2</a></p>&mdash; セレッソ大阪グッズ【公式】 (@cerezo_goods) <a href="https://twitter.com/cerezo_goods/status/1529344521867186176?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022レプリカユニフォーム(LIMITED)<br>販売のお知らせ<br><br>ネイビーベースのボディにチーム・サポーター・パートナーの想いとスピード感を表現した襷のデザインをセレッソピンクで強調<br><br>予約期間<br>5/26(木)19:00 ~ 5/31(火)12:00<br>※特典もご用意<br><br>詳細<a href="https://t.co/KWzZ9lOoxo">https://t.co/KWzZ9lOoxo</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a></p>&mdash; セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) <a href="https://twitter.com/crz_official/status/1529039511178690560?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.26 07:15 Thu
twitterfacebook
thumb

10人名古屋が福岡から逃げ切り勝利、今季初の3連勝飾る【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、名古屋グランパスvsアビスパ福岡が25日に豊田スタジアムで行われ、1-0でホームの名古屋が勝利した 前節は清水エスパルスを相手にアウェイで2-1と勝ち切った13位の名古屋。試合終了間際に劇的な勝ち越しゴールを決めた相馬が、2試合ぶりの先発入りを果たしている。 対する10位福岡は前節、横浜F・マリノスをホームに迎え、1-0の完封勝利。今季2度目の連勝を狙う今節は、7試合ぶりの先発となった金森が左サイドハーフの位置に入った。 立ち上がりは両チームともに攻めあぐね、チャンスを作れず。それでもホームの名古屋は13分、相馬のパスをボックス手前左で受けた仙頭が右足を振り抜きチャンスを演出。シュートは枠の左に外れた。 静かな展開が続く中、名古屋が意外な形で先制する。15分、敵陣右サイド深くで獲得したFKの場面でキッカーのマテウスが低い弾道のクロスを供給すると、ゴール前にポジショニングしていた中谷に当たって、ゴール左に決まった。 先制を許した福岡は19分、自陣からのロングボールにボックス手前中央でルキアンが競り合い、敵陣中央にこぼれたところを、前が拾って右足のミドルシュート。しかし、これは枠の上に外れる。 その後は、両チームともに思うようにボールを前線へ運べず。すると、41分には展開を揺るがす大きな場面が生まれる。自陣中央での競り合いで、名古屋のチアゴが空中のボールに対して足裏を見せてチャレンジ。これが相手選手のヒザ付近に当たり、VARの結果、退場処分を下された。 前半のうちに数的優位となり、なんとしても追いつきたい福岡。試合を折り返した50分には、左サイドのコンビネーションから攻撃を展開し、前の縦パスを受けた北島がボックス手前から右足を振り抜くが、相手DFのブロックに遭い、ゴールとはならない。 さらに、アウェイチームは65分にもシュートチャンスを作る。敵陣右サイド浅い位置でボールを受けたジョルディ・クルークスがドリブルで深くまで侵入し、クロスを供給。中央の山岸が頭で合わせるも、シュートは枠の左に大きく逸れる。 後半に入ってからは防戦一方となっている10人の名古屋。しかし、81分にセットプレーからゴールに迫る。左CKの場面でキッカーの相馬がゴール前に鋭いクロスを入れると、これに中谷が頭で合わせたが、惜しくも枠の右に外れる。 その後も攻めるアウェイチームに対して守るホームチームという構図で試合は進行。しかし、終盤に福岡が決定機を作る。89分、左サイドの巧みなパスワークから、ボックス手前左でボールを受けた前がアーリークロスを供給。ゴール前の空中戦で強さ見せたフアンマがこれに頭で合わせ、ゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定でノーゴールとなってしまう。 試合は結局1-0のままタイムアップを迎え、先制した名古屋が10人になりながらも、逃げ切り勝ち。今季初の3連勝を飾った。 名古屋グランパス 1-0 アビスパ福岡 【名古屋グランパス】 中谷進ノ介(前15) 2022.05.25 22:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly