元神戸のフェルマーレンが現役引退を表明…ベルギー代表のコーチに

2022.01.22 09:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(36)が現役引退を表明した。

フェルマーレンはアカデミーから過ごすアヤックスでプロデビュー後、RKC、アーセナル、バルセロナ、ローマでプレー。ケガも多かったが、バルセロナでは4度のラ・リーガ優勝を経験して、チャンピオンズリーグ(CL)も制した。

2019年7月からはヴィッセル神戸に電撃加入して、そのシーズンにクラブ初の主要タイトルとなる天皇杯優勝に貢献。昨季もクラブ最高位となる明治安田生命J1リーグ3位フィニッシュに貢献したが、契約満了による退団が決定した。

神戸を去ってのこれからが注目され、母国復帰の噂も取り沙汰されたフェルマーレンだが、21日に自身のインスタグラムで神戸での2シーズン半を最後にスパイクを脱ぐ決断を下したことを明かした。

「プロフットボールから退く決断をしました。フットボール界で最も素晴らしいクラブでプレーでき、非常に幸運でした。そのことを非常に感謝しています。キャリアを通じて、みなさんのサポートに感謝します」

そう綴った名手はまた、今後についても触れ、自身も通算85キャップ(2ゴール)を記録したベルギー代表でコーチに転身する旨を明らかに。コーチとしてカタール・ワールドカップ(W杯)優勝を目指すようだ。

「ベルギー代表のアシスタントコーチになるのを発表できるのを非常に誇りに思うと同時に、感謝しています。 私の人生におけるこの新しいステップと新しい挑戦を楽しみにしています」

関連ニュース
thumb

ベルフワインの母国帰還迫る! アヤックスとスパーズがクラブ間合意か?

アヤックスがトッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)獲得に向け、クラブ間合意に至った模様だ。オランダ『テレグラフ』が報じている。 今年1月の段階からベルフワイン獲得に動いていたアヤックスは、選手サイドとの合意は早い段階で取り付けていたものの、売却額を最低2500万ユーロ(約35億4000万円)に設定していたトッテナムとのクラブ間交渉が難航していた。 しかし、トッテナムがエバートンのブラジル代表FWリシャルリソン獲得に成功し、余剰人員の整理に着手し始めたこと。また、アヤックスがコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーなど一部主力の売却交渉が進み、獲得資金に目途が立ったことで、交渉が進展。 『テレグラフ』によると、両クラブは3000万ユーロ(約42億4000万円)の金額で合意に至った模様。そして、同選手は今週中にも現地でメディカルチェックを受診する見込みだという。 この報道に対して、イギリス『フットボール・ロンドン』はクラブ間合意は時期尚早と主張しながらも、両者の合意が迫っていると報道。そのため、ベルフワインの母国復帰はほぼ確実と見られる。 2020年1月にPSVからトッテナムに移籍したベルフワイン。今シーズンのレスター・シティ戦での劇的2ゴールなど、印象に残る活躍が光る一方、公式戦32試合中スタメンはわずかに8試合とアントニオ・コンテ監督からの信頼を得ることができていない。 その一方、定期的にプレー機会を得ているオランダ代表では先日のUEFAネーションズリーグのベルギー代表戦での鮮烈なミドルシュートを含め、印象的な活躍を見せていた。 そのため、カタール・ワールドカップに向け、定期的なプレー機会を求める24歳は、先月の代表活動中の母国メディアの取材に対して、「僕自身はプレーすることを望んでいる。そして、現時点ではスパーズを出たい、それは確かだよ」と、今夏のトッテナム退団を希望していることを明らかにしていた。 2022.07.04 21:27 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ワインダル&ブロビー獲得に迫る!

アヤックスが2人の若手選手の獲得に迫っているようだ。 アヤックスは今夏の移籍市場でMFライアン・グラフェンベルフ、DFヌサイル・マズラウィのバイエルン行きが決定。 さらに、ドルトムント行きが確実なFWセバスティアン・アラーに加え、エリク・テン・ハグ監督が新指揮官に就任したマンチェスター・ユナイテッドがDFリサンドロ・マルティネス、FWアントニーの獲得を目指しており、大幅なスカッド刷新を余儀なくされる状況だ。 現在はトッテナムとのタフな交渉が続くオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)の獲得に目途が立っているものの、多くの新戦力の確保が急務となっている。 そういった中、スパーズFWに続き獲得に近づいているのが、AZのオランダ代表DFオーウェン・ワインダル(22)、RBライプツィヒのU-21オランダ代表FWブライアン・ブロビー(20)の2選手だ。 オランダ『VOETBAL INTERNATIONAL』によると、アヤックスはワインダルの獲得に向け、2027年までの5年契約で選手サイドと合意。さらに、1000万ユーロ(約14億1000万円)に設定された契約解除金を支払う準備を進めているという。 アルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(29)の今夏の退団が既定路線となっていた中、アヤックスは数カ月前からAZでキャプテンを務める国内屈指の若手左サイドバックを注視していた。 一方、今冬に半年間のドライローンで加入していたブロビーに関しては、完全移籍での買い取りとなる見込みだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アヤックスとブロビーは個人間で合意に至っており、クラブ間の交渉も最終段階を迎えているという。 移籍金に関して言及はないものの、国内メディアの報道では1500万ユーロ(約21億1000万円)程度になる見込みだ。 アヤックスのアカデミー出身のブロビーは、昨夏にクラブとの契約延長を固辞し、ライプツィヒへ2025年までの契約でフリー加入。だが、ブンデスリーガ、新クラブに適応できず、半年でアムステルダムに帰還していた。 すると、慣れ親しんだ古巣では半年に満たないプレー期間ながらも、リーグ戦11試合7ゴール1アシストの数字を残していた。 2022.07.03 13:28 Sun
twitterfacebook
thumb

アヤックスDFタグリアフィコが移籍か…リヨンにブライトン、そしてスペインからも関心あり

アルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(29)は今夏、アヤックスからの移籍が有力視されるようだ。 2018年夏のアヤックス入りから5年が経ち、昨季も公式戦29試合でプレーしたタグリアフィコ。アルゼンチン代表の常連としても名が通る左サイドバックで、以前にDFジョルディ・アルバの後継者としてバルセロナ行きも加熱した。 結局、カンプ・ノウ行きは噂どまりで流れていったが、アヤックスとの契約は2023年6月まで。アヤックス的にもこの夏が売り時ともなるなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、人気を博す存在だという。 現時点で、アヤックスのDFティレル・マラシアを取り逃してしまったリヨンのほか、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、そしてスペインのクラブが獲得に名乗りを上げており、その行方が近く決着する様相を呈している模様だ。 スペインのクラブがどこなのか定かでないが、リヨンはチェルシーからレンタル加入のDFエメルソン・パルミエリが退団見通しで、ブライトンもDFマルク・ククレジャにマンチェスター・シティ移籍の噂が浮上している。 2022.07.03 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、アヤックス退団のGKオナナを獲得

インテルは1日、アヤックスを退団したカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(26)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月までの5年間。年俸は300万ユーロ(約4億2000万円)とのことだ。 オナナは2015年にバルセロナの下部組織からアヤックスに入団。アヤックスでは公式戦212試合に出場。2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ4強入りに貢献していた。 しかし2021-22シーズンはドーピング違反によって公式戦9試合の出場に留まっていた。 インテルでは先日、守護神のGKサミル・ハンダノビッチ(37)が2023年まで契約延長しており、厳しい正GK争いが待ち受けることになる。 2022.07.02 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、スリナム代表FWベッカーと契約延長!今季は40試合出場

ウニオン・ベルリンは29日、スリナム代表FWシェラルド・ベッカー(27)との契約延長を発表した。 スリナムにルーツを持つオランダ生まれのベッカーは、9歳の頃にアヤックスの下部組織に入団。その後、リザーブチームのヨング・アヤックスやズウォレ、ADOデンハーグでのプレーを経て、2019年の夏にウニオンへ完全移籍。 ウニオンでは度重なるケガに見舞われ、2年間で公式戦34試合に出場にとどまっていたが、負傷を乗り越えた今シーズンは、ブンデスリーガ28試合を含む公式戦40試合に出場し6ゴール9アシストを記録するなど、1シーズンを通して主力としてプレーした。 新契約にサインしたベッカーは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ウニオンは本当に居心地がいい。この数年間、一緒に信じられないようなことを成し遂げてきたし、クラブやチームとともに、僕もさらに成長することができた。これからも一緒に仕事ができることを楽しみにしているよ」 2022.06.30 02:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly