マルシャルがセビージャ移籍へ! ユナイテッドに自身の報酬を支払い脱出を求める

2022.01.25 09:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャが、予てから噂に上がっていたマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)の獲得に迫っているようだ。

大きな期待が寄せられ、2015年9月にモナコからユナイテッドへと加入したマルシャル。これまでユナイテッドで公式戦269試合に出場し79ゴール50アシストを記録している。

しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで8試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場と出場機会に恵まれていないマルシャルは、今冬の移籍を希望している。

ラルフ・ラングニック監督も退団の意思を認めており、セビージャが獲得に動き出していた中、ユナイテッドとの交渉が難航。セビージャ側が、ユナイテッドの条件に嫌気がさして手を引いたとされていた。

しかし、『ESPN』によると、セビージャにユナイテッド側が回答。前向きな返事があったとし、レンタル移籍で獲得することになるようだ。

今回の話が進展した理由には、マルシャルが自身のサラリーを引き下げたということがあったという。報道によれば、マルシャル自身が報酬の一部を支払い、ユナイテッドから去ることを望んだとされており、ユナイテッド側も移籍を許可したようだ。


関連ニュース
thumb

マルシャルはユナイテッド復帰へ、セビージャ会長が明言「我々が望むようなプレーではなかった」

セビージャのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)はマンチェスター・ユナイテッドに戻るようだ。 冬の移籍市場でユナイテッドからセビージャに活躍の場を移したマルシャル。ユナイテッドで燻っていた環境からの起死回生を目指してレンタル移籍を決断した。 最初の数試合はポストプレーやドリブルで攻撃にアクセントを加え、移籍後2試合目となったエルチェ戦で初アシストを記録。さらに3試合目のヨーロッパリーグのディナモ・ザグレブ戦では初ゴールを挙げた。 新天地で順調なスタートを切ったかに思われたマルシャルだったが、ケガを境に徐々にトーンダウン。リーグ戦最後の7試合での出場はわずか23分だった。 シーズンを終えて、セビージャのホセ・カストロ会長がスペイン『カナル・スル・ラジオ』で26歳の去就に言及。クラブを納得させる活躍ができなかったとして、買い取りの可能性を否定。ユナイテッドに復帰することを明言した。 「それ以外のことはできない。我々は大きな努力した。彼は自分の価値を示そうとしたが、適応できなかった。ケガも少なくなかった」 「これは純粋なローン移籍であり、彼はユナイテッドに戻ることになる。我々が望むようなプレーが出来なかったね。努力をしていなかったとは言えないが、うまくいかなかった」 2022.05.25 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ守護神がサモラ賞に輝く! クラブ史初の受賞に

2021-22シーズンのラ・リーガは22日に全日程が終了し、セビージャのモロッコ代表GKヤシン・ブヌがサモラ賞を受賞した。 1試合当たりの平均失点が最も少なかったGKに贈られる同賞。ブヌは31試合の出場で24失点に抑え、平均失点は0.77をマークした。セビージャ所属選手がサモラ賞を獲得するのは史上初。アフリカ人での受賞は1996-97シーズンにデポルティーボでプレーした元カメルーン代表GKジャック・ソンゴォ以来、2人目となった。 フレン・ロペテギ監督は最終節のアスレティック・ビルバオ戦後にブヌの受賞について、チームのメンタリティが表れた結果だと語った。 「個人の賞ではあるが、これはチームとしての評価だ。チーム全員がゴールのためにプレーし、得点が奪えないときでもそれをやめない。しかし、この賞はボノ以外には与えられない。なぜなら、ボノはチームという言葉を象徴しているからだ。チームのメンタリティを表すトロフィーとして、ボノはこの賞を受賞したのだ」 また、スペイン人FWラファ・ミルも「おめでとう。賞金の半分は僕たちのものなんだから、ディナーに招待してほしいとお願いしたよ」と、冗談交じりに同僚を祝福した。 ボノの愛称でも親しまれる同選手は2019年夏にジローナから加入。ヨーロッパリーグ(EL)制覇を果たした昨季に続き、今シーズンも正守護神としてチームをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内となる4位フィニッシュに導いた。 2022.05.23 13:36 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがソシエダ撃破で3位フィニッシュ! セビージャは5戦ぶり白星でホーム最終戦飾るも4位フィニッシュに《ラ・リーガ》

ラ・リーガ最終節、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが22日にアノエタで行われ、アウェイのアトレティコが1-2で勝利した。 勝利で3位確定を目指すアトレティコ(勝ち点68)は、6位フィニッシュが確定しているソシエダ(勝ち点62)とのアウェイゲームに臨んだ。シメオネ監督はこの一戦に向け、ルイス・スアレスとマテウス・クーニャを入れ替えた以外、同じメンバーで臨んだ。 立ち上がりからホームのソシエダがイサク、セルロートの2トップを起点に良い形の仕掛けを見せていく。安定したボールポゼッションに加え、守備の局面でも切り替えの精度、連動したプレスでアウェイチームに自由を与えない。 決定機まであと一歩という状況が続くも、30分には右サイドから強引に内へ仕掛けたセルロートがカットインからシュート。GKオブラクが前にはじいたボールをラフィーニャが押し込みにかかるが、このシュートは右ポストを叩いた。 前半半ばから終盤にかけてもホームチームの時間帯が続いたが、ラフィーニャがボックス付近での2度の決定機でシュートを枠に飛ばすことができず、ゴールレスでの折り返しとなった。 前半シュート0と低調なパフォーマンスに終始したアトレティコだったが、ハーフタイムに闘将から強烈な檄が飛んだのか、後半はアグレッシブな入りを見せる。 キックオフ直後にクーニャ、デ・パウルと続けてシュートを放つと、50分にはコンドグビアの球際の粘りからボックス手前でグリーズマンの落としに反応したデ・パウルが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅を射抜いた。 前半の守勢を耐え抜き勝負所で決め切る、らしい戦いぶりでリードを手にしたシメオネのチームは、直後の56分にもカラスコのチャンスメークからグリーズマンに追加点のチャンスが訪れるなど、完全に試合のペースを掴む。 その後、63分には互いにこの試合で初めて交代カードを切った中、アトレティコの采配が試合を動かした。69分、セットプレーの二次攻撃からカラスコがボックス内へ入れた縦パスをゴールを背にしたコケが丁寧にマイナスに落とすと、前向きな状態でサポートに入ったアンヘル・コレアが絶妙な右足のダイレクトシュートを右隅へ突き刺した。 これで勝利に大きく近づいたアウェイチームは試合終盤にグリーズマン、デ・パウルを下げてスアレス、レマルの投入で試合をクローズにかかる。 後半アディショナルタイムにはDFフェリペのハンドで与えたペナルティアーク付近でのFKの場面で、キッカーのヤヌザイのシュートはGKオブラクがファインセーブで防いだものの、こぼれ球をグリディに頭で押し込まれて1点を返される。それでも、リードをきっちり守り切り1-2の勝利。今季最終戦を白星で飾り、自力での3位フィニッシュを決めた。 また、同日行われたセビージャvsアスレティック・ビルバオは、ホームのセビージャが1-0で勝利した。 逆転でのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得を目指す8位のアスレティック(勝ち点55)と、同じく逆転での3位フィニッシュを目指す4位のセビージャ(勝ち点67)による上位対決。 試合はホームのセビージャが優勢な入りを見せると、10分には左サイド深くでアクーニャが入れたクロスをゴール前に飛び込んだラメラが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。 以降はボールを握って押し込むセビージャ、カウンターで応戦するアスレティックという構図の下で一進一退の攻防が続く。27分にはボックス手前で強引に仕掛けたユーリのシュートがゴールネットを揺らすが、オンフィールドレビューの結果、トラップ際のハンドを取られてアウェイチームの先制点は認められず。 その後は球際でのバトルが強調され、両チームの選手がヒートアップする場面も散見。その中でアスレティックがよりゴールに迫るが、ボックス内に持ち込んだベレンゲルのシュートが枠を外れるなど、決め切るまでには至らなかった。 ゴールレスで迎えた後半はイニャキ・ウィリアムズのポスト直撃のシュート、VARのレビューでオフサイドとなったレキクの幻のゴールと互いに決定機を作り合うオープンに入りに。 以降はセビージャペースで試合が進むと、途中出場のラファ・ミルが決定的な仕事を果たす。68分、ラメラの絶妙なスルーパスでオフサイドラインを破ったラファ・ミルがボックス内に持ち込み、ニア下を狙ったシュートでGKとの一対一を冷静に制した。 その後は交代カードを切りながら危なげなく時計を進めたセビージャが、アスレティックの攻撃をクリーンシートで凌ぎ切り、得意のウノセロ勝利。直近4試合連続ドローと勝ち切れない状況が続いた中、ホーム最終戦で5試合ぶりの白星を飾った。 2022.05.23 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督退任説浮上のセビージャ、モンチSDが否定「彼以外の道はあり得ない」

フレン・ロペテギ監督(55)の退任が囁かれているセビージャだが、スポーツ・ディレクターのモンチ氏が反論している。 2019年6月に就任し、ヨーロッパリーグ(EL)優勝や2シーズン連続でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に導いてきたロペテギ監督。昨年1月に2024年まで契約を延長した中、今シーズンは本拠地サンチェス・ピスフアンでのファイナル進出が期待されたELでの早期敗退はあったものの、直近のアトレティコ・マドリー戦をドローで終えたことで3シーズン連続でのトップ4フィニッシュを確定させるなど、安定した手腕を発揮している。 だが、今シーズンの後半戦に関しては5勝11分け2敗と勝ち切れない試合が目立っており、攻撃面での精度、アイデア不足によるスペクタクルさを欠く試合内容を含め、ホームサポーターからブーイングや批判を浴びることも少なくなかった。 そういった中、ロペテギ監督とクラブ幹部らは、ここ最近の話し合いにおいて、今シーズン限りで関係を解消するという結論に至ったと、スペイン方面から報じられた。また、昨シーズン限りでグラナダの指揮官を退任したディエゴ・マルティネス氏(41)が後任最有力候補と、具体的な名前も飛び出した。 しかし、モンチSDはそれらの報道を全否定。ロペテギ監督への信頼と感謝のコメントをスペイン『Deportes Cope Sevilla』が伝えた。 「ロペテギ監督以外の道はありえない。彼は多くのものをもたらし、我々も感謝している。彼とは有効な契約を結んでいるよ」 また、ホセ・カストロ会長も、3シーズン連続でチャンピオンズリーグ出場権を獲得したスペイン人指揮官に対する信頼を口にしており、来季以降の続投を示唆している。 2022.05.18 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団決定のFWスアレス、インテルが獲得に名乗り

今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団することが明らかになったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)に関して、インテルが獲得に動き出したようだ。 スアレスは2020年9月にバルセロナからアトレティコへと完全移籍。2シーズンを過ごした。 これまでアトレティコでは、公式戦82試合で34ゴール6アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し11ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で7試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから退団の噂があったスアレスだが、ホーム最終節を前にクラブが公式に退団を発表。今夏にフリーで移籍することとなった。 スペイン『Fichajes』によると、攻撃陣を強化したいインテルは、今夏の移籍市場でスアレスの情報を集めているという。 シモーネ・インザーギ監督も経験豊富なストライカーをフリーで迎えることはプラスと考えており、歓迎しているとされている。 一方で、アストン・ビラ、セビージャ、そしてインテル・マイアミなど、多くのクラブがスアレスに興味を持っているとされ、獲得レースは簡単にはいかないとも見られている。 2022.05.16 22:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly